フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

2018年1月11日 (木)

重要なお知らせ

Kisei01

Kisei02

Kisei03

Kisei04

ゆき

Dscn0276

出水は雪です
でも干拓、荒崎は積もらない

Dscn0282

寒くないのか!
水浴びするツルが何羽かいました
人間は凍えてるのに、上等な羽毛を持ってるんだろうな

Dscn0297

雪は降ったりやんだりだけど
ずっと餌を探してる

Dscn0307

なんだかね、親が子供の前に立って
雪が当たらないようにかばってるみたいに見えて、
ずっと見てしまった

親が探し当てたエサは、当然のように子供が食べてましたよ

Dscn0304

吹雪のなか、飛ぶ

Dscn0315

降ってるのに飛ぶ

Dscn0320

雪が激しくなって、楽しくなっちゃったか
地面をつついて、稲株放り投げて踊りだす

Dscn0328

ナベヅルカップルは2羽で踊りだしちゃった
雪が激しくなるのも、何かのスイッチ入るのかな

Dscn0358

群れのナベヅルは、雪にあまり関係なく必死に採餌

Dscn0365

日が暮れてくと、雪が大粒になってきた
明日は積もるのかな

2018年1月 6日 (土)

今朝は、今シーズン最後の羽数調査が行われました。

結果は、
ナベヅル 11,039羽
マナヅル 2,527羽
クロヅル 8羽
カナダヅル 7羽
ナベクロヅル 9羽
の合計 13,590羽でした。

Dscn0156

ここしばらくの荒崎周辺
船とツル

Dscn0168

こんなところまで入り込んで餌をとってます
捕まえられそう・・・

Dscn0201

相変わらず、人がいないと道路に上がるナベヅル

Dscn0203

今年はマナヅルまでも道路を飛んで渡らず、歩いて渡る

Dscn0210

エサがまかれた道路は、朝のうちマナヅルが多い

Dscn0216

イカルも来てます

Dscn0183

ホオアカがあちらこちらで見かけられるようになりました
今日は、メジロも見かけたので小鳥も降りてきてるかな

Dscn0230

やたらとヘラサギが多い今シーズン
増えてるのか?

2018年1月 1日 (月)

Nenga2018_net

2017年12月27日 (水)

Dscn0084

きらきらの輪郭線がきれいで
夕日に照らされて、オレンジに溶けてしまいそうで
大好き

Dscn0059

マナヅル兄弟
多分右が先に生まれた子で、左が二番目の子
頭の色の差がはっきり
体格は♂♀差もあるだろうからわからないけれど、色の差は出てますね

Dscn0090

ナベヅル幼鳥の換羽
背中にグレーの大人の羽が生えてきてます
たくましく育つんだぞ~

Dscn0067

マナヅル同士の縄張り争いがかなり強烈

Dscn0075

子供育てるのは大変だものねぇ

«最近の荒崎東干拓

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ