フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

鶴の構造

Img_6229

時折ふと気づいてすごく驚いてしまうのが、首の柔らかさとか足の関節の曲がり具合。可愛くなってしまってそんな格好の姿ばかりの写真が増えてる。

2008年1月30日 (水)

マナヅル飛ぶ

動画は難しい

Img_4694

今日も鶴保護区の前の道路に鶴が出てきていました。どうも用水路の中にあるものに群がっている様子。この後もかなりの鶴が用水路付近に出てきていました。

水飲んでいるところとかリアルだともっとかわいいのになあと思い動画に手を出してみましたが、すっごい難しい。デジタルズームって動画には向かないなあと・・・思い通りの画角にならない感じがむずむずしますよ。後、ビデオ撮っている最中に別の場所でディスプレイとかすっごい残念感が。

2008年1月29日 (火)

マナヅル ディスプレイ

マナヅル 水飲み

2008年1月28日 (月)

遊んでる?

Img_6075

何かをずーっとくわえてました。時たま、地面に置いてくわえなおしたり。ときおり後ろにいた鶴にそれを奪われそうになってちょっとつつかれてました。

Img_6032

今日は鶴観測センター前の道路にも鶴が!雨が降って人気が少なかったからなのでしょうか?車が走ってきて逃げちゃいましたけど。

2008年1月27日 (日)

カナダヅル

Img_5911

連れ合いと鶴を撮りに干拓地のほうに行ったら、鶴に詳しいおじさまにカナダヅルがいるよと教えていただきました。ちっちゃい!これからは見分けられるようになりそうです。おじさまに感謝!

2008年1月24日 (木)

ディスプレイの後姿

Img_5732

あんなに大きな羽があそこに収納されるんだなと不思議。

2008年1月23日 (水)

水飲み鶴リターンズ

Img_5014

拡大すると・・・

Img_5014s

こぼしてます!

泥の中で

Img_5052

泥の中で踏ん張っているからか、どことなくへっぴり腰のディスプレイ

2008年1月22日 (火)

こいつが犯人

Img_4795

Img_4792

ツルたちがいきなり、ざざざっと右手のほうに移動しはじめたのでなんだろうと思っていたら、この猫が入り込んでいました。どんどん威嚇しながら周りを囲い込み、最後には追い出してしまいました。

Img_4873

帰りがけに駐車場から見えるたんぼを見ていると、ちょっと他とは違ったツルを発見。

2008年1月21日 (月)

紫尾山

Img_4705

Img_4688

親戚のおばさまおじさまに紫尾山に連れて行ってもらいました。霧がかかって瞬く間に目の前の風景が刻々と変わっていき、とてもきれいでした。

2008年1月18日 (金)

目が合う

_mg_4014

S4014

飛んでいる鶴を撮っているとき、かなりの確立で鶴と目が合っています。不審人物扱いなのか、首を曲げてまでこちらを見る鶴もいます。きりっと前を向いて飛んでいる鶴を撮りたかったりするんだけどなあ

2008年1月17日 (木)

ダンスダンスダンス

Img_3921

Img_3922

Img_3926

Img_3928

Img_3929

Img_3931

Img_3932

Img_3935

Img_3938

Img_3948

Img_3949

Img_3950

写真で見ると空中での格好がおかしくて笑えてしまいます。実際に見ている時にはそんなことは全然思わないんだけどなあ

2008年1月16日 (水)

飛ぶプロセス

_mg_3747

_mg_3748

_mg_3750

_mg_3751

_mg_3752

これから飛ぶぞというとき、家族など連れがいる場合には互いに鳴きあって合図をしているように思います。

そして、頭をまっすぐにしたままふっと首を下に傾け助走をはじめます。

2008年1月15日 (火)

青空

_mg_3258

ケンカ中のナベヅル。X攻撃?

_mg_3268

マナヅルの水飲みは水をこぼしてないように見えた。首の長さがナベヅルよりも長く見えるけど、それでこぼれないのかな。

_mg_3299

2008年1月14日 (月)

よっこいしょ

_mg_3163_2

足さばきがみっともなくてかわいいっす

2008年1月12日 (土)

たくましい人が好きなの

_mg_2889

空を飛ぶためには強靱な筋肉が必要なんだなと。

2008年1月11日 (金)

雨の日

_mg_2568

初めて雨の日に鶴を見ました。むくむくになっていたり、毛づくろいに一所懸命だったりかわいいです。

2008年1月10日 (木)

マナヅル難しい~

_mg_2316_2 Img_2035_2 _mg_2305_2

愛嬌があるナベヅルのほうがスキです。見ててかわいいんだよねえ。もしかして大きいマナヅルに混じっている小さいマナヅルっていうのがかわいく感じている原因かもしれないけれど。

マナヅルはピントが合わせるのがすごく難しく感じていて撮っていても気が気でないですよ。目の周りのカラーリングのせいかAFをなかなかぴたっと合わせきれないので難しい。とほほ

一緒にいた鳩です。いろんな鳥が鶴の餌をねらってます。

2008年1月 9日 (水)

_mg_1927

今日はたくさんのディスプレイを見ることができました。こんなに近くで見られたのは初めてで感動。写真もたくさんとれたけれど、ピントが・・・

今日もたくさんの観光バスが止まっていて人もわんさか。「すごーい」とか「餌付けしてるんだろう」とかは良く聞くセリフなんですけど、今日は「そこで餌売ってるから買っておいでよ」までいうおじさまがいらしてて、笑らわせてもらいました。

2008年1月 8日 (火)

本日も鶴

_mg_1567

足開いたまんま飛んでます。

_mg_1651

泥はねナベヅル。おてんばさんですね。

2008年1月 7日 (月)

近くまで

_mg_1284 _mg_1289

かなーり寄ってきてくれました。かわいい

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ