フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

出水に雨が降りました

Img_7174

小雨がちらついてます。底冷えがしている感じで、東干拓の監視所にはストーブの火が入りました。そろそろ寒くなってきました。ツルを見に来られる方は、暖かい格好でいらしてくださいね。

ツルねぐら付近 17.3℃  無風
観察センター前 18.6℃ 北 0.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 3℃ 最低気温 -8℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 0℃
           北 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 8℃
    南南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 16℃ 最低気温 9℃
     東北東 2m/s
     視程 1.5km

Img_7200

東干拓で雨に濡れる。

Img_7240

観察センター前。ツルは奥の方に。出水に着いたばかりのツルは警戒心がとても強い。

Img_7230

Img_7248

それでも、今まではねぐら周辺に固まっていたツルたちをだんだんと他の場所でも見かけるようになりました。離れているツルたちは子ども連れの家族が多いようにも見える。

明日はツル観察センターの開所式です。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月30日 (木)

6000~7000?

Img_6901

今朝は曇り。朝起きたときもひんやりした空気。

昨日は夜まで上空からツルの鳴き声がしていたそう。夜のうちにかなりのツルが出水にやってきていた様子。もう6~7千羽はいるのでは?とのこと。ここ2,3日で一気にツルが増えました。万羽鶴になるのも早い?今日は到着便はほとんどなさそうに見えたのだけど。

ツルねぐら付近 18.9℃  無風
観察センター前 21.7℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
           北 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 6℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     西北西 1m/s
     視程 16km

Img_6929

東干拓の保護区内道路にまだ給餌は開始されていないのにツルが集まっていましたよ。

Img_6955

観察センター前、一緒にいるクロヅルとナベヅルともしかしてナベグロヅル?

Img_6982

マナヅルジャンプ!
足のかっこがかわいいっす。

Img_7072

15時過ぎ、東干拓のツルが一斉に飛んだ。そのまま荒崎方面へ移動したみたい。

Img_7041

ツルを見るのに観察センターの屋上にいたら、ミサゴが目の前を飛んでいった。あまりに近くでびっくりしましたよ。

Img_6916

カモも増えてます。

ただ今20時ちょうど、窓を開けたら外からツルの鳴き声が聞こえてきました。
ツルがまた出水に着いたよ!

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月29日 (水)

到着ラッシュ

Img_6620

ツルねぐら付近 22.8℃  北西 1m/s
観察センター前 23.6℃ 北東 2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
         西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 6℃
    北 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
     北東 2m/s
     視程 11km

Img_6591

今朝は10時頃に東干拓着いたとたんツルの数に圧倒される。昨日の夕方の到着便以降もツルが来ていたみたい。夜、鳴き声を聞いたという方もいらっしゃるらしい。私も夜、家で声を聞いた気がしたのだけど、昼間のツルの鳴き声が耳について離れなかったのかなあなんて思っていたところでした。一緒にいたツレも聞いていたら間違いなかったのだけれど、わからなかったと言われてしまいましたよ。

東干拓の田んぼ1ブロックの端から端までこんなたたずまいのツル。こんな感じにツルがいる田んぼが4つほどあって、そのほかにも少数グループがあちこちの田んぼに散らばっていました。

とりあえず1ブロック分を数えてみるけれど、飛んで移動していったり合流したりが激しくてナベヅルは特に数えられそうにありません。500くらいの数を数えたけれどギブアップです。

Img_6615

その後観察センターに行ってみると、数が提示されていましたよ。

Img_6628

観察センター前の田んぼもこんな感じにツルが密集しています。こんなツルの固まり?が3つくらいあったかしら?

Img_6638

14時頃、念願の?ツルの水浴びを見ることができました。しかし座って浸かっているだけで、足を天に向けてごろごろといった様子は見られませんでした。

何羽も水浴びしていたけれど、皆座ってというポーズ。

Img_6725

今朝は朝から、矢筈岳の方角からツルが到着してきていました。今年は芦北や水俣の方でも飛んできているツルが見られていたらしい。

Img_6698

14時半頃、観察センター屋上でツルを見ていたら上空を飛んできたクロヅル発見!田んぼに1羽確認できたので、2羽目ということになります。

Img_6775

ここに降りておいでといっているのか?ある時大勢のツルが一斉に羽ばたき。風に乗って遊んでいるの?

Img_6820

15時50分頃ツルが一斉に飛び始めて、空はツルだらけに。

Img_6899

Img_6874

16時半頃矢筈岳の方角からだけでなく、笠山方面からもツルが到着してきた。夕日を見て帰宅。

Img_6595

東干拓の水路でコサギがこんなことを。下にいるコサギは上に乗っかられてクチバシをつかまれちゃってる。なにしてるんだ?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

おしらせ
私、ハルモはIzumiCraneFanClub万羽鶴を脱退いたしました。
私はこれまで通りブログを続けていきますし、万羽鶴も観察センター付近で活動されていくことと思います。双方とも、これからもよろしくお願いいたします。

2008年10月28日 (火)

空いっぱいのツル

Img_6269

9時40分頃東干拓に到着。晴れ!西高東低の気圧配置みたいなので、たくさんツルがきてくるかも?期待大で向かう。

ツルねぐら付近 21.1℃  北 1.5m/s
観察センター前 22.2℃ 北西 1.1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
         西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -2℃
           西南西 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
    無風
    視程 4km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     無風
     視程 18km

Img_6256

東干拓のツル、割に多い。数えてみると、

マナヅル 47
ナベヅル 226
クロ 1

でも奥の方にもっといるらしい。固まっちゃってて初心者な私は数えられません・・・。

Img_6275

Img_6284

センター前も割にいる様子。マナヅルが増えたなあという印象。

マナ 9羽
ナベ 47羽

Img_6291

Img_6300

Img_6320

12時50分過ぎぐらいから、矢筈岳方面からたくさんのツルがやってきた。地上にいるツルは、鳴いてダンスをして上空のツルたちと交信?

それからは断続的に次々とツルがやってきた。

Img_6404

Img_6485

Img_6518

2時50分ごろ、手前にいたツルの一部を残してツルが一斉に空へ飛び出して、20~30分ほど空を飛び続けた。

Img_6570

Img_6563

ツルが次々にやってくるものだからなかなか帰りづらくて、日が沈む頃までツルを見ていた。かなり暗くなっても次々ツルはきていたみたい。辺りが暗くなる頃、東干拓を通って帰ったけれど、東干拓のねぐらにはツルは確認できなかった。全部のツルがセンター前のねぐらを利用していたのだろうか?

今日もきれいな夕暮れ。明日も西高東低の気圧配置?ツルがもっと増えそうです。お昼過ぎには、2千ぐらいいるのではという方もいらっしゃったんですよ。できる限り数えたいと思っていたのだけれど、とても無理そうな数になってきましたよ。

2008年10月27日 (月)

クロヅルとカナダヅル

Img_6219

今朝は靄がかかっていて雲も多い。下の方の雲は動きが遅いのに、それより上空にある雲はどんどん流れていく。東干拓に10時頃到着。

ツルねぐら付近 19.9℃  北西 2.7m/s
観察センター前 23.1℃ 北 1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
         西南西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
           西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 6℃
    無風
    視程 12km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
     無風
     視程 18km

Img_6163

今朝10時の東干拓、ツルがかなり増えてます。

Img_6182

Img_6186

そうこうしていると、空からマナヅルが降りてきた。ねぐらに降りたって早々水を飲む。出水に着いたね、お疲れさま。

Img_6205

10時50分頃、ナベヅルが断続的に観察センターの方へ飛び立っていく。一緒に見ていた万羽鶴黄門様が、カナダがいた!と。私はその場で慌てて撮った写真を確認したけれどよくわからず。ていうか、私は去年東干拓ですごい遠くで地面をつついているちーっちゃく見えるカナダヅルをようやく写真にぎりぎり撮れただけで、飛んでいるカナダヅルは初めてで判別が怪しいんであった。家に帰ってきて写真をすご~く拡大してみたら一番最後尾がカナダヅルだった。

Img_6248

Img_6229

東干拓の鶴が全て荒崎に飛んでいってしまったので、11時頃観察センターに移動してみた。ずっと奥の方にナベヅルは固まっています。11時半頃、突然ツルたちが飛び出して辺りの空は鶴だらけ。

Img_6242

クロヅル1羽発見。クロヅルの成鳥を見るのも初めてです。きれいにネクタイのところの黒色が出て体色がオレンジっぽい。マナヅルと行動しているのか?ずっと近くにいました。

Img_6239

一緒にツルを見ていた方に、カナダヅルの位置を教えていただきました。ありがとうございます。ナベヅルに紛れて見つけづらかったですよ。ナベヅルよりも一回り小さく、目の周りがハート型に赤い。

12時頃だったか、観察センターの屋上に上がって万羽鶴Iさんと一緒にツルを数えてみました。

マナヅル  13羽
ナベヅル 240羽くらい
クロヅル   1羽
カナダヅル  1羽

それから午後に何度も新たなナベヅルが東干拓から飛んできているのを見たので、随分増えていると思います。

Img_6250

ねこも水飲み。

Img_6253

今日も5時過ぎの夕焼けはとてもきれい。5時半頃、東干拓に飛んでいくツルもいたらしい。そのツルたちは東干拓のねぐらで寝たのかな?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月26日 (日)

ねんりんピック

Img_6140

今朝は9時20分くらいに東干拓に到着。辺りは暗く、雨が降りそうな感じ。

ツルねぐら付近 18.7℃  無風
観察センター前は舞い上がっていて?測定忘れ 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
         西南西 8m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -2℃
           南南西 3m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
    北北東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     西 6m/s
     視程 20km

Img_6144

Img_6145

Img_6148

東干拓には1羽も見られなかったので、観察センターに行ってみた。今日はねんりんピックもあっていると言うことで、観察センター内にもたくさんの人。今日は昨日と打って変わって寒くなりました。雨の予報も出ていたけど、ぎりぎり降っていない感じ。

センターからちょっと離れている田んぼにマナヅル2羽。センター前の農道沿いにはマナヅル3羽!子どもを連れています。昨日の午後から今朝にかけて出水に着いたマナヅル(だと思う)です!第1陣とおぼしきマナヅルが見つけられませんでした。どこに行ってるんだろう?見られなかった1羽も含めると、これでマナヅル6羽に!(12時現在)

ナベヅルは休遊地の奥の田んぼにほとんど固まってます。すごく遠いし密集しているので正確ではないかもだけど、55羽数えることができました。(ツレが。)

Img_6158

10時半頃東干拓に戻ってみると、ナベヅルの家族4羽が地面をついばんでいました。子どもがピーピー言ってましたよ。このときは、子どもはリラックスしているけど親が子を守るって感じに辺りを警戒。

12時現在

マナヅル 6羽
ナベヅル 59羽

合計 65羽ぐらい確認

Img_6154

Img_6156

ねんりんピックで鹿児島に来られた方々が、大勢ツルを見にいらっしゃいました。ねんりんピックには子どもたちも参加していたのかしら?小学生もいっぱいでしたよ。ツルの数が少ないし、ナベヅルは奥の田んぼの方に固まっていたけれどわかられたかな?手前に第2陣のマナヅル(だと思う)がいたからそちらを皆さん見られていたようだったけど・・・

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月25日 (土)

ツルを追いかけて右往左往

Img_6101

今朝は曇り。グレーの空が広がっている。
東干拓に10時半頃到着。
今日はカメラの設定を間違えて、変な色味の見苦しい写真になってます。ごめんなさい。

観察センター前 23.2℃ 無風
ツルねぐら付近 23.3℃  北東 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 3℃ 最低気温 -8℃
         南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
           南東 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 11℃
    南東 2m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 12℃
     北東 2m/s
     視程 16km

Img_6100

東干拓に着くと、マナヅル2羽のみでナベヅルが見えない。他のツルはみんな観察センター?

東干拓のツル監視所の松島さんに、昨日の夜から今日の朝の間にナベヅルが渡来していることを教えていただいたので、観察センターに見に行ってみる。

Img_6102

Img_6104

ツルを探して観察センターに行ってみると、今さっき東干拓で見たマナヅル2羽が!私が移動してる間にこちらに来ていたみたい。

その奥の方には、ナベヅルが集団を作っているのがかすかに見えた。センター前から見て保護区の奥の田んぼ。センターの屋上に登って確認してみるけれどナベヅルの数がどうも少ないので、ツルを探しつつ東干拓に戻ってみることに。

観察センターの正式オープンは明日なのだけれど、今日はプレオープン?で2階と屋上に上がってツルを見ることができました。
ツルはセンターの屋上からよく見えました。ちょっと遠いところの田んぼにいるツルは、農道と田んぼの段差の関係で高いところから見た方がはっきりと見えますねえ。

Img_6111

東干拓に着いたら、田んぼに積んであった土の山の向こう側からいきなりツルが飛び出した!

Img_6134

Img_6137

またまた観察センターの屋上に戻ってツルの確認!

ナベヅルが54羽に見えたのだけれど、側溝の中に入り込んでいたりして数え間違いが有るかも・・・マナヅルも2羽しか見えない。マナヅル1羽が見つけきれないんだけど、どこにいるんだろうか?

今日の午前中までで私が確認したのは合計で56~7羽といったところ。

12時過ぎたので、帰宅。
午後からもツルが渡ってきていたかも?明日が楽しみです。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月24日 (金)

第7陣到着

Img_6031

今朝は9時50分頃、東干拓に到着。辺りは曇ってます。(写真は10時20分頃の観察センター付近)

観察センター前 25.8℃ 北 1.2m/s
ツルねぐら付近 24℃  北 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
         北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
           南西 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
    無風
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
     北北西 1m/s
     視程 20km

Img_6002

家を出て東干拓に着く前、3号線を越えるまえにもう上空にツルが飛んでいるのが見えた。急いで東干拓に着くと、堤防に車を止めてツルを見た。海では海苔の養殖のお仕事中。出水の海苔はおいしいですよぉ。機会があったら是非食べてみてください。

Img_6015

東干拓についてすぐナベヅルたちが降り立った。ここ数日で随分羽数も増えました。

Img_6016

1羽のマナヅルは海側の田んぼに。

Img_6019

第2陣のマナヅル2羽は道を挟んで3号線側の田んぼに。相変わらず仲が良いです。

Img_6038

観察センター付近に行ってみると、居残りヅル2羽が目かくし網の張られた休遊地の中にいました。昨日から観察センター前の休遊地でも田んぼに水が張られ、ツルのねぐらが用意されたそう。あまり飛べないナベヅルは飛んで移動したのか、歩いて移動したのかわからないけれど休遊地に入れて安心しました。

Img_6043

Img_6059

10時半頃東干拓のナベヅルが観察センター付近の上空を旋回。そして2羽の居残りヅルと鳴き合ってしばらくして2羽の近くに降りて合流しました。降りてしばらくはツルたちも辺りを警戒している模様。

私はその後東干拓に移動して、新たにやってくるツルを探しつつナベヅルたちが帰ってくるのを待っていたんだけど、15時過ぎに東干拓上空を飛んで東干拓には降りずそのままセンター方向に帰って行ったあとは帰ってきませんでした。いつもの年ならこの時期は東干拓に帰って東干拓のねぐらに入って寝るらしいのだけれど、今年はねんりんピックのため早めに観察センター前の休遊地を整備してねぐらを用意したので、そちらに落ち着いてしまったのではないかなとツルを見ている東干拓の人たちの間で話しをしていました。

Img_6086

東干拓に集う人たちと楽しくおしゃべりしつつ、ツルを待っていると東干拓の東端の方?からツルが!ひとしきり辺りを飛んでいたけれど、東干拓には降りず観察センターの方へ行ってしまいました。新たに出水に着いた第7陣11羽です!

Img_6092

明日天気になーれ!東干拓で日の入りまで見て帰宅。

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 41羽(居残りヅル2羽 第3陣 4羽 第4陣 4羽 第5陣 10羽 第6陣 10羽 第7陣 11羽)

合計 44羽

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月23日 (木)

第6陣!

Img_5924

今朝は10時頃東干拓に到着。曇ってます。

観察センター前 25.8℃ 南 2.5m/s
ツルねぐら付近 25.4℃  東 2.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
         北北東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 6℃
           東南東 10m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
    北東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 13℃
     北東 3m/s
     視程 13km

Img_5919

東干拓のナベヅルは遠くにいて、近くの道路から見ても点で見える。数えるのが大変!

Img_5922

マナヅルはナベヅルよりは道路に近い場所にいました。

Img_5950

観察センター付近のナベヅルを探してあちこち探し回ったあげく、保護ケージの近くに。(今まで保護舎と書いてきたけれど、保護ケージというのが正しい施設名だそうです。今度からは保護ケージと書くことにします)

時々保護ケージの中にいるマナヅルやナベヅルと鳴き交わしていた。1羽でいても寂しくないのかも。

Img_5954

Img_5958

Img_5968

東干拓で渡ってくるツルをがいないか見ていると、12時22分頃ナベヅル10羽が蕨島の右端からすーっと飛んでくるのが見えた!そうして監視小屋の後ろの道の一番堤防側にすっと着陸。茶色い頭も何羽かみえました。第6陣です。

Img_5993

ナベヅルがやってきた後、マナヅルが何度か鳴いたのでまたツルがやってくると辺りを探したけれど見えず。マナヅル2羽はそのあとちょっとだけダンス。

Img_5999

新しくやってきたツルはしばらくじーっとしていたけれど、2時ちょっと前に低く飛んで他のナベヅルのグループと合流。東干拓のこんな端っこに集ってます。カラスも混じってる。

14時頃帰宅したので、それ以降飛んできてはいないか明日が楽しみです。

Img_5905

東干拓のタゲリ。曇っていたから光沢がうまくとれなかったけど。

Img_5944

観察センターの近くの田んぼを車で走っていたら、この鳥の集団がぶわーっとじゃり道から、轍から飛び上がって田んぼの中に避難。

Img_5927

観察センター前の保護区は寒冷紗(目かくし網と言うらしい)が設置されていました。ごくろうさまです。いろんな角度で目かくし網と観察センターとを入れた写真を撮ろうとしたけれど、なにせ範囲が広い!良い感じに撮りきれなかったですよ。保護区ってこんなに広かったんですね。ツルがたくさんいた時は狭く感じていたのだけどな。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月22日 (水)

居残りナベヅル2羽、夕方のお話

Img_5861

16時50分頃、観察センターに2羽のナベヅル。2羽はそれまで地面をついばんでいたのだけれど、ひっついて辺りをきょろきょろしだした。

そうこうしていると、どこからかツルが鳴き交わしている声が聞こえてきた。時折、ツルの保護舎からも声が混じる。
新しくツルが来たのだろうかと思って辺りを双眼鏡で見渡したけれど、全然ツルの姿は見えなかった。

Img_5864

そうしているかと思ったら1羽がその場を離れて農道を歩き出した。どんどんもう1羽と離れていき、田んぼ1.5枚分くらいの距離を歩いたところで田んぼに降りてさらに離れていった。

Img_5874

もう1羽はそのとき全然その場を動かないでいた。随分長い間、鳴き声を聞いていたような気がする。

動かないでいたツルが飛び出した。

鳴き交わしながらそのまままっすぐ東干拓方面へ。保護舎の上辺りに来たときには、保護舎からのツルの声も混じって聞こえてきた。

飛んだツルが見えなくなったとき、田んぼにいたツルが東干拓方面へ向かって飛び出した。けれど、田んぼの奥に植えてある松の木の高さ以上には飛ばず、ぐるっと戻ってそのまま奥の方の田んぼに着陸。しばらく白い首が遠くにたたずむのが見えていた。

その後、東干拓のツルを見にいってみたら何羽かのナベヅルの集団が空からねぐらに舞い降りてくるのが見えた。

Img_5805

おまけ

ナベヅルの足の裏がピンク!

ツルの受け入れ準備が続々と進んでいます

Img_5782

今朝は10時20分頃東干拓に到着。曇ってます。

観察センター前 26.2℃ 北東 0.5m/s
ツルねぐら付近 25.3℃  東 4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
         東北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           南南東 3m/s
           視程 2km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
    東北東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 15℃
     東北東 3m/s
     視程 12km

Img_5775

ナベヅルは固まって一つの集団を作ってます。警戒してるのかな。

Img_5777

Img_5780

マナヅルもナベヅル集団の近くに。ただ第1陣のツルと2陣のツルは離れて過ごしているみたい。

Img_5793

居残りヅルは今日は2羽で観察センター付近の田んぼに。見始めた頃は保護舎付近をうろうろして土をついばんでいたりしたけれど、そのうちに田んぼに降りて1羽は藁がおいてある場所で座り込んで寝ているような格好。まぶた?を閉じてます。その後、コスモス畑と田んぼの間の側溝があるのかな?段差があってほとんど見えなくなる場所。そこに入ったり出たりしてました。そこに入り込むとほとんど首しか見えません。なかなか良い隠れ場所があったんだなあ・・・時々姿が見えなくなっていたときはそこに入っていたのかも。

Img_5845

川でカワウ?が羽を乾かす仕草をしていました。一生懸命な動きでじーっとみてしまった。

Img_5783

観察センターの休遊地に寒冷紗を張るための作業が行われていました。ごくろうさまです。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月21日 (火)

第5陣来てました!

Img_5643

今朝は10時頃東干拓に到着。今日も晴れ。ちょっと霞がかかってるかな。

観察センター前 26.1℃ 北北東 1.8m/s
ツルねぐら付近 24.6℃  西北西 1.0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           南南東 5m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
    無風
    視程 2km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 16℃
     東北東 2m/s
     視程 4km

Img_5644

数が増えてます!
東干拓の監視をしている松島さんに伺うと、昨日の夕方ナベヅル10羽が来たらしい。

これで、ツルの総数は23羽に。

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 20羽(居残りヅル2羽 第3陣 4羽 第4陣 4羽 第5陣 10羽)

Img_5657

Img_5676

Img_5709

観察センター付近に行ってみると、ナベヅル1羽が保護舎横の空き地にいました。ずーっと見ていると、保護舎の方に近寄っていって保護舎に入っているツルと鳴き交わしていた。しばらくその場をうろうろしていたみたいだけど、12時前には田んぼで発見。土をほじくり返して何かを食べているみたいだった。

Img_5716

Img_5721

Img_5719

東干拓のツル、こんなに増えました。今度渡ってきたナベヅルの中には幼鳥も混じっているみたい。時折かわいい鳴き声が。

Img_5741 

Img_5759

夕方、日が沈む頃17時半過ぎにナベヅルが一斉に飛び出した。何度も旋回しながら笠山の方まで30分弱飛んで帰ってきた。途中で荒崎上空でも旋回しているみたいだった。残ってるナベヅル1羽を確認したのだろうか?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月20日 (月)

季節の変わり目は風邪に注意

Img_5625

今朝は10時頃東干拓に到着。今日も快晴。

観察センター前 26.3℃ 北東 1.8m/s
ツルねぐら付近 24.2℃  北 1.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
         西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           北 4m/s
           視程 0.051km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
    無風
    視程 0.1km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北東 1m/s
     視程 2km

Img_5620

Img_5622

今朝もいつもと同じような場所にマナヅル3羽とナベヅル8羽。

Img_5628

観察センター付近にいるナベヅルは今日は保護舎横の空き地に。はじめに付近を回ったときには全然わからなくて、車を止めて辺りを歩いていたら偶然目に飛び込んできました。どうも移動の途中だったらしい。ひょこひょこ歩きつつ地面をついばんでそのうち駐車場横の田んぼ?草むら?に入っていきました。その後帰宅するときにもちょっと見てみたけれど、見つけられず。

Img_5636

だんだん朝晩寒くなってきて、そしてねぐらが作られたこともあって?東干拓にいろんな鳥が集まって来ています。昨日は遠くでホバリングしている鳥を見たんだけどチョウゲンボウだったのかなあ・・・

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月19日 (日)

場所移動

Img_5618_2

今朝は10時半過ぎに東干拓に到着。快晴。

観察センター前 27℃ 北北西 2.3m/s
ツルねぐら付近 24.6℃  北北西 2.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
         南 2m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
           南東 13m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 15℃
    南西 1m/s
    視程 1km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
     東北東 2m/s
     視程 4km

Img_5583_2

Img_5587

東干拓にマナヅル3羽がいたけれど、そのうち2羽が飛んでちょっと離れた田んぼへ移動。この第2陣のマナヅル2羽は本当に仲が良いなあ。飛ぶときもこんなふう。離れてしまったもう1羽のマナヅルも移動するかなと思ってみていたけど、全然移動する気配はなかった。

Img_5605

ナベヅル8羽は、東干拓の監視小屋に近い田んぼに固まっていました。いろんな人のお話によると、観察センター近くにいる居残りヅルの1羽も夜はここで一緒に寝ているらしい。

Img_5610

居残りナベヅルは今日はこんなところに!
いつものコスモス畑かなと農道を走って探していると、傷病ツルの保護舎横の木陰に2羽いました。いつもいた田んぼ近くは、今日は農作業の方が入っていらしたので移動したと思われます。仲間もいて安心?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月18日 (土)

朝も飛ぶ

Img_5562

今朝は東干拓に10時過ぎに到着。晴れ。

観察センター前 26.6℃ 北北東 2.2m/s
ツルねぐら付近 24.0℃  北北東 2.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 -1℃
         無風
         視程 0.9km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           北 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 15℃
    無風
    視程 0.1km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     北東 2m/s
     視程 3.5km

Img_5548

東干拓に入ったとき、ふと空を見るとナベヅル8羽が飛んでいた。それから一時上空を旋回していたけれど、いつもいる辺りに着陸。

Img_5560

Img_5561

マナヅルの2羽と1羽はちょっと離れて食餌中。

Img_5568_2 

このコスモス畑辺りにナベヅル2羽がいるんじゃないかと探してみたけれど、見あたらず。奥の方にいっちゃってたのかな?今日はこの辺の田んぼで農作業が行われていたので隠れたのかも。

Img_5570

お昼過ぎ帰宅時にナベヅルの位置を教えていただいて見に行ってみると、駐車場のすぐ脇の田んぼに2羽いました。微妙にトタンに隠れていて駐車場からは角度によってやっと見られる位置。駐車場からすごく近いのに死角。なんかこの場所を知り尽くしてるかのようなナベヅル2羽。

Img_5576

Img_5578

東干拓はいつもとほぼ同じ位置に。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月17日 (金)

じーっと

Img_5518

空は快晴。空気が乾燥してるかな?

観察センター前 21.9℃ 北北西 2.6m/s
ツルねぐら付近 20.1℃  北西 2.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 -3℃
         無風
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
           南 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
    無風
    視程 1km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
     北北東 1m/s
     視程 0.7km

Img_5517

東干拓組はねぐらの近くの田んぼに集合してました。時折、首だけぴょこぴょこ見えるツルも。

Img_5523

夏を越したナベヅルも観察センター近くの見晴らしの良い田んぼに。1羽は座り込んでます。

Img_5532

お昼頃見たセンター近くのツルは朝いた場所からあまり移動してなくて、農道の辺りをうろうろ。草の茂みに隠れていたのかな?

Img_5535

12時頃は東干拓組もあまり移動していない様子。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月16日 (木)

Img_5477

今朝はめっきり冷えました。布団から出たくない感じ。日が昇ってしまって外に出れば暖かいけれど。空は快晴。

観察センター前 22.1℃ 北東 2.1m/s
ツルねぐら付近 20.8℃  北東 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 9℃ 最低気温 -5℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
           北 7m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
    南東 1m/s
    視程 4km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北東 2m/s
     視程 1.5km

Img_5473

Img_5474

Img_5476

Img_5478

農作業の方たちも少なくのんびりとした雰囲気の中、どの場所のツルも食餌中。

Img_5482

Img_5488

Img_5494

Img_5498

お昼頃帰るときも、朝とほとんど変わらず。のんびりしてます。

2時過ぎにもう一度ツルを見に行くと、またナベヅル8羽が東干拓を飛び回っていました。そしてそのあとどこかへ行ってしまい見えなくなりました。(笠山の方に向かった?)それから1時間位姿を見せなかったんだけど、いきなり海側から8羽が帰ってきました。5時まで新たなツルを待っていたけれど、今日は来ませんでした。残念。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月15日 (水)

第4陣

Img_5333

快晴です。そろそろ朝晩冷え込んできました。
今朝は西高東低の気圧配置。ツルが来そうな天気図です。

観察センター前 21.4℃ 北東 2.5m/s
ツルねぐら付近 20.3℃  北 3.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 7℃ 最低気温 -6℃
         西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
     北北東 1m/s
     視程 3km

Img_5330

Img_5332

Img_5338

今朝は、マナヅル1羽は海側に、2羽は陸地側の田んぼにいました。
ナベヅル残りヅル組は稲を干してある後ろ側にいて道路からは全然見えない場所。
第三陣のナベヅルはどうもどこかに行って帰ってきてないらしい。朝も見あたらなかった。

Img_5350

Img_5353

Img_5356

お昼過ぎにツルを見て帰宅。
東干拓のマナヅル一羽は道路を越えて二羽のマナヅルの近くに。そのほかは朝と同じような場所にいました。

Img_5363

そうして帰るのに車を走らせていたら、ソウモトジメからナベヅル4羽が渡ってきたらしいと連絡をくださった。あわててUターン。第四陣のナベヅル4羽が12時12分頃、北の方からやって来たらしい。元いた4羽のナベヅル(どこにいってたんだ)と混じって団体行動してるみたい。首の色がみんな白いみたいなので、全部成鳥かな?

Img_5380

また新たなツルは来てやしないかと2時半頃東干拓へ向かっていると、遠くにツルが飛んでいるのが見えていた。やきもきしながら運転して東干拓へ着くと、第3陣と4陣が合同で飛んでいたらしい。それからしばらく飛んでいて着陸。それから1時間ほどはナベヅル同士で固まっていたけれど、いつも警戒しているのか首を全員あげていることが多かった。

そしてまた3時40分頃から飛び始め、観察センターの辺りや笠山の上の方まで飛んでいったりして、北帰行か?っていう飛び方を。また帰っちゃうのかなと思うくらいだった。長い長い飛行も4時15分頃終えて、また同じ場所に降りた。出水に着いたばかりなのに、そんなに長い飛行をするなんて元気だなあ。

5時に帰宅したけれど、今夜も天気が良さそうなので夜の間に出水にやってくるツルがいるかも?明日も楽しみです。

17時現在

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 10羽(居残りヅル2羽 第3陣 4羽 第4陣 4羽)

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月14日 (火)

稲刈りもそろそろ終盤

Img_5280

空はうっすら靄がかかっている。
今日は農作業の方も少なく、コンバインの姿もあまり見かけない。

観察センター前 24℃ 北 0.7m/s
ツルねぐら付近 24.3℃  無風 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 8℃ 最低気温 -4℃
         西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
           南東 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 14℃
    東南東 1m/s
    視程 2km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北東 2m/s
     視程 17km

Img_5290

観察センター付近にいるナベヅル2羽も、道路に近い田んぼに出てきていました。

Img_5304

Img_5306

東干拓のマナヅル3羽。東干拓内を時々移動しているらしい。出水になれてきたのかな?

ナベヅル4羽を探してあちこち車で回ってみたけれど見つけられず。夜にはねぐらで寝ているみたいなんだけれど。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月13日 (月)

上場高原

Img_5245

Img_5255

ツルを見た後、上場高原にコスモスを見に出かけました。
お天気もよく、ものすごい人出。コスモスも満開!

見えません

Img_5193

今朝も快晴!空には鰯雲。秋です!
農作業されている方も多く、あちこちで稲刈り。

観察センター前 23.1℃ 北 2.6m/s
ツルねぐら付近 21.9℃ 北 1.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 -1℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
           南南西 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
    南東 1m/s
    視程 14km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     北東 2m/s
     視程 11km

Img_5190

Img_5192

マナヅル2羽と1羽の距離が離れてます。
ナベヅル4羽は東干拓では見あたらなかった。どこかへお出かけ中。

居残りヅルはセンター付近にいるらしいけど、農作業が辺りで行われていたので警戒しているらしく、姿を見ることはできませんでした。

Img_5204

12時頃もマナヅル3羽しか見られず。帰宅。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月12日 (日)

月下美人

Img_5186

今夜咲きました。

お出かけ

今朝は10時頃東干拓に到着。

靄はちょっとかかっているけれど快晴!
写真は取り忘れ。

観察センター前 24.6℃ 北西 1.5m/s
ツルねぐら付近 24.5℃ 北西 2.5m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
         西 8m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 4℃
           西南西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
     北東 2m/s
     視程 18km

Img_5121

東干拓のナベヅル。4羽いるんだけど、重なって写っちゃってる。

Img_5122

Img_5129

マナヅルはいるかなと探していると、空から3羽舞い降りてきました。どこへ出かけてきたのかな?

Img_5140

残りヅルの2羽はいつものコスモス畑で。
今朝はずいぶんと鳴き声がしていた。何があったのかな?

Img_5164

Img_5170

12時過ぎにツルを見て帰宅。
ナベヅル4羽は見あたりませんでした。どこへ遊びに行ってるんだろう?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月11日 (土)

飛んだ!

Img_5081

快晴!朝方は寒いかなと上着を羽織って出たけれど、半袖でOK!の気候。

10時30分頃
観察センター前 27℃ 北 1.7m/s
ツルねぐら付近 25.8℃ 北西 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
         北西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 2℃
           北北西 9m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
    北西 4m/s
    視程 14km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
     北西 3m/s
     視程 20km

Img_5077

ナベヅル4羽は東干拓いつもの場所あたり。

Img_5078

道を挟んだほうの田んぼには、マナヅル3羽。

Img_5082

居残り組ナベヅルは道の上にいました。横の田んぼでは稲刈りが。

Img_5095

11時5分頃、突然ツルの声が聞こえてきた。保護舎からも聞こえてきたのだけれど、空からも!外に出てみると4羽観察センターの建物の上空を飛んでいた。どうも東干拓にいたナベヅルが飛んできたらしい。随分長い間飛んでいたけれど、また東干拓方面へと向かっていった。

Img_5107

12時頃、ツルを見て帰宅。
ナベヅル2羽はコスモスの辺りをうろうろ。

Img_5119

Img_5115

マナヅルは2羽と1羽の間の距離が少しだけ離れてる。

ナベヅル4羽は東干拓をざっと見たけれど姿を確認できなかった。あの後どこへ降りたのかな?すごく天気がよいので、またツルが出水に来そうですね。明日が楽しみ。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月10日 (金)

思いがけず小雨

Img_5045

朝起きたら今日は雨が降らないと思っていたのに道路はぬれていて小雨がぱらついていた。昨夜はツルも渡ってきてはいないかもと思いつつ東干拓へ。

9時50分頃
観察センター前 23.1℃ 無風
ツルねぐら付近 22.1℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 1℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           南東 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 12℃
    南 2m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
     西 2m/s
     視程 8km

Img_5041

第三陣のナベヅル4羽は、昨日いた場所付近であまり動かず。

Img_5044_2

マナヅル軍団もいつもの定場所に。やっぱり1陣と2陣はちょっと離れている。

Img_5047

残りヅル2羽は大胆にも駐車場のすぐそばの田んぼをうろうろ。ふと気づくと羽を大きく広げて何度か羽ばたきしてました。雨粒をふりおとしたのかしら?

Img_5067

Img_5073

Img_5075

12時頃、帰宅途中鶴見。
ツルは朝とだいたい同じ場所にそれぞれいましたよ。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 9日 (木)

来てましたよ!

Img_4986

ちょっとかすんではいるけれど、良い天気!

9時40分頃
観察センター前 23.9℃ 北東 1.3m/s
ツルねぐら付近 22.6℃ 北東 1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
         南東 1m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
           南東 16m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
    南東 1m/s
    視程 14km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     無風
     視程 5km

Img_4983

ソウモトジメからナベヅル4羽が来ているとの電話があり、急いで仕事を片付けて東干拓へ。これは第一陣+第二陣。

Img_4985

遠く海側に4羽ナベヅルがいます。おつかれさま!一生懸命羽づくろいをしてたり、何かを食べていたりしているみたい。

Img_5004

観察センター付近のナベヅル2羽はなかなか見つけられなかったけど、1羽コスモス畑の中にいるのを発見。もう一羽も近くにいる模様。
10時過ぎに、どちらかからだったか保護舎にいるツルとこの残りヅルが何度か大きい声で鳴きかわした。ツルがまたやって来たのかとそわそわ辺りの空を見たけれど、ツルの姿は見つけることができなかった。

Img_5017

Img_5027

お昼頃、帰宅前にツルを見る。田んぼの藁が干してある場所から農道を渡ってコスモス畑の中へ入っていった。2羽ちゃんと確認できました。その後、東干拓のツルもちゃんといるのを確認して帰宅。

12時現在

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 6羽(居残りヅル2羽 第3陣 4羽)

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

第3陣!

第3陣ナベヅルが来たらしいです!
今から見に行ってきマース

2008年10月 8日 (水)

天気模様

Img_4936

今朝観察センター付近は、山もかなりかすんでいる。視界は悪そう。第三陣は来るだろうか?

10時10分頃
観察センター前 25.8℃ 北東 1.7m/s
ツルねぐら付近 22.6℃ 北東 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
         無風
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
           東北東 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
    無風
    視程 14km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
     東北東 4m/s
     視程 18km

Img_4933

マナヅル3羽は東干拓で。一緒に行動している模様。東干拓のねぐらとその付近で一日を過ごしているみたい。

Img_4944

ナベヅル2羽は観察センター付近で。ほぼ草むらの中に隠れていて、時々白い首がちょっとだけ見える。場所が狭いのか?2羽の距離は以前よりも距離が縮まって、一緒に行動しているみたいに見える。

Img_4951

12時頃、はっきりと見えたのは1羽だけ。もう一羽も近くに隠れてます。

Img_4958

同じ田んぼにいるとはいえ、この3羽の離れっぷりはやはり第一陣の1羽、第二陣の二羽に分かれているんだろうか?

Img_4938

観察センター付近は今、道路工事が行われてます。ちょっとずつ、きれいな道路になりつつあります。

Img_4926

東干拓の入り口にはこんなお願い看板が。

Img_4934

観察センター前の田んぼは、稲の刈り取りが続々行われてます。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 7日 (火)

こんなところに

Img_4886

今朝観察センター付近は、ぱらぱら小雨が降ったりやんだり。

9時50分頃
観察センター前 23.8℃ 無風
ツルねぐら付近 23.6℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
         西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
           北 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
    無風
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
     北東 2m/s
     視程 8km

Img_4908

朝、ナベヅルの2羽は観察センター付近の田んぼに。探し始めたときには見あたらなかったのだけれど、じーっと探していたら稲穂を干してる陰から辺りをうかがいながらひょこひょこ歩いて出てきました。隠れていた割には大胆に農道を歩いてます。

Img_4910

お昼過ぎ農家の方が田んぼに入られていたからか、ナベヅルは姿を見せませんでした。

Img_4921

西干拓なんかを見ながら帰っていたら、ソウモトジメから東干拓にマナヅル3羽がいるとの電話。急いでいって見ると同じ場所に3羽!一緒に行動するようになったのかな?

そうして3羽でダンス?を始めた。ソウモトジメが言うには、カラスを追い払う行動じゃないかとのこと。

やっとマナヅル3羽確認できて安心して(笑)おなかが減ったのでそそくさと帰宅。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 6日 (月)

農繁期

Img_4859

あいにくの曇り空だけど、辺りの田んぼは農作業の方が多い。西干拓から港方向の風景。

9時50分頃
観察センター前 25.2℃ 北東の風 1.2m/s
ツルねぐら付近 23.9℃ 北東の風 1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 -1℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           北 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 12℃
    無風
    視程 9km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 14℃
     北東 2m/s
     視程 10km

Img_4872

朝見つけられたツルはこのツルだけ。センター前の田んぼでナベヅル1羽。もう1羽も近くにいるみたいだけれど、姿を見せない。今日はマナヅルが1羽も見つけられずへこむ。農作業の方があちこちで作業されているのと、あちこちに稲が干してあるので死角が多くてマナヅルが隠れやすくなっているのかなあ?見られませんでした。

Img_4881

お昼頃のナベヅル。やっと2羽見られました。帰宅途中にあちこち見て回ったけれど、とうとうマナヅルは見つけられず。人がいかないような場所に避難したかな?

Img_4869

朝、川沿いでツルを探していたらドボッと水音がした。何回も音がするものだから何の音だろうと振り向いてみたら、ミサゴ?が魚を捕まえていたのを川に落っことしていた。不器用な鳥だなと思って見ていたんだけど、もしかして意図的に魚を落として食べやすくしているのかな?魚は頭部分を完食しているみたいだった。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 5日 (日)

ツルとコスモス

Img_4775

今朝は運動会もあっているというのに、小雨が降ったりやんだり。雨掛山もかすんでる。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 0℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           南南東 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
    東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     南南東 1m/s
     視程 7km

12時現在

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 2羽(居残りヅル)

Img_4770

10時過ぎ、東干拓の1羽は、地面をついばんでは辺りを見回す。

Img_4777

Img_4812

マナヅル2羽(第2陣)は本当に仲がよくて、観察センター付近に着いたときにはセンターの駐車場前の田んぼで2羽仲むつまじく過ごしていた。すごく近い!そのうち、隣のコスモスが咲いている空き地へ移動。コスモスとマナヅル。すごく珍しい風景。

Img_4849

いないなあって探してたナベヅルも、マナヅル2羽と同じような場所にいた。草丈が高くて隠れやすく、人間からは見つかりづらい場所。昨日までいた田んぼの稲刈りが昨日の午後からあったみたいで、こちらの方に4羽で移動してきたのだと思われます。

Img_4767

東干拓は休遊地に寒冷紗が張り巡らされて、東干拓の海側の堤防沿いは進入禁止になっています。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 4日 (土)

稲刈り日和

Img_4694

良い秋晴れ。夜から天気は下り坂らしいけど、とても良い季候。朝から稲刈り!の農家の方も多数がんばっていらっしゃいます。

観察センター前 24.2℃ 北北東 2.9m/s
ツルねぐら付近 24℃ 北東 2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
           北北西 4m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 13℃
    無風
    視程 9km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     西北西 2m/s
     視程 3.5km

12時現在

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 2羽(居残りヅル)

Img_4689

第1陣マナヅル1羽は真鶴橋の袂に1羽。東干拓内にいることにしたのかな?川向こうのツルの鳴き声が気になっているのか、きょろきょろするときも。

Img_4697 

Img_4696

Img_4709

今朝もマナヅル2羽ナベヅル2羽が観察センター付近の同じような場所に。安全な場所なんでしょうねえ。

Img_4724

Img_4720

Img_4729

12時過ぎに帰るときも朝と同じ場所で同じツル。だんだん出水になじんできたのか、農家の方にはあまり驚かない様子。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 3日 (金)

10/3 その2

Img_4598

お昼3時半頃東干拓にツルチェック。今日来た2羽のマナヅルはすごく仲が良い。ぴったりくっついてる。

Img_4650

ずーっと見ていると、16時55分東干拓の中央の方へ向かって飛んでいった。その後、ツルを全部見て帰ろうと計画。

Img_4664

居残りナベヅル2羽はいつもいるのと同じ場所で寝るの?17時30分

Img_4682

あれだけ探し回ったマナヅル1羽は東干拓にいました。心配させるなよ~。そして飛んだマナヅル2羽を日の入りまでに探しきれず。草むらに隠れちゃったかな?

Img_4661

きれいな夕やけ

18時過ぎ帰宅。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

第2陣!!!

Img_4561

昨日の夕方はきれいな夕焼け。
今朝の風景取り忘れ・・・。

観察センター前 27℃ 北東 2.3m/s
ツルねぐら付近 23.9℃ 東 0.8m/s (クーラー効いてた車の影響かな?温度が低い)

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 0℃
         南 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
           南東 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 15℃
    南 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
     北東 1m/s
     視程 21km

Img_4563

朝、10時頃東干拓に1羽。元いた場所に戻りましたね。辺りをうかがいつつ、地面をついばみ中。

Img_4567

!!!

Img_4571

ナベヅルを確認するのに観察センター付近に着くと、マナヅルが!2羽います。ナベヅルも近くに2羽。東干拓のマナヅルを見てすぐだったので違う2羽。

居残りナベヅル2羽と第1陣マナヅル1羽、そして今日マナヅル2羽が増えました。

12時現在

マナヅル 3羽(第1陣 1羽 第2陣 2羽)
ナベヅル 2羽(居残りヅル)

Img_4573

Img_4580

Img_4589

お昼12時頃帰宅途中にツルを見る。

マナヅル2羽とナベヅル2羽は、朝よりもちょっと距離をとっていた。東干拓のマナツルは1羽でぽつん。

Img_4590

東干拓の休遊地にぞくぞくと寒冷紗設置されている。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 2日 (木)

いい天気

Img_4500

今日12時現在ツルの羽数
マナヅル 1羽
ナベヅル 2羽(居残りヅル)

すこく天気が良いです。また、ツル第二陣が来てもおかしくないような天気。

観察センター前 24.2℃ 東 2.4m/s
ツルねぐら付近 23.2℃ 東 2.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
           南南東 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
    東南東 1m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     東北東 2m/s
     視程 15km

Img_4502

朝はわりかし道路に近いところにナベヅル2羽がいました。天気がよかったけれど、今日は東干拓には行かなかったのかな?

Img_4519

お昼も2羽。近いところに固まってます。

Img_4511

朝近くを通りがかったのにわからなかったマナヅル。帰り道、やっと見つけられた時は、じーっとしていた。

Img_4499

Img_4524

朝、東干拓を通ったときにはすでに保護区の東のほうには寒冷紗を張る支柱が設置されていた。お昼帰る頃は、どんどんと西に向かって作業が進められている様子。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年10月 1日 (水)

回復する天気

Img_4466

今日現在ツルの羽数
マナヅル 1羽
ナベヅル 2羽(居残りヅル)

今朝は晴れ!台風が来てたはず何だけどな?朝早くは曇が多くて暗かったのだけれど時間がたつにつれてどんどん天気がよくなってきている。風が強いんだけど、風台風だったのかしら?10時頃はこんな青空。

観察センター前 25.1℃ 北北東 3.8m/s
ツルねぐら付近 24.3℃ 北北東 5.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 2℃
         東南東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 2℃
           北 5m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 15℃
    南 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     東北東 3m/s
     視程 13km

Img_4472_2

ナベヅル2羽を観察センター付近の田んぼでやっと確認するけれど、マナヅルが昨日の場所にいなかった。通り道あちこちの田んぼを気にして来てみたけれど気づかず。
ソウモトジメが、その後探しにあちこちを回られてマナヅル発見。西干拓に移動したらしい。

Img_4489

Img_4485

お昼帰宅途中にツルチェック。

教えていただいたとおり、西干拓にマナヅルがいました。羽づくろいに余念がない。ナベヅルは2羽、朝いたのと同じような場所に。

Img_4465

朝、貯木場の前の田んぼに昨日の雨がたまってました。そこへセイタカシギが1羽。

Img_4491

東干拓を通って帰ったら、ツル監視所の前に寒冷紗が山積み。

Img_4496

お昼の東干拓はとても天気がよくて、風も心地良い。ツルの第2陣、飛んでくるかなあ?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ