フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 天気予報 | トップページ | マナヅル北帰行 »

2009年3月 1日 (日)

久しぶりに北帰行

Img_2995

東干拓の保護区は昨日で終わり、今日は農道や堤防へ人が出入りしています。ツルもほとんど別の場所へ移動しているみたい。

9時20分頃 東干拓 13.7℃ 北東 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -20℃
         西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -14℃
           北北西 3m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
     西北西 3m/s
     視程 14km

Img_3121

東干拓にいたツルたちもセンター前に来ているのか、かなりな数。

Img_3127

ねぐらの横の田んぼ付近では北帰行したそうなマナヅルたちが集合。

Img_3120

9時前頃から北帰行へと飛び出していたらしいツルたち。
10時頃東干拓からセンターへ移動してみてみると、雨掛山付近を飛んでいるツルたちが遠くから見えた。写っているのはもしかしてカナダヅルも混ざってるかなあ?

本日の北帰行 227羽(うちカナダヅル8羽)

Img_3152

センター前から一本西の農道の上に残っているカナダヅルが。この辺りに3羽一緒にいましたよ。

Img_3211

ソデグロヅル2羽はセンター前に近い場所。成鳥は座り込んであくび!

Img_3226

カラスがやってきて羽をつついてます。最初はくちばしで威嚇してたんだけど、カラスがやめないものだから起き上がって威嚇して追っ払った後、つつかれていたところを羽づくろい。

Img_3257

その後、別に何もなかったように見えたのだけどカラスに遊ばれてストレスがたまってるのか?隣にいた幼鳥を威嚇。最初はくちばしが幼鳥のくちばし近くに向かっていったのだけど幼鳥が避けました。そして2度目、くちばしが幼鳥の首に刺さっちゃっいました。その後ちょっと場所移動して立ち位置を変えていたけれど、何事もなかったかのように2羽過ごしていましたよ。

Img_3290

トビがあちこちで魚目当てにツルにまとわりつく。ナベヅルも威嚇!カナダヅルと同じ威嚇のポーズしてた。

Img_3079

今日は東干拓でコハクチョウ。落ち着かないのか、何度か飛んで場所移動。

Img_3028

ヒシクイも飛んでました。

Img_3420

お昼過ぎに、敬愛なるT先生からソリハシセイタカシギがいると電話を頂く。慌てて東干拓へ戻ってきましたよ。ツートンカラーのシックな鳥が1羽、10何羽かいるキンクロハジロの中に混じっていた。

Img_3390

飛ぶとソデグロヅルみたいなカラーリング。

« 天気予報 | トップページ | マナヅル北帰行 »

コメント

こんばんはhappy01今日も一日お疲れ様でしたheart04久々に北帰行があったのですねsign01カナダヅルはみな一緒ではなかったと聞き、ちょっと嬉しかったですcoldsweats01ソデグロもまだいてくれたようで…note
sign04ぁ見に行きたいなぁheart01

おはようございます(o・ω・)ノ))今日は天気が良かったですねえ。随分出水に戻ってくるツルもいたけれど、カナダヅルまで帰っちゃいました。カナダヅルの飛び立ち見たかったなあ。ちょっと油断しちゃってました。ソデグロヅルはマイペース過ぎて読めません(;´▽`A``いつ帰るんでしょうねえ?お仕事ゆっくりになったらまた一緒にツル見ましょう(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天気予報 | トップページ | マナヅル北帰行 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ