フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

強風

Img_6162

風が強い!
午後になるに従って晴れてきて、風さえなければ良い天気。

10時頃 東干拓 13.2℃ 北 5.8m/s(風が回っていて、うまくはかれなかったぽい挙動をしていた。)  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -25℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
           北 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 16km

Img_6204

センター前はかなりのツルが集合。

Img_6247

随分長い間、休遊地の奥の方にいたのだけどやっと前の方へやってきた。

Img_6324

成鳥が幼鳥を叱る?

Img_6360

ケンカが強くなったソデグロ。
盛んに周りを威嚇。

Img_6273

ケンカもほどほどにしないと!

Img_6434

上空のトビが気になるカナダヅル

Img_6481

集団で飛ぶのをよく見かけるようになった。

Img_6469

風がものすごくて、カワセミも外にじっと立っていられない状態。ずるずると位置を後退させられていた。その後、溝の中に入ったり出たり。 

2009年1月30日 (金)

集まってます

Img_5571

10時20分頃 東干拓 15.6℃ 北 0.1m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -25℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           北北西 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     東北東 2m/s
     視程 14km

Img_5589

東干拓は餌を食べおえてツルが少なくなっていた。

Img_5640

おかあさーんって感じでずっと鳴いてうろうろ歩き回っていたナベヅル幼鳥。

Img_5651

ある時ツルが同じ方向を向いて騒ぎ出した。この辺りではどんどん個々にツルが集まってきた。遠目に水路にコサギがいたのが見えたけど、何があったんだろう?

Img_5685

羽をちょっと動かして羽づくろい。

Img_5719

一緒に飛び立ち!

Img_5868

マナヅルにケンカを売るナベヅル。この身長差で向かっていく。

Img_5810

キックがのどに入ってた。

Img_5582

ヒシクイとサカツラガン。仲良いんだな。
今日も東干拓のねぐら前に3羽いっしょ。

Img_5913

荒崎橋付近にいるミサゴは魚を捕まえるのがうまい。かなりの確率で捕まえます。

2009年1月29日 (木)

Img_5510

だんだんお天気下り坂。
朝は雨が降っていなかったのに、東干拓に向かう途中から雨がぽつぽつ降り出した。

10時半頃 東干拓 13℃ 北 2.5m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -24℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北 3m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
    東南東 1m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北北東 2m/s
     視程 14km

Img_5508

静かに雨が降る中、ツルたちはエサをついばんでた。

Img_5509

寄り添う2羽。

Img_5519

標識ナベヅル。
K80と読める。

Img_5517

K80の家族。
そんなに数を見たわけではないけれど、標識付きのツルの家族は4羽家族が多いような気がする。

Img_5532

雨が降っていたから、車通りが少ない道路ではツルがいっぱい道路上や路肩に上がっていた。

Img_5543

センター前はツルでいっぱい。
ソデグロヅルも。

Img_5545

カナダヅルもいつもの場所に固まっていました。7羽。

Img_5552

+3羽。あと1羽はどこへ行った?

Img_5562

東干拓のねぐらの近くでサカツラガンとヒシクイたち。
なかなか近くに寄ってきてくれない。
帰る前までに近くで見たいですよ。

2009年1月28日 (水)

絶滅危惧種のナベヅル飛来 徳島

絶滅危惧種のナベヅル飛来  asahi.com

四国では13羽越冬してるみたいです。

もっと一緒にいたい

Img_5440

快晴!今日も青空。

10時半頃 東干拓 11.3℃ 北 2.6m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -23℃
         北東 3m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
           南南東 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
    東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     東北東 2m/s
     視程 16km

Img_5442

東干拓監視所前は、もう餌はあらかた食べられていて堤防際にツルが集まっていた。風をよけてるのかな?ソデグロヅル2羽も堤防際に。

Img_5469

センター前はツルでごった返し。目かくし網の手前は人がわんさか。

Img_5486

暖かいからかな、一緒に座り込んでひなたぼっこみたい。

Img_5497

家族。北帰行中に親離れすると言われています。
こうしてるのはあと少しの期間。

Img_5435

今日は朝からカワセミ。ひょっと見るといるからびっくりした。まだいつもの時間じゃなかったのだけど、昨日全然この付近にいなかったから今日はイレギュラな巡回時間だったのだろうか?何の警戒もせず橋を渡ったら飛んでいってしまった。

Img_5451

東干拓の監視所前農道でカラスが貝割り。

Img_5502

帰り際にチョウゲンボウを見る。
車を止めて見ていたらトラックが追い越していって、チョウゲンボウも飛んでいった。

2009年1月27日 (火)

その瞳は何を映してる

Img_5066

晴天。青い空です。

10時半頃 東干拓 9.4℃ 北 2.7m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -29℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -14℃
           南南東 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
    東南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
     東北東 3m/s
     視程 18km

Img_5147

ナベヅルはな~んて可愛いんだろう。何時間じーっとみていても飽きない。ナベヅルからは嫌がられてると思うけど。

Img_5073

東干拓についてしばらくしたらソデグロが飛びたそうな仕草。
飛んだ!と思ったら10mかそこら飛んですぐ農道上に降りた。

Img_5085

降りてすぐ、幼鳥が再び飛んで東干拓内の堤防際に降りた。ちょっと間があって成鳥も飛んだけれど、風が強くて流されてしまって荒崎方面へ飛んでいってしまった。

Img_5196

センター前の農道であちこち移動してたソデグロヅル。
幼鳥の姿が探せなかったのだけど、成鳥がこちらへ来た後幼鳥も来ていたらしい。

Img_5263

連鶴。

Img_5334

センターの駐車場前の田んぼで2羽のナベヅルが水浴び。草が青々していて水たまりがあることに気づかなかったのだけど、充分な深さがあったみたい。

Img_5377

水しぶきが辺り中に。

Img_5405

お昼ごろ、観察センター付近でツルが大勢で飛んでいました。
もうすぐ北帰行の季節がやって来る。

Img_5432

何を今想っているの?

2009年1月26日 (月)

Img_5001

今日は昼過ぎから鶴見。
小雨がぱらついたり。

15時頃 東干拓 11.6℃ 0m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -18℃ 最低気温 -29℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -18℃
           北北東 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 0.2km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -5℃
     西北西 1m/s
     視程 15km

Img_5005

東干拓についてしばらくして、ツルたちが一斉に首をあげた。

Img_5029

センター前の農道上奥の方にソデグロ幼鳥が。
成鳥は羽づくろい中で気にしていない様子。

Img_5030

何らかのつばぜり合いが行われていたのか?

Img_5034

水面に映った顔が好き。

Img_5045

寝てるカッコしてると思ったけど目はぱっちり。

Img_5000

ねぐらでひるね。
ヘラサギなのか、クロツラなのかわかんなかったよ。

Img_5012_2

枝にとまってくれたけど、水面が見えないところでカメラ構えてた。

Img_5048

アオサギもすっかり冬羽。

2009年1月25日 (日)

山は雪

Img_4974

今朝は日の出に合わせて鶴見。
のはずが、ちょっと遅刻で東干拓に入る頃にはもうツルは辺りを飛んでいました。

天気予報は雪!なのに、みぞれ交じりの雨。
朝日も見えず残念でした。

Img_4977

どんどんツルが舞い降りてきて、エサのまかれた農道に寄ってきてます。やっぱり足が早い。

Img_4996

矢筈は雪化粧。

2009年1月24日 (土)

今日もカナダヅル

Img_4870

雪の予報が出ていたけれど、快晴。
夕方もつべたーい空気が蔓延していたけれど、雪は降らず。
残念なようなうれしいような

11時頃 東干拓 5.3 ℃ 北 1.4m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -18℃ 最低気 温 -28℃
         南西 10m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -12℃ 最低気温 -23℃
           南西 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -10℃
     南 2m/s
     視程 5km

Img_4871

東干拓前の農道はツルでごった返し。
でも人影を感じると警戒したので、干拓の碑や看板の陰に隠れてツルを見る。

Img_4884

のど元が薄い感じだからナベグロということになるんでしょうか?

Img_4891

天気が良くって羽繕いするナベヅルたちも暖かそうに見える。実際は風が冷たすぎるぐらい冷たいけど。

Img_4881

カナダヅル1羽も監視所前でひょこひょこ歩き回っていた。

Img_4965

浄化センター前に今日はカナダヅル7羽。
監視員の松島さんに伺ったところ、カナダヅル11羽!見た人がいるそう。いろんな場所をいってみたけれど、私は全部見つけきれなかった。残念。

Img_4962

トビが上空を飛んでいて、ちょっと警戒カナダヅル。

2009年1月23日 (金)

カナダヅル集合

Img_4525

朝はずっとどんより、昼からは時々雨。

11時頃 東干拓 10.4 ℃ 北西 2.8m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -21℃
         西南西 9m/s
         視程 1.1km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -22℃
           北北西 9m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
    北 4m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
     西北西 10m/s
     視程 16km

Img_4600

観察センター前はきょうもごった返し。

Img_4612

センター前にソデグロヅル2羽。
何故だか成鳥の後をしょんぼり追っているように見える幼鳥。

Img_4627

マナヅルの幼鳥ってデニス・ロッドマンに似てるよねとダンナが言った。

Img_4621

水を飲んでるツル大好き!

Img_4810

車でふらふらしてたら、カナダヅルの団体を発見。
1,2,3,4・・・

Img_4812

カナダヅルが9羽!
1/11の羽数調査時より1羽増えてます。
羽数調査後何度か来た寒波の影響で大陸から渡ってきたのだろうか?

Img_4816

1羽が踊り始めた。

昨日ツル保護会のIさんにツルの足の骨について教えていただいたところだったので、画面右の踊ってるカナダヅルの足の形が分かりやすく写真に撮れたなあと嬉しくなった。

胴体から出てすぐのところで曲がっている部分が人間でいう膝の部分だと思う。

Img_4827

周りのカナダヅルもつられて踊り出した。

2009年1月22日 (木)

ケンカ好き

Img_3999

一日中ほとんどずっと、しとしと雨。

11時頃 東干拓 11.8 ℃ 北北東 0.1m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -20℃
         北東 2m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           南東 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
    東北東 2m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 0℃
     北東 3m/s
     視程 14km

Img_4138

観察センター前の近くにソデグロヅル2羽。

Img_4218

Img_4266

Img_4390

けんかっ早くてどうやら強いソデグロ幼鳥。

Img_4248

成鳥もなかなか強い。
出水に着たばかりの頃はすごく弱かったのに、幼鳥に感化されたのかな?

Img_4309

こんなカッコでじっと

Img_4365

雨をやりすごす。

Img_4383

ソデグロ成鳥が幼鳥につきまとわれていて時々突っついたりしてたけれど、餌を食べてる間に少しずつ移動して離れていった。

Img_4387

雨が降ると、観光客の方も傘を差してツル見物。
赤いものはツルがびっくりして逃げていくので不向きです。(赤い服なんかも警戒されやすいです)

犬をつれた方を見かけたりするのですが、姿が目かくし網で遮られていてもツルはにおいなどでわかるみたいでさーっと逃げていくのをよく見ます。吠えられたりすると特にそういう行動をします。ツルも安心な環境で過ごせるし私たちも近くでツルを見られるので、できれば犬などのペットは外には連れ出さずにしてもらえるとうれしいです。

Img_4449

ミサゴが東干拓の水路で狩りの最中。
急降下の時の羽のかたち。

Img_4453

着水直前。
指をぐわっと広げています。

Img_4486

完全に水没した後、一瞬顔を出したけれどまたすぐ潜ってしまった。雨でいつもよりも水深があったせいだろうか?その後、飛び出したときには指にしっかりと魚が。

魚をつかんだまま飛んでいく途中、カラスに魚を奪われそうになっていた。うまいこと飛んでかわしてましたよ。

2009年1月21日 (水)

撮影中は降らないでね

Img_3743

今日は午後から雨の予報。
どんより曇ってかすんでる。昼過ぎてからは時折ぱらっと雨粒

10時半頃 東干拓 11.8 ℃ 0m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         0m/s
         視程 1.5km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           北 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北東 3m/s
     視程 13km

Img_3758

ソデグロ幼鳥が東干拓監視所前の農道の奥にいました。

Img_3764

くっついてとんで大丈夫かな?

Img_3785

羽づくろいに一所懸命で、車が近寄っても全然気にしてなかった。

Img_3791

仲が良さそうなナベヅル幼鳥2羽

Img_3803

ソデグロヅル成鳥は観察センターの前辺りに。

Img_3749

サカツラガンとヒシクイとナベヅル。
ツルが近くにいても大丈夫?

Img_3821

何故だかカモが土手に集まってきていました。
この後も、川から飛んで上がってくるカモ続出。

Img_3854

水面を見つめる3羽

Img_3981

カワウの雄叫び

2009年1月20日 (火)

家でも鳥見

Img_3683

今日は青空がきれいな日でした。
2時過ぎくらいから曇ってきて、どんよりだったのが残念。

お昼くらいにねぐら近くに行ってみたけど、水浴びしてるツルがいなかった。残念。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -21℃
         0m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -13℃
           北 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 3m/s
     視程 16km

Img_3674

センター前の農道奥の方にソデグロヅル2羽が。

Img_3684

東干拓の保護区の外で。

Img_3688

東干拓の監視所前にはマナヅルナベヅルカナダヅル。

Img_3719

威嚇!

Img_3725

監視所前に首ごぶナベヅル。
ぶらぶらしてて赤い。

Img_3623

朝、家事をしていたら外から鳴き声。
このホオジロとヒヨドリが鳴いていた。

Img_3656

今日はアオアシシギは対岸のコンクリで立ってお昼寝

Img_3709

ねぐらに返ってきたサカツラガンとヒシクイ

Img_3730

東干拓の監視所の前で1羽とことこ歩いていたイソシギ?
おなかがお餅みたい。

2009年1月19日 (月)

昼間

Img_3528

今日は1時過ぎにセンター前に到着。
晴れていたので水浴びしてるかなと思っていたけれど、ツルがねぐらの中に入っていなかった。風がある日は水浴びしないのかも。

13時頃 荒崎ねぐら前 15.2 ℃ 北北東 3.5m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -21℃
         北 3m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -14℃
           北 5m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -4℃
    西北西 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
     南西 1m/s
     視程 13km

Img_3532

センター前の農道上にソデグロヅル2羽はいました。

Img_3534

観察センター前はツルがたくさんで満員電車のよう。

Img_3563

ダンスの途中。

Img_3592

東干拓に戻ってみると、一家三羽が寝ていました。
こちらは最近ツルの数が少な目。

Img_3607

カワセミの時間に川をのぞいていたらふっと2m先の土手にやってきて止まりました。その後、ダイビングして魚をくわえて飛んでいってしまった。土手に止まる時はホバリングしたりしないので、魚を捕まえるタイミングに合わせるのが大変。今日もシャッターを切れなかった。

2009年1月18日 (日)

ツルのねぐらを見よう!ウォーキング大会

Img_3460

今朝は曇り。雨の予報が出ていたけれど何とか午前中お天気はもって、お昼からぱらぱらと降り出した感じ。

11時頃 東干拓 15.4 ℃ 南西 0.6m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         0m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           東 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
    東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 0℃
     東北東 2m/s
     視程 5km

Img_3517

センターから一本西の農道。
ちょっと警戒モード。

Img_3527

センター前とその付近一帯にツルが多く集まっていたような気がします。暖かくなってきたと思ってるのかなあ?

Img_3523

センター前の農道の奥の方にソデグロヅル2羽がいましたよ。
今日は東干拓で寝ていなかったらしい。(露出が間違った写真ですいません)

Img_3502

野田川の近くで見かけたとり。
頭をぴょこぴょこさせてた。

Img_3469

サカツラガンとオオヒシクイ?

Img_3468

コハクチョウがマナヅルの近くに。

Img_3490

今日はツルのねぐらを見よう!ウォーキング大会が開かれました。たくさんの参加者にツルもびっくりしていたのでは?参加者の皆さんもツルを堪能できたかしら?おつかれさまでした。

訃報

元ツル保護監視員の又野末春さん亡くなる KTS鹿児島テレビ
元ツル監視員 又野末春さん死去 MBC南日本放送

昭和22年からツルの保護活動をされていた又野さんが17日夜、お亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り致します。

2009年1月17日 (土)

水浴び

Img_3189

今日は晴れ!風もほとんど無く、暖かい一日でした。

10時頃 東干拓 13.8 ℃ 0m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -24℃
         南西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
           北 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     北東 3m/s
     視程 4.5km

Img_3199

今朝東干拓に着いたら、幼鳥は監視所から一本東の農道にいたけれど成鳥がいない。見ていた人に話を聞くと、飛んで堤防の外にいったらしい。確かに潮はある程度引いてはいたと思うけど外だなんて!その後、幼鳥が飛んで監視所前から一本西の農道に移動。

Img_3253

移動したのを見ていたら、いつのまにか成鳥が移動した先の農道にいました。その後成鳥はその場に座り込み。

Img_3270

ちょうどお昼になろうかとした頃、2羽そろって荒崎へ飛んで移動していきました。遠い~

Img_3369

今日は暖かかったので、ねぐらで水浴びをしていました。晴れた暖かい日の午後、水浴びをするんだそうです。

Img_3341

ひっくり返って背中を水につけたり。何故かピース!

Img_3421

お腹のほうを水につけたり。

Img_3392

Img_3393

ナベヅルも水浴び。ぐるんと体を返したり。

2009年1月16日 (金)

翻弄される日

Img_2979

今日はあまり晴れ間もなく、ずっと曇り。夕方にちょっと雨が。

9時半頃 東干拓 6.5 ℃ 0m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -24℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 1m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
    南 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     東北東 2m/s
     視程 10km

Img_2975

三脚をたててる途中にソデグロヅルがこんなポーズ!飛ぶよ~
慌てていたら三脚を倒した。その場にいた皆さん騒がしくってすいません。

Img_2978

気がそがれたのか、また食べ始めるソデグロヅル。

Img_2986

でもその後すぐ飛んで荒崎方面へいってしまいました。
今日、朝は成鳥と幼鳥が一緒ではなかったみたい。

Img_3001

3羽家族です。

Img_3047

食べ物をもらっていたのか、くちばしが触れ合った。

Img_3040

すっと立ってポーズをしているようだったナベヅル。

Img_3068

その後一時して、親と同じカッコ。まねっこさんですか?

Img_3175

お昼頃、センター前の農道上の見やすいところにソデグロ成鳥。

Img_3182

ちょっと離れたところにソデグロ幼鳥がマナヅルの集団に混じっていました。前よりも距離を感じる2羽。

Img_3184

お昼過ぎ、空に飛行船が。
ツルも見ていたかな?

Img_3138

シギが高尾野川の昨日と同じ場所にいました。T先生に伺ったところ、アオアシシギだそうです。また眠ってたよ。

Img_3167

ハヤブサを見つけて見ていると、こちらをじっと見て別の居場所に移動してしまう。そんなに接近しているわけではないのに。川を挟んだ2カ所の居場所をいったりきたりして翻弄されてしまった。

2009年1月15日 (木)

早朝

Img_2716_2

気持ちの良い晴れ間。風は冷たいし、日焼けはするけれど・・・

9時頃 東干拓 5.7 ℃ 北北東 1.2m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -26℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
    0m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
     北 1m/s
     視程 17km

Img_2717_2

9時頃東干拓に着いたのに、もうエサがない!

Img_2728_2

今日は堤防近くにソデグロヅル2羽。

Img_2749_2

成鳥がどんどん先に歩いていったので、後れをとった幼鳥が飛んで成鳥の元へ。

Img_2777_2

2羽そろって荒崎方面へ飛んでいった。

Img_2733_2

今日もまたネコが!

Img_2859_2

12時過ぎ、荒崎展望公園に登ってお昼を食べていると上空にツルたちがたくさん上昇気流に乗って高いところを旋回していました。

Img_2841_2

シメ

Img_2891_2

川縁にシギ類が4羽

Img_2939_2

東干拓の監視所の近くにいるカラスは貝をくちばしでつかんで飛んで

Img_2946_2

上空からアスファルトや地面に落として貝を割って

Img_2951_2

中身を食べます。

Img_2958_2

他のカラスにとられないように、田んぼの中に降りたカラス。

2009年1月14日 (水)

雨とくもりの繰り返し

Img_2268

曇ったり、雨が降ったり。天気がころころ変わった一日。

9時40分頃 東干拓 7.6℃ 北西 0.2m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -25℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
           北北西 13m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -11℃
    西北西 5m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
     西北西 5m/s
     視程 14km

Img_2267

東監視所前の農道にソデグロヅル2羽。
昨日は東干拓で寝ていたみたい。一緒になれてたんだね。安心しました。

Img_2307

雨の中、草を食べてたナベヅル。器用に草の向きを変えながら食べてましたよ。

Img_2701

お昼前には東干拓からセンター前へ移動していたみたい。

Img_2332

いつもカワセミがいる場所をのぞいてみたら、魚をくわえていた。

Img_2350

魚をたたきつけてます。

Img_2379

何度も魚をくわえなおしながら飲み込んでいきます。
こうしていても魚は生きていて、時折尾をぴちぴちさせてた。

Img_2431

口いっぱいに魚。

Img_2463

魚の頭を口の中に入れてから3分くらいかかって全部のみこんだ。窒息しないのかな?

Img_2486

その後うぐうぐって体を前後に揺らしたりしながら、その場で10分くらいじーっとしていた。

その後、魚を捕まえようとしていたのか?くちばしを洗ったのか?水面に向かって飛んでまた同じ場所に止まった。

Img_2530

久しぶりにコハクチョウを見ました。
私がいつもは寄らない場所にいたので、最近見られなかったみたい。

Img_2647

助走長め。荒崎方面へ飛んだ。

Img_2537

川縁の木に止まっていた猛禽類。

Img_2608

ハヤブサが獲物を見つけて飛び出した。
残念ながら逃げられてしまって、また同じ鉄塔の上へ戻ってきた。

2009年1月13日 (火)

はなればなれ

Img_1855_2

今朝もちらちら雪が降ったり雨になったり、昼からは晴れ。

9時頃 東干拓 4.8℃ 北 1.3m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -21℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -17℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
    西北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
     西南西 1m/s
     視程 15km

Img_1868_2

私がカメラを用意している間に、監視所前の道路からソデグロヅル2羽が飛んで一本西の農道に着地。監視所前はもう餌は食べ尽くされていた。

Img_1939_2

ディスプレイをした後、変なカッコのマナヅルM78。
この直後、またディスプレイ。

Img_2113_2

お昼を挟んで観察センターへ行ってみると、ソデグロ幼鳥がセンター前の農道の右側にぽつんと1羽でいた。成鳥もいるんだろうなと探したけれど見あたらず。農道上にいるのかな?

Img_2141_2

幼鳥がいた付近のツルたちが一斉に何かに驚いて飛んだ。それにつられて幼鳥も飛び出して辺りをゆっくりと飛んだ後、東干拓方面へ1羽で飛んでいってしまった。

Img_2148_2

幼鳥が飛んだあと、農道の左側にソデグロ成鳥がうろうろ歩き回っているのを見つけた。辺りを見回しながら歩いて、ときおり鳴いているように見えた。幼鳥を探していたんだろうなあ。鳴き声も最近の強気な感じの鳴き声ではなく、出水に着たばかりの時の弱い感じの鳴き声みたいに聞こえた。

Img_2193_2

Img_2218_2

東干拓にソデグロ幼鳥を探しに行ってみると、監視所前の一本西の農道に1羽でぽつんといた。辺りに他のツルがいなかったせいか?すぐ飛んで移動して監視所の南の田んぼのマナヅル2羽がいた場所へ降り立った。少しの間マナヅルにまとわりついて?いたけれど、マナヅルがどんどん南に歩いて行くのについて歩いていたらちょっと威嚇されていたみたい。

Img_2223

ソデグロ成鳥が幼鳥を探して場所移動していないかセンター前に戻ってみると、以前よくいた観察センターの一本西の農道の奥の方でエサをついばんでいた。あきらめ早い?

Img_2228

その後、すぐ東干拓の幼鳥を見に行ってみると荒崎方面へ幼鳥が飛び出した。

Img_2252

観察センターにまたまた行ってみると、センター前の農道上でエサをついばむ幼鳥を発見。辺りに成鳥が見えなかったけれど、混雑していた農道の上にいたんじゃないかな?

Img_2180

あちこちソデグロを探していたときに通りがかった西干拓でカナダヅルの集団を発見。パッと見えただけで6羽いましたよ。

Img_2168

6羽もいると諍いが始まるのか、1羽が追い立てられていました。

Img_2097

木陰にシロハラみっけ。

Img_2221

芦原の近くでアオジ?
車の進行方向に見えたので、止まってフロントガラス越しに撮影。窓を開けたら飛んでどこかへ行っちゃった。

2009年1月12日 (月)

雪になれ

Img_1698

雪が降っているけど細かい粒で、雨になったり小雪になったり。

11時頃 東干拓 5℃ 北西 3.2m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
         北北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 11m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -9℃
    北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -10℃
     西北西 2m/s
     視程 15km

Img_1715

矢筈岳が雪化粧。
寒さをしのいでいるのか、ナベヅルたちも首を羽に埋めてる。

Img_1722

東干拓監視所の一本西の農道ではカナダヅルとナベヅルがケンカの真っ最中。

Img_1734

カナダヅルのファイティングポーズ?が格好良い。

Img_1798

観察センター前は大賑わい。
ちらちら雪も舞っていたけど、光が差し込んで晴れ間が。

Img_1781

観察センター駐車場付近で鳴き合っていた2羽。
夏に居残っていたツルとは違うみたい。
あの2羽は今どうしているだろう?

Img_1827

ソデグロ幼鳥は首をくねくねさせて降ってくる雪を見る。

2009年1月11日 (日)

第6回羽数調査

Img_7673

今日は今期最後の羽数調査の日。
遠くの山に雪も見える!

5時半頃 観察センター前 6.4℃ 北 1.8m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -19℃
         0m/s
         視程 1.8km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
           北北西 12m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
    西北西 3m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
     西北西 4m/s
     視程 15km

Img_7664

時折ぱらぱらと雨が降って天候が心配されたけれど、なんとかお天気も崩れることなく終了することができました。ぶ厚い雲がたれ込めていて、暗いうちに飛んだツルは判別が大変でした。そして北からの冷たい風が強く、手袋をしていても手先がかじかむほど。

いい結果を出すことができなかったけれど、荘中学校・高尾野中学校のツルクラブの皆さん、ボランティアの方々朝早くからご苦労様でした。

今朝の羽数調査記録 11711羽

ナベヅル 8680 
マナヅル 3010
クロヅル 5
カナダヅル 8
ソデグロヅル 2
ナベクロヅル 6

これで今期の羽数調査は終了となりました。
12/13の第4回羽数調査で出された12028羽が今期のツルの公式羽数となるようです。

ツルの羽数当てクイズ、正解した人はいるかな?

Img_1349

心底冷え切って8時半過ぎに東干拓に到着。
雨は降っていないけれど、ほとんど太陽は雲に隠れてる。
さむくてさむくて、監視所で暖をとらせてもらいました。靴下のカイロとコートのポッケに入れたカイロだけでは全然足りなかったよー!体質が冷え性になってるかも。

Img_1350

今日は監視所前にいっぱいのツル!

Img_1386

そしてディスプレイも盛ん。

Img_1404

こづき合いもたくさん。

Img_1410

ソデグロ成鳥が幼鳥に威嚇?するのを目にすることも。

Img_1443

Img_1522

ソデグロ幼鳥はけっこう勝ち気。
マナヅルに負けてない。

Img_1658

カナダヅルが5羽一緒にいるのを目撃。
1羽が飛んで4羽が一緒に別の方向に飛び出した。

Img_1673

ソデグロヅル2羽はあちこち移動して餌を食べて、ある時は東干拓の監視所前すぐの所にまで来てくれました。2羽一緒の時間が本当に増えてる。

Img_1697

2羽一緒に飛ぶことも多くなりました。

Img_1378

今日はコハクチョウを久しぶりに見ることができました。
いつも「今朝、ねぐらで寝ていたよ」と監視員の松島さんから教えていただいていたけれど見られなかったのですが、今日はばっちり見ることができました。早い時間じゃないとねぐらから移動してしまうのかも。

2009年1月10日 (土)

瑞祥か ナベヅル田原へ飛来

瑞祥か ナベヅル田原へ飛来 東日新聞

愛知県田原市でナベヅル成鳥9羽と幼鳥2羽の合わせて11羽が飛来したのが、1/8朝に確認されたそうです。

ミゾレと雪と雨、虹

Img_1097

今日の羽数調査は雨で延期。
朝早く観察センターに出向いてそれを聞いて家へ帰り、もう一眠り。
そして11時頃東干拓へ。

今日は雨が降ったり突然晴れて虹が出たり、みぞれ交じりの雨が雪に変わったり。

11時頃 東干拓 7.3℃ 北東 1.2m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -19℃
         0m/s
         視程 1.8km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
           北北西 12m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
    西北西 3m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
     西北西 4m/s
     視程 15km

Img_1111

西干拓に移動すると吹雪き始めた。
幼鳥だけが雪を気にしてる。
降ったり止んだり、雨になったり。
お天気はめまぐるしく変わる。

Img_1135

センター前でも雪。
雪が止んでしばらくして虹も。

Img_1149

ソデグロ幼鳥はナベヅルに追っかけ回されていた。

Img_1164

羽づくろいを始めるソデグロ成鳥。
もうすぐ飛んで移動するかな?

Img_1188_3

Img_1194

Img_1191

ソデグロツルの成鳥と幼鳥が東干拓へ一緒に飛んでやって来ました。

Img_1290

ソデグロ成鳥はちょっと一休み?

Img_1326

ソデグロ幼鳥と成鳥、そしてカナダヅルが一緒に餌を食べていましたよ。

2009年1月 9日 (金)

ネコさん侵入

Img_1024

寒い~!お昼頃ぱらっと雨も降りました。
今日は東干拓にくる前に、鹿児島銀行出水支店で行われているツルの写真展を見に行ってきました。とても大きなサイズのツルの写真がたくさん飾られていて見応え有りです。
是非、お近くに寄られた際には行ってみてください。期間は1ヶ月程だそうです。銀行の中に展示されているので営業時間に注意が必要。(月~金曜の9~15時まで)
私は正面から撮られたディスプレイがお気に入り。

10時頃 東干拓 11.2℃ 西 2.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -26℃
         0m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
           北 10m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -10℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -8℃
     西北西 2m/s
     視程 12km

Img_1050

朝、東干拓に着いたときソデグロヅルは監視所の一本西の農道に2羽一緒にいました。仲良しさんです。そして何故だかソデグロの近くにはいつもカナダヅルが。なにか理由があるのかな?

Img_1036

カナダヅルの頭のきれいなハート。羽色の模様もシック。

Img_1062

顔にぶつかりそうだよ。

Img_1075

ツルたちが一斉に首をあげて警戒。何かなと見回してみると、ネコが入り込んでた。ネコがのんびり歩くので、ツルたちも徐々に緊張状態から平静を取り戻していったように見えた。このナベツルもこんな近くなのに飛び立つ程ではないみたい。

明日は今期最後の羽数調査です。
天気予報は雪か雨・・・
とっても寒そうです。

2009年1月 8日 (木)

杵築市にナベヅル飛来

1/7 大分県杵築市にナベヅル7羽が飛来したそうです。
杵築市では初めての飛来だそうです。

ナベヅル飛来  OBS大分放送

いじめちゃだめよ

Img_0787

我慢できないほどではないけれど、長時間外にいるとじわーっと体の芯から冷え切ってきます。

10時半頃 東干拓 11.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -24℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
     北北東 2m/s
     視程 11km

Img_0788

今日は東干拓監視所前は大賑わい。
農道横の田んぼに横に広がってナベヅルがたくさん。

Img_0821

幼鳥だけが飛んで監視所の西側の道路に着地。

Img_0832

ナベヅルがテリトリーを主張して?降り立ったばかりの幼鳥を威嚇してます。

Img_0933

その後4~50分ほどたってから成鳥が飛んで幼鳥の元へ。
2羽でいることが多くなりました。

Img_0985

今日は小競り合いがあちこちで頻繁に見られました。脚が胸の辺りにヒット!

Img_0990

カラスを見つけて追い払いに出向くソデグロ幼鳥。

Img_1007

ナベクロヅルみたい。

Img_0873

3羽で連れ立っているのか、飛ぶときも一緒のヒシクイたちとサカツラガン。

Img_0881

左からサカツラガン、オオヒシクイ、ヒシクイ
で合ってるかなあ?

2009年1月 7日 (水)

ソデグロヅル飛翔


ソデグロヅルの幼鳥と成鳥が一緒に飛びました。
飛ぶ前には成鳥と幼鳥が鳴き合っています。
幼鳥の声はちょっとかすれた成鳥よりも低い声。

同じ種同士で

Img_0648

天気が悪く、靄もかかっている。
昨日よりも大分寒く感じる。これから寒波がくる予報も。

11時頃 東干拓 11.4℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -23℃
         0m/s
         視程 2.5km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -16℃
           北北西 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
     0m/s
     視程 8km

Img_0649

今朝は目かくし網からほんの2~3mの位置にソデグロヅルがいました。こんなにラッキーな状況だったのに、天気が悪かったせいか見物人は少ない。
まいた小麦がほぼ食べ尽くされようとしていました。

Img_0671

Img_0672

マナヅルとちょっとした小競り合い。
後ろから成鳥も加勢します。

Img_0740

並んで土をつつきます。
その後鳴き合って話し合いをした後?2羽一緒に飛んで移動しました。

Img_0782

クロヅルが2羽いました。
そのあと一緒に飛んで同じ場所に移動。

Img_0749

寒いけど、羽はぬくぬくしてそう。

Img_0766

荒崎展望公園でツルを見つつお昼ご飯を食べていたら、上空でミサゴが旋回。この辺まで飛んで来るんだなあ。

Img_0786

カワセミが川の中につっこんで魚を捕っているのを目撃!カメラを持つ手はその早さに付いていけず写真は撮れませんでした。残念。

2009年1月 6日 (火)

ケンカ

Img_0448

今日は晴れていて日差しも強くて暖かい。
そして朝、カメラやらなにやら出しているときに三脚が壊れました!
たくさんの方に三脚を診ていただき、ありがとうございました。ツルを見ていらっしゃったのに皆さんにご迷惑おかけしました。Iさん、三脚貸してくださってありがとう。帰ってからダンナに直してもらいましたよ。ダンナありがとう!

11時頃 東干拓 12.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
     北北東 5m/s
     視程 6km

Img_0451

東干拓に私が着いたときはもうほとんどエサが道路上に無かった。食欲旺盛なのか、羽数が多いのか?道の奥にソデグロ成鳥。

Img_0452

ねぐら近くの農道にソデグロ幼鳥。

Img_0454

ツルを見だしてすぐに幼鳥が飛んできて、成鳥と一緒になった。

Img_0490

カナダヅルが監視所の近くまで寄ってきて、土をザックザック掘り返していた。何か食べ物見つけられたかな?

Img_0509

クロヅルも様子をうかがうように監視所の方へ歩いてきた。

Img_0563

今日は何度もソデグロヅルが飛んだ。
2羽一緒に飛んだときも。

Img_0594

幼鳥が先にねぐらの方へ飛んでいってしまって5分後ぐらいに成鳥も後を追うように同じ方向へ飛んだ。

Img_0473

タゲリがやけにみ~ぃみーぃ鳴いていたので見てみると、ケンカ中。羽つかんで?引きずり回しているように見えた時も。

Img_0480

最後に悠々と歩くタゲリ。

2009年1月 5日 (月)

仕事始め

Img_0196

空も暗く曇っていて相変わらず寒い。
芯から体が冷え切っていて温度に関係なく寒いのかも?

10時半頃 東干拓 13℃ 北 1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 1℃ 最低気温 -7℃
    東南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -6℃
     0m/s
     視程 14km

Img_0197

今日はエサが割と残っていて、テリトリー争いが頻繁。
ディスプレイも多かった。
時折海から突風みたいに強い風が吹いていて、体の向きによってはディスプレイ時の羽がへにょっと違う方向に向いていることも。

Img_0198

気がつけば近くにカナダヅル。
今日は監視所の一本西の農道に4~5羽?固まっているときも。

Img_0264

Img_0440

嘴うつし。
親に甘えてるように見えて、切なくて愛しい。

Img_0418

草を食べてるナベヅル幼鳥。
器用に口に入れてました。

Img_0337

タゲリがぴょこぴょこおしりをあげてダンス?

Img_0390

カワセミの正面の顔っておじいさんみたい。

Img_0194

今朝も水路脇で朝寝のクロツラヘラサギ。

Img_0186

寝起き?ってくらい頭が爆発してたヘラサギ。
羽づくろい中、強風に吹かれてもさもさ。

2009年1月 4日 (日)

まだまだお正月気分

Img_9921

二日ぶりの鶴見はちょっとだけ曇り。
風もなく暖かくて過ごしやすい心地よい日でした。

東干拓で監視員の松島さんに私がツルを見られなかった二日間のことをお聞きすると、2日の朝にまたイノシシが出たらしい。今度の羽数調査に影響がないと良いけれど。

そしてソデグロ幼鳥が保護区の外へマナヅルの集団と共に出かけたことがあったんだそうです。幼鳥が一緒にいるマナヅル集団はアクティブだなあ。

12時頃 東干拓 15.4℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
     北東 2m/s
     視程 14km

Img_9975

堤防際にいたのに、とすっとすっと大きな歩幅で歩いてきます。

Img_9987

もう監視所前に着いちゃった。早い!

Img_0009

たくましいソデグロ。ケンカも強くなりました。
長く鋭いくちばしは強かった。

Img_0012

争いごとも収束してみんなで一緒に餌を食べる。

Img_0040

その後またケンカしてたソデグロとマナヅル。
口をこじ開けてない?

Img_0095

奥からマナヅルが団体で歩いてきた。
Gメン75’だとダンナと二人で言い合ったけれど、最近の人たちはわかるんだろうか?

Img_0115

黒目がちなマナヅル
きょときょとしてその場ではすごく可愛く思えたのだけど、もしかして病気かしら?

Img_0084

このナベヅルを見つけたとき、すっごくどきどきした。
やっぱり私、ナベヅル好きだなあ。
目の周りにちょっと赤みが差していてお化粧してるみたい。

Img_0137

今年もよろしくね。

2009年1月 1日 (木)

HAPPY NEW YEAR !

Img_9729

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年明け早々あいにくの天気。
寒いし、時折降る雨がみぞれ交じりのような・・・
降ったり止んだりを繰り返す。

11時頃 東干拓 6℃ 北 2.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -14℃
         西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -17℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
    北北西 3m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 -2℃ 最低気温 -9℃
     西北西 3m/s
     視程 15km

Img_9728

東干拓監視所前はこんな感じ。
奥の方にソデグロとソデグロ幼鳥が一緒にいました。

今朝はイノシシ出なかったんですって。よかった。

Img_9737

田んぼにもこれだけのツルが。
結構近いしマナヅルも多い。

Img_9741

雨が降ってきたので、観察センターに移動。
雨に打たれるツルたちは風上に向かって頭を向ける。

Img_9751

ちょっとしたら雨が止んで虹!

Img_9771

雨が止んだらせっせと羽繕いです。

Img_9787

大きく翼を広げ何度か羽ばたきをして水をとばします。

Img_9839

東干拓に戻ってきたらソデグロ成鳥が保護区内の農道を手前の方に歩いてきて、目かくし網に近い方にいたナベヅルを威嚇していた。
ナベヅルも応戦するも迫力負けして退いた。

ソデグロ成鳥は、幼鳥と一緒に行動するようになって強くなったのかな?以前は他の鳥にわざわざ近寄ってまで威嚇することはなかったように思うのだけど。

Img_9887

ナベヅルを追い出して道路上にいなくなったので、幼鳥の所へ飛んで戻る。(幼鳥との間にマナヅルがいたのだけど、そこで一端降りてまた飛びだし幼鳥のいた近くへ着陸した。)

Img_9909

餌を食べていた幼鳥が、成鳥が来たことに気づいて歩いて近寄っていきました。その後、横にひっついて2羽ともに羽づくろいをしてましたよ。随分仲良しになったみたい。

連絡 明日から2日間帰省のためブログをお休みします。梅が枝餅食べてきまーす。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ