フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

25羽いる

Img_9988

朝のうち小雨。昼前頃から晴れてきました。
今日で工事も終わり。遮るものは何もない。

11時半頃 観察センター前 13.9℃ 北東 2.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 5℃ 最低気温 -7℃
         西南西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
           東南東 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     西北西 2m/s
     視程 12km

Img_9970

東干拓の田んぼに5羽グループ。
幼鳥率高くない?5羽中3羽が幼鳥のように見える。

Img_9971

それとちょっと離れて2羽。ここも1羽は幼鳥。

Img_0009

古浜に1羽。
ちょうどいつもいる田んぼにトラクターが入っていて隣の田んぼにいたのですが、お昼に元の田んぼに飛んで戻ってきました。右足の先がありません。割と精力的に食べたり動きも普通。飛ぶ姿もそう悪くありませんでした。北帰行できるかな?

Img_0007

荒崎の数の確認が難しすぎる!

Img_0031

お昼頃、東西干拓橋のたもとでおべんとしてたらツルの声が!
荒崎方面から2羽が橋の北側を通って処理場の前の田んぼに降りた。

Img_0024

橋の南側を11羽が飛んできた。

7羽がいた付近に着陸?

Img_0036

センター前に4羽

合わせて25羽みたいです。
羽数の確認が難しいし数え間違えたかなあと思っていたら、帰宅後に監視員の方から25羽いたとの連絡をもらいました。
日に日に増殖してるような・・・

Img_9995

もう荒崎の監視所も撤去されます。
(今日撤去の予定と聞いていたのだけど、待ちきれなくて16時に帰宅しちゃった)

Img_9996

レンゲ真っ盛り

2009年3月30日 (月)

修復工事も終盤

Img_9910

曇っていてときおり小雨。寒いです!冬に戻ったみたい。

10時頃 観察センター前 10.8℃ 北東 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -6℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
           南南西 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 1℃
    北東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     東北東 3m/s
     視程 15km

Img_9906

東干拓には3羽。

Img_9908

そのお隣の田んぼに4羽いました。
東干拓のツルたちは家族連れが過ごしているのかしら?

Img_9911

センター前に16羽。ときおり人や車が近づいたりすると、じりじり歩いて離れていきます。安心だとわかるとかなり大胆。一度は飛んで西干拓方面へ移動していったけれど、すぐに戻って来ちゃいました。餌はとっても魅力的!

Img_9930

1羽だけぽつんと古浜の田んぼにいました。
草の穂をついばんでるみたい。他のツルと一緒にいて欲しいなあ。

Img_9956

修復工事が行われています。関係者以外は立ち入り禁止!

Img_9922

目かくし網の撤去作業も行われました。

Img_9921

ショベルカーにも慣れちゃった?
土手越しに工事を見守るツルたち。

2009年3月29日 (日)

ナベヅル4羽ようやく北帰行 周南・八代

ナベヅル4羽ようやく北帰行 周南・八代 山口新聞

周南市のツル4羽が、28日午前8時48分北帰行したとのこと。
出水から周南市に移送したツルは、21日1羽だけで飛び去っていたらしい。

移送したツルは1羽だけで北帰行できるものだろうか?その後の行方は確認できていないらしいけど、かなり心配です。

見つけづらいツルたち

Img_9887

相変わらず曇りの日が続きます。

9時50分頃 観察センター前 14.5℃ 北東 1.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 5℃ 最低気温 -7℃
         北北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     北東 2m/s
     視程 13km

Img_9879

東干拓を通っているとツルの集団を発見。11羽

Img_9880

+2羽

Img_9881

見ていたら2羽が飛び出し、10羽も後を追いかけるように飛んでいった。1羽だけ飛ばずにそのまま田んぼにぽつんと。

Img_9884

東干拓の西の端っこに集まっていたツルたち。19羽

Img_9885

センター前に移動してみると、4羽いました。
なんだかじっとしています。

Img_9892

10時半頃、東干拓にいたと思われる15羽のツルたちが飛んできたけれど、3羽と1羽が荒崎に降りずにそのまままた東干拓方面へと引き返していった。

ツルの合計24羽確認
だんだんと増えております・・・

Img_9897

センター前からは、農道の陰に隠れてほとんど見えないことも。

Img_9900

11時10分、東干拓でくつろぐツルたち。
やっぱり牧歌的な風景。なごみます。

朝はちょっと離れてぽつんといたツルも、他のツルと団体行動してるみたいに一緒にいてちょっと安心しましたよ。

ライブカメラで見たねぐら入り
17時50分 センター前東側にいた1羽が東干拓方面へ飛んで移動。
18時28分 センター前東側にいた2羽がセンターねぐらの奥の方の田んぼに移動。ここでお休みかな?

後の1羽は、夕方餌を食べていた場所の近くの用水路にはいった?様に見えたけどどうしただろう

2009年3月28日 (土)

花冷え

Img_9779

なんだか空気がとても冷たいです。
おまけに時々ぱらぱらと小雨が。体感温度は低し。

9時頃 観察センター前 12.9℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
         北東 11m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北北西 4m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
    北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     西北西 1m/s
     視程 18km

Img_9780

朝、東干拓に9羽。

Img_9791

なぜか古浜で1羽ぽつんといたナベヅル。
その後他のツルたちと合流したみたいで、あちこち車で動き回っているうちにここからツルの姿が消えた。

Img_9786

センターの東奥の方に何羽か。
土手で見通しが悪く、なかなか羽数の把握がままなりません。

おまけに今回のツルたちは、一日のうち何回かあちこちに移動します。それにしてもいると思われている羽数の半数近くしか確認できません。この悪い天気の中帰ったとはとても考えられないので、どこか安全な場所を見つけたのだろうとは思うのだけど・・・

今日のねぐら入りをライブカメラで見ていると、18時頃まで餌を撒かれている付近に10羽前後集まっていましたが、18時半東干拓方面?へ飛んでしまい荒崎のねぐら入りを見ることはできませんでした。暗くなってから荒崎に戻ってきているかもしれませんが・・・

3月いっぱいは工事をしているとはいえ、関係者以外は立ち入り禁止の休遊地内に車で入りツルを見ている方が。近寄って、途中からは車から外へ出て歩いてカメラ撮影されてました。3月末までは休遊地内は立ち入り禁止ですので、よろしくお願いします。

Img_9799

ツルのねぐらの水は工事の関係でもうほとんどありません。それでも今までずっと続いた雨で水はたまっているし、ぬかるんでいるんだそう。工事も大変そうです。

Img_9850

電線にもいろんな鳥が。

Img_9829

今日はあちこちでチョウゲンボウを見ました。

Img_8182

特攻碑公園の桜祭りに行ってきました。
雨がぱらぱらしてちょっと残念だったけど、やっぱり桜並木は豪華できれい!

2009年3月27日 (金)

てんてんの日々、始まりました

Img_9699

今日も晴れ!これから天気が下り坂・・・
本当に今年の北帰行は天候に悩まされてる気がする。

8時25分頃 観察センター前 12.0℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -10℃
         西北西 5m/s
         視程 1.1km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
           北 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 -2℃
    北西 3m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     西北西 3m/s
     視程 16km

Img_9700

朝着いたらセンター前に4羽!

Img_9697

東干拓に5羽!

数が全然足りません。もしかしてもう朝から北帰行しちゃったかと焦る!

Img_9702

9時08分ツル保護監視員のかたが蕨島小学校付近で残りのツルたちを見つけてくださった。そしてセンターの方へ団体でやって来た!

Img_9716

9時21分、32羽が北帰行を始めました。一時は渡りのカラスと混じっちゃって蕨島上空を旋回したりして、見ていて紛らわしかった。

Img_9726

荒崎にいるツルたちは餌に夢中。
センター前の農道は工事車両が頻繁に作業されているので、比較的工事が入らない東よりの農道に餌を撒かれているようです。

Img_9727

9時42分頃から本日第2陣の北帰行37羽。

Img_9736

上空を高く高く舞い上がっていきます。
昨日と同じで今日も荒崎で高度を上げているみたい。

Img_9757

11時57分頃、9羽帰還。
おつかれさま、帰ってきたんだね。

Img_9761

東干拓を通って帰ってみると、20羽!
いつの間に帰ってきたんだろう?

Img_9766

12時半頃、1羽戻ってくるのを発見。

本日の北帰行 59羽

今日の夕方までのツルの残数、ツル保護会で22羽確認されているらしいです。どこかにこっそり隠れてツルがいるね。

18時47分ライブカメラを見ていたら、ねぐらにツルたちが飛んできました。15~16羽?今日はちょっと遅めのねぐら入り。ねぐらはもう水を張っていない様に見えます。工事の関係かな?

これから天気は下り坂。転々とツルを見つけて回る日々、始まってしまいました。

2009年3月26日 (木)

今日も北帰行しました!

Img_9309

風は無く晴れ!これからちょっと風が出てくれば絶好の北帰行日和。

7時40分頃 観察センター前 10.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -15℃
         北北東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
    南 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     西南西 3m/s
     視程 10km

Img_9325

マナヅル1羽もいます。

Img_9334

8時半過ぎ、工事車両なんかも動き出して北帰行開始。

Img_9543

今日はセンター前付近でかなり高く上昇していきます。

Img_9546

一時はセンター前は空っぽ?

本日の北帰行 1840羽

Img_9547

何故かしら4羽が残ってしまいました。

Img_9568

10時40分過ぎ、出水へ帰って来たツルたちがそのまま東干拓方面へ向かった。

Img_9579

一緒にいたはずの3羽が東干拓方面へ飛んで1羽が残っちゃった。
お昼過ぎまで工事を避けながらうろうろして飛ぼうとしません。一時は奥の藪でちょっと一休み。首だけがぴょこぴょこみえていたり。

Img_9631

東干拓に降り立ったツルは、高尾野川近くの田んぼに密集。ちょっと重なっていてわかりづらかったけど、73羽?

Img_9648

東干拓のねぐら付近に1羽。何で離れてるかなあ・・・
その後、一時帰宅。

Img_9649

15時半頃東干拓に戻ってみると、なんだかツルが少なくなってる。50羽ちょっとしか数えられない。その後荒崎を見に行ってみると、工事が進んでいて先ほどナベヅルが1羽残っていた場所は工事の人が入っていた。姿が見えず、また東干拓へ。

Img_9661

東干拓でうろうろしてたら、ツルたちが鳴き出した。ふと上を見ると!
でも下にいるツルの羽数を数えていたら見失ってしまった。どこかに降りたの?

Img_9680

また見失うのが恐いのでそのまましばらくの間見ていたら、17時頃東西干拓橋の上空を17羽が旋回しているのを発見。そのまままた見失う。その直後、17時の夕焼け小焼けが辺りに鳴り響き終わるとツルたちが荒崎方面へ飛び出した。

Img_9686

でも残っちゃうツルも!

Img_9691

センターの駐車場前田んぼにナベヅル1羽。
1羽でいるとはぐれるよ!

もしかして去年残ったツルじゃないよね?

Img_9690

飛んできたツルたちはねぐら付近に集合。
安心して帰宅しました。他のツルたちも暗くなってここへやって来るかな?

家に帰ってライブカメラを見ると、18時25分頃10~20羽?ほどのツルたちが人のいなくなったセンター前農道に上がって餌を食べ始めていました。今日は餌をゆっくり食べることがなかったものね。18時46分頃ねぐら入り。

カナダヅルが飛来 県内で2例目の観察記録

カナダヅルが飛来 県内で2例目の観察記録  東海新報

2/8、岩手県陸前高田市気仙町の気仙川で、カナダヅルの成鳥1羽が飛来しているのを発見されていたらしい。3/10まで確認されていた模様。

確認されたカナダヅルは左翼の初列風切羽野市米が欠損していたことから、去年11月宮古に飛来した個体と判明。

かなり迷ったみたい。そして北帰行できたのだろうか?

渡り鳥の珍客ナベヅルが飛来

渡り鳥の珍客ナベヅルが飛来 新潟日報

23日、ナベヅル4羽が新潟市北区太夫浜周辺の水田で発見されたらしい。4羽家族なのだろうか?幼鳥成鳥などが記載されていないのでわかりませんが。

21日に出水から北帰行したツルが風にながされて新潟まで行ったのか?それとも大陸から渡ってきたんだろうか?

ナベヅル 北帰行滞在過去最長4ヶ月半

ナベヅル 北帰行滞在過去最長4ヶ月半 高知・四万十市 読売新聞

高知県四万十市に滞在していたナベヅル9羽が3/12に北帰行したらしい。無事に帰ったかな?

八代のナベヅル、北帰行せず

八代のナベヅル、北帰行せず 中国新聞

記録に残る中で過去もっとも遅い北帰行日になっても、まだ帰っていないとのこと。
その当日だけでなく前後の天気、上空の風や繁殖地の天候なども関係すると思うし、あせらず野生に任せて見守ってくれればと思います。

2009年3月25日 (水)

最大瞬間風速6m越

Img_9052

昨晩は雨が降った模様。朝から曇っていて寒い、そして風が強い!あまりの風の強さに行人岳には向かわず、センター付近でツル見。

7時40分頃 観察センター前 11.0℃ 北北西 5.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -17℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           南南西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
    南南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
     西北西 3m/s
     視程 12km

Img_9051

センター前農道の奥にも車両が。だんだんと保護区の内側へ工事の範囲が迫ってきてます。少し前まで道路上の餌を食べていたツルも飛び上がって避難。

Img_9085

突風にのってあそぶ。

10時半頃、一瞬の晴れ間と風が収まりそうになった瞬間たくさんのツルが上空を舞ってセンター前付近で高く上がっていったが、その後のあまりの風の強さに荒崎に降りたり場所移動したりして北帰行はなかった。北帰行したかっただろうに・・・

Img_9205

お昼前ぐらいからセンター前に近い場所に工事のかたがはいっていった。とたんにツルが空を舞う。保護区内はほぼからっぽ。

Img_9230

側溝の掃除をされていた。かなりの臭いが。

Img_9232

観察センター横の田んぼにかなりの数のツルたちが避難してきました。のんびり田んぼを掘り返してるツルもいるけど、半数近くのツルたちが緊張してるみたい。

Img_9259

東干拓の下水処理場近くにツルの集団。

Img_9263

東干拓の南側の人がほとんど入らない田んぼにもツルの集団が。

Img_9281

出水の特攻碑公園前の通りは、桜並木が見事です。

Img_9290

桜、満開。

2009年3月24日 (火)

行人岳行ってきました。

Img_8926

今日は晴れ!ちょっとかすんでいるのが気になるけれど、とっても良いお天気です。風も東から微風が吹いているくらいで、北帰行日和?

7時40分頃 観察センター前 14.8℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -17℃
         西南西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
           北 3m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -4℃
    北西 4m/s
    視程 14km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
     西 3m/s
     視程 18km

Img_8925

前の道路を車とスクーターが連続して何台か通っただけで飛び上がってしまったり、ぴりぴりした雰囲気が漂っています。

Img_8927

かと思えば道路上のツルはちょっと首をあげただけで何の反応もせず、またすぐにひたすら食べ続けた。

Img_8929

農道左手にいるツルたちは食べずに北帰行準備?羽づくろいに余念がない。

Img_8941

今日は行人岳に登ってきました。
初めて一人で運転していく行人岳は、いつまでたってもたどり着かない感じがして焦ります。実際は早めの到着で、ゆっくり準備ができました。

そして、9時17分頃からツルの姿が見え始めました。
風が強いみたいで、風に乗って飛んでいるときはツルのスピードが随分速い様に感じました。今日は風車側もマンダリンセンター側にも飛んでいるツルがいたので、駐車場を横断してあっちいったりこっちいったり。思ったよりも近くを通ったり、海の上を行くツルたちを下に眺めたりといったことが少なくて残念でしたが、行人岳からツルを見送れて幸せでした。

Img_8948

長島の段々畑の上を行く。
ナベヅルのみんな、無事に帰ってね。

本日の北帰行 2333羽

Img_8999

お昼頃、センター前に戻ってみるとツルが少ない!

Img_9000

しばらく見ていたら、ふっと山の方からナベヅルの群れがセンター前へやってきました。工事で避難してたのかな?それとも北帰行から戻ってきた?

Img_9013

足をケガしているマナヅルは残ってました。明日飛べるかなあ・・・

Img_9035

ツルが全然いないと思っていた東干拓で、家族連れをちらほら見かけることができた。
残りのツルは1000弱?

2009年3月23日 (月)

おそれつつも共存

Img_8651

朝からすっかり晴れているけれど、風が強い。
工事の影響によっては飛ぶかもと思ってたけれど、工事の進め方が外周りから始められていて今のところ残っているツルたちにはさほどの驚異は与えていない様子。

8時40分頃 観察センター前 16.1℃ 北西 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
           北北西 10m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -4℃
    北 4m/s
    視程 16km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     西北西 3m/s
     視程 13km

Img_8653

今日は帰らないことに決めたみたい。ほとんどのツルが朝から餌を食べています。今まで出水に残っているツルたちだから、慎重派とのんびりやが残っているんだろうな~。

Img_8666

土手かどんどんきれいになっていきます。

Img_8682

畦の草刈りに人も入ってきています。

Img_8749

ダンスしていたら子どもも一緒に踊り出した。

Img_8783

ときおりショベルカーとその音に驚いて大移動。

Img_8824

今日の北帰行はお休み。ありませんでした。

Img_8897

レンゲの中。

Img_8915

ナベヅルが遠くで餌を食べている姿を見ると、何故だか山羊とか牛とかがいる風景に似ているものを感じてしまう。好きです。

Img_8917

右側の傾斜している部分に寝てるマナヅル。
マナヅルはもう1羽だけみたいです。

2009年3月22日 (日)

真夜中は雷

Img_8609

昨日の夜から雨が降り始め、夜中には雷と豪雨、風がものすごかった。荒崎のツルたちはどうしていただろう?そして、飛んでいったツルたちはどの辺りまで飛んだだろうか?

昨日の北帰行情報を求めてあちこちのサイトを閲覧してみると、出水に帰ってきたツルたちは佐世保付近でUターンしてきているように思われます。そして対馬に800羽ほど降りた模様です。(参考サイト 野鳥通信…対馬から「今日の野鳥」 写真と無線

ソデグロ2羽は荒崎から行人岳まで10分強かかって飛んだようです。その後の情報はないみたい。それにしても、ソデグロ成鳥が出水にいたときには飛ぶ事は少なくて、飛ぶときは嫌々飛んでいるように見えるくらいである程度の距離ならどんどん歩いて移動!って感じだったので、本当に長距離飛べたんだなあ・・・となんだかほっとしました。

11時頃 観察センター前 18.5℃ 南東 2.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -15℃
         北 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 5℃ 最低気温 -7℃
           北 12m/s
           視程 0.5km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
    北 4m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 2℃
     西北西 4m/s
     視程 5km

Img_8608

今日は雨。ほとんど人気のないセンター周辺だった。こういうときは本当にツルたちが生き生きして見える。

Img_8613

雨も強いのに、どこからかたくさんのツルが保護区に移動。

Img_8618

一所懸命食べてます。たくさん食べて北帰行の体力つけなきゃね。

Img_8623

じっと雨に耐える。長靴がかなしい。

Img_8624

雨のせいでレンゲの田んぼを低く飛ぶ。

Img_8632

クロヅル幼鳥。雨に濡れて羽の色が分かりやすい。背中の方から羽が変わっていってるのだろうか?ちょっと赤みが取れてます。

Img_8637

日曜日だからか雨だからか、工事もお休みみたい。

Img_8640

土手が好き。

Img_8643

雨靄で少し先でもこんなにかすんでる。

2009年3月21日 (土)

バイバイ、ソデグロ

Img_8401

9時頃、観察センター前に着いたときにはたくさんのツルたちが北帰行を始めていた。
その中にはソデグロヅルもいたらしい・・・

天気は晴れ。しかしかなりの南風。強風注意報が出ていたようなので、時間遅くに飛ぶのではと思っていたら油断大敵!ソデグロの北帰行を見逃してしまいました。

9時頃 観察センター前 19.0℃ 南西 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -14℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
           南東 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 6℃
     西 1m/s
     視程 6km

Img_8406

雨掛山上空あたりに旋回中。この中にソデグロがいないかなあ・・・

今日は8時頃から北帰行が始まっていた模様。雨掛山付近から山を越えていくルートと、港方面へ行くルートだった。ソデグロヅル2羽はナベヅル1羽と共に8時50分頃飛んでいったらしい。

Img_8422

朝から餌に群がるツルたちも。ここの上にいるツルたちは帰る気ないのか?

Img_8429

奥の方には帰ろうと空を見上げる集団が。

Img_8465

大きな音に驚いて、それまで餌を食べていた農道上にいたツルたちが一斉に顔を上げた。幼鳥率高し??

Img_8508

地上では恋の駆け引き?ナベヅルがダンスしていたりして。

Img_8530

上空の高い高いところからツルたちが出水へ帰ってきました。
おつかれさま。どこまで行って引き返してきたの?

かなりのツルたちが飛んでいったけれど帰ってくるツルも多く、一時は飛んでいくツルと帰ってくるツルがいっぺんにたくさん離着陸していました。北帰行も一段落して完全に見えなくなって時間がたってからも帰ってくるツルが。12時過ぎて帰ってくるツルもいて、羽数調査をしていらしたツル監視員さんも大変そうでしたよ。

北帰行出水発 6047羽 出水帰還 2546羽

本日の北帰行 3501羽(うち、マナヅル 2羽 クロヅル 2羽 ソデグロヅル 2羽)

Img_8589

足環のナベヅルがまだ残っていた。汚れていてわかりづらいのだけど、K80?

Img_8595

一度、飛んだところを見たけれど帰ってきてしまったマナヅル。いろいろ辺りを探して回ったけれど、マナヅルはこの1羽だけしか確認することができなかった。

足の四つ股に分かれている少し上の部分が折れているみたいで、コブのようになっている。歩くときもちょっとひきずったような歩き方。

Img_8601

首コブナベヅルもまだ残っています。
そして、ソリハシセイタカシギ2羽も相変わらずツルのねぐら付近にいます。
ちょっぴり探しづらいけれど・・・

2009年3月20日 (金)

雨のち晴れ、中の市

Img_8204

朝方、雨が降っていてずいぶんと霧深いようだった。だんだん青空が広がってきたけれど、すごい強風!

工事も始まっていたけれど、随分奥の方で小型のショベルカーが動いていた。奥の方にいたツルたちは、みんなセンター前の近い場所辺りに集合。

8時40分頃 観察センター前 17.6℃ 東北東 2.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -18℃
         西南西 8m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
     北東 4m/s
     視程 18km

Img_8232

昨日ライブカメラでねぐらに入って行くところを見たのだけど、違うところでお休み中。朝方飛んで一休みかな?

最初にねぐらに入っていったのは幼鳥で成鳥は後ろをてくてくついて行っていたのだけど、2羽ともねぐらの真ん中付近で止まって落ち着こうとしていた。幼鳥が場所が気に入らなかったみたいで、そのまま次の田んぼまで農道を乗り越え後ろを振り向きもせず歩いていったら、成鳥もちょっと慌てて幼鳥の後についていった。ねぐらについては主導権は幼鳥?

Img_8284

座り込んだツルにちょっかい出してる。羽づくろいのつもりか、いじめか。

Img_8211

風に乗って遊んでます。威嚇しないで

Img_8339

農道に上がって餌を食べていたけれど、そのうち幼鳥が移動したくなったみたいできょろきょろし出した。

Img_8384

11時14分歩き出しました。いつもみたいに田んぼ半分歩いて

Img_8386

飛び出しました。

Img_8392

幼鳥はセンター前農道の右側、マナヅルの近くに着陸。

Img_8394

成鳥はセンター前農道の左側に着陸。

Img_8397

幼鳥が成長の元に向かえに行って、2羽で農道の方へ歩き出しました。主従関係がしっかりしてる2羽だなあ・・・

今日の北帰行はナシ。
明日も晴れの予報!たくさんのツルが帰るのを期待してます。

Img_8165

高尾野町の中の市に行って、おそばを食べてきましたよ。椎茸嫌いのダンナは売り場のおばちゃんに、椎茸のけてもらって代わりに棒天を入れてもらってました。ずるい~

2009年3月19日 (木)

3月もあと10日余り

Img_7966

今日は曇り。妙に蒸し暑い。これから雨が降るとの予報。晴れが続いてくれないとツルが北帰行してくれないのだけれど・・・

もう3月も10日余り。そろそろ荒崎の休遊地の返還に向けて重機が休遊地内に入り工事が始まります。その前にツルたちが帰ってくれると良いなあ。

9時半頃 観察センター前 19.0℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -15℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -8℃
           北 15m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
    南南西 3m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 6℃
     南西 3m/s
     視程 8km

Img_8005

今日は天気が崩れるとの予報が出ていて、朝から人出も少ない。道路にツルたちがへいきでうろうろ。

Img_8083

センター前からツルを見ていたのだけど、ソデグロヅルが見つからない。いつもより遅く着いたので、いつもならこの時間にはもうセンター前農道上にいると探すけれどおらず焦る。どうしても見つからないのでもしかして昨日昼から北帰行しちゃった?とびっくりして北帰行の羽数調査をしているところへ聞きに行ってみようと車を出すと、一本西の農道下に2羽いてすぐに農道まで上がってきました。

Img_8098

それからちょっとだけ飛んでセンター前農道のマナヅルの元へ。

Img_8107

それから昼近くまでねぐらで水を飲んだり、またセンター前農道の奥の方にいたりしてました。今日はここ最近していた北帰行練習もなく、朝からイレギュラーな行動。ちょっとだけ雨もぱらついたし、のんびりムードでした。

本日の北帰行なし。

Img_8129

羽づくろい中。ちょっと興奮して頭が赤くなっています。
赤くなっている部分も、真ん中に黒い線がうっすらとみえる。

Img_7968

首の後ろの皮がぱっくり。ケンカで傷ついたんだろうか・・・

Img_8137

ここ半年で土手はツルにつつかれて無惨な姿に。

Img_8195

東干拓はもうこんなふうに土手を工事していました。
修復終わってるんだからこわしちゃだめだよ!

Img_8176

荒崎のツルのねぐらにソリハシセイタカシギが2羽!いるとツル監視員のIさんに教えていただきました。ツル監視員Tさんが発見したんだそう。昨日、ツル見でよくご一緒するIさんが、ソリハシセイタカシギ2羽を蕨島小学校の裏手の河口辺りで見たと写真を見せてくださったので、早速見に行ってみたのだけれど全然見つからずがっかりしていたところだった。その2羽が今日ねぐらに移動してきたのかな?

2009年3月18日 (水)

天気下り坂

Img_7650

曇ってます。飛ぶかなあ・・・

9時頃 観察センター前 15.8℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -9℃
         北 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
           西南西 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 6℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 6℃
     南南西 4m/s
     視程 12km

Img_7648

8時50分頃、観察センター前の一本西の農道にソデグロヅル2羽。なんだかきょろきょろしてます。

Img_7656

9時頃、何かに驚いてツルたちが一斉に飛び始めました。その中にはソデグロヅル2羽も。

Img_7860

9時半ごろ、センター前農道の左奥の田んぼにいたマナヅル5羽が、いつの間にか農道上に。そこへソデグロヅルたちも寄っていきます。やっぱり北帰行の報告してるのかな・・・

Img_7883

10時40分過ぎ、ソデグロヅルがねぐらの中でそわそわし出しました。

Img_7890

蕨島上空を飛んでいるナベヅルたちも何羽か。
随分長い間旋回しています。

Img_7904

11時01分ソデグロヅル2羽飛び立ちました!

Img_7923

ナベヅル4羽とともに蕨島上空高いところを飛んでいたけれど。

Img_7936

帰ってきました!今日で4回目の北帰行チャレンジ、今回は8分ほどの飛行。練習しすぎで体力消耗しないのかな?

何羽かのツルたちが飛び出して蕨島上空付近を旋回していたけれど、ほとんどすべてのツルが帰ってきているようでした。

本日の北帰行 なし

Img_7870

レンゲの上を飛ぶツルを撮りたい。

2009年3月17日 (火)

黄砂と地震

Img_7200

今朝は暖かく無風状態。6時47分頃、出水で震度1の地震があったけれどツルたちは平然としていたらしい。黄砂も降ってます。朝鮮半島はかなり視界が悪いみたい。ツルたちもあまりざわざわした飛びたそうな雰囲気は感じられなかった。のんびりムードです。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -10℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -4℃
           北北西 2m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 4℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 4℃
     東北東 2m/s
     視程 1.1km

Img_7206

今朝9時過ぎ頃にはセンター前一本西の農道上。食べてます。

Img_7312

9時半頃ねぐらまでちょっとだけ飛んで羽づくろい。

Img_7355

10時にどこかでイベントが合っているらしく、花火の音がけたたましく鳴った。ツルたちも一斉に警戒。そわそわし出したのもその頃からだったと思う。10時27分頃ツルが港方面へ向けて飛び出した。

Img_7393

ツルが飛び出し始めた頃、ソデグロヅル2羽はセンター前農道へ移動。またマナヅルと一緒のところにいます。挨拶かな?その後土手に降りて水を飲んだり。

Img_7421

何分もしないうちにナベヅルたちが帰って来ていたが、ソデグロヅル2羽は昨日と同じパターンで行動。11時8分頃、ねぐらまで歩いて移動。

Img_7423

何度か2羽が鳴き交わし、11時10分ねぐらから離陸。
ナベヅルが跳び終えて一番最後にソデグロヅルが飛翔。

Img_7447

荒崎上空を何度か旋回。

Img_7529

11時15分着陸。
本日の北帰行は跳んだ全てのナベヅル、ソデグロヅルが帰ってきてしまって0羽。

Img_7559

マナヅルもまだ残っています。今朝、7羽確認された方がいるらしい。

Img_7556

まだ帰っていなかったK80ファミリー

Img_7596

関節部分にコブができているツル発見。コブ部分から何かの液体が出ているように見える。

Img_7641

ナベクロファミリー。生まれた子どもはナベ×ナベクロ
こうやってどんどん血が混じってわからなくなっていく。

2009年3月16日 (月)

今日も飛んでみる!

Img_6732

ソデグロヅルの北帰行を見逃したくない!と早めに荒崎へ。
お天気は最高!

9時頃 観察センター前 12.1℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -12℃
         西南西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -4℃
           北 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
     南南西 4m/s
     視程 5km

Img_6758

9時40分頃、雨掛山辺りを飛んでいるツル発見。そうしたら次々と後続が。

Img_6830

9時頃はねぐらの奥の方でソデグロヅル2羽発見。それからセンター前農道へ移動してマナヅル1羽?の近くでうろうろ。

そうこうしてる間も続々とナベヅルは港方面へ飛んで北帰行していきます。上空は西風が強いのか、少しづつ蕨島の右端の方へナベヅルたちが流されていっていました。この頃からか、センター前でも強い西風が吹き始めていました。

10時過ぎ、センター前農道を左におりて昨日北帰行へと飛んだねぐらの奥の田んぼへ歩いていきました。それからちょっとの間、念入りに羽づくろい。

10時16分、ソデグロが互いに向き合いアイコンタクト?を何度かかわし、すぐ奥の農道上へ上がりました。

Img_6840

農道に上がってすぐ、飛行姿勢をとって10時22分離陸!辺りを何度か旋回した後、蕨島方面へまっすぐ飛んでいきました。蕨島上空でちょっと旋回していたけれど、すぐにわからなくなってしまった。(ツル保護会の監視員の方から蕨島上空でナベヅル集団と一緒に飛んでいたとその後、教えていただきました)

昨日に比べてあまりにもあっけなく北帰行して見えなくなってしまって、寂しいのとがんばって帰って!って思いとやっと帰ってくれたかという安堵の気持ちとない交ぜになって呆然としてしまいましたよ・・・

Img_6872

10時41分、観察センター前のかなり上空にいるソデグロヅル2羽を見つける!
「ソデグロ帰ってきてる!」私のあまりの大声にセンター前にいたナベヅルたちが驚いてちょっと殺気立つ・・・

Img_6888

飛び立ったところとほぼ同じ場所へ10時45分着陸。おかえり

Img_6900

その後、10分ほどしてセンター前農道のマナヅルのところへ。
マナヅルへ報告してるの?

本日の北帰行 ナベヅル 465羽

Img_6954

その後、ソデグロ成鳥がてくてく歩いてねぐらの中へ入って水を飲んだり。その後、幼鳥も同じ場所へ移動してきて羽づくろい。そこへマナヅル1羽が通りがかったりしていましたよ。やっぱりマナヅルと親交が深い?

Img_6993

11時40分にはいつのまにか、またセンター前農道へ。マナヅルの近く。

Img_7013

そしてどんどん前へ近づいてきてくれます。

Img_7070

平日にしては多めの観光客の皆さんを前にポーズ?

Img_7126

ソデグロ成鳥はくつろぎすぎて座り込みました。ツルを見に来た人たちも見つけにくくなっちゃうって!そしてナベヅルにけんかをふっかけられてました。容赦ないナベヅル幼鳥。その後、仕方なく立ち上がってましたよ。

Img_7166

しばらくしてソデグロ幼鳥は1羽でねぐらへ移動して羽づくろい。

Img_6944

羽づくろいしてあげる

Img_6948

気持ちいい?それとも痛くて?
頭がだんだん地面にぺったり。なすがままにされてましたよ。

そのうちに羽づくろいしてるのが飽きたのか仲間に呼ばれたのか、羽づくろいしていたナベヅルは飛んでいってしまいました。

Img_6958

足こぶナベヅル。
この部位にこぶができているツルは今期初めて見るような。

Img_7180

レンゲもかなり茂ってきた。座り込んじゃって胴体も埋もれてます。

Img_7179

観察センターも今日から休館。
「当センターは三月十五日を持ちまして閉館いたしました。来期十一月のご来館をお待ちしております。出水市」との張り紙。

2009年3月15日 (日)

ソデグロ北帰行予行練習

Img_6345

昨日雨降ったからなあとゆっくり目に荒崎へ行ってみたら、もう北帰行始まってました!

9時半頃 観察センター前 14.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -14℃
         西南西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           西南西 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 1℃
    南南東 3m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 1℃
     北東 2m/s
     視程 16km

Img_6312

ソデグロヅルは観察センター前の一本西の農道上。
食べてるように見える・・・帰る気ナシか?と思われた。

Img_6325

ソデグロヅルの近くにカナダヅルをやっとの事で1羽見つける。他の2羽を東干拓にもいないし、センター前でも見つけきれない。もしかして・・・

Img_6333

10時近く、ソデグロヅルがもぞもぞし始める。主に幼鳥が飛びたがっているように見えた。なかなか成鳥が飛ぼうとしないみたいで、首をぐっと下げる飛行前の姿勢をしたり止めたりを繰り返していた。

Img_6365

結局、田んぼ半分くらい歩いてその後低~く飛び、センター前農道へやって来た。餌目当てかなと思ってみていたのだけど、そんなに食べず羽づくろいをしたり空を見上げたり。時々幼鳥と成鳥が交互に鳴いているかのようにクチバシを動かしていた。何かしら話し合いがあったのだろうか?

Img_6478

その後、歩いてねぐら付近まで移動。ディスプレイをしていたりしたマナヅルのグループに混じっていった。

Img_6489

その付近にいるマナヅルたちが、空を気にしたりダンスをしたり羽ばたきをしたりし始めた。幼鳥もこれから何をするのかわかっているのだろうか?

Img_6503

マナヅルが横一列に広がり始めた。

Img_6508

首を下げて、助走を始め飛んだ!

Img_6519

飛んだ辺りの上空を何度か旋回した後、雨掛山方面でも何度も旋回を繰り返しながら高度を上げていく行動にみえたけれどマナヅルがなかなか上昇しない。できない?

Img_6603

そのうち一緒に飛んだマナヅルたちが荒崎方面へ降りるような飛び方をし始めた。

Img_6654

マナヅルと分かれた後、アンテナ方面へソデグロヅル2羽だけで飛んで行こうとして笠山の上空あたり高いところまで高度を上げるけれどその後、すぐに荒崎まで一直線に帰ってきてしまった。視界が悪いとの判断?それとも風?

Img_6678

降りてくるのは成鳥が先。

Img_6684

飛び過ぎちゃった幼鳥は、降りてすぐ成鳥を探すような仕草をして成鳥の元へ一直線。その後、ちょっと離れたところで羽づくろいをしたり水を飲んだりしてました。
11時12分頃から20分ぐらいまで、約8分の北帰行チャレンジでした。

今日は朝9時頃から北帰行が始まっていた模様。
本日の北帰行(11時50分現在) 1294羽 (マナヅル49羽 ナベヅル1245羽)

その後は、荒崎上空ほぼツルが飛んでいない状況だったのでカナダヅルを探して場所移動。もしかしたら後続がいたかもしれません。

今日は朝早い段階でカナダ1羽を見つけるけれど、他の2羽が見つかりません。そしてあっという間に1羽も見失って、それ以降見つけきれませんでした。昼近くになって東干拓を見たけれど、いつもの場所にもおらず他の場所にも見つけきれませんでした。昨日も飛んだ2羽だからもしかして朝早い段階で飛んでしまっていたのかもとの考えが頭から離れない。そして一時期集団で北帰行へと飛んでいくナベヅルたちがかなりいたので、その中にカナダ1羽も混じってしまえばソデグロも追いかけていたので見つけきれなかったと思う。明日、またカナダ探ししなきゃ。

Img_6697

マナヅルは後何羽かなあ・・・

Img_6712

東干拓でヒレンジャクの集団をツレが見つける。カメラのレンズを向けると茂みの奥へ飛んでいってしまった。

Img_6717

そろそろ桜の季節かなと高川ダムへ行ってきました。
場所によって1分咲き。
いろんな鳥の声が聞こえたけれど、森の中ではなかなか姿を拝むことはできない。難しい・・・

2009年3月14日 (土)

雨のち曇り

Img_6242

朝はすごい雨風。午後に近づくにつれ弱まって、昼過ぎには晴れてきました。

11時頃 観察センター前 9.5℃ 北東 3.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
         北 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -13℃
           北北西 12m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -4℃
    北西 5m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     西北西 6m/s
     視程 15km

Img_6244

ちょうどぱらついていた雨もほとんどやんだころ。羽づくろいもしなくちゃね。

Img_6247

センター前農道の一本西の農道のすぐ右側にソデグロヅル成鳥。

Img_6248

センター前農道の右側にソデグロ幼鳥が。

Img_6254

観察センター前の農道の左側にカナダヅル2羽。

Img_6234

東干拓のナベヅル家族にひっついてカナダヅル1羽。

Img_6258

羽づくろいや体のお手入れに一所懸命です。
足のお手入れに泥なんかをくちばしでこそげてる?

Img_6281

びゅ~っと突風が吹いたらその風に乗って遊ぶ。

2009年3月13日 (金)

春二番かな?

Img_6181

雨です!昨晩はものすごい風が吹いていて窓ガラスをがたがた言わせていた。朝になって風は少し弱まってるものの、雨は降り続いている。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
         西南西 11m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
           南東 6m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -3℃
    北 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -1℃
     北東 2m/s
     視程 8km

Img_6183

ナベクロヅルも雨に濡れてしっとり。
羽も足もくちばしもきれいになってます。

Img_6199

ソデグロヅルも羽づくろい中

Img_6189

センター前の奥の方の田んぼにカナダヅル1羽が単独で行動中。

Img_6215

明らかに北帰行がない日は朝から東干拓で行動なのだろうか?カナダヅルが2羽、ナベヅルの家族と一緒に餌を探していた。

Img_6204

田んぼも水がたまっちゃうね。

Img_6202

雨で羽もぺったり

ホオジロカンムリヅル

昨日ツルを見にいらした関東の方から、手賀沼にホオジロカンムリヅルがいるとのお話を伺いました。調べると、去年の新聞記事が見つかったので貼っておきます。

千葉・手賀沼 田んぼに飛来『アフリカ系』 ホオジロカンムリヅル
東京新聞 2008 11/10 夕刊

検索に引っかかってきた別件?
放浪中?熊倉寛晃君が撮影 ホオジロカンムリヅル 下麻生町の田んぼで
滋賀報知新聞 2008 10/12

2009年3月12日 (木)

カナダヅルも

Img_5743

9時半頃観察センターに着いたら、もう北帰行が始まっていました。

9時半頃 観察センター前 11.0℃ 北 2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -14℃
         南 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
    南東 2m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 2℃
     北東 2m/s
     視程 17km

Img_5745

ねぐらの奥の方の田んぼでは、北帰行したそうなツルたちが頭を上げて北を向く。

Img_5749

朝からソデグロヅル精力的に食べてます。
本当に最後まで残っちゃいそうだなあ~。

Img_5767

今日は上空はちょっと風があるのか荒崎まで流されるツルたちもいたけれど、雨掛山の辺りかアンテナのあたりで山を越えるグループと港方面へ向かうグループが北帰行していった。

本日の北帰行 385羽 (マナヅル28羽 ナベヅル356羽 カナダヅル1羽)

Img_5758

ナベヅル集団の中に1羽カナダヅル。そのまま北へ帰って行きました。

Img_5778

2羽のカナダヅルが北帰行をあきらめて帰還。もう1羽はなにしてる?

Img_5859

長靴を投げ入れたの誰~?
クロヅル幼鳥がつつきまくったり、ちょっとつかんでみたりして遊んでました。

Img_5896

田んぼの土手は座り込みのツルたちに人気。

Img_5913

ツル密集地帯で座っていると、立てってつつかれます。
ちょっと足が悪いナベヅルだったけど、その後立って羽づくろい。

Img_5937

ソデグロヅルもちょっと春を感じたかしら?2羽でダンス。

Img_5879

もう春ですねえ~。

Img_5987

クロヅル幼鳥がカラスにちょっかい出されてた。

Img_6039

ナベヅル幼鳥同士ケンカ。血気盛んで恐いもの知らず同士です。

Img_6126

マナヅルのダンスの一シーン。
かなり長い間あちこちを移動しながら2羽で踊ってました。

2009年3月11日 (水)

曇り空

Img_5661

曇りかな?霞がかなり強いです。

9時50分頃 観察センター前 12.7℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -16℃
         西北西  3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
    南 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
     西北西 3m/s
     視程 16km

Img_5665

ナベばかり~

Img_5671

ソデグロヅルは一本西の農道上。マナヅルに囲まれててケンカするか?と固唾をのんで見守るが、そんなこともなくひょうひょうとしていた。

Img_5668

センター前奥の方にカナダヅル2羽発見。

Img_5686

まだ眠たいよ~。あまり北帰行する雰囲気は感じられなかった。

Img_5718

ちょっと晴れ間も出てきだした11時前になって、飛び出していくツルを見る。港の辺りで旋回して帰ってきてしまった。山の方へ飛んでいったツルはどんどん荒崎の方へ流されて、それも全て帰ってきたようだった。今日飛んだのは、ほとんどがナベヅル。マナヅルは1羽しか見つけられなかった。今残っているマナヅルは冷静なツルばかり?

本日の北帰行はナシ。

Img_5716

ソデグロ成鳥はまたまたすわりこみ。
隣に立ってるのは3羽目のカナダヅル?

Img_5735

お昼頃、東干拓でナベヅル親子と行動を共にするカナダヅル1羽を発見。これが4羽目なのか?道に近い場所にいて、車を止めたら鳴いて威嚇された。ビデオを用意する暇もなく、音を取れず残念!ナベヅルよりもちょっとだけ高い声だった。体が小さいからかな?楽器と一緒で構造が一緒だと小さいほど高くなるとかそういうことなんだろうか?

2009年3月10日 (火)

ナベヅルも北帰行本格化

Img_5379

晴れ!でもあたりはかすんでいます。

9時半頃 観察センター前 11.8℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
         南西 3m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -14℃
           北西 8m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
    北西 3m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     西北西 4m/s
     視程 12km

Img_5417

センター前一本西の農道上にソデグロヅル2羽。食べてます。帰る気なさそう・・・

Img_5415

カナダヅル1羽をセンター前で確認。他の3羽が見つからない。一緒にいてくれなきゃ!

Img_5426

センター前に着いた9時半頃にはもう北帰行は始まっていた。笠山方面へも飛んでいたけれど、港方面へ飛ぶツルが多かったように思う。

たくさん飛んだけれど、帰ってくるツルも多数。
もう残りのマナヅルがかなり少ない。

本日の北帰行 311羽 (うちマナヅル84)

Img_5425

北帰行したいクロヅル。飛ぶ姿勢にはいるけれど、ツレが飛ばないといっているのかなかなか飛べずにいた。(もしかしてナベクロの親?)何度も飛ぶ姿勢をするけど飛ばずに羽づくろいしたりなんかして。やっと飛んだと思ったら1羽だけで飛ぶのがいやだったのか、辺りを旋回してまた同じところに降りた。

Img_5487

ときおりソデクロ成鳥は座り込み。

Img_5573

昼過ぎからねぐらに水浴びにくるツルが大勢。ここでも縄張りを主張して小競り合いが起こっていた。

Img_5619

田んぼに水がたまっているみたいで、あちこちで水浴びを目撃。

Img_5629

カラスのケンカ?激しいです!

Img_5633

地面に降りてもすごい。

2009年3月 9日 (月)

トビのプレゼント

Img_5263

朝から小雨が降り続く。

10時30分頃 観察センター前 13.2 ℃ 北北西 1m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -14℃
         東南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           南東 7m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
    南南西 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     西北西 1m/s
     視程 18km

Img_5272

センター前はツルとトビでごった返し。

Img_5278

小雨が降り続いていたからか入念に羽づくろい。

Img_5297

突風が吹くとダンス!

Img_5280

センター一本東の農道上にソデグロ成鳥。マナヅル相手にディスプレイ・・・近くで見たかったよ!

Img_5306

マナヅルはそのまま動かずに餌を食べていたからそれが気に障ったのか、威嚇して追い出しちゃった。幼鳥も農道の上に出てきてましたよ。

Img_5320

風が当たらない場所にあつまってるのかなあ・・・

Img_5345

春の雨でレンゲが一気に咲いてきてます。もっと咲いて!

Img_5369

東干拓でカナダヅルが3羽。もう1羽をセンター前で探していたけれど見つからず。カナダヅルは群集に紛れると全然見つけきれない。1羽は単独行動してたら北帰行も別になりそうな・・・

窓を開けてツルを見ていたら、すごくくさいにおいでたまらなくなった。においの元をたどると、車内!なんだかわからない赤いものがドアの内側にべったり。ティッシュで拭き取るけれどまだ臭う・・・ふと助手席の床に落ちている固まりを発見。

魚!!!

センター前でトビにプレゼントされた!?

今の時期、北帰行のために小魚を撒いてます。それをねらってトビやカラスも群がっていて、空中ではトビが魚を奪い合っていたりするのだけれど、そのおこぼれが私の車の中に落ちたんじゃないのかな・・・

家に帰って泣きながら雨の中洗車しました。ぐすん
ファブリーズしてみたけれど、臭い取れてればいいなあ・・・

2009年3月 8日 (日)

憂鬱な雨

Img_5221

小雨が降ったり止んだり、曇ってます。せっかくの休日だというのに!

11時50分頃 観察センター前 14.8℃ 北北東 0.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -16℃
         西南西 10m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
           北北東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 15km

Img_5223

センター前は割に飛んでいるツルたちも少なく、ときおり降る小雨をしのぎつつ羽づくろいや昼寝。

Img_5214

東干拓の下水処理場前にカナダヅル3羽がナベヅルと共に行動。ときおり鳴きあいしているナベヅルに離れないように、あとについて回っていた。

Img_5225

センター前農道のちょっと奥の方にカナダヅル1羽。単独行動中。

Img_5222

センター前農道の一本西の農道上にソデグロヅル2羽

Img_5237

伸びっ!

Img_5146

今日は時間がちょっと遅かったせいか、引き潮だったせいか寝てました。ソリハシセイタカシギ。

Img_5202

ちょうど東干拓の貯水池?にいるときに敬愛なるT先生から電話。この今見ている池にハジロカイツブリが2羽いるらしい。「今、池にいます」といったものの、どれかすぐに特定できない私。今日に限って図鑑を持ってきていない。先生に特徴を聞くけどとにかく遠い。羽白って名前が付いてるけどどこが白いんだ?と思いつつそれらしき鳥を見つけた。帰って図鑑を見ると、腹から下が白いらしい・・・そこは普通見えてないって。

2009年3月 7日 (土)

恋の季節

Img_4688

今日は晴れ!天気が良いのでびっくりして慌てて観察センターへ来ましたよ。しかし風が強かったせいか、北帰行はナシ。

9時50分頃 観察センター前 11.4℃ 北西 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -14℃
         西 4m/s
         視程 1.2km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           南南西 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 -1℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     北北東 1m/s
     視程 16km

Img_4689

ソデグロヅルはそろってセンター前一本西の農道上。

Img_4788

カナダヅルがセンター前農道の右奥に2羽確認。他はわかりません・・・

Img_4761

足が悪いみたいでよく座っているナベヅルにカラスがちょっかい。ナベヅルがくちばしでつつく仕草をして追い払っていましたよ。

Img_4809

幼鳥がもじもじしてるなと思っていたら、飛んでセンター前へ移動。

Img_4869

後を追っかけるように成鳥も同じ場所へ飛んできた。

Img_4894

天気が良かったせいかレンゲがどんどん咲いてきてます。

Img_5099

お昼過ぎ、東干拓にてカナダヅル2羽。他の2羽はどうした?

Img_5006

ソリハシセイタカシギいました!私が見つけきれなかっただけらしい・・・コハクチョウとヒシクイは全く見あたりません。帰ってしまったのかも。

Img_5122

観察センター前のツルのねぐらでヘラサギが互いを羽づくろいしてる?

Img_5036

東干拓のトラクターのいなくなった田んぼで。
シギ類はよくわかりません・・・

Img_5091

東干拓でハヤブサが飛び回っていた。餌を追い求めて飛んでたんだろうか?

2009年3月 6日 (金)

落ち着きません

Img_4354

朝のうち雨も降って寒いです。ツルを見ているうち、だんだん風も吹いてきました。

9時50分頃 観察センター前 15.5℃ 北西 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -8℃
         南南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           南東 15m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -4℃
    北北西 6m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
     西北西 4m/s
     視程 5km

Img_4375

センター前農道の前の方にソデグロ2羽。しばらく成鳥の方が食べてたけれど、幼鳥はそれを見守るかのように隣にでんと立ってじっとしていました。成鳥が食べ終わったあと、ようやく幼鳥が水を飲み始めていました。

Img_4451

そうしたら成鳥がいきなり飛んで、センター横の田んぼへ。この場所に飛ぶのを見るのは初めてかなあ。

Img_4490

その後、水を飲み終えた幼鳥が飛んだ。同じ場所に行くだろうかと思ってみていたら、センター前の一本西の農道へ移動。いつものパターンだと思ったのだろうか?ちょっと探しているそぶりをしていたけれど、そのうち羽づくろいをし始めた。

Img_4583

40分ほど餌を食べたり辺りをうろうろ歩いていたけれど、センター前の農道へ飛んで移動。寂しくなったかな?

Img_4527

羽づくろい、ていねいにていねいに

Img_4460

雨や寒い日は人影まばらなせいか、道路上にツルたちが

Img_4656

東干拓のいつもの場所でカナダ4羽を見る。昨日はトラクターが入っていたからセンターの方で過ごしていたのだろうか?今日はトラクターも動いてなくて人気がなかったせいか、この場所でゆっくりと過ごしていた様子。このあと風に乗ってダンスも披露してくれました。

Img_4638

1羽だけ離れて行動。北帰行は一緒にするのかなあ・・・

Img_4353

今朝、東干拓に入っていくと小麦を入れてあった小屋が撤去されている最中でした。

今日もソリハシセイタカシギ、コハクチョウ、ヒシクイを確認できず。

2009年3月 5日 (木)

Img_4286

朝のうちかろうじて曇り。昼から雨。風が冷たいです。

9時50分頃 観察センター前 13.8℃ 北東 0.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
         南東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           南東 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 2m/s
     視程 4km

Img_4288

観察センターの一本西の農道上にソデグロ2羽。
ず~っと食べてます。お昼前飛びたそうな感じに見えたけれど、結局飛ばず。その後どうしたかな?

Img_4317

カナダヅルをセンター前農道左側で発見。3羽!
わかりづらいですけど羽広げてるカナダヅルの前に1羽います。

Img_4294

センター前農道右側に1羽。
団体行動しなさいって!見つけるの大変なんだから~

Img_4301

ナベクロかなあ・・・ナベヅルと同じポーズしてます。クロヅルもディスプレイはナベヅルと同じなのかしら?

Img_4342

むくむく

Img_4344

朝から昼寝組多し。

Img_4345

レンゲもっと咲かないかなあ・・・

Img_4348

菜の花に囲まれて。

見つけ方が悪いのか、昨日まで東干拓付近にいたソリハシセイタカシギ・コハクチョウ・ヒシクイを確認できず。明日見つけられたらいいなあ・・・

マナヅル140羽飛来 伊万里市の長浜干拓地 過去最多

マナヅル140羽飛来 伊万里市の長浜干拓地 過去最多 西日本新聞

3日、伊万里市長浜干拓にマナヅル140羽、ナベヅル2羽、カナダヅル4羽の飛来が確認されたらしい。3/4現在、滞在しているらしい。

カナダ4羽!1日に飛び立ったカナダヅル4羽いったいどういうルートで飛んでいるのでしょうか?

マナヅル70羽 玄海町で羽休め

マナヅル70羽 玄海町で羽休め  佐賀新聞

3日に東松浦郡玄海町長倉や有浦上地区へ約70羽のマナヅルが飛来。昼頃には旅立ったらしい。

2009年3月 4日 (水)

カモはむづかしい・・・

Img_4036

朝のうち、小雨が降ったり止んだり。昼からはときおり青空も出て晴れてきました。

9時50分頃 観察センター前 11.6℃ 北東 0.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -15℃
         西 4m/s
         視程 2km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           0m/s
           視程 0.5km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -2℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     北東 2m/s
     視程 7km

Img_4083

ソデグロヅルたちは今日も食べて歩いて!

Img_4054

雨でぬかるんだ斜面は滑ります。

Img_4073

こんなカッコで足のお手入れ。くちばしで泥を取っていたみたいに見えたけど・・・

Img_4146

ここをくぐりますよ。

Img_4160

トビに驚かされて魚が口からポロリ。

Img_4219

クローバーの花食べてた。

Img_4235

カナダヅル4羽、一緒に行動中。鳴き声を録音したいのだけれどなかなか鳴きません。

Img_4270

カナダヅルを見終わって移動していたら、堤防のところに車と三脚の列。ソリハシセイタカシギがいるのかなと行ってみたらやっぱりいました。朝は探しきれなかったけれど、やっぱり河口にいたんだな。ずっと見てたらカラスに追われたりして飛んだけれど、だいたいじっとしているか、餌をさがしていたみたい。そのうちにヘラサギもやってきて一緒に採餌行動。

Img_4253_2

ソリハシセイタカシギが対岸の遠い場所に行ってしまったので、キンクロハジロを撮りに池へ向かう。足あげて羽づくろいするのをおもしろがって撮って満足して?またソリハシセイタカシギが見える場所へ。その後、敬愛なるT先生とお話ししていたら「アカハジロもいたでしょ?」とおっしゃる。・・・気づいてませんでした。撮った中に写ってるかなあと思ったけどわかりません。とほほ。明日また見に行ってみよう。

2009年3月 3日 (火)

ちょっとずつ春

Img_3718

今日は小雨が降ったり止んだり。

10時半頃 観察センター前 11.2℃ 北北東 0.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -16℃
         南 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           東南東 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
    北西 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -1℃
     南西 1m/s
     視程 4km

Img_3719

マナヅルが少なくなったな~

Img_3794

センター前にソデグロヅル2羽。歩いてあちこち行ったり来たり。

Img_3790

今日は羽づくろいしてるツルがたくさん。

Img_3915

東干拓でカナダヅル3羽

Img_3880

プラス1の4羽確認。

Img_3911

羽づくろい。ぐ~ねぐ~ね

Img_3994

レンゲがぽつぽつ咲き始めました。

Img_3798

アトリ?ちょっと近づくとすぐ逃げられてしまう・・・

Img_3819

カワウの色が一部変わってました。婚姻色かな?

2009年3月 2日 (月)

マナヅル北帰行

Img_3450

晴れ!だんだん天気下り坂。只今21時半、小雨が降ってます。

9時頃 観察センター前 11.2℃ 北東 1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
         西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -14℃
           北北西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
     西北西 3m/s
     視程 14km

Img_3453

9時過ぎには空がツルだらけに!今日はちょっと早い北帰行開始だったのでは?山越えコースが多かった模様。10時半頃には北帰行もだんだん終わりかけていた。

Img_3455

ねぐらの奥の方でマナヅルたちが、北帰行へ旅立とうと空を見上げてる。

本日の北帰行 528羽 (うちナベヅル 8羽)

Img_3477

朝のうちはセンター前の一本西の農道上にいたけれど、そのうち歩いてセンター前へ。

Img_3573

トビが魚をねらって上空を跋扈してます。

Img_3592

今日の魚はでかい!

Img_3493

荒崎でも菜の花があちこちで咲き始めました。

Img_3598

マナヅルが帰ったあとの荒崎はちょっとさみしい。残りのマナヅルは500羽ぐらい?

Img_3445

東干拓の目かくし網が早朝から着々と取り外されていきます。

Img_3660

今朝、一番に探したソリハシセイタカシギ。朝から行方不明でした。辺りの川や干拓を探すけれど見つかりません。北帰行も見たいしソデグロも気になるし、途中で一時中断して昼過ぎに捜索再開。東干拓をぐるぐるしていたら、発見!との電話が入りました。昨日、ハヤブサに襲われていたので心配されたけれど、海岸にいましたよ!良かった~。途中でカラスに追われたりも!1羽だけの、このカラーリングが目立つのかなあ・・・ヘラサギに似た採餌で、クチバシを水につっこんで頭を振りながら歩いていました。でもヘラサギよりも動きが速いです。ちょっとユーモラスな動き。

2009年3月 1日 (日)

久しぶりに北帰行

Img_2995

東干拓の保護区は昨日で終わり、今日は農道や堤防へ人が出入りしています。ツルもほとんど別の場所へ移動しているみたい。

9時20分頃 東干拓 13.7℃ 北東 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
         西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -14℃
           北北西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
     西北西 3m/s
     視程 14km

Img_3121

東干拓にいたツルたちもセンター前に来ているのか、かなりな数。

Img_3127

ねぐらの横の田んぼ付近では北帰行したそうなマナヅルたちが集合。

Img_3120

9時前頃から北帰行へと飛び出していたらしいツルたち。
10時頃東干拓からセンターへ移動してみてみると、雨掛山付近を飛んでいるツルたちが遠くから見えた。写っているのはもしかしてカナダヅルも混ざってるかなあ?

本日の北帰行 227羽(うちカナダヅル8羽)

Img_3152

センター前から一本西の農道の上に残っているカナダヅルが。この辺りに3羽一緒にいましたよ。

Img_3211

ソデグロヅル2羽はセンター前に近い場所。成鳥は座り込んであくび!

Img_3226

カラスがやってきて羽をつついてます。最初はくちばしで威嚇してたんだけど、カラスがやめないものだから起き上がって威嚇して追っ払った後、つつかれていたところを羽づくろい。

Img_3257

その後、別に何もなかったように見えたのだけどカラスに遊ばれてストレスがたまってるのか?隣にいた幼鳥を威嚇。最初はくちばしが幼鳥のくちばし近くに向かっていったのだけど幼鳥が避けました。そして2度目、くちばしが幼鳥の首に刺さっちゃっいました。その後ちょっと場所移動して立ち位置を変えていたけれど、何事もなかったかのように2羽過ごしていましたよ。

Img_3290

トビがあちこちで魚目当てにツルにまとわりつく。ナベヅルも威嚇!カナダヅルと同じ威嚇のポーズしてた。

Img_3079

今日は東干拓でコハクチョウ。落ち着かないのか、何度か飛んで場所移動。

Img_3028

ヒシクイも飛んでました。

Img_3420

お昼過ぎに、敬愛なるT先生からソリハシセイタカシギがいると電話を頂く。慌てて東干拓へ戻ってきましたよ。ツートンカラーのシックな鳥が1羽、10何羽かいるキンクロハジロの中に混じっていた。

Img_3390

飛ぶとソデグロヅルみたいなカラーリング。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ