フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« マナヅル140羽飛来 伊万里市の長浜干拓地 過去最多 | トップページ | 落ち着きません »

2009年3月 5日 (木)

Img_4286

朝のうちかろうじて曇り。昼から雨。風が冷たいです。

9時50分頃 観察センター前 13.8℃ 北東 0.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
         南東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           南東 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 2m/s
     視程 4km

Img_4288

観察センターの一本西の農道上にソデグロ2羽。
ず~っと食べてます。お昼前飛びたそうな感じに見えたけれど、結局飛ばず。その後どうしたかな?

Img_4317

カナダヅルをセンター前農道左側で発見。3羽!
わかりづらいですけど羽広げてるカナダヅルの前に1羽います。

Img_4294

センター前農道右側に1羽。
団体行動しなさいって!見つけるの大変なんだから~

Img_4301

ナベクロかなあ・・・ナベヅルと同じポーズしてます。クロヅルもディスプレイはナベヅルと同じなのかしら?

Img_4342

むくむく

Img_4344

朝から昼寝組多し。

Img_4345

レンゲもっと咲かないかなあ・・・

Img_4348

菜の花に囲まれて。

見つけ方が悪いのか、昨日まで東干拓付近にいたソリハシセイタカシギ・コハクチョウ・ヒシクイを確認できず。明日見つけられたらいいなあ・・・

« マナヅル140羽飛来 伊万里市の長浜干拓地 過去最多 | トップページ | 落ち着きません »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マナヅル140羽飛来 伊万里市の長浜干拓地 過去最多 | トップページ | 落ち着きません »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ