フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 渡り鳥の珍客ナベヅルが飛来 | トップページ | 今日も北帰行しました! »

2009年3月26日 (木)

カナダヅルが飛来 県内で2例目の観察記録

カナダヅルが飛来 県内で2例目の観察記録  東海新報

2/8、岩手県陸前高田市気仙町の気仙川で、カナダヅルの成鳥1羽が飛来しているのを発見されていたらしい。3/10まで確認されていた模様。

確認されたカナダヅルは左翼の初列風切羽野市米が欠損していたことから、去年11月宮古に飛来した個体と判明。

かなり迷ったみたい。そして北帰行できたのだろうか?

« 渡り鳥の珍客ナベヅルが飛来 | トップページ | 今日も北帰行しました! »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

おはようsun本日快晴なりshine今日は絶好の北帰行&花見日和だねhappy01すべての鶴が帰ってしまうのでは…sign02
残念ながらイヤお陰様で日曜日まで予約の仕事が入ってしまいましたsign01もう、鶴も桜も…coldsweats01sweat01頑張りますpunchsign03
今年、日本各地に鶴が飛来したみたいだねhappy01鶴ファンが増えると嬉しいなぁheart04そして、すべての鶴が、元気に北帰行し、また子供を連れて、日本に来てほしいですねnote

´ω`)ノドモお疲れ様です。ツルファン増えて欲しいですねえ。ナベヅルをカラスといわないくらいに増えて欲しいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡り鳥の珍客ナベヅルが飛来 | トップページ | 今日も北帰行しました! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ