フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

天気予報

Img_2968

天気予報は外れ、晴れ!
2月末日、今日で東干拓の保護期間は終わりです。
これから数日で目かくし網や監視所も撤去され、人の通行や農作業が始まります。

10時半頃 東干拓 15.8℃ 北西 2.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -19℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
           北 1m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -4℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     北北東 2m/s
     視程 13km

Img_2920

もう時間もたって餌もない。
カナダヅルも保護区内で過ごしてましたよ。

Img_2922

ソデグロ2羽はひっついて今にも飛び立ちそう。

Img_2935

風に流されつつも荒崎方面へ。

Img_2970

センター前から。港方面は曇ってかすんでます。
山の上の方は割に厚い雲に覆われていた。

Img_2975

食べてます!そして羽づくろいしてます。

Img_2985

北帰行したそうなマナヅルたち。空を気にしてます。
空を見る限り北帰行したツルはいなそうだったけれど、私が到着する前から見てらした方に伺うと、飛んでも戻ってきていたとのことだった。詳しい報告はまた明日。

Img_2974

ねぐらの中にソデグロ幼鳥。

Img_2988

センター前農道の一本西の道の下にソデグロ成鳥が降りたみたい。随分探しましたよ。離れたところに降りるんだなあ。

Img_2979

トビが何か食べていた。冷凍小魚?それとも動物?

2009年2月27日 (金)

晴れの日を待ち望んで

Img_2709

小雨が降ったり止んだり。寒いです。

10時頃 東干拓 13.3℃ 北 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -20℃
         南南西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           南東 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
     北西 1m/s
     視程 14km

Img_2713

センター前の農道にあつまってます。

Img_2724

ダンス途中のマナヅルの羽のかたち。きれい。

Img_2756

冷凍小魚を水たまりでしゃぶしゃぶ。洗ってる?

Img_2828

ダンスの途中に藁をつかんで放り投げる。

Img_2847

東干拓の下水処理場前の田んぼにカナダヅル。散らばっていたけれど、その付近の田んぼに全てのカナダヅルが集まってました。

Img_2865

2時過ぎずっと鳴いていて飛びたそうなソデグロ幼鳥と、鳴いて返事をしつつも気にしていないソデグロ成鳥。

Img_2870

振り切って?幼鳥が飛び始めました。そうしたら、ずーっと成鳥が鳴いてます。

Img_2876

幼鳥が飛んでいる間中ディスプレイをしていたみたい。
幼鳥はあたりをぐるっと飛んで成鳥の隣に着地。それと共に成鳥のディスプレイも終了。

その後やっぱり幼鳥は移動したいみたいで、飛んで保護区の外の田んぼへ移動。それを見てかソデグロ成鳥もセンター前の一本西の農道に移動してきていました。見える場所にいたかったのかな?

Img_8141

4時半過ぎ、観光客の方の「ツル少ないねえ~」「もう帰ってしまったんだよ」などの会話が聞こえた。まだまだたくさんのツルが出水にいますよ!見るとかなりの数が休遊地の手前の田んぼへ移動していた。なにかあったかな?

2009年2月26日 (木)

人工湖で冬を越すツルの群れ イスラエル

人工湖で冬を越すツルの群れ イスラエル AFP BB NEWS

掲載されている写真のツルたちにどきどきしちゃったので貼付け。
クロヅルの群れかなあ?

朝のディスプレイ

Img_2551

なかなかすっきりと晴れません。そして薄着していったら少し寒い。暖かい春はなかなかやってこないなあ。

9時頃 東干拓 14.1℃ 北 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -20℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           南東 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -6℃
    北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
     西 2m/s
     視程 12km

Img_2561

東干拓監視所の一本西の農道に2羽が離れていたけれど、幼鳥が飛んで移動。カメラで追っかけていたら、成鳥がディスプレイを始めた!真下にまっすぐ伸ばしたり上に首を上げたり。

Img_2565

幼鳥が着地する頃から首をあげたまま曲げたり伸ばしたりのディスプレイ。近くでみたいっす。

Img_2584

あたりの田んぼは連日の雨で、どこもねぐらのような様相。

Img_2609

監視所前農道で餌を食べつつ移動。

Img_2659

その後、下水処理場のあたりへ移動。そして荒崎へ。

Img_2680

1時半過ぎのセンター前。靄がかなり濃い。

Img_2677

センター前についてまもなく眠りのポーズ。この場所はちょうど他のツルたちがほとんど通行しない土手。ゆっくりしてます。

Img_2678

1時半過ぎ、ツルが一斉に警戒しだした。何がそうさせているのか全然見当が付かない状態。

Img_2612

カラスとトビがバトルしてるなと思っていたら、トビの足にネズミらしき影が!

Img_2557

コハクチョウいました。
サカツラとヒシクイを見ません。どこにいったのやら。

ここ最近天気が悪くて北帰行がない。
今度晴れたら多くのマナヅルが帰っちゃいそうだなあ・・・

2009年2月25日 (水)

種子島にマナヅル飛来

種子島にマナヅル飛来 南日本新聞

南種子町平山の大浦川で、マナヅル3羽が1月末から2月中旬まで飛来していたらしいです。現在は確認されていないらしい。北帰行しちゃったかな?

まだまだ雨は続く

Img_2319

雨がぱらぱら降ったり止んだり。
空もどんよりから黒い雲。一瞬青空がみえたりも・・・

10時頃 東干拓 18.4℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -21℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -15℃
           北北西 12m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
    北西 4m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     北北東 2m/s
     視程 8km

Img_2324

今日は高尾野下水処理場前の田んぼにツルぎっしり。

Img_2331

観察センター前、天気は曇り時々雨。
雨が強くなってくると途方に暮れます・・・

Img_2355

今日はソデグロヅルは2羽センター前近く。

Img_2357

ナベヅルとケンカ!周りもそれぞれ応援してるみたい。

Img_2356

すごい正面顔になってましたよ。

Img_2377

11時10分過ぎにどんどん集まるナベヅルたち。

Img_2379

その声を聞きつけて?ソデグロヅルたちも農道から歩いてきました。

Img_2537

荒崎の田んぼにて。

Img_2550

5時頃、下水処理場の前はまだまだツルが多く集っていた。
カナダヅルもあちこちに紛れていたみたい。

北帰行のマナヅル一休み 対馬・佐護で280羽

北帰行のマナヅル一休み 対馬・佐護で280羽 長崎新聞

対馬市上県町佐護の田んぼに21日マナヅル280羽余りが飛来、23日の9時半から15分間で飛び立っていったらしい。

見通しが悪い土曜日に飛んでいったツルの一部が対馬に降りたみたいです。他のツルたちはルートが違ったのか、強行して海を渡ったのでしょうか?

2009年2月24日 (火)

小雨

Img_2180

ときおり止んではいたけれどずっと小雨。

9時40分頃 東干拓 13.1℃ 北北東 2.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -22℃
         南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           東南東 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
    南 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 1℃
     東北東 2m/s
     視程 14km

Img_2205

弱い雨だからか飛んで移動するツルたちも多数。

Img_2218

ソデグロヅルたちはちょっと離れた場所に。幼鳥はマナヅル団体の中にいました。

Img_2230

鶴の一声?ソデグロ成鳥が鳴き出すと、幼鳥がてくてく前の方へ歩いてきた。土管が埋めてあるところは苦手?なのか一度土管の上に立って体を動かしながらタイミングを計って羽を羽ばたかせて降りた。

Img_2264

センター前農道の上で2羽合流。

Img_2204

クロヅルが荒崎の監視所の前あたりで羽づくろい。

Img_2313

カナダヅルはいつもの場所で団体行動。午前中はセンター前でソロ活動する1羽もいた。

Img_2314

くちばしを羽の中に入れてるカナダヅルがなかなか落ち着かなかったのか、何度も背中の羽の中へもぞもぞくちばしを出したり入れたり。

Img_2163

今日朝、東干拓の水路の土手にヘラサギが2羽。
あっと思って車を止めたら、前を走っていた軽トラもヘラサギの前で停車。

Img_2169

飛んでねぐらに行っちゃった。

2009年2月23日 (月)

いろんなポーズ

Img_1896

朝のうち雨がぱらついたけれど、天気はだんだん回復。午後からは天気はちょっと良くなった。明日はどうなるか?

10時15分頃 東干拓 13.2℃ 北東 3.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         南西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -13℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     0m/s
     視程 12km

Img_1944

カナダヅルのケンカ途中のポーズ。おしりがかなり上がってます。

Img_1967

センター前に来たときにはもう雨もほぼ止んでいた。

Img_2013

ケンカの勝敗が決まって縄張りから他のツルを追い出したときの一瞬。首を下げてる形が何となくソデグロヅルのディスプレイの姿に似ているような・・・

Img_2023

センター前農道の上にソデグロヅル成鳥がいました。

Img_2038

ナベヅル幼鳥と成鳥がケンカ。成鳥が土管の上に立っているからか?幼鳥が首を上の方に向けつつ鳴いた。幼鳥が顔を上に上げて鳴く姿は初めて見たかも。

Img_2051

11時半過ぎ、ソデグロ成鳥はセンター前農道の近く。幼鳥はその一つ横の田んぼに離れていた。成鳥がよく鳴き始めたと思ったら幼鳥がてくてく成鳥の方へ歩いてきました。

Img_2053

呼んだ?一瞬だけ向かい合ったけれど成鳥はすぐに左を向いて農道の方へ歩き出した。幼鳥もそのまま後をついて成鳥の元へ。

Img_2060

ダンスの途中、マナヅルはこんなポーズも。

Img_2122

コハクチョウがちょっと羽ばたき。

今日の北帰行はなし。

2009年2月22日 (日)

2/6 八代にナベヅル新たに2羽

八代にナベヅル新たに2羽 中国新聞 2/6付

最近になって知った周南市の情報があったので覚え書き。

元々いた2羽+保護ツル1羽に新たに2羽飛来。
周南市には5羽のナベヅルがいる模様。

周南の北帰行はどうなるのでしょう?

雨が降り出しました

Img_1824

朝まで曇り、だんだん雨が降ったり止んだりしてきました。

11時頃 東干拓 10.9℃ 南東 2.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -24℃
         0m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -14℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
    北西 2m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 2m/s
     視程 15km

Img_1833

羽づくろい中。

Img_1840

センター前ではにぎやか。

Img_1861

農道の上で餌を食べてます。

Img_1865

人通り、車通りが少なくて道路まででてきちゃう。

Img_1836

相変わらず気が強いソデグロ幼鳥。

Img_1846

間をおかずにまたケンカ。

Img_1879_2

今日は久しぶりにハヤブサが見られました。
雨の日や天気悪い日には鉄塔の上でじっとしている確率が高い?
頭をあちこちに動かして餌を探しているようだった。

Img_1825

コハクチョウとヒシクイ。サカツラガンも一緒にいましたよ。

Img_1828

見ていたらヒシクイが農道まで飛んで移動。

2009年2月21日 (土)

サカツラガンたちいました!(汗)

Img_1360

晴れ!でも黄砂かな?見通しはちょっと悪いです。

9時頃 東干拓 8.4℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -24℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
           北 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -3℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
     西 2m/s
     視程 14km

Img_1377

9時半頃から上空を旋回しているツルがどんどん風に流されて。

Img_1392

飛びたそうなマナヅルたちがねぐらの奥の方の田んぼに。

Img_1433

今日は飛ぶかなと思っていたソデグロヅルは飲んで食べて!

Img_1443

幼鳥はぼーっとしてます(笑)

Img_1494

ちょっと離れていたソデグロたちだけど呼び合って一緒に行動。

Img_1536

ケンカするツルたち多数。

Img_1569

その後はディスプレイ

Img_1574

風に流されて帰ってくるツルもたくさん。

9時50分ぐらいから雨掛山方面へ飛び立つ。
10時20分ぐらいから多くのツルたちが一斉に飛ぶ。
10時51分10羽ほどのマナヅルが蕨島方面へ飛び立つ。

10時53分多数のツルがアンテナ付近まで飛行。
11時12分帰利切れなかったツルたちが戻ってきた。

本日の北帰行 502羽

Img_1592

羽づくろい後、羽をふくらませる。

Img_1602

混雑している農道の上で何かあったのか?ソデグロヅルがディスプレイ。

Img_1641

2羽一緒のカッコで羽づくろい。

Img_1656

ソデグロ成鳥がぺたんと座り込んだ後、ナベヅルがちょっかいを出してきた。

Img_1669

むっくり起き上がって

Img_1672

威嚇!

Img_1810

3時半過ぎに東干拓に行ってみるとカメラがずらりと並んでいました。何だろうと思って聞いてみると、サカツラガンがいる!と。いたんだ~!!!どこに行ってたんだ今まで!と心の中で叫んでカメラを取りに戻りましたよ。干拓の外に出ていたのかなあ?

2009年2月20日 (金)

サカツラガン、ヒシクイまた来てね!

Img_1244

風も強いし朝方まで雨が降っていたようだけど、かろうじて曇り空。風が冷たいです。

9時40分頃 東干拓 12.4℃ 北西 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -25℃
         西南西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -16℃
           北 8m/s
           視程 4km

平壌 最高気温 1℃ 最低気温 -7℃
    北北西 5m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -5℃
     西南西 3m/s
     視程 4km

Img_1249

10時も近くなると餌もナシ。

Img_1266

カナダヅルが11羽。マナヅルと一緒に行動してるって事は北帰行も一緒?

Img_1271

今日はマナヅルも手前の方に出てきていました。

Img_1279

雨上がりには羽づくろい組が多い。

Img_1287

風に乗ってダンス!

Img_1301

割に近い場所にソデグロヅルが2羽。あんまりがつがつ食べてるふうではないみたい。そろそろ帰り支度してるのかなあ・・・明日あたり帰るんじゃないかっておっしゃる方も!

Img_1311

カラスこっちくんな!何度も追っかけていって追い払ってます。

Img_1322

緑に覆われている田んぼも。

Img_1342

コハクチョウが東干拓の監視所前に来ていました。サカツラガンとヒシクイも探してみるけれどいません。敬愛するT先生に伺ってみると、先生も3日ほど前から見ておらず北帰行したと認識しているとのこと。近くで見たかったなあ・・・コハクチョウはいつ帰るんだろう?最近サカツラガンたちと一緒に行動してたから一緒に帰ると思ってましたよ。

2009年2月19日 (木)

寒いなあ・・・

Img_1198

朝9時過ぎぐらいから雨が降り出した。寒いです。
風邪ひいたかなあ・・・

9時40分頃 東干拓 8.3℃ 北 0.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -25℃
         西 11m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -16℃
           北 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
     北東 2m/s
     視程 14km

Img_1202

センター前はナベヅルばかりのような印象に。
マナヅルは奥の方に固まって。

Img_1209

溝のところにソデグロヅル2羽。
埋まっちゃっててなかなか見られない。

Img_1223

雨が降っててだんだん羽も濡れてきてます。

Img_1233

カナダヅルは8羽は数えられたんだけど・・・
残りは別行動?

Img_1235

東干拓ではほとんど餌は食べきってる様子。

Img_1195

東干拓のねぐらにコハクチョウいました。
最近一緒の場所で見ていたサカツラガンとヒシクイの姿が探しきれない。気になります。

Img_1197 

ヘラサギかな?クロツラヘラサギかな?

2009年2月18日 (水)

北帰行 マナヅル一服

北帰行 マナヅル一服 朝日新聞

16日の夜に長浜干拓に降り立って、17日の午前10時過ぎに飛び立ったそう。きっと雨の次の日の風の強かったときに飛んでいったツルたちですね。随分時間がかかってますね。おつかれさま。

斐伊川河口にマナヅル飛来

斐伊川河口にマナヅル飛来 山陰中央新報 

出雲市下村町にマナヅルが飛来したらしいです。写真から見るに1羽なのかな?写真は15日に撮られているみたいなのですが、北帰行途中のツルなのかしら?

昨日に引き続き

Img_1017

寒いです。もこもこのコートを着て出かけました。また真冬に逆戻り?

10時10分頃 観察センター前 8.6℃ 北 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -25℃
         西  4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -19℃
           北北西 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -7℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
     北北東 2m/s
     視程 16km

Img_1021

まだまだマナヅルが多いような気がするセンター前。
ただ、いつも外に出ていたツルたちが戻ってきているから多く見えるのかも?最近遠くに出ているマナヅルの数が少ないような気がします。そろそろ北帰行するって意識があるんだろうか?

Img_1019

ソデグロヅルたちもマナヅルの団体付近をうろうろ。

Img_1028

あちこちでディスプレイが見られました。

Img_1088

センター前農道の奥の方ではなにやら動きが。

Img_1097

10時50分から雨掛山方面に飛び出していくマナヅルが多数。どんどん飛び出していくけど、笠山のあたりまで流されて?旋回していたツルたちはほとんど帰ってきてるように見えた。それと、時々上空の雲の中から降りてきていたマナヅルたちも帰ってきたツルだと思う。10時56分頃飛び出していったツルの中にはアンテナに近い場所あたりの山の上を飛べたツルたちもいて、山を越えていったように見えた。

本日の北帰行 マナヅル 103羽

Img_1067

ダンスだったのか?威嚇だったのか?

Img_1123

魚をいつまでもくわえていると、いろんな鳥に追っかけられます。飛んでまで逃げなくても早く食べちゃいなよ~

Img_1141

また道路に出てるナベヅルが。
車運転している人もびっくりするだろうなあ。

Img_1192

もう春のはず。
でもセンター付近では、菜の花咲いてるのあんまり見ない気がする。

2009年2月17日 (火)

まだまだ寒いよ

Img_0886

8時50分頃 東干拓 8.6℃ 北 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -21℃
         東北東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
           北 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
    北西 3m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
     北 1m/s
     視程 17km

Img_0887

もう餌がありません。

Img_0901

東干拓の一本西の農道にソデグロヅルが2羽いたのだけど、幼鳥が飛んだ。

Img_0920

成鳥も飛ぼうとしていたように見えたけど飛ばず、何故かディスプレイ。
そうしていたら幼鳥がぐるっと旋回して成鳥の近くへ着地。もう飛ばないかなと思ってセンター前に移動しました。

Img_0927

霞があるものの天気は良し。風が冷たいです!

Img_0924

なぜかソデグロヅルがいました。移動してる間に飛んできていたらしい。

Img_0925

幼鳥も近く。

Img_0926

一時して飛んでセンター前の農道に移動してきました。
やっぱりお目当ては餌。こんなに食べようとするって事は今日は北帰行はしないって事かな?

Img_0956

10時前頃から飛び出していくマナヅルがぽつぽつと。でも風が強すぎて?山を越えることができずに帰ってくるツル多数。外は寒い!

Img_1005

11時過ぎ頃にも飛び出していくツルたちがいて笠山のあたりを旋回したり。このツルたちが帰って行ったんじゃないかなあ・・・

本日の北帰行 マナヅル 21羽

2009年2月16日 (月)

風が強いのに北帰行

Img_0757

靄はあるけれど、晴れてきました。風が強いです。

8時頃 東干拓 12.0℃ 北 2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -18℃
         北 2m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -19℃
           西北西 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
    北西 5m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
     北北西 3m/s
     視程 20km

Img_0758

餌も食べきって、ツルもちょっとばらけつつ東干拓監視所前。

Img_0771

カナダヅルも11羽、東干拓にいましたよ。

Img_0773

1羽でぼんやりマナヅルと、挑戦的な?カラス。

Img_0775

センター前、うっすら靄があるけれど晴れてます。そわそわしてる風なマナヅルも。

Img_0813

風が強いのに、10時半過ぎからマナヅルが飛び出していった。

Img_0809

今日は山ルートだったみたいで、アンテナ付近の山の上を越えていくツルを多数見た。港方向はさすがに風が強すぎたみたいで飛んでいくツルはなかった。今朝方も雨が降ったみたいだったから、今日は帰らないと思ってたんだけどなあ。

Img_0846

泥まみれの小魚をくわえて他のツルに追っかけられつつ歩き回っていたナベヅル。その後、水たまりの中に魚をつっこんでくわえ直していた?洗っていた?そして食べてます。

Img_0855

センター前の農道奥の右側にマナヅルたちと一緒にソデグロ成鳥が。

Img_0854

センター前の農道の奥の方にソデグロ幼鳥。

Img_0881

コハクチョウとサカツラガン、ヒシクイが東干拓の堤防際に一緒にいました。

2009年2月15日 (日)

行人岳

Img_0575

朝靄の中、今日は行人岳に行くため早めに鶴見に出かけました。

8時頃 東干拓 13.8℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -18℃
         西南西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -19℃
           北西 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
    北東 3m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
     北 4m/s
     視程 6km

Img_0583

かなり靄が濃い。風がない。食べているツルも多い。

Img_0589

ソデグロヅルは2羽ともにセンター前から一本の西の農道。

Img_0600

それから車で走って30分くらい?の行人岳へ。
荒崎方面の霞がなかなか取れません。
天草方向はだんだん時間がたつにつれきれいに見えるようになってきたのに、ちょっと霧が晴れたかと思ったらまた濃くといった感じ。風もちょっと吹いて霞が取れそうになったら止まりといった感じでほとんど感じられなかった。

結局、11時過ぎまで待ってみたものの1羽も飛ばず荒崎へ帰還。

Img_0611

のんびり?餌を食べるツルたち。今日は帰らなかったねえ。
ソデグロヅルはセンター前農道でかなり近い場所に2羽いましたよ。

Img_0657

目立つ2羽です。

Img_0670

道上でちょっとの間鳴き合って左手の方にてくてく歩き出した。
幼鳥が移動したがったみたい。

Img_0676

幼鳥が先を歩いていたら、成鳥がきびすを返してまた元に戻っていった。
「行かないの?」って感じで後ろを確認。

Img_0679

「仕方ないなあ」かな?「寂しいなあ」かな?幼鳥も後戻り。

Img_0572

朝、東干拓でヘラサギを溝の近くで確認。
朝早いと近くで見られるのかなあ・・・

今日はコハクチョウを確認できなかった。どこで行動してるんだろう?まだ出水にいると思うんだけど・・・

2009年2月14日 (土)

もう春なんですね

Img_0526

昨日の夜中まで降り続いた雨も止んで、今日は田んぼにも若干水がたまっているようす。ツルが降り立ったりすると、水しぶきが上がります。そしてもう春!昨日は春一番だったみたいですね。そろそろコートも脱ぎ捨てられる春の陽気。
今日も北帰行はなかったように見えました。

10時頃 東干拓 20.5℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -15℃
         北東 7m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
           北 11m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
    北北東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     西北西 2m/s
     視程 3km

Img_0527

東干拓の監視所前にもツルたちが多数。
終始のんびりムード。

Img_0538

光に照らされてまぶしい。

Img_0544

センター方向からマナヅルが東干拓に降りてきた。
タイミングもいっしょ。

Img_0552

センター前。
前の方にマナヅル軍団が陣取っています。

Img_0550

センター前の農道の奥の方にソデグロヅルが2羽。
一緒に帰るのかなあ・・・仲良くひっついて過ごしてます。

Img_0565

羽づくろいしてるツル多数。
同じカッコ?

2009年2月13日 (金)

春の嵐?

Img_0370

昨日の北帰行は マナヅル 761羽

朝から曇り。これから天気は悪くなる。
風がものすごく強くて南風、ツルたちもかなり足を踏ん張って立っている。温度は生暖かい。コートは暑いかも。
本日の黄砂はなし。
本日の北帰行なし。終始のんびりムード。

9時40分頃 東干拓 18.4℃ 南 4.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -18℃
         北東 8m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           南東 5m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 2℃
    南南西 9m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 4℃
     南南東 2m/s
     視程 3km

Img_0332

マナヅルの姿が少なくなりました。
色味がちょっと寂しいかな。

Img_0397

風が強いの

Img_0341

大きな音に驚いて飛び上がってしまった。
大きな声・音は出さないであげてください。

Img_0477

この足、気になる・・・カプッ

Img_0480

ひらひらしてる羽も気になるのよ。カプッ

Img_0433

鳴き合いを横から邪魔

Img_0515

ときおりケンカ

2009年2月12日 (木)

黄砂きてます

Img_0141

今日も視界がすごく悪い。黄砂が降っているらしい。
気象庁のデータを見ていると、熊本がかなりの量降っている。長崎は少ないけれど降っている。ツルたちもこの視界の悪さには困っているんじゃないかなあ・・・

9時50分頃 東干拓 13.8℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -21℃
         0m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           1m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 1℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 1℃
     北東 3m/s
     視程 2km

Img_0143

センター前農道にはツルがいつものごとくごった返し。心なしかナベヅルの割合が多くなったような気がする。

Img_0165

10時過ぎ頃から北帰行が本格化していたみたい。東干拓から飛んできてそのまま港方面へ向かうツルも。今日は山越えルートや蕨島方面へ飛んでいくツルは上空でかなり長い間旋回するも、ほとんどが保護区に帰ってきているように見えた。山を越えていく高度まで上がりきれないようだった。今日は始めほとんど風がなく、その頃に港方面へと飛んでいったツルたちが北帰行したみたい。11時ごろから東からの風が少し吹き出してきて、北帰行も終わったようだった。

今日は行人岳に登った人たちはずいぶんと良かったらしい。風がほとんど吹いてなかったのか?風を探すためにツルたちが何度も近くを旋回していたという話を伺いました。天気も良かったし、見事だったろうなあ~

Img_0188

今日は観察センター前の農道の右側からも北帰行するマナヅルあり。

Img_0178

水を含んだくちばしの中はベロがまっすぐ収まっていた。

Img_0234

ディスプレイの後だったのか、羽ばたきが力強い。

Img_0257

おっきいの捕ったよ!

Img_0263

観察センター前の道路に出てきた2羽。どうも、カラスか何かに追われるうちに出てきちゃったらしい。この後、車が走ってきて保護区に移動していった。

Img_0321

昼過ぎて、座り込むツルが続出。近くにある草をついばんで、首元へ寄せていた。

Img_0302

お昼を川沿いで食べていたら、ミサゴが2羽上空を旋回し始めた。
かなり魚を捕まえるのがうまい2羽で、ちょっとホバリングしてすっと川面に突進。1回のチャレンジで魚を捕まえて下流の方へと飛んでいった。

2009年2月11日 (水)

黄砂:九州で今年初の観測 空港もかすむ

黄砂:九州で今年初の観測 空港もかすむ 毎日新聞

視界が悪いのは黄砂のせいだったのか!鹿児島も、対馬も確認されたのならツルが空から見た視界もわるかったんじゃないかな

シチズン・オブ・ザ・イヤー

出水市立 荘中学校がシチズンオブザイヤーを受賞しました。
半世紀近くツルの羽数調査を行っている活動を認められての受賞です。

シチズン・オブ・ザ・イヤー

本日も北帰行なし

Img_9998

本日の北帰行は 0羽

家から出ると、ぱらっと小雨。日の出もその方角は分厚い雲に覆われていてどんより。天気悪いなあ・・・

9時10分頃 東干拓 11.1℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -19℃
         北北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           南東 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
    南南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     南西 2m/s
     視程 3km

Img_9999

東干拓も時間がたって撒いた餌がなくなり、ツルがあたりに散らばって餌を探している。

Img_0002

いつまでたっても霞が取れません!観察センター前。

Img_0029

10時半過ぎ、センター前の一本西の農道にいたソデグロヅル2羽がセンター前の農道へ移動。随分幼鳥の羽の色が白くなってきているような・・・首が白くなってくれば見分けるのが大変になるかも?

Img_0051

10時半頃から視界の悪い中、マナヅルたちが北帰行チャレンジ。
今日は風がほとんど感じられなかったせいか、蕨島方向・港方向・笠山方向と目指すコースはばらばら。しかしすごい靄は全然晴れる気配がなく、徐々にチャレンジしたツルたちが戻ってきた。ぱっと見100羽くらいは飛んだのではなかっただろうか?そろそろ温度も上がってきているから帰りたいツルが多いのだろうな。あとはお天気さえよければ!

Img_0078

ざわざわと落ち着かない感じで、マナヅルたちが北の方向を気にしてます。

Img_0097

今日はやたらとディスプレイを見ました。
北帰行前の意気込みが出てしまうんだろうか?

Img_0118

ゆっくり羽づくろいをしてるナベヅルの頭には、ちょこんと王冠のような羽。

Img_9962

久しぶりにヘラサギが溝付近にいました。
やっぱりフォトジェニック。

Img_9996

魚を捕まえるために溝の中へ。

「北帰行」マナヅル一休み 壱岐市で一群50羽

「北帰行」マナヅル一休み 壱岐市で一群50羽 西日本新聞

6日の夕方、原の辻遺跡近くの田んぼにマナヅル約50羽が舞い降りたそう。
第1陣のツルたちですね。1泊して翌朝飛び立ったらしいです。

クロヅル、滋賀県北部に飛来

クロヅル、滋賀県北部に飛来 朝日新聞

1/12に琵琶湖畔近くで1羽確認されていたようです。
頭がまだ茶色く、幼鳥だとおもわれます。

2009年2月10日 (火)

雨の次の日

Img_9687

靄がすごく視界が悪い。おまけに風が強いです。
ツルの雰囲気ものんびりしていて、最近三号線の内陸側で見なくなっていたツルの姿も戻ってきていました。

本日の北帰行は 0羽

9時10分頃 東干拓 11.8℃ 北 2m/s
9時20分頃 観察センター前 15.2℃ 北北西 2.7m/s

enki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -20℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 0.5km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     西 1m/s
     視程 9km

Img_9696

東干拓監視所前はマナヅルがちょっと少なめ。

Img_9720

すごくかすんでます。風も強い!

Img_9719

センター前はいつものごとくごった返してます。

Img_9707

センターの駐車場前田んぼにいたマナヅルファミリー。
餌をねだって親のくちばしから嘴渡し。
こんなことができるのもあと少し。

Img_9725

センター前の一本西の農道にソデグロヅルたち。食べてばかりいます。

Img_9814

声を立てず足を前にすっと気取って出して、間をおいて次の足を出すということをちょっとの間繰り返していた。次にどんな行動をするのか見ていたかったけれど、赤い服を着た人が通りがかってあたりのツルが一斉に飛んだ時に一緒に飛んでわからなくなった。

Img_9882

頭の赤い部分の模様が珍しいと思う。個体差?

Img_9689

東干拓のねぐら付近にいたコハクチョウ。
いつ頃かえってしまうんだろう?

Img_9692

コハクチョウの近くにサカツラガンとヒシクイ?
帰っちゃう前に近くで見たいよ!
北帰行が始まっているから焦ってます。

2009年2月 9日 (月)

ナベヅルも

Img_9211

2/8の北帰行は411羽。(うちナベヅル10羽)

今日ももやってます。
天気は良いけれど昼からは崩れてくる予報。

9時頃 東干拓 10.1℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
         東南東 1m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           南東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
     西 2m/s
     視程 13km

Img_9216

東干拓監視所前にもツルが集まっています。
ツルが餌をあらかた食べ終える頃到着したみたい。

Img_9247

下水処理場前にはカナダヅルが3羽のみ。
他のカナダヅルは餌を食べに行ってる?

Img_9253

観察センター前も思いの外、視界が悪い。

Img_9255

600羽近くのマナヅルが北へと飛んでいったけれど、それでもマナヅル多いなと感じる。

Img_9356

10時10分過ぎくらいに農道と農道の間の水路付近にツルが集まり出す。最初は北帰行の相談してるのかなと思っていたのだけど、様子がおかしい。ツルが奥にと少しずつ移動していってずっと首をあげている。じっと見ていたら狸?犬?何かしらの動物が水路に入っていたみたい。

Img_9384

10時半過ぎ、保護区の上空高いところに飛んでいる3羽のツルを発見。一緒に見ていたクレインパークの館長さんが調査をしている保護員のかたに連絡を取ると、その前から北帰行は始まっていたらしい。笠山方向の上空を旋回するツルたちが!雨掛山の方向に飛んでいるツルもいるけれど、なかなかツルがいつも山を越えるアンテナ付近へは上がって行けず南に流されてるみたいだった。その後アンテナ付近から山を越えていくツルたちもいた。40分過ぎになると、北帰行をあきらめて荒崎に帰ってくるツルが降りてきた。

東干拓方面から飛んできたツルを見ていたら、観察センター前に着陸せず蕨島の前を通りそのまま港方面へ飛んで北帰行していった。港方面から北帰行していくツルはそんなに高度は高くはなさそう。山越えとルートがかなり違いそうに思えた。

曇っていた空も途中わずかながら陽光が差したりしたけれど、視界は悪くどんどん天気は悪くなっていった。

本日の北帰行 マナヅル56羽 (飛び立ったのは315羽)

Img_9460

その頃ソデグロヅルはのんびり餌を食べたり、ぼんやりしたり。

Img_9626

お昼過ぎに東干拓に戻ってみると、カナダヅルが11羽いましたよ。集まってないツルは映ってないけれど・・・

Img_9679

カツカツカツという音がしてみてみたら、ナベヅルがこの姿勢で少しの間歩いていました。近くには家族しかおらず、鳴き合いや警戒というのでもなさそうだった。

2009年2月 8日 (日)

ツルマラソン

昨日の午後から今日の夜にかけて熊本へ行ってきました。
熊本の美術館と幻想的な阿蘇を満喫して来ちゃいました。

ツルの北帰行今日はあったのでしょうか?
移動中に普賢岳付近まで見渡せるところがあったけれど、ものすごい靄で真っ白くなっていました。ツルも視界が悪かったんじゃないかな?

本日のツルの北帰行情報は明日確認をとって発表したいと思います。

今日は出水でツルマラソンがあった日です。
お天気が良かったと思われるのでとても走りやすくてコース付近にいるツルも満喫できたのではないでしょうか?
選手や関係者の皆様ご苦労様でした。

2009年2月 7日 (土)

北帰行 二日目

Img_9071

もやってます。
天気も良く、風もほとんどない朝。

9時頃 観察センター前 13.3℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -20℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
           南南東 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     西 2m/s
     視程 1.5km

Img_9073

東干拓前は餌もなく閑散。ソデグロもいないみたい。

Img_9083

東干拓を眺めていたらナベヅルとカナダヅルの混合集団が飛んできた。

Img_9102

観察センター前ももやってます。視界悪し。

Img_9104

センター前の農道はツルでごった返し。
餌をついばんでるマナヅルの姿も。

Img_9107

雨掛山付近?山肌に沿って飛ぶ隊列を10時頃やっと確認できた。
クレインパークによると、9時半頃から北帰行へと飛び出していたらしい。

Img_9156

そわそわしてるマナヅルたち。

Img_9173

マナヅルが北帰行チャレンジしている間も、ソデグロヅル2羽は餌に夢中。

Img_9193

センター前の農道ともう一本西の農道の間に北帰行するマナヅルが集合しているみたいに見えた。東の方向へ飛び出して旋回し港方面へ飛ぶツルと蕨島方面へ行くツルとがいたみたい。蕨島上空ではかなりの数のツルが長い間旋回していた。
とにかく霞がすごくてセンター前からはツルの確認が難しい。双眼鏡をのぞくとかろうじて姿を捉えることができた。

Img_9205

戻って来ちゃったツル多数。
戻ってくるツルは翼をピッとまっすぐ伸ばし一直線にしてほとんど羽ばたかずに飛び、保護区に入って羽ばたいたりして高度を下げてるように見えた。

9時半飛び始め 北帰行 87羽 クレインパーク14時確認
860羽が飛んでいったけれど、大半が戻ってきて87羽の北帰行が確認されたらしい。
そのまま飛ぶという判断、帰るという判断はどうやってなされているんだろう?

出水のツル シベリアへ北帰行

出水のツル シベリアへ北帰行 KKB鹿児島放送
ツルの北帰行始まる KYT鹿児島読売テレビ

出水のツル、北帰行始まる 南日本新聞ウェブサイト

2009年2月 6日 (金)

北帰行始めました

Img_8844

放射冷却なのか、寒いです。ガスもすごく出て視界が悪い。

8時30分頃 観察センター前 7.7℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -22℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -13℃
           北 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     北北西 2m/s
     視程 4km

Img_8852

朝靄に太陽の光があたって幻想的な雰囲気。

Img_8875

小麦がまかれた後、センター前へツルたちが帰ってきました。

Img_8879

8時半にまかれる小魚はこんなメニュー。かなり大きな魚も入ってる。

Img_8886

最近ソデグロは朝はいつも東干拓。

Img_8889

マナヅルに飛びかかって餌場のテリトリを主張。

Img_8896

ソデグロ幼鳥もその後すぐに前に出て助太刀。

Img_8911

今日は北帰行第1陣が帰って行きました。
10時頃、マナヅル30羽が飛んだのを皮切りに129羽が北の方へ帰って行きました。

今日はねぐらの北の方にある空き地で観察していたのだけど、いつ飛び立ったのか?わからないまま山の方に飛ぶツルを見ました。去年の感じだとねぐら付近でツルが集まって飛ぶような感じに見えていたのだけど、その付近のツルは羽づくろいやら何やらで全然飛ぶ様子を見せていなかったように思います。もしかしてセンター前付近のツルが飛んだのか?それとも保護区以外から飛び立ってるのか?よくわかりませんでした。

飛んでいったツルたちは、旋回をしながら風に流されながら山肌を進んでいき、山を越えていきました。

Img_8928

間接を曲げてこの後、体を前のめりにさせて座り込んだ。

Img_9034

2時20分頃飛んで、下水処理場の前の田んぼ付近へ。

Img_9008

サカツラガンとヒシクイ?が飛んでいるのを発見。
なかなか近くに寄ってきません。おっきく撮りたいのになあ~

2009年2月 5日 (木)

北帰行出戻り

Img_8380

案外寒くない夜明け。ガスがすごく出て視界が悪い。

8時30分頃 観察センター前 11.7℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -23℃
         西南西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
           北北西 1m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    北西 2m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
     西 2m/s
     視程 4km

Img_8405

朝、餌をまかれたセンター前にツルが集まってきた。

Img_8536

ソデグロヅルは朝方東干拓監視所の一本西の農道にいたけれど、飛んで監視所前まで移動。それから一日の大半をこの付近で過ごす。

Img_8537

ちゅ

Img_8542

縄張り争い?成鳥と幼鳥。

Img_8622

ディスプレイはやっぱり多くなってる。
ツルが集まってしまって縄張り争いしてるんだろうなあ。

Img_8735

10時半頃くらいから、蕨島方面の上空でツルたちが旋回しだした。続々とそのツルの集団が増えていったけれど、11時半頃までには全てのツルが帰ってきたみたい。保護会のかたのお話によると、200羽ぐらいが飛んで行って帰ってきたらしい。海上の視界が悪かった様子。明日お天気がよければ北帰行あるかも?

今日は笠山方面へ飛ぶツルはなく、蕨島を目指して飛んだみたい。去年の北帰行を思い出してセンター前の一本西の農道から観察していたのだけど、ねぐら付近から飛び出したツルは4羽程しか私は確認できなかった。どこから飛び出したんだろ?

帰還は蕨島の東側から多く出水に帰ってきて、センター横の田んぼ付近(目かくし網の外側)に降りたツルが多かったように思える。

Img_8737

帰って来ちゃいました。

Img_8782

13時過ぎ、東干拓ではソデグロヅルがマナヅルを追いやってディスプレイ!わかっているだけで、今期3度目のディスプレイ。

Img_8825

昼過ぎ頃、食べて飲んで一眠り。

2009年2月 4日 (水)

そわそわ

Img_7597

今日は快晴!になる予定だけど、朝の内はまだくもり。
本日の北帰行はなし。

8時30分頃 東干拓 11.6℃ 北北東 0.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -22℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北 1m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
     西北西 1m/s
     視程 5km

Img_7620

Img_7631

朝東干拓に行ってみたら、監視所前の一本西の農道にソデグロヅルが2羽いました。一時立ってから、1羽ずつ監視所前に飛んで移動してきた。

Img_7638

お目当ては餌

Img_7808

今日は監視所前はツルでいっぱい。
ダンス、求愛、小競り合いも多い。

Img_7861

車が通りすぎると騒音で警戒する。

Img_7887

北帰行前はディスプレイも盛ん?

Img_7931

溝を渡るのに羽を広げたソデグロ幼鳥。
だけど、羽を広げなくても飛ばずに渡れた。

Img_7951

仲良く食事中。

Img_7976

驚いてそこにいる大半のツルが飛んだとき、ソデグロも飛んで田んぼに着陸。

Img_8003

ディスプレイした後のマナヅルだったのか、餌を探してるときも羽がふさふさしてた。

Img_8193

幼鳥の方がちょっと大きめ。

2009年2月 3日 (火)

雨でやきもき

Img_7296

朝のうち雨。午後から少しずつ天気が回復してきた。
今日は節分。恵方まき食べました。

9時50分頃 東干拓 12.5℃ 西 0.5m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -24℃
         西 2m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
           北北西 9m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
    東 1m/s
    視程 1km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     西北西 1m/s
     視程 1.5km

Img_7326

センター前に近い場所に2羽そろってソデグロヅルがいた。

Img_7301

首のとこの羽はヒナの羽?

Img_7333

雨で土がゆるんで餌を探しやすいかも?

Img_7345

羽づくろいしてる間もずっと雨。

Img_7363

雨止まないかなあ・・・
雨が降っていると瞬きも多い。瞬膜写真激増。

Img_7371

ぶるぶるって水をとばして羽がぼさぼさ

Img_7463

雨が降ってるのに飛んでるツルも。

Img_7545

カナダが一列にずらっと

Img_7511

ダンス!

2009年2月 2日 (月)

2/2 今日の野鳥

Img_6866

センターの駐車場にメジロが4羽。
なかなかペアで撮らせてくれなかった。

Img_6883

ちょっぴりソデが黒いのね?ヘラサギとクロツラヘラサギ。

Img_6949

カワセミが魚を絞めてるところ。

Img_7042

ハマシギが水浴び中

Img_7075

コサギが正面から飛んできた!

そろそろ北帰行?

Img_6561

良いお天気!お布団干したいくらい。

10時10分頃 東干拓 10.6℃ 北東 0.2m/s
10時40分頃 観察センター前 12.9℃ 北東 2.1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -23℃
         0m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -11℃
           北 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 10km

Img_6560

東干拓監視所前はこんな感じ。
エサはもうないけれど、辺りにはツルがぱらぱらと。
東干拓は冷凍小魚の給餌はない。

Img_6579

センター前はツルでごった返していた。

Img_6652

見渡してみると、ツルが集まっているところが。
北帰行の相談中? 
今日は場所を違えて何回かこんなふうに集合している場面を見かけた。

Img_6699

12時13分ツルを見ていたらAさんが蕨島方面へと飛び去っていく何かを発見。
双眼鏡でのぞいたときにはすでに3つの点でしかなかったけれど、ツルだったろうか?

Img_6693

センター前にて、K86の標識をつけたナベヅルを見る。
あまりにもツルがいすぎて、家族が居るかどうかはよくわからなかった。

Img_6698

羽がぴょこんと立っているマナヅル。
Aさんがあそこにこんなのいるよと教えてくれました。
サンキューAさん!

Img_7121

頭の模様が変わってるナベヅル。
個体差?それとも黒くなる途中?

Img_7142

足こぶのひどいナベヅルを見つける。
ナベツルもじっと見て気にしてるようだった。

Img_7098

マナヅルがいろんなところで集まりだしてグループを作ってるみたい。

Img_6815

ソデグロヅルは2羽一緒のところを見つけられた。

Img_6856

昼過ぎに2羽一緒に飛んでセンター前から見えない奥の方の保護区内に降りた様子だった。

Img_7206

5時頃、センター前でソデグロヅル成鳥が目かくし網から近い場所にいた。
足の形!

Img_7285

日も暮れてきてねぐらに入るツルも徐々に増える。

2009年2月 1日 (日)

本日も風強し

Img_6497

晴天!だけど昨日に続いて風強し。
昨日ほどではなかったけれど・・・  

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -24℃
         0m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    東南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 4m/s
     視程 18km

Img_6492

東干拓にてカナダヅルを見る。
カナダヅルとナベヅルが一緒にいます。それぞれ何羽でしょう?

Img_6505

観察センター前はごった返し。

Img_6510

今日から北に帰って行くツルのために小魚をまいてあります。冷凍の小魚はなかなか解けないみたい。

Img_6528

小魚をねらってトビが上空を旋回中。
小魚ブロックめがけて飛んでくるけど、解けてない魚は捕れません。

Img_6501

ミサゴまで来ています。

Img_6530

今日は奥の農道にソデグロヅル2羽。

Img_6514

車の音に驚いてツルが一斉に飛んでしまいました。
前の方まで来ていたツルは奥の方へ飛んでしまった。

Img_6547

密集して小競り合いが多くなってきました。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ