フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 曇り空 | トップページ | ホオジロカンムリヅル »

2009年3月12日 (木)

カナダヅルも

Img_5743

9時半頃観察センターに着いたら、もう北帰行が始まっていました。

9時半頃 観察センター前 11.0℃ 北 2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -14℃
         南 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           北 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
    南東 2m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 2℃
     北東 2m/s
     視程 17km

Img_5745

ねぐらの奥の方の田んぼでは、北帰行したそうなツルたちが頭を上げて北を向く。

Img_5749

朝からソデグロヅル精力的に食べてます。
本当に最後まで残っちゃいそうだなあ~。

Img_5767

今日は上空はちょっと風があるのか荒崎まで流されるツルたちもいたけれど、雨掛山の辺りかアンテナのあたりで山を越えるグループと港方面へ向かうグループが北帰行していった。

本日の北帰行 385羽 (マナヅル28羽 ナベヅル356羽 カナダヅル1羽)

Img_5758

ナベヅル集団の中に1羽カナダヅル。そのまま北へ帰って行きました。

Img_5778

2羽のカナダヅルが北帰行をあきらめて帰還。もう1羽はなにしてる?

Img_5859

長靴を投げ入れたの誰~?
クロヅル幼鳥がつつきまくったり、ちょっとつかんでみたりして遊んでました。

Img_5896

田んぼの土手は座り込みのツルたちに人気。

Img_5913

ツル密集地帯で座っていると、立てってつつかれます。
ちょっと足が悪いナベヅルだったけど、その後立って羽づくろい。

Img_5937

ソデグロヅルもちょっと春を感じたかしら?2羽でダンス。

Img_5879

もう春ですねえ~。

Img_5987

クロヅル幼鳥がカラスにちょっかい出されてた。

Img_6039

ナベヅル幼鳥同士ケンカ。血気盛んで恐いもの知らず同士です。

Img_6126

マナヅルのダンスの一シーン。
かなり長い間あちこちを移動しながら2羽で踊ってました。

« 曇り空 | トップページ | ホオジロカンムリヅル »

コメント

こんばんは!
マナヅル、ソデグロのバンスのシーンsign05なかなか素敵ですねhappy01note
今日は必ず北帰行あると思っていましたsign01やはり…sweat01カナダヅルはバラバラに帰りそうですねwobbly
ソデグロさんたち、最後まで餌を食べていそうな気がして来ましたねcoldsweats01shine
そのまま、出水にいてくれてもいいけどなぁsign05winkheart02

真夜中にカキコ!びっくりしました。お疲れ様です。北帰行だんだんナベばかりになってきましたねえ。荒崎も見渡す限り黒いです(゚m゚*)もう三月も中旬ですものねえ。保護区の期間中に帰ってくれればいいけどなあ(;´Д`A ```

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇り空 | トップページ | ホオジロカンムリヅル »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ