フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 雨とくもりの繰り返し | トップページ | 翻弄される日 »

2009年1月15日 (木)

早朝

Img_2716_2

気持ちの良い晴れ間。風は冷たいし、日焼けはするけれど・・・

9時頃 東干拓 5.7 ℃ 北北東 1.2m/s  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -26℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
    0m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
     北 1m/s
     視程 17km

Img_2717_2

9時頃東干拓に着いたのに、もうエサがない!

Img_2728_2

今日は堤防近くにソデグロヅル2羽。

Img_2749_2

成鳥がどんどん先に歩いていったので、後れをとった幼鳥が飛んで成鳥の元へ。

Img_2777_2

2羽そろって荒崎方面へ飛んでいった。

Img_2733_2

今日もまたネコが!

Img_2859_2

12時過ぎ、荒崎展望公園に登ってお昼を食べていると上空にツルたちがたくさん上昇気流に乗って高いところを旋回していました。

Img_2841_2

シメ

Img_2891_2

川縁にシギ類が4羽

Img_2939_2

東干拓の監視所の近くにいるカラスは貝をくちばしでつかんで飛んで

Img_2946_2

上空からアスファルトや地面に落として貝を割って

Img_2951_2

中身を食べます。

Img_2958_2

他のカラスにとられないように、田んぼの中に降りたカラス。

« 雨とくもりの繰り返し | トップページ | 翻弄される日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨とくもりの繰り返し | トップページ | 翻弄される日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ