フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 真夜中は雷 | トップページ | 行人岳行ってきました。 »

2009年3月23日 (月)

おそれつつも共存

Img_8651

朝からすっかり晴れているけれど、風が強い。
工事の影響によっては飛ぶかもと思ってたけれど、工事の進め方が外周りから始められていて今のところ残っているツルたちにはさほどの驚異は与えていない様子。

8時40分頃 観察センター前 16.1℃ 北西 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
           北北西 10m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -4℃
    北 4m/s
    視程 16km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
     西北西 3m/s
     視程 13km

Img_8653

今日は帰らないことに決めたみたい。ほとんどのツルが朝から餌を食べています。今まで出水に残っているツルたちだから、慎重派とのんびりやが残っているんだろうな~。

Img_8666

土手かどんどんきれいになっていきます。

Img_8682

畦の草刈りに人も入ってきています。

Img_8749

ダンスしていたら子どもも一緒に踊り出した。

Img_8783

ときおりショベルカーとその音に驚いて大移動。

Img_8824

今日の北帰行はお休み。ありませんでした。

Img_8897

レンゲの中。

Img_8915

ナベヅルが遠くで餌を食べている姿を見ると、何故だか山羊とか牛とかがいる風景に似ているものを感じてしまう。好きです。

Img_8917

右側の傾斜している部分に寝てるマナヅル。
マナヅルはもう1羽だけみたいです。

« 真夜中は雷 | トップページ | 行人岳行ってきました。 »

コメント

こんばんはhappy01お疲れ様ですheart04今日は北帰行なしsign02
お天気がよかったし、朝いい風が吹いていたようだったので、すべての鶴達が帰ってしまうのではないかと思っていたけど…coldsweats01
明日はどんなだろう?
今の時点では、行人岳まで走ろうかなsign02と。
ハルちゃんは明日も荒崎ですか?

(o・ω・)ノ))こんばんは~お疲れ様です。今日は北帰行なしです。風がちょっと強かったんですよ。行人岳のヌシさんが明日は飛ぶ!とおっしゃっていたので、明日は初めて一人で行人岳参戦します。今まで行人岳に登った時は休日にダンナの運転でだったので、あの山門をくぐった後の道がちょっと不安です。右折するところで直進したくなるんですよ・・・明日、行人岳でお会いしましょ(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夜中は雷 | トップページ | 行人岳行ってきました。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ