フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« てんてんの日々、始まりました | トップページ | 見つけづらいツルたち »

2009年3月28日 (土)

花冷え

Img_9779

なんだか空気がとても冷たいです。
おまけに時々ぱらぱらと小雨が。体感温度は低し。

9時頃 観察センター前 12.9℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
         北東 11m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北北西 4m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
    北西 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     西北西 1m/s
     視程 18km

Img_9780

朝、東干拓に9羽。

Img_9791

なぜか古浜で1羽ぽつんといたナベヅル。
その後他のツルたちと合流したみたいで、あちこち車で動き回っているうちにここからツルの姿が消えた。

Img_9786

センターの東奥の方に何羽か。
土手で見通しが悪く、なかなか羽数の把握がままなりません。

おまけに今回のツルたちは、一日のうち何回かあちこちに移動します。それにしてもいると思われている羽数の半数近くしか確認できません。この悪い天気の中帰ったとはとても考えられないので、どこか安全な場所を見つけたのだろうとは思うのだけど・・・

今日のねぐら入りをライブカメラで見ていると、18時頃まで餌を撒かれている付近に10羽前後集まっていましたが、18時半東干拓方面?へ飛んでしまい荒崎のねぐら入りを見ることはできませんでした。暗くなってから荒崎に戻ってきているかもしれませんが・・・

3月いっぱいは工事をしているとはいえ、関係者以外は立ち入り禁止の休遊地内に車で入りツルを見ている方が。近寄って、途中からは車から外へ出て歩いてカメラ撮影されてました。3月末までは休遊地内は立ち入り禁止ですので、よろしくお願いします。

Img_9799

ツルのねぐらの水は工事の関係でもうほとんどありません。それでも今までずっと続いた雨で水はたまっているし、ぬかるんでいるんだそう。工事も大変そうです。

Img_9850

電線にもいろんな鳥が。

Img_9829

今日はあちこちでチョウゲンボウを見ました。

Img_8182

特攻碑公園の桜祭りに行ってきました。
雨がぱらぱらしてちょっと残念だったけど、やっぱり桜並木は豪華できれい!

« てんてんの日々、始まりました | トップページ | 見つけづらいツルたち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« てんてんの日々、始まりました | トップページ | 見つけづらいツルたち »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ