フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 雨のち曇り | トップページ | 今日も飛んでみる! »

2009年3月15日 (日)

ソデグロ北帰行予行練習

Img_6345

昨日雨降ったからなあとゆっくり目に荒崎へ行ってみたら、もう北帰行始まってました!

9時半頃 観察センター前 14.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -14℃
         西南西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           西南西 2m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 1℃
    南南東 3m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 1℃
     北東 2m/s
     視程 16km

Img_6312

ソデグロヅルは観察センター前の一本西の農道上。
食べてるように見える・・・帰る気ナシか?と思われた。

Img_6325

ソデグロヅルの近くにカナダヅルをやっとの事で1羽見つける。他の2羽を東干拓にもいないし、センター前でも見つけきれない。もしかして・・・

Img_6333

10時近く、ソデグロヅルがもぞもぞし始める。主に幼鳥が飛びたがっているように見えた。なかなか成鳥が飛ぼうとしないみたいで、首をぐっと下げる飛行前の姿勢をしたり止めたりを繰り返していた。

Img_6365

結局、田んぼ半分くらい歩いてその後低~く飛び、センター前農道へやって来た。餌目当てかなと思ってみていたのだけど、そんなに食べず羽づくろいをしたり空を見上げたり。時々幼鳥と成鳥が交互に鳴いているかのようにクチバシを動かしていた。何かしら話し合いがあったのだろうか?

Img_6478

その後、歩いてねぐら付近まで移動。ディスプレイをしていたりしたマナヅルのグループに混じっていった。

Img_6489

その付近にいるマナヅルたちが、空を気にしたりダンスをしたり羽ばたきをしたりし始めた。幼鳥もこれから何をするのかわかっているのだろうか?

Img_6503

マナヅルが横一列に広がり始めた。

Img_6508

首を下げて、助走を始め飛んだ!

Img_6519

飛んだ辺りの上空を何度か旋回した後、雨掛山方面でも何度も旋回を繰り返しながら高度を上げていく行動にみえたけれどマナヅルがなかなか上昇しない。できない?

Img_6603

そのうち一緒に飛んだマナヅルたちが荒崎方面へ降りるような飛び方をし始めた。

Img_6654

マナヅルと分かれた後、アンテナ方面へソデグロヅル2羽だけで飛んで行こうとして笠山の上空あたり高いところまで高度を上げるけれどその後、すぐに荒崎まで一直線に帰ってきてしまった。視界が悪いとの判断?それとも風?

Img_6678

降りてくるのは成鳥が先。

Img_6684

飛び過ぎちゃった幼鳥は、降りてすぐ成鳥を探すような仕草をして成鳥の元へ一直線。その後、ちょっと離れたところで羽づくろいをしたり水を飲んだりしてました。
11時12分頃から20分ぐらいまで、約8分の北帰行チャレンジでした。

今日は朝9時頃から北帰行が始まっていた模様。
本日の北帰行(11時50分現在) 1294羽 (マナヅル49羽 ナベヅル1245羽)

その後は、荒崎上空ほぼツルが飛んでいない状況だったのでカナダヅルを探して場所移動。もしかしたら後続がいたかもしれません。

今日は朝早い段階でカナダ1羽を見つけるけれど、他の2羽が見つかりません。そしてあっという間に1羽も見失って、それ以降見つけきれませんでした。昼近くになって東干拓を見たけれど、いつもの場所にもおらず他の場所にも見つけきれませんでした。昨日も飛んだ2羽だからもしかして朝早い段階で飛んでしまっていたのかもとの考えが頭から離れない。そして一時期集団で北帰行へと飛んでいくナベヅルたちがかなりいたので、その中にカナダ1羽も混じってしまえばソデグロも追いかけていたので見つけきれなかったと思う。明日、またカナダ探ししなきゃ。

Img_6697

マナヅルは後何羽かなあ・・・

Img_6712

東干拓でヒレンジャクの集団をツレが見つける。カメラのレンズを向けると茂みの奥へ飛んでいってしまった。

Img_6717

そろそろ桜の季節かなと高川ダムへ行ってきました。
場所によって1分咲き。
いろんな鳥の声が聞こえたけれど、森の中ではなかなか姿を拝むことはできない。難しい・・・

« 雨のち曇り | トップページ | 今日も飛んでみる! »

コメント

こんばんはnight
今日はかなりの鶴が北帰行するのではsign02と気にしつつ、息子の引っ越しで熊本に行って来ましたdash
ソデグロヅル、そろそろかなぁupcoldsweats01明日はかなりの可能性があるのでは?
今のところ、明日は行人岳に走る予定ですshine
はるちゃんはsign02

こんばんは~。ツルと一緒に行人岳くらいまで飛んでいきたい!とそういうわけにも行かないので、ソデグロが帰ってしまって気分的にゆっくりになってからナベっちょたちが帰るのを行人岳で見ようと思ってます。ソデグロ最後まで残るなんて事はないよねえ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨のち曇り | トップページ | 今日も飛んでみる! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ