フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 花冷え | トップページ | ナベヅル4羽ようやく北帰行 周南・八代 »

2009年3月29日 (日)

見つけづらいツルたち

Img_9887

相変わらず曇りの日が続きます。

9時50分頃 観察センター前 14.5℃ 北東 1.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 5℃ 最低気温 -7℃
         北北東 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     北東 2m/s
     視程 13km

Img_9879

東干拓を通っているとツルの集団を発見。11羽

Img_9880

+2羽

Img_9881

見ていたら2羽が飛び出し、10羽も後を追いかけるように飛んでいった。1羽だけ飛ばずにそのまま田んぼにぽつんと。

Img_9884

東干拓の西の端っこに集まっていたツルたち。19羽

Img_9885

センター前に移動してみると、4羽いました。
なんだかじっとしています。

Img_9892

10時半頃、東干拓にいたと思われる15羽のツルたちが飛んできたけれど、3羽と1羽が荒崎に降りずにそのまままた東干拓方面へと引き返していった。

ツルの合計24羽確認
だんだんと増えております・・・

Img_9897

センター前からは、農道の陰に隠れてほとんど見えないことも。

Img_9900

11時10分、東干拓でくつろぐツルたち。
やっぱり牧歌的な風景。なごみます。

朝はちょっと離れてぽつんといたツルも、他のツルと団体行動してるみたいに一緒にいてちょっと安心しましたよ。

ライブカメラで見たねぐら入り
17時50分 センター前東側にいた1羽が東干拓方面へ飛んで移動。
18時28分 センター前東側にいた2羽がセンターねぐらの奥の方の田んぼに移動。ここでお休みかな?

後の1羽は、夕方餌を食べていた場所の近くの用水路にはいった?様に見えたけどどうしただろう

« 花冷え | トップページ | ナベヅル4羽ようやく北帰行 周南・八代 »

コメント

こんばんはhappy01お疲れ様でしたheart04居残り鶴探し、大変でしたねcoldsweats01ご苦労様ですsign01
明日もあまり、よい天気じゃないみたいだけど…wobbly
すべての鶴が北帰行するまでは、落ち着かないよねsweat01時間があったら、私も居残り鶴探し、やってみますpunch

こんばんは(*^-^)天気がいまいちですよね~桜もきれいに咲いてるというのに。桜は青空じゃなくっちゃ!
ツルたちも少なくなって、以前よりも警戒心がかなり強くなって来つつあります。あんまり近くには寄れません。写真もごま粒で見づらくなってごめんなさい~(A;´・ω・)アセアセ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花冷え | トップページ | ナベヅル4羽ようやく北帰行 周南・八代 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ