フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« おそれつつも共存 | トップページ | 最大瞬間風速6m越 »

2009年3月24日 (火)

行人岳行ってきました。

Img_8926

今日は晴れ!ちょっとかすんでいるのが気になるけれど、とっても良いお天気です。風も東から微風が吹いているくらいで、北帰行日和?

7時40分頃 観察センター前 14.8℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -17℃
         西南西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
           北 3m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -4℃
    北西 4m/s
    視程 14km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
     西 3m/s
     視程 18km

Img_8925

前の道路を車とスクーターが連続して何台か通っただけで飛び上がってしまったり、ぴりぴりした雰囲気が漂っています。

Img_8927

かと思えば道路上のツルはちょっと首をあげただけで何の反応もせず、またすぐにひたすら食べ続けた。

Img_8929

農道左手にいるツルたちは食べずに北帰行準備?羽づくろいに余念がない。

Img_8941

今日は行人岳に登ってきました。
初めて一人で運転していく行人岳は、いつまでたってもたどり着かない感じがして焦ります。実際は早めの到着で、ゆっくり準備ができました。

そして、9時17分頃からツルの姿が見え始めました。
風が強いみたいで、風に乗って飛んでいるときはツルのスピードが随分速い様に感じました。今日は風車側もマンダリンセンター側にも飛んでいるツルがいたので、駐車場を横断してあっちいったりこっちいったり。思ったよりも近くを通ったり、海の上を行くツルたちを下に眺めたりといったことが少なくて残念でしたが、行人岳からツルを見送れて幸せでした。

Img_8948

長島の段々畑の上を行く。
ナベヅルのみんな、無事に帰ってね。

本日の北帰行 2333羽

Img_8999

お昼頃、センター前に戻ってみるとツルが少ない!

Img_9000

しばらく見ていたら、ふっと山の方からナベヅルの群れがセンター前へやってきました。工事で避難してたのかな?それとも北帰行から戻ってきた?

Img_9013

足をケガしているマナヅルは残ってました。明日飛べるかなあ・・・

Img_9035

ツルが全然いないと思っていた東干拓で、家族連れをちらほら見かけることができた。
残りのツルは1000弱?

« おそれつつも共存 | トップページ | 最大瞬間風速6m越 »

コメント

こんばんはhappy01お疲れ様でしたheart04今日はあちこち走り回って疲れた事でしょうsign01
でも、色々なコース&色々な大きさの鶴の北帰行が見れておめでとうshine
私は到着が遅く、遠い遠い北帰行しか見れず、残念でしたweepでも、初めて同行した母に、私の鶴への関心を理解してもらえた事が嬉しかったですhappy01note
今日飛んで行った鶴達、今頃、どこで何してるのかなぁsign02明日はどうする?

(* ̄0 ̄)ノこんばんは、お疲れ様です。今日の駐車場往復運動?は思ったより疲れました。今日のツルたちは多かったですねえ~海バック、桜バックで見られたらもっと嬉しかったけれど・・・明日も善上ヶ丘とかセンター前とかはたまた西辺田?とか迷うのですが、もう一度桜リベンジで行人岳!に行こうと思ってます。早起きしなきゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おそれつつも共存 | トップページ | 最大瞬間風速6m越 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ