フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

観光シーズン到来

Img_3637

曇り空に少しだけ青空がのぞいてる。
寒~いって程ではないけれど、風があって体感温度はちょっと低めかな?

11時頃 観察センター前 13.0℃ 北 2.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -20℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北北西 5m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 1℃
    0m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
     西北西 2m/s
     視程 18km

Img_3663

東干拓にて。

ここに食べ物があるのよ。うん。
その後、幼鳥がその場所をつついていた。

Img_3655

足裏ピンク、ちょっとだけよごれてる。

Img_3674

昨日の羽数調査結果の表示。

Img_3675

センター前には多くのツルが集まっていた。なかなかクロヅルとかカナダヅルとかが見つかりません。外に出ちゃっているのか、この群衆に紛れているのか。この道路から右奥の方にいつもクロヅルが1羽いるんだけど、いかんせん遠い。(ちなみにその場所は写ってませんよ)

Img_3699

Img_3864

今日は座り込んでるツル多数。

Img_3678

Img_3702

Img_3776

何をしていても注目度ナンバーワンのソデグロヅル。

観光客のみなさんも、あれがソデグロ?って探されていた。でかくて白いから目立つんだよね。

Img_3814

きょうもいきなり飛翔。

Img_3854

これなあに?って何度もくちばしで探ってた。

Img_3767

羽づくろいしてあげてる。

Img_3867

お隣の木でひーよひーよ鳴いてたヒヨドリ。

2008年11月29日 (土)

四万十川でナベヅル群れ

ニュースをいろいろ探していたら見つけました。
ちょっと前の情報だけど、覚え書き用に貼り付けておきます。

四万十川でナベヅル群れ 高知 読売新聞 2008年11月12日

四国にもナベヅルは渡っているんですねえ。

西表にもソデグロ

西表にも2週間前からソデグロヅルが来ていたようです。

「ソデグロヅル」飛来 西表東・西部で確認 八重山毎日新聞

第3回羽数調査

Img_3494

東干拓の7時頃。やっと日が差してきました。
今日は第3回羽数調査の日。

5時くらいから小雨が降っては止み。ちょっと心配だったけれど、本降りにならずにすみました。

朝7時半 東干拓 9℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -18℃
         西南西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           北 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
    北西 8m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     西北西 6m/s
     視程 20km

Img_3473_2

高尾野中のツルクラブは5時半に近くの集合場所に集まって、そこから徒歩で東干拓へやって来ます。

保護区脇の道路を走る車に注意書き立て看板。

Img_3479

高尾野中ツルクラブ、カウント中。

Img_3474

東干拓ではツルクラブは2カ所に分かれてカウント。

Img_3477

スコープでマナヅルやその他のツルをカウント

Img_3509

日が昇ってきてツルが飛んでいきます。

Img_3526

羽数調査が終了。おつかれさまでした。

今朝の羽数調査記録 9898羽

ナベヅル 8803 
マナヅル 1086
クロヅル 5
カナダヅル 2
ソデグロヅル 1
ナベクロヅル 1

Img_3530

餌をまかれた東干拓の監視所の前に、ツルが寄ってきています。

Img_3537

観察センター前にもツルが飛び回ってます。

Img_3548

クロヅル幼鳥。
くちばしの根本とのど元がうっすらと黒い。

Img_3600

Img_3633

羽数調査後、ソデグロヅルが東干拓の監視所前に来ていましたよ。

2008年11月28日 (金)

Img_3179

10時ちょっと前、東干拓に到着。
雨が降ったり止んだり忙しい。

11時頃 センター前 15.3℃ 北 0.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
           北 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 3℃
     西北西 2m/s
     視程 6km

Img_3183

東干拓の監視所前はツルが少なかったです。
雨が上がって餌を食べに来たマナヅルたち。あちこちで羽づくろいに一所懸命なツルもいましたよ。

Img_3196

子供のケンカに親が加勢?

Img_3218

観察センター前では雨が降って止んで、見上げれば虹。

Img_3257

仲良く食餌中。

Img_3232

頭上を横切ったのはカナダヅル。

Img_3245

2羽で飛んでいました!

Img_3317

同じ場所に降りたみたい。カップル?

Img_3325

Img_3334

Img_3338

ナベヅルとケンカしたときも助太刀。それでも負けちゃった。

Img_3369

センター前の農道でナベヅルに混じってるソデグロヅル。最初来たときには全然見つからなかったんだけど、その後立ち位置を変えたらわかりましたよ。探していたときは座っていてわからなかったんだと思う。

Img_3409

また座り込んだ。

Img_3444

Img_3463

その後農道を横断して、てくてく水を飲みつつ歩いたと思ったら田んぼの真ん中で座り込み。

Img_3395

ミヤマガラス、餌を口移し。

周南市 ナベヅル放鳥開始もケージから出ず

ナベヅル放鳥開始もケージから出ず 山口新聞

傷病ナベヅル放鳥 ・・・ 飛び立たず asahi.com

ナベヅル放鳥試みる 出水市から移送の1羽 保護ケージの外には出ず 周南市 西日本新聞

いろいろな試行錯誤がなされているようですね。野生の生き物は難しい。

2008年11月27日 (木)

しとしと

Img_3045

今日は雨。
風もなく、しとしと降ってちょっとやんでを繰り返していたような。

東干拓監視所前 13.0℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -18℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           北 4m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 4℃
    東北東 1m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 3℃
     北北東 2m/s
     視程 5km

Img_3059

Img_3074

ソデグロヅルは東干拓のポンプ小屋の近く。
ナベヅルの家族と一緒に地面をついばんでいたけど、気がついたら1羽に。

雨でくちばしの汚れが落ちてきれいになってる。

Img_3082

Img_3083

観察センター前。
雨だからか、ツルたちもいつもよりかは前の方に来て餌をついばんでましたよ。
マナヅルが少ない印象。

Img_3139

一本左手の農道沿い。こっちにはマナヅルが多い。
一斉にカモが飛んでびっくり。

Img_3127

カナダヅルみっけ。

Img_3132

ナベヅルの親子は何を見ているんだろう。

Img_3116

子供のナベヅルも親と一緒に懸命に鳴き交わし。

Img_3159

Img_3161

東干拓に戻ってみたら、クロヅル2羽とカナダヅルが近くに来ていました。

2008年11月26日 (水)

まちぼうけ

Img_2620

今日も暖かい日。ぽかぽかして風もなし。
でも日影の石碑に寄りかかってると寒かった。

東干拓監視所前 17.3℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -16℃
         南南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
           南東 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 5℃
    東南東 1m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 5℃
     北北東 2m/s
     視程 5km

Img_2619

朝、東干拓に行ってみたらソデグロヅルがいません。
観察センター付近にいる模様。東干拓にてじーっと待つ。じーっと待って夕方帰宅するまで東干拓にはやって来ませんでした。観察センター前の休遊地で座り込んだりしていたらしい。

Img_2632

上空に突風が吹いているのか?バランスを崩すツルも。

Img_2835

地響きのようなカモの飛び立ち音につられて飛んでしまうナベヅル。

Img_2867

キック!

Img_2948

このけんかはこの後、クロヅルが負けていた。意外。

Img_2783

今日はタゲリが水浴びをしていましたよ。

Img_2991

仲良し。

Img_3017

この後、川の反対側へ飛ぶ。

2008年11月25日 (火)

ソデグロヅルおっかけ隊2

Img_1965

暖かい日。ぽかぽかして風もなし。

東干拓監視所前 16.8℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -20℃
         西南西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
     西北西 2m/s
     視程 6km

Img_2464_2

Img_2002

Img_2502

Img_2110

Img_2436

Img_2458

ソデグロヅルばかりを見ていた。遠くに飛んでいったりしてなかなか近くに寄らず、12時過ぎてお弁当でも食べようかとカメラをしまったとたん監視所の真上を飛んでいった!それからは意地になって?またカメラを出してソデグロヅルばかり見ていました。お弁当食べ損ねちゃったよ。

Img_2028

顔まで泥だらけになっちゃったマナヅル。

Img_2056

クロヅルも監視所前に来ましたよ。

Img_2059

くちばしの中は白とピンク。

Img_2383

仲の良いマナヅル。

Img_2398

ナベヅルのダンス中に見せるポーズがとても色っぽい。

Img_2595

夕方になって太陽が雲に隠れた頃帰宅。

2008年11月24日 (月)

ソデグロヅルおっかけ隊

Img_1751

朝から家の近くでは強い雨が降っていたから、寒くなっても良いように雨に濡れても良いような装備でいったのに、幸い雨も降りませんでした。そして思ったよりも暖かい。厚着をして汗をかいて逆に寒くなってしまう。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -21℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北北西 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 2℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
     北北東 2m/s
     視程 10km

Img_1746

今日は東干拓しか見なかったけれど、結構な数のツルたちがあちこちに。

Img_1860

クロヅルが色黒のツルを追いかけ回していた。

Img_1865

カナダヅルの赤い頭頂部は正面から見るとハート型。

Img_1769

Img_1871

Img_1918

常にソデグロヅルにカメラを向けて姿を追う。
もうちょっと近くで見たいな。

2008年11月23日 (日)

ソデグロヅル来た!

Img_1732

小雨が降ったりやんだり。

朝起きて携帯を見ると、ツルンツルンさんからソデグロヅルが来たとの留守電が入っていた。何もかも家のことをほっぽり出して東干拓へ!

東干拓監視所前 13.5℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
         西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
           北北西 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 2km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
     北東 2m/s
     視程 8km

Img_1733

監視所前は餌を食べるツルが集まっていました。

Img_1734

Img_1744

堤防際にソデグロヅル。とおい~
そのうちにいったんやんでいた小雨がまた降り出してきたので撤収。
また、明日会いましょう。

MBCニュース

南日本新聞

2008年11月22日 (土)

幼鳥

Img_1554

お昼近くになってくるとだんだん真っ青な空に!あったかくてツルを見るには良い日和。
観光客の皆さんやカメラマンさんも多数いらしていたみたい。

観察センター前 16.3℃ 北東 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -18℃
         西南西 9m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
           南 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 15℃ 最低気温 4℃
    南南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
     北東 2m/s
     視程 18km

Img_1580

東干拓の監視所がある付近にはマナヅルが手前に。

Img_1583

Img_1607_2

2カップルがディスプレイしあっていた。
その以前に別段威嚇行動していた訳ではなかったから何かな?と思っていたら、何度目かのディスプレイ後にいきなりけんか。

Img_1638

観察センターの一つ左手の農道。
今日は観察センター付近にいるツルが少ないように感じられた。
市街地でツルの家族を見かけることが多くなってきたので、そろそろ慣れて遠出するツルも増えてるのではないかな?と思う。

Img_1658

天気が良くてゆったり羽づくろいしてるツルも多い。

Img_1712

Img_1698

Img_1680

Img_1670

東干拓でクロヅルの幼鳥らしきツルを見かける。翼の風切り羽部分には黒い色が乗っているけど、首の部分は黒に見えない。近くにクロヅル1羽がいたんだけど、見ている間は行動を共にしていなかった。

2008年11月21日 (金)

伊万里にも

11/20の朝、伊万里にもマナヅルが2羽飛来したそうです。

asahi.comより
http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000000811210001

八代のナベヅル5羽が・・・

八代の第二陣のナベヅル5羽が11/18に飛び立ったまま行方不明らしい。遊びに出ているだけなのか?

asahi.comより
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000811210002

出水から移送された傷病ヅルのうち、羽の状態が良好なオス1羽だけを26日午前10時ごろに放鳥する予定だそう。

探してます

Img_1272

朝の内、細かい雨がぱらぱら。傘を差すほどではないけれどカメラが濡れちゃいます。
そのうち雨もやんで、時折太陽の光が雲間から差し込んで幻想的な風景に。

観察センター前 13.7℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -21℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 13℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
     西北西 3m/s
     視程 12km

Img_1277

センター前、ツルは奥の方に集まってる。

Img_1335

センター前から一本左手の農道でマナヅルが警戒中。

Img_1316

小さな水たまりの水をのむ。羽づくろいしてたときの羽がくちばしに付いたまんま。

Img_1307

カナダヅル1羽。ナベヅル集団にまぎれこんでました。

Img_1373

朝の内、細かい雨がしとしと降っていた。

Img_1393

西干拓でクロヅル2羽急接近。ツルは1万羽近くいるのに顔を合わせてる。近くにいればやっぱり同じ種同士気になるのかしら?

Img_1436

お昼頃、雨も上がって天気も回復。東干拓の水があんまりなさそうな水路にナベヅルが降りちゃってます。

Img_1248

朝方、米ノ津橋付近で雨に打たれていた鳥たち。

Img_1399

ミヤマガラスの群れ。コクマルガラスを探しているんだけど・・・

Img_1456

干拓橋の下で求愛中?

Img_1448

フォトジェニックなヘラサギ。

Img_1539

Img_1540

口を開けて左右に頭を動かして餌をとります。

2008年11月20日 (木)

野鳥、増えてきてます。

Img_0802

今日は風もほとんど無くちょっと気温も上がって寒さも和らいで、ツルを見ていてもちょっと楽でしたよ。なんだかマナヅルが多くなっているような印象。ツル増えてるかな?

観察センター前 14.7℃ 北 0.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         南西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -11℃
           西南西 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 2℃
    南東 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 1℃
     北東 3m/s
     視程 20km

Img_0943

観察センターの1つ左手の農道。マナヅル多め。

Img_0825

takeoff!足裏ピンク!

Img_0903

ダンスしているかと思ったら、ねぐらにいるカモを蹴散らしてましたよ。

Img_1116

東干拓は奥の方の田んぼにマナヅルの集団が。

Img_1118

ナベヅルの股のぞき。じゃなくて羽づくろい。

Img_1053

Img_1222

クロヅル、ナベヅルとその子供らしきツル?3羽一緒にいるみたい。
幼鳥のおしり部分にクロヅルの幼鳥のような色が混じっているように見えた。

Img_0962

Img_0978

Img_0984

Img_0990

食べてる途中で魚を落っことしちゃった。魚を捕るのは上手で見始めてから2匹目の魚だったのだけど、食べるのがヘタみたい。つかんだ指の隙間から落ちてしまう。

Img_1170

Img_1105

ヘラサギを高尾野川の中洲2羽と東干拓1羽見ましたよ。
高尾野川ではお昼寝中。だんだん水位が上がってきてたと思うんだけどな。

2008年11月19日 (水)

向かい風と雨

Img_0483

雨もぱらぱら降って、でも向かい風が強くて傘を差せずにとても冷たい。カイロは必需品!

観察センター前 10.4℃ 北 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -22℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -17℃
           北北西 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
    北西 3m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -6℃
     西 3m/s
     視程 16km

Img_0620

風が強い日は羽を広げて、ふわり風に乗って遊んでる。

Img_0511

Img_0592

ぴょんぴょん風に乗ったその後はそのまま羽づくろい。

Img_0670

道路横断中ナベヅル団

Img_0787

Img_0792

ヘラサギが昼寝してたよと教えていただいて江内川に見に行きました。一度見てみるけどわからず、再度教えていただいてやっと見つけられました。土地勘が無いのが悲しい。起きていてじっとしてたけど、5分くらい見ていたら飛んでいっちゃった・・・

2008年11月18日 (火)

一気に寒くなりましたよ

Img_0179

寒いです!風がすごく冷たいです。雨まで降り出しそうな天気だったけれど、かろうじてそれだけは避けられました。帰り途中ちょっとの間雨粒がぱらぱらと降ったくらい。

観察センター前 13.5℃ 北西 3.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -21℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 11m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
    北西 2m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
     西北西 2m/s
     視程 16km

Img_0182

センター前。3羽だけちょっと前へ。

Img_0230

センター前からひとつ左手の農道。

Img_0246

クロヅルとカナダヅルを見られました。

Img_0258

Img_0271

クロヅルは結構けんかっ早い。ナベヅル子どもと争って優位に立ったすぐ後、マナヅルとけんかして退散してました。

Img_0381

風が強すぎてなかなか着陸のコントロールが難しそう。首をあげて体制を整えようとしてます。こんなに首を曲げた格好で飛ぶツルは初めて見たかも?

Img_0365

足裏ピンク

Img_0445

東干拓にはマナヅルの集団も。 

2008年11月17日 (月)

カナダヅル

Img_9728

今日もあったか~い。日焼け止め塗ったらカメラが汚れます。

観察センター前 19.3℃ 北東 0.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -19℃
         南南西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
           北 4m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北北西 2m/s
     視程 16km

Img_9891

Img_0054

Img_9971

センター前のもう一つ左の農道付近にカナダヅルが1羽いました。体がちっちゃいのでナベヅルの集団に入り込むとなかなか見えないのだけど、なかなか近くで見られたのでじーっと粘っこく見てきました。

縄張りを主張して?けんかした後、カナダヅルもくちばしを上に上げるポーズをしていました。口を開けていなかったけど声は出さなかったのかしら?

Img_9984

今日も座り込んでるツル発見。

Img_9944

寝ているらしいマナヅルの正面図。うずまき。

Img_0157

お昼過ぎ、東干拓のツルの集団は横に広がっていました。

Img_0110

鳴き交わし中に羽がだらんと下がった。

Img_0164

何に驚いたのか、ほとんどのツルが空に舞った。

Img_0178

ほとんどのツルが飛んでしまったのに全然動じなかった東干拓監視所前にいつもいる家族。

Img_0097

観察センター駐車場にいたモズ。去年はまだ枝葉があってホシムクドリの集団が止まっていたりした木だったのに、今年はほとんど枯れてしまった。

2008年11月16日 (日)

水浴びと産業祭

Img_9491

今日はあったか~い。風もほとんどなく、日差しが強かったですよ。

観察センター前測り忘れ

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -12℃
         西南西 8m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -8℃
           北 7m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
    北西 2m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
     西北西 2m/s
     視程 6km

Img_9489

昨日の結果になっていましたよ。

Img_9510

何か争ってるらしいけど、いつも高いところにいる家族の方が勝っている気がする。ジャンプしてキックみたい足を出すときに有利そう。この時も下にいた家族が退避。子ども同士がやる気満々。

Img_9525

Img_9534

何故だかマナヅルナベヅルカナダヅル混合の団体が集団で左手の方にてくてく行進。

そしてこの位置まで来て、じっと止まって皆首をあげて一時の間警戒。その後元いた場所まで行進して帰って行きました。何かあった?

Img_9543

東干拓にもたくさんのツル

Img_9545

Img_9553

Img_9556

Img_9595

ツレが前の方で水浴びしているツルを発見。首だけ出てますよ。
トラクターのタイヤ跡?にできた水たまりで水浴びしてるみたい。

Img_9659

Img_9660

水から上がった後は、すごく熱心に羽ばたきを何度も何度も繰り返して水をとばしてました。なかなか水が切れないみたいで、羽も随分長いことぬれてました。

晴れた日にしか水浴びしないのは、なかなか乾かないから?

Hi3a0113

文化会館前で行われていた大産業祭にも行ってきましたよ。

Sn3a0018

子豚のレースがあっていたらしい。しばし休憩中のこぶた。

Img_7384

羽数当てクイズの投票箱が設置されていたので参加してきました。
記録更新の数を書いてきたのだけれど、私のよりもさらに多い数をツレが書いていましたよ。本当にその数のツルが来たらねぐらが足りなくなりそうな・・・

山口周南市第2陣

11月14日に周南市の第2陣 5羽が確認されたようです。
これで合計7羽になった模様。

鶴いこいの里交流センター

2008年11月15日 (土)

第2回 羽数調査

Img_9352

今日は羽数調査の日です。
観察センターにたどり着く前、県道374線でツルの保護区に向かうたくさんの中学生の自転車と出会いました。1回目が雨で中止だったので、今年初めての羽数調査になります。

月の光がまぶしいくらい。星もきれいに見えました。

早朝5時25分観察センターに到着。
もうざわざわとツルの声がします。

寒さもそこまでなく、石の階段に座ったりしなければ冷えびえした感じはない。
温度計表示は 14℃ 風速 0m/s

Img_9354

羽数調査打ち合わせ。自販機の明かりがまぶしい。

Img_9355

6時10分頃、だんだん夜が明けてきました。

Img_9384

Img_9388

Img_9382

Img_9389

Img_9391

羽数調査が始まって太陽が昇ってきたのだけれど、あまりツルが飛んでくれません。地上にはたくさんのツル。

Img_9403

Img_9408

Img_9427

羽数調査が終わると、鶴の餌まきです。

ツルの作物被害を防止する為に、毎日小麦をまいています。
走っている軽トラの荷台から道路にまいていきます。

トラックが休遊地にはいると、ツルが飛びたちました。

Img_9432

今朝の羽数調査記録 9551羽

ナベヅル 9197
マナヅル 350
クロヅル 2
カナダヅル 2

荘中学校・高尾野中学校のツルクラブの皆さん、朝早くからご苦労さまでした。気をつけて帰ってね。

Img_9481

今日はだんだん天気も下り坂。雨になる予報。

9時頃  東干拓 18.2℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -9℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
           南東 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
    南西 1m/s
    視程 4km

ソウル 最高気温 16℃ 最低気温 7℃
     北東 2m/s
     視程 6km

Img_9469

東干拓に随分移動してきました。

Img_9485

帰り道、道路際にいるクロヅル見ましたよ。1羽でいました。

2008年11月14日 (金)

接近!

Img_8915

今日はお昼から鶴見。ぽかぽかあったかいです。

観察センター前 23.9℃ 北 0.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
         西南西 6m/s
         視程 15km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -2℃
           北北西 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 8℃
    南西 2m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
     北東 2m/s
     視程 8km

Img_8976

東干拓の監視小屋近くにいるいつもの3羽家族。空に何かが飛んでいた模様。
東干拓はツルがあんまりいなかった。どうしてなんだろう?

Img_9150

Img_9065

観察センターは大賑わい。
カナダヅルを2羽見た気がするんだけど・・・いつの間にか飛んでいたのか?

Img_9214

夕焼けもきれいです。でもツルがほとんど通りがかりません(涙)

Img_9215

Img_9226

5時過ぎてからダンスを始めるツルが多数。
ナベヅルのダンスも色っぽいでしょ?

Img_9237

Img_9240

Img_9241

Img_9243

Img_9246

Img_9249

Img_9250

Img_9259

ナベヅルのけんかに巻き込まれたりして移動しているうちに、クロヅル2羽のだんだん距離が縮まってとうとう出会いました!でも反発し合って?そのうちにナベヅルにも威嚇されてちょっと離れた2羽。それでもだんだんまた近づいて・・・その後、夕焼けを見てたりしていたら見失ってしまった。今後、クロヅル同士で行動したりするのだろうか?

Img_9350

今日の夕暮れ

2008年11月13日 (木)

ざわざわ

Img_8829

晴れてます!

観察センター前 18.1℃ 北東 1.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
         西南西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
           北 5m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     北東 2m/s
     視程 9km

Img_8835

センター前。道路の上は密集して。

Img_8857

センターの駐車場から。近くにいるからって追いかけ回さないでね。

Img_8873

目かくし網のこっちとあっちで鳴き合ったり。

Img_8903

落ち着かなかった様子で、私が東干拓に着くちょっと前から続々とツルが観察センターに飛んでいっていた。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月12日 (水)

すばらしい天気

Img_8582

今日は晴れ!すばらしく良い天気。
しかし取り出したカメラのシャッターは切れず。なんと!CFカードを家に忘れてきてしまいました!こんな事初めてですよ~。取りに戻りましたよ・・・とほほ

観察センター前 19.2℃ 北 3.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
           南東 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
    東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
     北北東 2m/s
     視程 15km

Img_8598

センター前にだんだんツルが寄ってきています。

なぜか2家族一緒の鳴き合い。その前にけんかしてたわけでもないし、その後もそれぞれ食べたりしていて争いの気配なんてなかったんだけど。

Img_8646

センターの駐車場前田んぼにいつもナベヅル2羽。2番穂をついばんでます。
車の中でツルを見つつ、おべんと。

Img_8698

マナヅルが潮の引いていた川の中洲にいましたよ。

Img_8724

1羽だけこっちに近づいてきて、じーっと見られた。

Img_8817

羽づくろいして動かないなと思ったら半目閉じ。

Img_8736

海鳴りなのか?ゴーッという音がして警戒、多くのツルが飛びだした。

Img_8704

カワウとカモメ?

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月11日 (火)

空色

Img_8517

今朝は海側の空が不思議な色。雲の上はきれいなブルー。山手側はすごいどんよりした灰色の雲が。

だんだん外に長い時間いると手先がかじかんでくるようになりました。そろそろポッケにカイロがいる季節なんだなあ・・・冷え性?

観察センター前 15℃ 北東 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
         南 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -2℃
           南南東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 9℃
     東北東 2m/s
     視程 16km

Img_8520

Img_8533

Img_8539

空を見上げてたらクロヅルが舞い降りてくるところでした。晴れてたらもっときれいだったろうな。

Img_8563

奥の方にいたマナヅルが一斉に警戒。

Img_8577

東干拓でナベヅルが食べてる姿をじっくり見る。一粒ずつ食べてます。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月10日 (月)

風が冷たいです

Img_8455

寒いです。風邪ひきかけかなあ?
曇っていて空も灰色。

観察センター前 16℃ 北東 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -13℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
           北 12m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
    0m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 8℃
     北東 2m/s
     視程 20km

Img_8456

Img_8448

東干拓にいたマナヅル親子。
すごく離れてるし、車の中からちっちゃい望遠レンズで写真を撮っていたけれど警戒されちゃった。1羽の子どもマナヅルは羽繕いなんかして気にしてなかったみたいだけど。

Img_8462

Img_8472

真ん中の方にクロヅルも紛れてます。
観察センターにマナヅルがかなり集まっているみたい。以前に比べると大分手前の方によってきてます。

Img_8494

Img_8501

マナヅル親子を見ていたら飛行機?が飛んで来てすごい音。マナヅル子も首をそちらの方に動かしてましたよ。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 9日 (日)

風邪っぴき

Img_8377

寒くなってまいりました。曇っていて風が強い。
ツレはどうも風邪をひきかけている様子。
うつんないようにしないと!

観察センター前 17.3℃ 北東 4.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -13℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北西 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 5℃
    北西 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 15℃ 最低気温 7℃
     東北東 4m/s
     視程 20km

Img_8370

東干拓の3号線側田んぼにいるナベヅル集団。
距離が離れているのに、車を止めたら警戒されちゃった。

Img_8422

観察センター前はマナヅルが多く見られた。
だんだん手前によってきてるかなあ?

Img_8414

風が強いから?ダンスも多く見られました。

Img_8379

だんだん羽数も多くなってきています。

Img_8345

家を出ようとしたら庭木に鳥が止まってた。あたふたしてカメラを取り出すと、お隣の屋根に移動したあとどこかに行っちゃった。でかいレンズと、はしゃいじゃった私は鳥からは驚異。

Img_8438

3号線に近い田んぼにぽつんといたのはハヤブサですか?

Img_8366

Img_8368

家から東干拓に向かう途中の田んぼでツルを撮っていたら、ものすごい数のスズメ大くらいの鳥。ナベヅルもその動向を目で追っていた。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 8日 (土)

早朝の雨

Img_8279

今朝は第一回の羽数調査の日でした。
前日から天気が気になっていたのですが、ふと目覚めた4時頃すごい豪雨。どうかなどうかな?と窓の外の雨音を聞き、それから眠れませんでした。
5時何分頃だったか自宅近くはぴたりと雨がやみ、ツルの休遊地はうちからは10キロほど離れてるし天候も全然違ったりするのでもしかしてあるかな?と、ツレをむりやり起こして観察センターへと急ぎました。

センター付近はちょっと小雨。車のライトもツルのためにスモール!なかなかに慎重に運転して観察センターに着くと、人気があまりありません。その場にいた関係者らしき人に話を伺うと雨で中止になったとのことでした。辺りに聞こえ始めていたツルの声を聞いていったん帰宅しました。

12時頃(その後じっくり寝直したため!)
観察センター前 21.6℃ 北 3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -14℃
         西北西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -9℃
           北 8m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
    北西 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 15℃ 最低気温 8℃
     南 2m/s
     視程 17km

Img_8284

東干拓の餌をまいてある道路にだんだんとツルが寄り始めていました。まだまだ奥の方だけど。

Img_8286

今朝もカナダヅルを発見。

Img_8303

Img_8307

観察センター前はマナヅルがかなりの数。

Img_8317

ここではクロヅル発見。

Img_8327

風が強かったからか?このマナヅル1羽が、かなり頻繁にダンス。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 7日 (金)

カップルズ

Img_8171

自宅近くでは朝方からしとしと小雨。
ツルの保護区は午前中かろうじて雨は降らなかったけれど、妙に蒸し暑い曇り。

観察センター前 22.6℃ 無風 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
         西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -8℃
           北 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 16℃ 最低気温 4℃
    北西 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
     西北西 2m/s
     視程 0.6km

Img_8182

観察センター前、餌をまいてある道の奥の方にたくさんのマナヅル。

Img_8197

Img_8242

マナヅルの4羽家族を写真に撮りたいなとあちこち見て回ったけど、警戒心が強いのか?撮りやすい位置にいる家族をなかなか見つけることができません。カップルは多いんだけどねえ・・・

Img_8255

東干拓のナベヅル群。
奥のねぐらにはカモがびっしり。

Img_8272

貝をみつけたよ!(タニシ?)
しかしちっちゃいです。どうやって食べるんだろう?

Img_8234

水かさが多いとオオバンなんかの水鳥を見られる確率が高い気がする。

Img_8189

足の先っぽが白。

Img_8273

うちに帰り着いて車を入れようとした時、門柱についてるのに気付く。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 6日 (木)

曇天

Img_8025

今日はだんだん天気が崩れる予報。
朝方、自宅近くではぱらっと小雨が降った。

観察センター前 20.0℃ 北東 1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
         無風
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 2℃
           南東 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
    南南東 2m/s
    視程 1km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 11℃
     北東 1m/s
     視程 13km

Img_8059

観察センター近くにいたナベヅル家族。
観光客の方がさしていた赤い傘に目を奪われてました。

Img_8090

ナベヅル集団が一気に飛んで空が真っ黒に。

Img_8112

小競り合い。

Img_8131

着地の前に地上を確認。

Img_8156

飛んできたナベヅルの下にはカナダヅル。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 5日 (水)

マナヅルを見ていたら

Img_7760

10時半頃観察センターに到着。
ぽかぽか陽気です。あまりに良い季候でうとうとしそう。

観察センター前 19.2℃ 北 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
         南西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
           南南東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 11℃
    東南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
     北東 2m/s
     視程 13km

Img_7797

マナヅルの親子をじーっと観察。
目の周りの模様は子どもの時からしっかりあるんですねえ。

Img_7997

Img_7984

東干拓でマナヅルの集団を観察。
今日はカナダヅルとクロヅルも見られました。

Img_7858

左から、カナダヅル・クロヅル・マナヅルのおしり

Img_7929

マナヅルと並ぶと、カナダヅルはこんなにちっちゃい。

Img_7758 

Img_7759

カモの群れ。
風切り羽には光沢のある色がついてるんですね。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 4日 (火)

暖かい日

Img_7675

曇っているかなと思っていたのだけど、お昼に近くなるにつれ晴れて気温も上がってきたみたい。

12時頃
観察センター前 20.9℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
         西 9m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
           西 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
     無風
     視程 20km

Img_7610

Img_7612

ナベヅルが鳴いているなと思っていたら、次々に家族が到着。

Img_7682

今日は外は暖かい陽気。座り込んでいるツルを何羽か見ました。

Img_7688

マナヅルダンス中。
ダンスの途中に土をついばんだりしてたせいか?クチバシに稲穂か何かつけたまんまでジャンプ。

Img_7706

このクロヅルはナベヅルといっしょに行動。

Img_7628 

Img_7654

タゲリ。
今日は晴れていたので羽の光沢がきれいに見られました。曇りの日の色と全然違います。とてもきれいな色。

Img_7677

センター前でふてくされてるネコ。

turuhibi

リトルモアBCCKSのサイトにツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 3日 (月)

小雨でまったり

Img_7525

今朝はぽつぽつ小雨。今日は車の中からツル見。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
         西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -4℃
           南南西 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
    0m
    視程 10km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 8℃
     南南東 1m/s
     視程 7km

Img_7585

東干拓では、かなり密集したナベヅル団体が目かくし網で囲まれていない田んぼに。

Img_7543

白っぽいナベヅル。

Img_7569

ナベヅルの幼鳥の後ろ姿。頭から首へ、色のグラデーション。

Img_7531

休遊地近くの川で。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 2日 (日)

第8回 麓まつり

Img_7460

今日は山田昌巌341年祭 出水麓まつりが行われました。

Img_7423

種子島流火縄銃試射。音がすごい!

Img_7431

Img_7447

脇本 山田楽

山田昌巌考案による踊り。
踊るのは阿久根市脇本小学校5・6年生のみなさん。

リズミカルで鐘の音やかけ声も楽しい。

Img_7467

児請

Img_7476

出陣式

Img_7489

Img_7488

武者行列で菱刈街道などなど練り歩く。琴姫は御所車に乗って。

渡ってくる鳥たち

Img_7491

曇っていて夕方から雨もぱらつく天気。そんなに寒さは感じなかった。

ツルねぐら付近 21℃  無風
観察センター前 25℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
         南西 6m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
           北北西 9m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
    北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     西 2m/s
     視程 8km

Img_7494

東干拓のマナヅル。

Img_7505

羽の色が白っぽいナベヅルを去年よりもよく見かける気がします。光線の加減?

Img_7519

観察センターから離れた田んぼで座ってるナベヅルを見る。

Img_7496

Img_7507

ミヤマガラスも渡ってきています。マナヅルに追い立てられているのもミヤマガラス?

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

2008年11月 1日 (土)

周南にも

周南市に10月31日ナベヅル2羽が今年初渡来したそうです。
山口新聞 http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2008/1101/2p.html

鶴観察センター開所式

Img_7260

今日は10時からツル観察センター開所式が行われました。
昨日とは打って変わって良い天気。
気温も上がって暖かくなりました。

ツルねぐら付近 22.2℃  無風
観察センター前 21.8℃ 無風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -6℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
           南 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 10℃
    東 1m/s
    視程 0.1km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 10℃
     東北東 2m/s
     視程 0.8km

Img_7254

センター前のツルたちもあわただしい気配を感じているのか?落ち着いていない感じ。

Img_7283

まずはツル供養がツルの墓で厳かに行われました。供養の半ば頃、上空でツルが旋回していたのを見た時はじんとしてしまいました。

Img_7294

Img_7308

ミス鶴むすめの交代式。
これから1年、ツルの魅力を広めていってくださいね。

Img_7263

Img_7305

雲海酒造からツルの餌の贈呈。そして餌まきが行われました。

Img_7313

その後、紅白餅投げ(景品付き)で開所式は終了。
おもち一個もひろえなかった・・・景品って何だったんでしょう?

Img_7366

東干拓で、ツルの親子観察。
親は子どもを暖かい視線でじーっと見ています。

Img_7375

タゲリの飛行。

Img_7388

クロツラヘラサギがきているみたい。

20081102訂正。
元画像をよーくよーく見てみたら、クチバシの根本部分がクロツラヘラサギでなくヘラサギでした。

turuhibi

リトルモアの写真集公募展にツルの写真集を出してみました。
よろしければ見てください~。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ