フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

4羽一緒

Img_6903

今日は、家を出てある程度車で走ってから双眼鏡を忘れたのに気がついた。取りに戻ってかなりな時間ロス。東干拓を通り過ぎたけれどツルが見あたらない。ちょっと不安になりつつ9時30分過ぎに観察センター前に到着。着いてみるとツルが4羽いました!一緒にそろっていてうれしい。風もあんまり無くいい天気。靄が気になるくらいかな。

Img_6901

3羽は近いところに。時折鳴き声が聞こえる。

Img_6904

Img_6909

Img_6910

もう1羽も一緒にいればいいのにあちこち歩き回ってます。9時55分に昨日と同じように飛び立つけれど、他のツルが飛ばずに降りてきてしまった。11時過ぎまで見てたけれど今日も北帰行なしだったけど、4羽一緒がちょっとうれしかった。

2008年4月29日 (火)

初夏

Img_6869

今日はツレとツルウォッチング。8時半頃東干拓を通り過ぎ、観察センター前へ。東干拓は1羽。

Img_6872

Img_6873

すこーしかすみがかかっているけれど、風も穏やかでいい天気。ちょっと暑いくらいかな。9時40分頃羽ばたき!今日は北帰行する?少し期待。

Img_6878

Img_6879

9時50分頃突然ダンス?久しぶりに見ました。しかも3羽その場にいる全員参加!

Img_6886

Img_6889

10時44分2羽が飛び出したけれどもう1羽が付いてこない。飛んでいるツルが鳴くけれど地面にいるツルは飛ぶ気配はなく、下にいるツルの上でぐるぐるっと8の字を描いて2羽とも降りてきてしまった。その後11時過ぎまで見て東干拓へ。

Img_6898

Img_6900

相変わらず1羽でいました。センター前のグループと一緒にいればいいのにね。東干拓が縄張りだったツルなのかな?もうそろそろ夏もちかい。アオサギももう夏羽?

2008年4月28日 (月)

相談

Img_6856

Img_6857

今日は曇り空で、太陽も雲に隠れてどんよりしています。センター前に8時50分着。1羽いつもの場所よりも西側の田んぼにいました。首だけひょっこり出しているのを発見。

Img_6861

Img_6866

Img_6868

東干拓に9時過ぎに移動。こっちも1羽離れて農道の方に寄ってきてました。畝があって地面がかなりでこぼこみたい。首だけぴょこぴょこ見えたりする。写真を見て気付いたけど棒とひもで区分けされてる様ですね。10時前くらいから1羽が首をあげて空を確認?その後3羽が集まりだしました。今日はあんまり鳴き声はしなかったかな。今日北帰行するかしないか相談してるみたい。11時まで待ったけれど本日も北帰行無し。

2008年4月27日 (日)

観察センター前にて

Img_6803

Img_6804

今日は観察センター前に8時50分頃着。山には靄がかかっている。風はほとんど無し。草の中から首を出す1羽。あまり食べてる様子はなくきょろきょろ。

Img_6808

Img_6820

9時ちょっと前、東干拓へ移動して3羽確認。あちこち移動してるけれど9時50分すぎから2羽が羽ばたきをしたり、鳴き合ったり首をちょっとななめにのばす仕草をし始めた。10時21分2羽が海の方向に飛び出しぐるっと旋回して東西干拓橋のそばを通り観察センター前の田んぼへ。

Img_6852

Img_6844

Img_6839

観察センター前で1羽と飛んできた2羽が合流!3羽とも食べてますよ。そのうちに2羽がまた東干拓に飛んで帰っていきました。なにかしら話し合いがあったのかしらん?本日見ている間の北帰行は無し。

2008年4月26日 (土)

クレインパークでカワセミ

Img_6788

Img_6793

そろそろカキツバタが咲き始め。八重桜はそろそろ終わり?散った花びらが水面に浮いて。野鳥の森を散策した後、川沿いを歩いていたらツレがカワセミを見つけ大はしゃぎ。私も一緒に撮ってみたけれどとても遠い。すごいトリミングをしてこの程度です。ツレはホバリングしているところを見つけたらしい。うらやましいな。

雲の向こう

Img_6720

Img_6732

今日は8時ちょっと過ぎにセンター前へ到着。空はもやっていて風が強い。昨日の晩は4羽だったから、まだ一緒にいるかと思えば1羽のみ。仲良くなれなかったの?

Img_6741

Img_6742

その後東干拓へ移動。時折外にいると体が持って行かれそうなくらいの強風が吹いている。羽繕いに精を出してます。9時16分2羽が北東に飛び出した後、残された1羽が後を追い合流。風に流されながらぐるっと辺りを回って2分後に降りてきた。

Img_6755

9時50分北帰行再び挑戦。東の方向に飛び出して旋回をしながら高度を上げ、水俣の方向へ飛んでいき見えなくなった。その後、30分くらい待ったけれど帰ってこなかったのでもう一回センター前へ行ってみることに。

Img_6766

1羽残ってセンター前の田んぼをうろうろしてます。今朝も他の3羽と一緒に行動すれば帰れたかもしれないのにとか思いながらちょっとの間1羽を見る。

Img_6771

これは田んぼにあるカラスよけ。ライブカメラで見ると風に揺られて動いてる様がナベヅルに間違えやすい。黒い旗みたいなのも動いてるとやたらと怪しくナベヅルか?とはっとするし、テープもきらきらしてると目を奪われる。カメラを動かしていると何もかもナベヅルに見えてくるから不思議。

Img_6777

センター横の誰もいない売店の前にたたずむ猫。じーっとして近寄っても動じない。

Img_6780

10時45分頃、東干拓を通っていると3羽が戻っていた!風が強かったんだね~。どこまでいって帰ってきたのかな?

Img_6794

Img_6800

午後2時頃、あちこち遊び回った後帰宅途中に鶴を見て帰ることに。センター前のツルは草の中に座ってひなたぼっこ中?首だけ出してます。東干拓組は食事中でした。

2008年4月25日 (金)

ライブカメラで

夕方にツルを見て帰ってきてから気になってライブカメラ見ると、なんと1羽が農道の上にいました。随分と奥の方にちょこんと。奥の田んぼの方にいたのわからなかったよ~。それからずーっとつけっぱなしでご飯も作らず(笑)観察。今日は夕焼けがきれいで虫も多い。そういえば夕方も車の窓を開けていると小さい虫がいっぱい入り込んできたっけ。

ちょこちょこ移動する1羽をずっと追って見ていると7時頃、3羽が元いた1羽の近くに来ました!その後、センター前から見て奥の方の水の張ってある田んぼの中で4羽、時折離れたりくっついたりしながら真っ暗になるぎりぎりまでもじもじしてました。4羽一緒に眠るんだなと思うとちょっと感動。いつも1羽で行動していたセンター前にいたツルはすごく気になっていたので、残りのツル全員で眠るんだとおもうとほっとしたよ。天気予報は明日も晴れの予報。北帰行日和になればいいな。

お天気いいですよ?

Img_6671

Img_6672

8時50分観察センター前到着。ちょっと霞みがかっているのが気になるけどいい天気。1羽ぽつんといるのを確認して東干拓へ。

Img_6673

Img_6674

9時ちょっと前に東干拓に着。2羽が団体から離れています。

Img_6675

Img_6682

だんだん食べなくなってきて、頭を上げて鳴き合って意思確認?して9時40分飛びたち!

Img_6685

Img_6687

Img_6689

Img_6691

ぐるっと旋回して蕨島方面へ。途中脱落してセンター前方面へ降りるツルも。少しずつ高度を上げて蕨島を越え、 見えなくなりました。

Img_6716

Img_6717

Img_6719

また北帰行から戻ってきてやしないかと4時20分頃東干拓へ。残った3羽がいました。1羽がずっと頭頂部を赤くして鳴いていました。(一番右のナベヅル)今朝家族とはぐれてしまったんだろうか?なにかをついばんでは頭を上げて鳴く。その繰り返しをずっとしていた。ちょっと切ない。もう1羽いるはず!と辺りを探し回ったり、センター前付近を回ったりしたけれど見つけきれず。ライブカメラでも見つけきれなかったんだよねえ。午前中帰りしなに寄ってみてくれば良かったなあ・・・。1羽はセンター前の近辺にいるときはぎりぎり見つけきれるんだけど、ちょっと外れるともうわからなくなっちゃう。む~

2008年4月24日 (木)

八代の保護ツル

4月23日19:00配信分の毎日新聞のサイトに、保護ツル2羽の発信データが途絶えたとの記事。

昨日とはうって変わって

Img_6656

Img_6655

今日はいい天気。9時頃、観察センター前着。風がちょっと冷たくて強いかな?昨晩は雷もすごく鳴っていて嫌な天気だった。雨の後で緑が濃い田んぼ。日差しは温かくて、ナベヅルはむくむく。

Img_6661

Img_6666

Img_6669

Img_6670

その後、9時50分頃東干拓に移動。今日も道路を横断するツルたち。てくてく歩きます。11時過ぎに元々離れていた1羽を残して、最初にいたお隣の田んぼへ飛んで移動。もうそろそろゴールデンウィークですねえ。

2008年4月23日 (水)

春雨

Img_6629

Img_6631

今日は東干拓をナベヅルいるな?と確認しながら通り過ぎ、センター前へ9時18分に到着。いつもの1羽、奥の方の田んぼで雨に打たれてます。

Img_6627

Img_6637

9時30分東干拓に戻って観察。45分頃離れていた1羽が道路の上で、しばしたたずむ。本当にアスファルト好きだなあ・・・見通しのいいところがいいのかな?

Img_6640

Img_6642

Img_6648

Img_6650

9時50分過ぎ頃、ばらけて一列に並んでいたのが集まりだして羽をばたばたさせだした。ダンスしてる?その後、雨もだんだん強くなって帰宅。久々の雨ですっかりカメラの雨支度忘れてましたよ。とほほ。

2008年4月22日 (火)

逃げ水

Img_6576

Img_6579

今日は、9時20分頃東干拓に到着。すごく探して気がついたらまたまたすぐそこにツルたちがいた。だんだん草丈が伸びて、白い首も時々わからなくなるくらい。お天気もいいし、風も強くは吹いていないかんじ。

Img_6583

Img_6590

10時30分頃、緊張感あんまり無いのか?農道のアスファルト上に続々とツルたち集合。2月頃の観察センター前でもこういうことはあったなあ。意外にアスファルト好き?暖かくなって道向こうがゆらゆら揺れて見える。

Img_6600

Img_6603

飛んで隣の田んぼに移動した後、10時48分飛び立ったんだけどぐるりと干拓内西の端まで行って1周して降りてきた。その後も11時23分飛んだけれど、また帰還。

Img_6619

飛ぶ集団に混じらず、1羽でいるナベヅル。農道をぽつぽつ歩く。

Img_6623

11時44分またまた集って、等間隔に一直線に広がって飛び出したんだけど・・・戻って来ちゃいました。東干拓にいるツルがみんな飛んでいないから帰って来ちゃうんだろうか?飛んだツルも、残ってるツルを気にしているように思える。明日から天気が崩れてきそうなんだけどなあ・・・

2008年4月21日 (月)

車内はもう暑い!

Img_6533

Img_6535

Img_6537

今日は9時15分頃、観察センター前に着。1羽確認。昨日よりも風は弱いみたいだけど、港の方向はうすーく霞がかかってます。餌をついばんでいたと思ったら、草の中に座り込んじゃった。

Img_6538

Img_6540

Img_6542

Img_6552

Img_6554

9時50分過ぎに移動して東干拓へ。なにやら鳴き合った後8羽が一直線に横に並んで、10時7分頃東方面に飛び出してぐるっと旋回して東干拓橋のちかくを通り、笠山方面へ。1羽が途中どこかで降りて7羽が随分高いところまで飛んでいたけど、風に流されて結局観察センター前に降りた。

Img_6565

センター前に降りたツルと元々いた1羽が割に近くで餌をついばんでいたけど、グループが一つになることなく1羽だけぽつんと過ごす。いつもセンター前にいるナベヅル、グループに入れないのかなあ・・・10時40分過ぎ、8羽が飛び出したけれど結局東干拓に帰還。その飛行の途中に保護センター上空を飛んだんだけれど、地上から?ツルの声が。飛んでいるツルのファミリーが保護舎に入ってるのかなあ・・・またまた、クレインパークのサイトにあるツルの愛情物語の動画を思い出す私。今日も北帰行無し。もうそろそろ車の中も暑いです。

2008年4月20日 (日)

まなづる小ねぎ

Img_6531

Img_6529

スーパーで見かけたので買ってみた。まなづる小ねぎ100円。元気!新鮮!の文字通りしゃきっとしてます。ちょっと気になるのがこの絵柄。これって・・・

飛ぶツル飛ばないツル

Img_6473

Img_6466

今日は休日のツレとツル見。東干拓の堤防上に9時前到着。今日も朝早くから潮干狩りの車が続々で、時間がたつにつれ混雑してきた。私たち二人だけツル目的。道路の向こう側のくろい点点がツル。やっぱり遠い!

Img_6484

Img_6494

Img_6501

時々集ったりばらけたりしながら餌探しに夢中で下を向いている。10時13分、一斉に西の方向へ飛んだ。飛び出しは9羽だったんだけど途中で1羽降りたみたい。その後、東西干拓橋付近まで飛んだんだけれど川は越えずに同じ田んぼに戻ってきてしまった。10時30分頃、市役所の車がツルのいる付近の農道に止まり2人が田んぼの中へ。ツルは人を見てそろそろと人とは反対方向に歩いて移動。その後、市役所の車は去っていった。なにかあったんだろうか?それからしばらくして、ツルが田んぼに一直線上に並んだり、農道側のほうに集ったりしだした後、10時55分8羽飛んだけれど川を越す前にまたUターン。

Img_6509

元いた場所に4羽ずつ固まってる。家族かな?2回もチャレンジしたんだものね。また餌を探してます。風が強かったのかなあ・・・それとも残りのツルが付いてこないのに気付いて帰ってきたのかな?なにせ、飛ぶメンバーは決まっているみたいで、飛ばないツルは全然飛んでいないように見える。11時過ぎたので帰宅。

Img_6524

これは東干拓と古浜地区の間にある水路?川?この土手の左側が東干拓。ツルを探してるうちに干拓地付近でこういう風景に良く出会った。水深は深かったりするのかな?アオサギやチュウサギを良く見かけたんだけど、こういうところにツルも来るんだろうか?

今日はみんなこっちにいるかなと思って観察センター前には行かなかった。んだけど、今ブログを書いてる途中でライブカメラチェックしたらセンター前の道路に1羽いた!只今4時20分。田植えのすんだ田んぼに入って水飲んだりしてます。もー農家の方に迷惑かけるんじゃないわよ?

2008年4月19日 (土)

踵を返す

Img_6454

Img_6457

お昼を食べて3時からもう一回鶴を探しに。東干拓をささーっと見るも1羽も見つからず、観察センター前付近へ。午前中に1羽見た田んぼ付近に行ってみたけどトラクターが入っていてナベヅルはいませんでした。ええーっと思ってぐるぐるぐるぐる蕨島付近や西干拓を車で走り回るけどいない!1羽もいないなんてーと思って東干拓に戻り、いつも1羽が離れている付近を見ようと浄化センター筋の農道に入り込むと、茂っていた草が開けたとたん、えー・・・ナベヅルの真横に出ちゃいました!ちょっと怒ってます。近づくまで全然見えなかったなあ・・・その場を早急に離れて遠くで見守っていると、とことこ田んぼを横断して端っこの側溝の中に入っていきました。しかし、側溝か・・・入っちゃえば全然見えなくなるし、人に見られないように移動もできるな・・・その側溝から斜面をあがると農道でその横は葦?みたいな背丈の高い草が生えてる川?水路?がありました。堤防付近はちょうど貝掘りに人がわんさか来ていたので干潮だったんだろうけど、水位も低くツルにはいい環境なのかもねえ。1羽は確認できたなあと思って帰宅。

Img_6462

帰宅したとたん、ツル仲間のお姉さんから「ツルが帰ってきてるよ」と電話が。今、東干拓から帰ってきたばかりなのにツルたちいつの間に?またまた東干拓に行くと、さっきまでいた所からほとんど離れていないところに11羽?固まっていました。風強かったのかなあ?帰ってきたんだねえ・・・1羽が今さっきまでいた側溝付近を探してみたけど他にツルは見つからず。帰ってきたツルと合流したかな?

見失っちゃった

Img_6427

Img_6426

Img_6430

今日は飛ぶかも!とがんばって東干拓に8時25分着。風がちょっと強いかなあ・・・。ぱらっとばらけて食べていたけど、そのうちだんだん集まってきました。羽数が足りないぽいので、センター前に移動。

Img_6431

こちらもいい天気。もやってるかなあ。ここで1羽も見つけきれずまたまた東干拓へ。

Img_6437

Img_6439

東干拓についてしばらくすると、何羽かが羽ばたきし始め西の方の田んぼに場所移動。

Img_6445

Img_6447

Img_6450

9時46分頃、西の方に飛び出した!遅れて1羽ついていった。堤防の上から見ていたんだけど、低く飛んでいて ずっと目で追ったけれどここまでしか見えなかった・・・その後、センター前に移動してずいぶん探したんだけど見当たらず。一緒に見ていたお姉さんと周辺を車で探し回ったけれど、見当たらず。帰ったのかなあ・・・

Img_6451

その後1羽、多分最初からここにいたであろうツルを保護会のかたに教えていただいた。センター前からずうーっと左の方の田んぼに1羽、ぽつんと。周りにカラスがたくさん。このツルのほかにも残っているのがいるのかなあ・・・。少なくなると本当に見つけるのが大変て言うか自分で見つけられたことないかも・・・。双眼鏡もまだまだ慣れなくてあたふたしちゃいます。カメラ二台に双眼鏡、目があと4つ欲しい!

2008年4月18日 (金)

やっと双眼鏡

Img_6400

9時20分頃の観察センター前。だんだん天気も回復してきていているんだけど、風がものすごく強い。1羽も無し、かな。

Img_6397

今日は9時ちょっと過ぎに東干拓に到着。ずらずらっと並んではいるけれど、どこに潜んでいるのかわからないのがナベヅル(笑)時々気にもしていなかった場所から首が出てきて存在がわかることも。一日一日、本当に草が伸びるのが早い。昨日の雨も植物には恵みの雨だったんだろうな。

Img_6414

またしても、1羽離れてる。ちょっとケンケンしてるみたいに歩く。

Img_6424

やっと買いましたよ。ニコンのトラベライト8×25購入。 うれしくてお昼からも鶴を見に行っちゃいました。眼鏡をかけてるのでちゃんと見られるか心配したけれど、割に不自由無く東干拓の離れているツルでも表情ばっちりみえました。双眼鏡に慣れてないせいか車の中からのぞいているのに時々手ぶれ。10倍と迷ったんだけど8倍で良かった。でも双眼鏡って思ったより重さがあるのね。持ったときのどっしり感はちょっと意外でした。

そうそう、ツルのライブカメラ復活してましたね!ありがとう出水市!

2008年4月17日 (木)

田植え

Img_6374

Img_6372

Img_6375

今日は弱い小雨がぱらぱら。朝9時頃東干拓着。風向きがわかんないのと風下に回って車内に雨が降り込んでカメラが濡れるのもいやだったので、農道に回り込んで遠まきに観察。固まって移動してるので羽数が良くわかんなかったですよ。草もだいぶん伸びてきてます。10羽かな?+離れたところに1羽。ところどころ田植えが終わった田んぼがあって鳥よけみたいなビニール袋が。昨日夕方、ツレが家に帰ってきて開口一番「ツルが見たい」というので車を飛ばして見に行ったんだけど、この袋を引っかけてる棒かな?ちかちか光ってました。田植えが終わった田んぼにはサギ類とか見えなくなってるから効果があるんだろうなあ。しかし、田んぼって美しい。じーんときちゃいます。なんでだろう?

Img_6384

Img_6378

Img_6389

Img_6392

ひとしきり見た後移動して、9時15分頃観察センター前着。2羽いました。こちらも田植え作業が本格化。小サギ?かなあ、トラクターの後を付いて掘り返した土をついばんでる。あちこちでよく見る風景。ツルは人も気にせず風景にとけ込んじゃってるし。トラクターとか車とか近くに来ると場所移動してお食事。そのうち1羽が飛んでいってしまった。その時に残った1羽はちょっと鳴いたけれどついて行こうとしないでそのまま残っていました。寂しそうに見えるんだけどなあ・・・。

しかし最近、飛行写真撮ってないせいか全然撮れてない。羽が上向きの時の写真を撮りたいんだけど、全然タイミングが違う~。1シーズンだけだとちょっと時間がたてば体がタイミングを忘れちゃうのか?その後10時頃帰宅。

このブログを書きながら、ライブカメラを見ようと思ってクレインパークのサイトを見てみたら写ってなかった!ショック。このライブカメラのためにJavaの更新してないんですけど・・・今季はもうカメラ終わりなのかなあ?田植えも始まってるし。それともメンテナンス?以前、Javaの更新をしたらライブカメラが見えなくなったので古いのを入れ直したんだけどな。Javaの更新はもうちょっとしてからにしようかな。

2008年4月16日 (水)

風上風下

Img_6359

今日は朝からいやーな曇り空で風も強い。最近気温が上がってきたのでそこまで寒く感じないけど。8時40分頃東干拓に着いてチェックした後、9時頃観察センター前へ。

Img_6345

Img_6364

10羽の団体と少し離れて1羽、そしてすごーく離れた所にまた1羽。今日も横付けで見ていたら、すごく近いところにいたんだけど警戒して少しずつ離れていきました。昨日と同じなのになんでだろうと思ったら、今日は風向きがこの間と違って車が風上の方向だった。すぐさま移動したら落ち着いたけど・・・。この道にはいるところで風向きチェックが必要かもなあ。遮る物は何もなくて風が吹き抜けてく場所だもんね。

Img_6358

観察センター前に1羽。ライブカメラ担当のナベヅルさん(笑)です。東干拓組に合流すればいいのに~。一緒に帰れなくなっちゃうよ~。でもライブカメラで家でも鶴を見られるのはうれしい。

2008年4月15日 (火)

萌えいづる春

Img_6326

Img_6329

Img_6331

今日は朝6時に起きて、まずパソコンを立ち上げた(笑)お弁当作りながらちょくちょくライブカメラをチェック。1羽が写っていて食べるそぶりもなく、首をあげている状態が長く続いていた。今日は北帰行する?と期待して8時30分に東干拓着。いつもの場所に10羽。そしてまた離れたところに1羽。その後、センター前が気になって移動。山が霞んでます。1羽もいない!そしてまた東干拓へ。

Img_6335

こっち側に2羽いました。食べてます。

Img_6341

そしてセンター前に来ると、こんな所にいました。緑に埋もれてます。わからなかったよ~。座って羽の中に首を入れて寝ちゃえばわかりません。日差しがぽかぽかして、こんな日は眠るには気持ちいいよね 。保護会の方に見つけていただきました。自分一人ではとても見つけきれなかったよ。双眼鏡をネット通販で買ったのだけれどまだ届かない。早く届いて最後の北帰行に間に合えばいいなあ。

2008年4月14日 (月)

そらまめ

Img_6251

ツルがそらまめを食べるという文章を読んでから無性に食べたくなっていた。それで夕食は焼そら豆!さやと皮を剥くとつるんとしてきれいなエメラルド色。それにしてもツルはどの部分を食べるんだろう?葉っぱ?根っこ?

味噌汁に綾むらさきっていう芋を入れたら汁も紫になってしまった・・・

早期米、そろそろ田植えの季節

Img_6314

Img_6312

今日は朝、9時10分過ぎにセンター前に到着。靄がかかっていてちょっと風が強い。昨日の雨で空気も湿った感じ。お日様の光は強いんだけど。

Img_6323

東干拓には10羽を確認。田んぼ移動で土手を乗り越える時に羽を広げるツルも。あと1羽はやっぱり離れているらしい。今日は、鶴見物で会うおねえさんに誘導してもらって東干拓までいった。以前保護会の詰め所があったところに車を止めるのかなと思っていたら通り過ぎ、ツルのいる田んぼの前の道を通って東側のすぐ横の道で車を止めた。ツルは全然気にしてない様子!私が以前詰め所があった場所をちょっと過ぎた所に車を止めていたらあんなに警戒されたのに、こんなに近くに止まって平然としているなんて!風向きなのかなあ?ツルは風上に頭を向けているから、いつも海の方向に頭を向けている頻度が高いんだけど・・・本当にびっくりした~。こういうふうに近づけば警戒されなくてすむかも。数が少なくなってから特に警戒してるみたいだから、できるだけツルが安心できるような方法で見ていたいな。

2008年4月13日 (日)

ツル好き

Img_6229_2

Img_6231_2

Img_6241_2

今日は日曜日。朝からちょっと申し訳ないと思いつつ、ツレを早起きさせてツル見物。8時30分には東干拓に。1+10羽確認。だんだん離れている1羽もすぐに見つけられるようになっている自分。ツル視力がUPしてるかも。10分ほど見た後、センター前へ。こちらはやっぱり2羽。またまた、東干拓へ。

Img_6250_2

ツルのいる場所から、東西干拓橋から伸びる道路と垂直に交わる部分に車を止めると、距離があるにもかかわらずツルが警戒し始めた。やっぱり正面より手前で止めないと意識するんだ!首をしゅっとあげて、羽をばたばたさせた後、飛んで西隣の田んぼへ移動したので、すぐに車を走らせその場を去りました。あー東干拓むつかしい。ごめんね。

その後クレインパークにいったのですが、ツルは今現在16羽いるとのこと。どこかに隠れているツルが他にもいたのね・・・本当どこにいるんでしょう?

これまたその後、レンタル屋さんに寄ったらツレの手に鳥のドキュメンタリーDVDが何枚も。知らないうちにツル好き鳥好きが進行していたようです。

お詫びと訂正 クロヅルとナベグロヅル

Img_6284

今日、ここ最近気になっていたクロヅルとナベグロヅルの見分けがつかないことについてはっきりさせるべく、クレインパークに二枚の写真を持って行ってみた。思う存分展示を楽しみつつ、クロヅルの等身大の複製の前でじーっと細かい部分まで観察したりなんかした。ドームシアターも、歌を聴きたいが為にもう1回見たいと思っていたんだけどこんな張り紙が。エンディング曲のCDも発売されていないらしい。サビは覚えているけどAメロ全然覚えてない。残念。もう聴けないんだと思うとやたらと聴きたくなる・・・

Img_4892

Img_7384

全て見終えた後、二枚の写真を見てもらいクロヅルの見分け方を館長さん直々に教えていただいた。どちらもクロヅルではありませんでした!クロヅルは首の黒い部分部分がもっとぱっきり黒いらしい。どちらも雑種だった。いままでたくさんブログでクロヅルと書いてきたものは雑種だったみたい。読んでいただいていた皆さん、すいません。雑種でした。今まで困惑していたのが晴れてすっきりしたのと、間違っている情報を長々と垂れ流していたのとで複雑な心境。今までの写真チェックしてみたけれど、本物のクロヅルは撮れてはいなかったみたいだし・・・。という訳で、今までクロヅルについて書き込みした日記にはナベグロヅルだったということを追記しました。読んでくださっていた皆さん、本当にすいませんでした。(涙)館長さんも写真見てくださって、そしていろんなお話をしてくださってありがとうございました。来年はクロヅル撮りたいな。

2008年4月12日 (土)

第3回保護ヅル移送出発式

Img_6056_2 

Img_6075

Img_6076

Img_6079

Img_6086

Img_6091

今日は朝8時30分から観察センター横にある鶴保護センター前で「保護ヅル移送出発式」が行われました。出水でけがなどで保護されたツルを、山口県周南市八代に移送して養生の後、放鳥という計画。ツルの分散化と八代のツル増加のための計画なのかな?移送されるツルは、ケガなどのため保護されて動物病院で治療を受け、ある程度治癒したツル。当初計画では5羽だったそうなんだけど、直前に1羽の骨折がわかり、今回は4羽の移送となったらしい。よって、5個目の箱は空。サスペンションが特別?のトラックに、頑丈に!固定されて、式に出席された周南市の方々や獣医師の方とともに山口県へ向かいました。ツルは、式が始まる前にすでに箱の中に入っていて様子はわからなかったけれど、トラックに運び込まれるときに保護センターにいるツルの鳴き声がしてなんだかちょっと切なかったかな。元気になって八代と繁殖地を行き交うツルに成長するんだよ~。

Img_6068

Img_6065

Img_6071

こちらは朝8時、式の前に立ち寄った東干拓組。9羽と1羽と1羽が餌をついばみ中。やっぱり1羽離れている。

Img_6072

8時10分、こちらはセンター前の農道に2羽。付近をうろうろしながら餌をついばみ中。残り2羽見かけません。ん~。今日は風がちょっとあって曇り空。明日の天気は・・・。もうそろそろナベヅルさんたち帰っちゃいなさい!

追記:NHK鹿児島ニュースとNHK山口ニュース、tysテレビ山口のHPで、保護ヅル移送が取り上げられていました。無事に着いてオス1羽、メス3羽のツルたちも落ち着いた様子らしい。よかった~

2008年4月11日 (金)

2羽たりない

Img_6061

Img_6062

今日は9時20分頃東干拓着。ざざっと数えて10羽。そして、センター前へ。こちらは、2羽。センター前のかなり右側の田んぼにいたんだけど、そろそろとセンター前の農道へ移動。この間からいない2羽と1羽がいないと、もう一回東干拓へ。そしたらまたはぐれていましたよ!1羽。高尾野浄化センターの道の筋で干拓橋からの道はさんで南の方に、団体行動できないやつがいました。この間から1羽離れてるのはいつも同じツルなんだろうか?しかし、またまた2羽見かけません。どこで過ごしているんだろう。これだけ別行動してると帰るとき一緒に帰れなさそうなんだけど、ひょっこり出てきて合流するんだろうか?

最近出水中央図書館でツルの本を借りて読んでみている。すごくためになって面白かったのが、“ツルと湿地の未来”“ツル類の保護管理対策に関する基礎的研究”の2冊。前者はツルの渡りのルートの衛星追跡など書いてあって面白かった。その後同じような実験はされているんだろうか?今ならもっと通信機を小型にできそうな気がするんだけどな(素人考え)。又、後者は出水とツルの関わり合いの歴史から現状と問題点まで書かれてあってボリューム満点。すごく面白かった。おすすめです。今はクレインパークの調査研究報告と長期的ツル保護環境事業報告書をちまちま読んでいるところ。いろんな謎が解けて、そして新たな謎がそれ以上に浮かび上がってくる。わからないこと、たくさんあるね。

2008年4月10日 (木)

15-(3+10)

Img_6043

Img_6045

Img_6044

昨日の雨風はすごかった。夜中に家のベランダにおいてる10号鉢のバラが倒されていて中身がベランダ中に!台風かという風でした。一夜明けて、風は随分収まってはいるけれどそれでもちょっと吹いていて、雨も降っていました。今日はセンター前に10時20分着。3羽、ご飯中。

Img_6055

Img_6054

こちらは東干拓組の7羽+3羽。3羽がばらばらにいるんだけどわかるかな?そんなに離れなくても良さそうなのにね。遠くにいるツルは頭を下にすると本当に見つけられない。頭を上げれば白い首がちょこっと見えるのでやっといるんだとわかる。あの体のグレーとか茶色は草原に紛れて保護色になるんだなと実感。2羽を見なくなってもう3日目。どこにいるんだ?

2008年4月 9日 (水)

大雨雷強風波浪洪水注意報

Img_6019_2

今日は9時40分頃東干拓に直行。11羽?遠くて密集しているからよく見えない。どうも水路付近?にいるようでときどきふっと見えなくなるツルも。水辺で餌をとっているのかな?朝から降っている雨もちょっと小康状態だけどボウボウという強い風が時折吹き渡る。風に振られてよろよろするツルも。

Img_6022

Img_6024

残りの鶴を見にセンター前へ9時55分頃着。この頃になると雨も止んできていた。雨粒って写真になかなか写らないなあ・・・2羽です。ここでも風に振られるツル。左側のツルはかなり足を広げてるけど振られないように踏ん張っている?やっぱり2羽が見あたらない。どこに行ってるのかな?もしかして知らない間に帰っちゃったりした?10時20分頃から雨がひどくなってきたので帰宅。帰ってきてからはどんどん雨風強くなってます。風はビュービューボウボウいってるし、雨は降り続いてる。今日いっぱいは降り続く予報で今は大雨雷強風波浪洪水注意報が出ていて明日まで天気は悪いみたい。残ってるツルたちはいつ帰れるんだろうか?

2008年4月 8日 (火)

ひなたぼっこ

Img_5981

今日は9時20分センター前着。蕨島方面はこんな天気。風がちょっと強い。2羽しか見つけられなかったのであわてて東干拓へ移動。

Img_5989

Img_5990

Img_5991

東干拓は11羽。のんびり移動しながら食事中。あれ?残りの2羽が見つからない!

Img_5997

またまたセンター前に移動。やっぱり2羽。ここで、保護会の方と観察センターのお姉さんと会う。後の2羽はどうもこちらから見えないところにいる様子。溝とかにいれば見えないしというお話。人が入っているけれどツルは何も気にしていない様子。望遠で撮っているから近くに見えるだけで、実際は田んぼ二つは離れていそう。のんびりムードです。日差しはぽかぽかだし。

Img_5978

おまけ。うちの猫うっちゃんもひなたぼっこです。肉球~

2008年4月 7日 (月)

さっきまで雨

Img_5947

Img_5946

Img_5959

今日は朝からどんよりしていて、時折ざざっと雨で時々突風が吹いてる。センター前に10時頃着。蕨島方面も霞んでる。その頃にはもう雨風すごくて、車から降りたくない~と車の窓を開けて雨をばんばん降り込ませつつ撮影。それでもカメラのレンズは雨粒つき。う~。センター前の田んぼには今日は6羽。東干拓から移動してきたツルがいたみたい。農作業の車は見えないし通行する車やバイクも無く、雨に打たれながらもゆっくり思いのまま餌をついばんでいる。3月までしか小麦はまいてないのになあ。残ってる餌はまだ本当にあるのか?それとも個人的に小麦をまいてる人がいるのかな?農道にくちばしでつんつんしてます。足の悪いナベヅルは今日は見やすい位置にいて、歩いたりぴょんぴょん跳んだりしてたから足が変な風に曲がってるのがよくわかった。折れちゃってるのかなあ。ちゃんと北帰行できるのか心配。

Img_5965

こちらは東干拓組。9羽が一緒にいます。これだけ少なくなると名前とかつけて個別認識したくなる。とりあえず昨日まで1羽で過ごしていたツルを見分けたい(笑)今日は1羽離れてたりはしていなかったので安心しました。他は北帰行しちゃって1羽だけ取り残されたりしたらかわいそうだもんね。ちょっとだけ見て、雨も降ってるし今日も北帰行無いなと、10時半過ぎに帰宅。帰っている途中に雨は上がって晴れ間が!もうちょっと鶴を見ていれば良かったなあ。

2008年4月 6日 (日)

鳥と花見

Img_5789

Img_5801

今日は、東干拓に9時50分着。風もちょっと強め。ツルがいる田んぼの手前で海側に入る道路から観察。ツルもあまり意識してない模様。通り過ぎて目の前で見物した時と雲泥の差。何も気にせず移動しながら地面をついばんでます。相変わらず1羽離れているのが気になる。地図で見てみると700~800mぐらい離れてる?

Img_5805

こちらはセンター前組。軽トラが通るたびに田んぼに飛んではまた戻る。気になる人もいるようで、今日も1組見に来ていた。3羽だけって気になると思う。1羽足が悪い様子。天気も悪いし10時ちょっとにはここを離れた。今日は北帰行ないよね・・・

Img_5822

東干拓のそばを流れる川の河口にただよっていた。ヒドリガモであっているのかな?図鑑とにらめっこです。鳥の撮影の練習とかって良く書かれてるのをみるけど、難しいよ!かなり遠くにいるのにすぐ飛んで逃げられちゃう。どうやって見られるところに近づけるの?堤防沿いはコンクリの壁がネックです。

Img_5824

Img_5887

その後、クレインパークに野鳥の森っていうスペースがあったこと思い出し、行ってみることに。遠目にいろんな鳥を見る。歩いて逃げてるやつもいたりして。今度行くときは観察小屋にいってみたいなあ。今日はターゲットバードゴルフ?を芝生広場でしてた人たちがいたのでなんだか落ち着かなかった。

Img_5828

<おまけ> 昨日、「離合って言葉は九州の方言なんだよ」って話したら、ツレがびっくりしていた。そして今日、クレインパークの建物前でこの看板を目にする。言葉の意味は通じているか?

Img_5933

Img_5942

その後、シーズンも終わりだろうと上場高原へ桜&菜の花を見に。寒かったからかまだまだ満開。やぎさんもお花見中。こんなにきれいなのに、ほとんど人出無し。ほぼ独占状態でした。もったいないなあと思う。コスモスは有名で人出もわんさかなんだけれどな。

2008年4月 5日 (土)

田を駆ける

Img_5750

今日は曇り。すごい寒い!風が冷たいです。センター前の群れ。トラックが通るたびに飛んで逃げる。今日は割にアクティブに餌をついばんでました。

Img_5762

Img_5763

Img_5769

Img_5770

こちらは東干拓組。東西干拓橋から続く道の南側で、高尾野浄化センターの道沿いに1羽。他は石碑がある所の一つ東側の田んぼにずらずらっと。田んぼ4つ分離れてる。仲悪いの?東干拓は広すぎてツルまで遠すぎて今まで敬遠してきたけどやっぱり難しい。車から降りて見れば確実にツルに警戒されちゃうだろうし。でも今日車横付けして車内から写真撮っていても警戒された気がする。だいたい車が止まるところじゃないしなあ・・・東干拓はカメラにはでかい望遠、探すには双眼鏡がいるようなところなんだよなあ。う~ん苦手。

Img_5785

Img_5778

桜もそろそろ散り始めちゃうかなと高川ダムに。曇り空で残念。

2008年4月 4日 (金)

ツルを探して

Img_5708

Img_5710

今日は9時20分センター前到着。だんだん晴れてくる予報だけどもすごい霞。3羽のナベヅルが立って寝ていた。時折羽繕いするも、すぐ眠る。9時54分、1羽が地べたに座り込む。10時05分頃、1羽が農道にあがって何かをついばみ始めるが、10時08分右手の方に飛んでどこかへ。

Img_5729

10時10分頃、ふと見るとこの鳥がいた。昨日、ここの帰りに川沿いを飛んでいてきれいだなと思っていたところ。そのときは車の運転中だったので何にもできなかったんだけども。ツルの様子を見るため近くを通りかかった保護会の方とツルのお話をしたついでに、あの鳥は何ですか?と聞いてみた。キジということだった。親切にデジカメで写真を撮って確認までしていただいた。考えてみれば鳥の名前って知らないかも。せっかく野鳥の宝庫にいるんだから少しずつ勉強しようかなあ。

Img_5732

10時20分2羽とも地べたに座り込んじゃった。帰る気なしか?

Img_5743

Img_5749

その後、観察センターのお姉さんと出会って残りのツルを見つける旅に。保護会の方のお話だと東干拓にいるとおっしゃっていたので、車で海沿いの堤防をぐるりとまわるも見つけられず。また観察センターの方へ。そして、またまた東干拓へと渡り歩いてやっと東干拓の陸地側の田んぼにナベヅル13羽を見つける。クロヅルはいない。昨日帰った中にいたかな?東干拓のかなり中央部分の、農道から遠い場所にずらっと並んでいた。遠くから見ると、こんもりとした草の茂みにも見える。観察センター前の田んぼの農道は、今はもう車やバイクも通っているしうるさかったんだろうなあ。私もうるさくしちゃったもんなあ。数も少なくなったから前以上に警戒しているんだろうな。この時点でもう11時20分過ぎ。今日は北帰行はないかな?とその後帰宅。

2008年4月 3日 (木)

緊張と緩和

Img_5552

Img_5582

Img_5583

Img_5654

Img_5666

Img_5706

今日は、センター前8時30分着。お二人先客が。ためになるお話を聞かせていただく。もう立ち入り禁止じゃないしなあと、9時15分頃おずおず道を前進。近くで見ると世界が違うなあとツルのご機嫌を見つつ、さささと逃げ足でいってしまわないぎりぎりの距離で左右に動いて色々撮ってみる。そんなふうにふらふらしてたら10時48分頃、いきなり10羽ほど右方向に飛んでセンターの向こう側へ見えなくなった!そんなつもりは全然無かったんだよ~。北帰行の数を数えている場所から、一台の車がぶわ~っとツルを追いかけていく?ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!なんだか余計なお手間を・・・それからは頭が真っ白で呆然となってしまった。9時56分、残っていたツルが笠山方向に9羽、追って6羽飛んだ。その後は・・・なんだか変な写真で、何を撮りたかったのか、何をメモしたかったのかわからない写真に。う~。

ツルってある程度の距離離れていて、静かに動かず15分くらいおとなしく見てると「安全だな」とこちらの存在をあんまり意識しないでくれると勝手に思っていた。今日は、ぎりぎりの距離感の状態で30分ほどしてから飛んでいってしまった。時折こちらに頭を向けて注視していたから緊張していたんだろうなあ・・・。近くで見られることにうれしがって、ツルのことをいつもよりも思いやれなかったような気がする。本当に反省・・・。

2008年4月 2日 (水)

休遊地の中へ

Img_5321

Img_5360

今日は晴れの予報だったけど、8時30分に着いてみるとこんな曇り空。 道路上に並んで残りの餌をついばみ中。餌の残りは本当にあるの?

Img_5365

Img_5377

9時半ごろ。田の改修工事終わりの確認で人が入っていく。と同時に、全てのツルが飛んで辺りを旋回。始めは蕨島方行へ飛ぶも風で流されて笠山方行へ。そしてどんどん流されて、ついには元の田んぼの上空で旋回。そしてまた蕨島方行へ消えていった。その後、断続的に帰ってくるツルが。最初は10羽。その後すぐに3羽が帰ってくる。3羽のうちの1羽はクロヅルの幼鳥。その後も9時50分までの間にかなりの数のツルたちが帰ってきた。

Img_5388

Img_5415

Img_5470

帰ってきて横になが~く並んだツルたちが、10時20分過ぎに飛び出した。笠山方向に飛んだけど、風に流されてセンター前の方に近づいてくる。その後、時間をかけてまたまた蕨島方行へ。11時12分5羽が港方行へ飛び立つ。

Img_5502

残っているツルはこの時点でこれだけ。

Img_5497

Img_5504

私がいつもの道路沿いで写真を撮っていると、田の改修工事をされていた方が立ち入り禁止期間は過ぎてるから入って写真を撮ってもいいよとおっしゃってくれた。なんだか今まで囲ってあったところだから、なんとなくできなかったんだな。タブーな感じ。おそるおそる?何ヶ月もツルのいた道路を歩いてみた。ところどころに羽がおちていて、道も思ったより土がしっかり固まっていた。ここをツルがクチバシでつんつんしていたのに、こんなに土がかちかちだったなんて思わなかった。もっと柔らかいようにみえたんだけどなぁ。その後、市の職員の方にも声をかけていただき、写真の話をした。これからのツルの写真はレンゲの中にいるツルが撮れるかもしれない等々。親切に声をかけて頂き感謝。田んぼの中に一人、カメラ下げて2~3時間ふらふらしててこの場所じゃなかったら変な人だよな~。

ひとしきり鶴を見て満足してさあ帰ろうとしたところでふと空を見ると、11時15分8羽が帰ってきていた。その後、4羽が笠山方面へ飛び出していき、山沿いを上昇。山の上の高いところまで飛んでいき、そののち見えなくなった。残り羽数20羽前後?クロヅル1羽もまだいる。何度も飛んでいるけど、いつも帰って来ちゃうんだよね。家族とともにという北帰行っていうシチュエーションじゃないから飛んでいるうちに不安になって帰って来ちゃう?天気予報は明日も晴れの予報。北帰行あるかな?

Img_5544

道で拾ったツルのはね。泥汚れを落とそうと水につけたらかなりの油分が。

2008年4月 1日 (火)

スプリット

Img_0885

4月1日、目の前にあった岐路はもう過ぎて。その先へ!

末広がり

Img_5042

Img_5075

今日北帰行があれば最後かも~と張り切って7時半!には観察センター前へ。もやってて風がちょっと北風。朝の洗顔シーン。このナベヅルだけ何度も何度もクチバシをつけて洗っています。

Img_5181

Img_5197

Img_5207

Img_5218

Img_5224

Img_5243

Img_5245

Img_5270

9時51分、羽ばたくツルがちょっといるなと思っていたら、そのままの位置から北側に30羽程飛び出した。羽数が少なくなったから別に他のツルと離れなくても空間的余裕があって、離陸の動作に支障がないということ?10羽がすぐに帰ってきたその後、トラクターが田んぼの中に入ってきて全てのツルが一時、空に舞い上がる。その後10時13分まで、断続的に飛んでいき、いくらかのツルが帰ってきた。

Img_5305

Img_5315

残っているのはこれだけ。クロヅルの子供も残っています。センター前にいらした市の方に教えていただいたのですが、このクロヅル今年数えた記録にはカウントされていなかったということです。クロヅル4羽になるらしい。今日帰った数、88羽だそう。なんかおめでたい数字。

Img_5320

観察センター帰り、高尾野のもみじ温泉前の産直でツルせんべいを買ってみる。チュイル?と思ったけどもっとかりかり。アーモンドスライスたっぷりでおいしい。500円。色々見たけどツルの形をしたお菓子って出会ったことがない。卵型はあるんだけど・・・割れたりするから難しいのかなあ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ