フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

本日は荒崎で

Img_8543

10時頃 観察センター前 21.2℃ 北東 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 5℃
         東南東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
           西北西 1m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 12℃
    南東 1m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 14℃
     0m/s
     視程 17km

Img_8519

今日は荒崎にいましたよ。
センター前農道の東側の田んぼでうろうろ。

Img_8531

トラクターが耕したあとに水がたまっていたみたい。
水を飲んでました。

Img_8554

10時25分頃にはその場で羽ばたき。

2009年5月30日 (土)

ナベヅル1羽行方不明

Img_8436

晴れています。
そしてツルが見あたりません。

私もあちこち探し回りましたし、いろんな方が見て回ったのですが姿を見ることはできませんでした。ツル保護監視員の方が早朝は確認されていたとのこと。
明日はひょっこり姿を見せてくれないかな~

10時頃 観察センター前 21.4℃ 北北東 3.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南南西 5m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 12℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     東北東 2m/s
     視程 20km

Img_8434

荒崎では耕している重機の後ろにサギ類が集っていました。

Img_8437

東干拓では農薬散布が行われていたみたい。
お仕事済んでトラックに着陸させるところ。

Img_8438

同じく東干拓ではジャガイモ収穫の真っ最中。
ポテトチップスになるのでしょうか?

19時半追記。

Img_8448

19時頃、東干拓へ行ってきました。
素晴らしくきれいな夕陽。

Img_8467

観察センター前、いつもの場所にナベヅルいました!

Img_8486

のんきに食べてましたよ。
あ~よかった。
今日は、農家の方も近くにいらっしゃったから避難してたんだね。
ねぐらはこの隣の田んぼになるのかな?

Img_8452

アマサギたちもねぐらに帰る途中。

2009年5月29日 (金)

奥の方へ

Img_8407

曇。相変わらず強い風が吹き渡っています。

9時頃 観察センター前 19.6℃ 北北東 4.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
         東南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南東 3m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 14℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 16℃
     東北東 2m/s
     視程 18km

Img_8312

1羽で観察センター前農道の西側奥の田んぼにいました。
ほとんど食べずに羽づくろいしつつ移動したり。
1羽になってからは奥の田んぼにいることが多くなってきました。

9時50分には遠くからツルの鳴き声が?
遠くから見ていたので、保護ゲージのツルなのか居残りヅルなのかわからなかったけれど・・・

Img_8322

10時過ぎると、土手をついばんだりし始めました。

Img_8418

風上へ頭を向ける。

昨日、長崎神ノ島にナベヅル1羽が降りたとのコメントをひろ子さんからいただきました。荒崎の1羽は今日確認できたので、25日にいなくなったナベヅルの内の1羽なのかも?

Img_8346

今日は荒崎でも飛んでいるミサゴらしき鳥を発見。
高尾野川流域では、中洲で魚を食べているミサゴを見ました。
8時過ぎはちょうど潮も引いていて、カワセミなど鳥たちをたくさん見ることができました。

Img_8368

荒崎橋のたもとでアオサギがでっかい魚を捕っていた。
あまりに大きすぎて普通に食べるようには口に入らず、ちょっと途方に暮れていた。

口にくわえて水の中でじゃぶじゃぶと洗うような仕草をしたり(身を崩そうとしてる?)、川の中においてクチバシでつついて小さくして食べようとしたり。

Img_8432

荒崎から出ようと農道を走っていたら、小さな溝にかかる橋の欄干にゴイサギがちょこんと止まっていました。しばらく見ていたけれど、全然飛び立つ気配がなかったので橋を渡ろうとしたら、橋のすぐ脇にあった枝に止まって隠れたフリ。

2009年5月28日 (木)

低い姿勢

Img_8305

10時頃 観察センター前 21.6℃ 北東 5.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 8℃
         北北東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
           南東 1m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 16℃
    0m/s
    視程 12km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 18℃
     東北東 4m/s
     視程 16km

Img_8277

今日は珍しくちょっと早い時間から、センター前農道の西側奥の田んぼにいました。
風が強くてスズメ避け?のビニールの旗もばたばたと大きな音。

Img_8285

姿勢を低くして歩いていきます。
首を下げたまま歩くのは風を避けるためかな。

Img_8294

羽づくろいしたり。

Img_8301

食べたり。
静かにすごしていました。こんな強風じゃ飛べないよなあ。

Img_8306

東干拓でハシボソガラスが遊んでいた。
棒の先に止まって飛び降り、風になびいているスーパーの袋部分に止まりたいようだったけど、やっぱり失敗!そのままわたわたとまた棒の先に止まった。
その後同じ事をするのをじーっと待っていたけど、一時して飛んでいってしまった。

2009年5月27日 (水)

タンチョウヅルが来た!! 甲高くひと声 優雅にたたずむ 鶴岡

タンチョウヅルが来た!! 甲高くひと声 優雅にたたずむ 鶴岡  荘内日報社

山形県鶴岡市西沼の水田に27日の朝、タンチョウが1羽飛来したらしい。
この間の佐渡のタンチョウが移動したのか?それとも別個体?

いまごろ渡るなんて、気候が変なのだろうか?

3日目

Img_8263

朝からぱらぱらと小雨が降ったりやんだり。
どんどん天気が悪くなってくる。

10時頃 観察センター前 18.6℃ 北東 3.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 8℃
         東 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
           北 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 16℃
    南南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
     東北東 2m/s
     視程 18km

Img_8202

センター前農道の東側の田んぼにいました。
荒崎に着いたのが10時ちょっとまえだったから落ち着きがないかな?

Img_8226

そっとはなれてちょっとして、羽ばたきをしたと思ったら10時03分飛び立った。

Img_8241

余り高度が上がらない。

Img_8266

センター前農道の西側奥の田んぼに着陸。
ここ最近の行動パターンになってるみたい。

Img_8268

餌を食べながら歩いて移動していきます。

Img_8271

小雨が降ったり止んだりしているものだから、羽づくろいも頻繁。

3羽のナベヅルがいなくなって3日目。
天気が悪かったこともあるのか、戻っては来なかった。
北帰行してしまったのだろうか?

Img_8264

アマサギの姿を多く見るようになってきた。

2009年5月26日 (火)

飛ぶ

Img_8014

良い天気だけれど昼過ぎから天気が崩れる予報。

9時半頃 観察センター前 22.6℃ 北西 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 11℃
         北 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
           南東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
     西北西 1m/s
     視程 12km

Img_8001

今日も1羽、センター前農道の東側にいました。辺りを気にしては・・・

Img_8003

食べる。の繰り返し。
辺りを見回しながら用心深く行動します。

Img_8050

10時前、いきなり羽ばたきをしだした。

Img_8077

そして10時のチャイムがなると同時に飛びだした!

Img_8112

ふんわりゆっくり蕨島に直進して飛んでいきます!北帰行か?

Img_8140

と思ったらぐるっと旋回して、センター前農道の西側奥の田んぼに降りた。2分ぐらいの飛行。

Img_8150

降りてすぐ何回か水を飲んでいたみたい。

Img_8158

その後農道を乗り越えて、食べつつ移動。
ただの場所移動だったのかな?余り飛ばないツルだったのでびっくりしました。

Img_8022

稲も育っています。

2009年5月25日 (月)

1羽

Img_7975

強風が吹いています。

10時10分頃 観察センター前 20.4℃ 北東 4.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 9℃
         東北東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
           南東 6m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 13℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 15℃
     東北東 2m/s
     視程 11km

Img_7974

朝荒崎に行ってみると、ツルたちが見あたりません。
ぐるっと一回りして、ツルを見ていらした方に聞いて1羽だけ見ることができました。

早朝は確認されていたらしいし、いろんな方が周辺を見回ったみたいだけど見つからないみたい。

Img_7986

草陰に上手に隠れて見つかりにくい。
なんだか阿久根方面を向いていることが多いかな。
風上は違う方向なのに。3羽はまた阿久根方面へ飛び去った?

Img_7994

時折食べたりはしているけれど・・・

Img_7998

空を見上げていることが多い。

成鳥1羽になっちゃったよ

2009年5月24日 (日)

タンチョウ飛来、佐渡市

タンチョウ飛来、佐渡市 新潟日報(5/19付)

タンチョウが佐渡市佐和田地区に飛来したらしい。5/15に住人の方が発見。
ユーラシア大陸から渡りをするタンチョウが迷い込んだのではないかとのこと。

今の時期に渡ってくるツルがいるんだ!

飛ぶの大好き

Img_7919

曇っています。突然の天気の急変に注意との予報。なんだか怪しい雲行き?

10時頃 観察センター前 22.4℃ 北 2.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 9℃
         北北東 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 9℃
           南 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 12℃
    0m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北西 2m/s
     視程 4km

Img_7798

朝、荒崎に着くとセンター前農道の上をてくてく歩いていたツルたち。

Img_7812

10時08分、幼鳥1羽が荒崎をぐるりと1周。

いつもツル見をご一緒するI田さんに、私が着く前9時53分にも1羽が飛んでいた事をお聞きした。今日も飛ぶ気満々?

Img_7843

1羽が帰ってきてすぐ、農道をものすごい勢いで車が走ってきた。
早く避けないとはねられちゃうよ~

Img_7882

車から逃げるようにそのまま飛び出した。

Img_7896

もう1羽も一緒にとびだした。飛んでいるうちに分かれてしまって、バラバラに飛行。

Img_7914

着地したあとは合流。農道を越えた田んぼに移動しています。先に降りた幼鳥が、あとに降りてきた幼鳥の方を気にしてる?

Img_7920

移動したあとはあちこちで採餌。
いったいなに食べてるんだろうね。

Img_7943

10時38分、いきなり幼鳥1羽がぐるぐると荒崎周辺を飛んでもといた場所へ帰って来た。

Img_7966

1羽は座りこんだまま。他のツルたちも食べ始めてちょっと落ち着いた?と思えたので、11時前ぐらいに帰宅。

帰り途中の蛇淵川周辺で、この間の探鳥会の講師の方とお会いした。どんな鳥がいるのかお聞きしてみると、トウネン・キアシシギなどがいたみたい。ちょっとの間だけシギチを見る。なんだか焦ってしまってなかなか鳥が見つけられなかったけれど、M先生とダンナのサポートで見つけることができました。この辺りはやっぱりポイントなんだなあ~。

2009年5月23日 (土)

気持ちの良い朝

Img_7591

晴れています!観光日和。

9時頃 観察センター前 22.5℃ 北北東 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 9℃
         西北西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
           北西 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
     南南西 2m/s
     視程 4km

Img_7582

センター前の田んぼに4羽。1羽はちょっと離れたところに座ってるのか?保護ゲージのツルたちのずっと鳴いてる声が聞こえていた。

Img_7632

9時17分、幼鳥1羽が荒崎をぐるっと1周飛んで戻ってきた。

Img_7644

9時19分、飛んでいくらも立たないうちにもう1度1羽で飛ぶ。蕨島のかなり遠いところまで飛んで、9時30分に荒崎に戻ってくる。

Img_7706

9時40分頃に1羽がちょっと離れた場所(田んぼ1枚分)飛んで移動。

その後、9時46分3羽が飛び出した。

Img_7726

9時47分、辺りを1周したあと幼鳥1羽が戻ってきた。

Img_7735

飛んでいる2羽は蕨島上空。もうかなり小さく見える。

Img_7746

2羽が上空で分かれた!

Img_7751

成鳥1羽が戻ってきてしまった。羽の調子かなあ・・・

Img_7758

戻ってきた1羽の側に、先に降りていた幼鳥が羽をばたつかせながら歩み寄る。

Img_7774

悠々と1羽できれいに飛ぶ幼鳥。
このツルが成鳥だったなら1羽で飛んでいけるのかも。
ルートがわからないだろうからなあ・・・

Img_7779

9時57分、最後まで飛んでいた幼鳥がやっと?降りてきた。

Img_7784

最後まで飛んでいた幼鳥は飛ばなかった1羽の元へ降りた。
飛ばなかったツルはその後、座り込み。

2羽2羽のグループで反省会してるのか?
4羽はいつか帰ることができるんだろうか?

その後はツルたちは食べ始めたので、帰宅。

阿寒国際ツルセンターという施設のサイトを最近見てました。
その施設が発行しているツルセンター便り(PDF版有り)が楽しくておもしろい。第7号にはツルの舌の写真があって、舌の先が二股に分かれてます!!ナベヅルマナヅルの舌もこんな構造?見てみたいなあ~

2009年5月22日 (金)

雨上がり

Img_7565

曇り。ちょっと肌寒いです。

10時10分頃 観察センター前 21.3℃ 北 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 8℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 5℃
           南南東 1m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 12℃
     北北西 2m/s
     視程 12km

Img_7554

ぱっと見3羽しか見つけきれなくて一瞬焦る。わかりますか?
今日はセンター前農道の西側に4羽。

Img_7561

3羽は一緒に固まって食べてるのに~

Img_7562

離れて1羽で座りこんでます。
今日はのんびり一日中ずっと食べて過ごしたみたい。

Img_7550

羽がぴょって出てます。これからきれいに生えそろうのかな?

Img_7538

蛇淵川河口でコチドリ。

Img_7544

トウネンですか?あーシギチは全然わかんない。

Img_7572

観察センターの駐車場前にある蓮園。
今年も葉っぱが出てきました。花はいつ頃になるかなあ~

2009年5月21日 (木)

飛びたい

Img_7447

昼から雨の予報。朝の内からときおりぱらぱらと小雨。

10時半頃 観察センター前 24.6℃ 南南西 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 10℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
           南西 4m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 12℃
    東 2m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 12℃
     東北東 3m/s
     視程 1.5km

Img_7420

センター前農道の東側の田んぼに4羽そろって。

Img_7438

大きく羽を広げて何度か羽ばたき。きれいな羽。

Img_7449

10時06分頃、1羽が荒崎上空をぐるりと飛んだ。
冬のツルはかなり頻繁に飛んでいたんだよな~と懐かしく思う。

Img_7502

見返りバン。
バンの足の根本って赤いんですね。

Img_7486

この間のゴイサギだと思うけど、幼鳥は連れていないみたい。
餌はちゃんと食べないと、クチバシの根本からくねくねと・・・

Img_7519

あちこちでキアシシギの姿を見る。

Img_7526

何日か前から、東干拓の監視所があった場所にこの立て看。
カラスの駆除をされているのだろうか?最近ハシボソ・ハシブトが少なくなった気がする。

Img_7529

潮が退いていて、貝掘りの方々がたくさんいらっしゃった。
鳥たちも沖の方かな?

2009年5月20日 (水)

accident

Img_7118

晴れ!明日から天気が崩れる予報らしい。
風は心地よいけれど・・・

9時40分頃 観察センター前 22.2℃ 北北東 2.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 8℃
         0m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
           西 3m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     東北東 2m/s
     視程 5km

Img_7116

今朝はセンター前農道の西側に4羽。仲良く一緒にいます。食べるよりも羽づくろいしている方が多いみたい。

Img_7167

9時49分、幼鳥1羽が北東の方へ飛び出した。
残りの内の2羽が、その場で羽ばたきをしたけれど飛ばず。上空を二回りして降りてきた。

9時56分、一度飛んだ幼鳥が再び1羽で飛び出した。辺りを一周して降りてくる。

10時18分、再度同じ幼鳥1羽が辺りを飛び出し、辺りを旋回して同じ場所に降りてくる。

Img_7173

だんだん農道側に寄ってくる4羽。

Img_7179

10時25分、1羽が飛び出した。

Img_7185

後を追うように飛び出した。

Img_7188

農道の上から飛び出した幼鳥1羽が、突然失速して田んぼの中に落下。

Img_7189

変な格好で落ちる。

Img_7195

すぐさま立ち上がった。大丈夫だろうか?

Img_7221

羽の具合を確かめるように、羽を広げて伸びをする。

Img_7225

その後すぐにてくてくと歩き出した。

Img_7239

ついさっき飛び立った場所へ向かう。
そのあと、2羽一緒に飛び立った。

Img_7246

先に飛んでいた1羽が、いつの間にか近くを飛んでいて合流。

Img_7290

辺りを旋回し、蕨島方面へ向かっていき少しずつ高度を上げていく。
かなり長い間、蕨島の上空を旋回。

Img_7291

残っている1羽はいつの間にか農道の上へ。
何度か飛んでいる3羽と鳴き交わす。

Img_7292

蕨島の上空見えないくらいまで飛んでいたけれど、10時35分戻ってきた。

Img_7300

センター前農道の一本西の農道付近に着地。

Img_7302

飛ばなかった1羽が、農道をてくてく歩いて3羽の元へ向かっていくようなそぶり。

Img_7357

高尾野川流域でメダイチドリ?
ちょこちょこ歩き回っては、土の中からゴカイらしきものを引っ張り出して食べてました。

2009年5月19日 (火)

落ち着いてるみたい

Img_6936

9時40分頃 観察センター前 18.7℃ 東 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
         西南西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           西北西 6m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
    南東 2m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
     東北東 1m/s
     視程 8km

Img_6947

今日はセンター前にある民家のすぐ裏に4羽がいました。隣の田んぼでは農家の方が午前中農作業されていて、避難している感じ。

Img_6964

10時15分、風切り羽のない幼鳥が羽を広げてばさばさと羽ばたきしだすと、それに続いて成鳥2羽が何度も羽ばたき。

Img_6980

3羽が羽をしまってすぐに残りの幼鳥1羽が羽ばたき。

Img_6995

その後は何事もなく、ずーっと食べるのに専念。

Img_6999

食べてる間に何かノドにつっかえたのかな?何度もクチバシを開けてつきだす様な動きをしてました。

Img_7039

Img_7032

荒崎橋のたもとにゴイサギ親子がいました。
初めて、じっくり見られました。うれしい。ちょっと警戒されちゃってたかな?

Img_7044

荒崎橋のたもとでキアシシギ?

Img_7096

敬愛なるT先生に、サルハマシギとツルシギがいるよと朝教えていただいて蛇淵川河口で探してみました。1羽でふらふらしてるサルハマシギを発見。遠い~!ちっちゃくしか撮れなくて、かなりなトリミングでこれが精一杯。

ツルシギは残念ながらよくわからず。どんな羽色だったんだろう?

2009年5月18日 (月)

4羽一緒じゃないと

Img_6773

昨日とは打って変わって良い天気。風も北東からの風!

9時半頃 観察センター前 21.9℃ 北東 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
         西 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
           南 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 12℃
     東北東 2m/s
     視程 15km

Img_6737 

Img_6743

9時38分頃、まだ田んぼの真ん中に車を止めてツルを見ているときに2羽(たぶん2羽とも幼鳥)が飛び出した。残りの2羽は羽ばたき。荒崎をぐるっと回って降りた。

Img_6764

9時45分幼鳥1羽だけで辺りを飛ぶ。

Img_6780

9時57分幼鳥1羽だけでちょっとだけ飛ぶ。

Img_6800

10時15分羽のきれいな幼鳥1羽で辺りを何度もぐるぐる飛んだ。

Img_6827

4羽とも首をあげてる?

Img_6828

10時34分4羽そろって飛び出した!

Img_6834

1羽の成鳥は農道から飛び出して、そのまま下の田んぼへ落ちるように降りた。

Img_6835

3羽は風に乗ってどんどん高度を上げたり、1羽の方へ寄ってきて鳴いたり。

Img_6851

いつの間にか降りていた1羽がもう一度飛んだかな?後を追いかけていく鳥が・・・

Img_6857

3羽も後を追いかけてきたと安心して、港方面へ方向を変えた。と思ったらどんどん荒崎へ帰ってくる。 前を見ると、1羽が同じ場所に降りていた。

Img_6885

見つけたのはたぶん降りてすぐだったのだろう、港方面へ飛んでいた3羽のツルたちも続々と荒崎の方へ飛んで来た。

Img_6888

10時43分3羽のツルたちが1羽の元へ降りてきた。

3羽だけで帰ろうと思えば帰れたのだろうが、時々飛びながら鳴き交わしていたし、やっぱり1羽だけ残しておけない感じなのだろう。

Img_6894

11時を過ぎたので、北帰行は今日はないかな?と帰宅。

2009年5月17日 (日)

風よけ

Img_6717

これから雨になるとの予報。
荒崎に着いた頃はまだ湿った生暖かい風が吹くだけだったけれど、次第に小雨が降ってきて11時頃にはザンザン降りに。

9時半頃 観察センター前 24.3℃ 南 5.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 4℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
           南南東 6m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
    北西 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
     北西 3m/s
     視程 1.6km

Img_6709

強い南風を避けるかのように、センター前農道の一つ東側の農道の向こう側、ビニールハウスの裏側に4羽いました。

センター前からは見えない場所。

Img_6721

幼鳥2羽は、だんだん茶色い頭が白くなってきているように思います。後ろ頭からだんだん目の方へ変わって来てる?

Img_6728

風切り羽なんかはいつ頃変わるのだろうか?

2009年5月16日 (土)

4羽確認!

Img_6642

8時半頃、荒崎に行く前にパソコンを立ち上げライブカメラをチェックしてみると、そこにはナベヅル4羽が写っていた。急いで荒崎へ!

ちょっと蒸し暑いかな?空も曇って白いです。

ツルを見てる時に、田んぼの見回りをされている方とちょっとだけお話し。昨日の14時くらいに荒崎で4~5羽のツルを見たとのこと。

3羽はお昼に移動してきたのでしょうか?今までどこで過ごしていたんだろうか?

9時半頃 観察センター前 25.5℃ 北東 1.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
         南 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南南東 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 11℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 10℃
     東北東 2m/s
     視程 3km

Img_6643

辺りを監視中。成鳥。

Img_6644

熱心に羽の手入れ。成鳥と幼鳥。

Img_6645

ちょっと羽がまばら?幼鳥。

Img_6680

9時半頃から保護ケージのツルたちが鳴き出した。

9時33分、幼鳥を先頭に3羽が飛び出した。
2羽は旋回したあと東へ飛び、民家の陰に隠れて見えなくなった。
1羽は荒崎を旋回し、飛ばなかった1羽の近くへ着地。

Img_6686

2羽は、かなり東側の田んぼに降りたようでセンター前からは姿が見えなかったけど、歩いて農道を越えまた同じ田んぼに戻ってきた。

Img_6688

何で飛ばないの?と言ってる?
飛ばなかった1羽の方に寄っていった。

Img_6690

何かを伝えたのかどうか・・・3羽が固まって羽づくろいなんかを始めた。

Img_6694

足環が着いた1羽発見。
この間飛んだ3羽が戻ってきた。

阿久根方向に飛んだから、北帰行したかどうか怪しいなと思っていたところだった。

Img_6703

4羽でまた食べ始めました。
11時頃まで見て帰宅。

2009年5月15日 (金)

1羽ぽつん

Img_6631

少々曇り気味。風もちょっと。

9時頃 観察センター前 18.9℃ 北北東 0.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 4℃
         南南西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南南東 6m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
    西 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北北西 1m/s
     視程 10km

Img_6591

センター前農道の東側に1羽。
ねぐらもこの近くの水が貼った田んぼを利用しているみたい。

Img_6589

足環があるか確認の為、じーーーーっと観察&連写。
残ったツルは足環がないみたい。

Img_6638

座りこんでしまった。
座ってからも警戒は怠らない。どちらかというと、身を隠すためにしゃがんでいるかのようだ。

Img_6630

耕耘機はサギ類に人気。

松島さん 死去

松島一正さん死去、75歳 南日本新聞

東干拓のツル保護監視員をされていた松島一正さんが、ガンのため14日午後1時28分阿久根市民病院で亡くなった。

まだ信じられません。

2009年5月14日 (木)

北帰行しました

Img_6427

良い風向きだけれど、強い。帽子も飛んじゃいます。
晴れていて暑いくらいです。

9時頃 観察センター前 21.3℃ 北東 3.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 1℃
         北東 9m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
           北 12m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 12℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
     東北東 3m/s
     視程 13km

Img_6422

センター前農道の東側に4羽いました。
幼鳥と成鳥

Img_6423

幼鳥1羽

Img_6424

ちょっと離れて成鳥1羽

Img_6433

それまで食べていたのだけれど、9時14分幼鳥1羽が飛んだ。
荒崎をぐるっと1周して帰ってくる。

Img_6447

9時24分またもや同じ幼鳥?1羽が荒崎をぐるっと1周。

Img_6462

9時30分、一瞬風が弱まったときに3羽が飛び出した。

Img_6471

風に押されながらも、らせんを描きながら飛んで高度を上げようと必死。ときおり風に乗れたようで直進を始めたりするけれど、また押し戻されらせんを描きながら跳び続ける。

どんどん風にながされて荒崎の方へ。
双眼鏡でもなかなか確認できないようになり、9時50分見失った。

Img_6553

1羽だけ残ってしまった。
3羽が飛んでも反応せず食べ続けていたけれど、いなくなったのに気づいてからは時々3羽が飛んだ方向をじっと見るようになった。

2009年5月13日 (水)

蒸し暑い日

Img_6369

昨夜遅く雨が降ったみたい。朝外を眺めたら路面が濡れていました。

9時20分頃 観察センター前 22.6℃ 北東 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
         西南西 4m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 2℃
           西北西 5m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 9℃
    北東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
     西北西 1m/s
     視程 16km

Img_6347

センター前の農道の東側に4羽。羽づくろいに夢中。

Img_6375

ちょっと強めの風が吹くと、羽を広げてる。

Img_6376

このツルも風に羽をさらしてる。

Img_6389

10時23分、1羽が羽を広げて飛び始めた。

Img_6394

ほんのちょっとだけ低く飛んでまた同じ場所へ降りた。

Img_6405

10時24分3羽が同時に羽を広げた。飛ぶ?と思ったけれど、そのままちょっと歩いただけで何の動きもナシ。びっくりした~
その後は羽の手入れに余念がない4羽だった。

Img_6412

案山子に驚くことなく横切っていく。

Img_6417

カワセミがいないかなと東干拓の水路を見ていたら、大きな亀!ぷかぷか浮いて空気を吸って?いました。じーっと見ていたら気づかれて底に潜ってしまった。

2009年5月12日 (火)

帰る意志、有ります。

Img_6183

昨日は鹿児島市や伊佐市などで夏日が観測されたらしい。
出水は夏日までは行かなかったけれど、やっぱり夏はそこまで来てる。

9時半頃 観察センター前 24.0℃ 南西 2.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
         南南東 1m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
           南東 7m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
    0m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 12℃
     西 2m/s
     視程 1.2km

Img_6195

センター前農道の東側に4羽。センター前から見るとかなり近い場所にいました。食べるのもそこそこで羽づくろいをして、何か気にしてる感じ。

Img_6203

9時40分ぐらいから保護ゲージから鳴き声がしていた。
幼鳥1羽がちょっと飛んで同じ田んぼの中で移動した後、すぐもう一度飛んで荒崎を周遊。

Img_6216

Img_6217

9時50分、幼鳥2羽成鳥1羽が飛び出して、荒崎を1分くらいぐるぐる回ってセンター前農道の左手の田んぼに降りてくる。

Img_6239

残った1羽は心配そうに空を見上げながら、3羽が隣の田んぼに降りてくるのを見ると慌てて?農道を横断していた。

Img_6258

10時03分、また幼鳥1羽だけで飛び出す。
荒崎で何度も旋回して高度を上げる。

Img_6280

蕨島上空高いところまで飛んで戻ってきた。
一時は双眼鏡でしか確認できないくらい遠くまで行った。
1羽で帰るかと思ったよ~。

Img_6291

幼鳥が帰ってきたら、なにやら他の3羽が1羽の元に集まりだした。

Img_6303

Img_6317

帰ってきた幼鳥1羽から飛び出し、4羽が皆飛んだ。
2羽2羽で二手に分かれて飛ぶので翻弄される。
牛舎上へ飛んでいく2羽と、蕨島方面へ飛んでいく2羽に分かれて飛んだ。

Img_6324

そのまま帰ってくるかなと思ってみていると、完全に見えなくなったので慌てて西干拓方面へ移動。そうしたら堤防の向こうからこちらに向かって飛んでくる4羽の姿が見えた。

Img_6346

その後は、センター前の田んぼでのんびり食べたり羽づくろい。

土曜から姿が見えない足の悪い1羽は、探してるんだけど見つかりません。帰ったかな・・・

2009年5月11日 (月)

今日も飛んでます

Img_6061

もう暑い。
早い時間は農家の方も農薬?肥料?散布などされていた。

9時半頃 観察センター前 20.1℃ 北東 0.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 4℃
         南南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南南東 4m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 12℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 12℃
     南東 2m/s
     視程 8km

Img_6026

荒崎についてまもなく、9時20分頃幼鳥1羽が飛んだ。
荒崎をぐるっと1周回って同じ場所に着地。

Img_6036

1羽が降りて間もない9時23分幼鳥2羽が飛び出して辺りを飛び、同じ場所に着地。

ときおり仲間同士で鳴いて、話し合っている様子。
農家の方が散布していて、そのモーター音に警戒しているみたい。

Img_6045

飛んではいるものの、風切り羽がないみたい。

Img_6103

9時37分、3羽が飛び出した。

Img_6106

1羽が飛び立たず、辺りを一周して残った1羽の元へ降りた。
その後、保護ゲージから鳴き声が聞こえ、声に反応して空を見上げたり。その後は散布が終わり、ゆっくり辺りを気にせずに食べ始めた。

Img_6133

10時23分何の前触れもなく、2羽が飛んだ。

Img_6137

飛び方がちょっと苦しそうかな?
頭が上がり気味です。

辺りを一周して、同じ場所に着地。

Img_6163

農家の方も少なくなって、4羽でゆっくり落ち着いた感じ。

Img_6171

東干拓の麦畑は金色。
麦が実っています。もう刈り取っているところも。

Img_6177

Img_6178

福ノ江港近くの貯水池にセイタカシギが8羽。

2009年5月10日 (日)

釧路で「野鳥保護のつどい」 常陸宮ご夫妻も出席

釧路で「野鳥保護の集い」 常陸宮ご夫妻も出席 47NEWS

愛鳥週間(5/10~5/16)が始まりました。

野鳥保護の集いが北海道釧路市で開催され、環境大臣賞がツルの飛来調査を続けている出水市荘中学校に贈られました。

愛鳥週間と言うことで、テレビで鳥の番組するかなあ?と思って調べているところだけど、なかなか見つからない・・・アニマルプラネットに期待してたのだけど、今月のアイドルはゾウなのだそうだ。

野鳥観察会 in 小原山

Img_5970

探鳥会を終えて12時頃荒崎に到着。
天気が良く、暑いくらい。

12時頃 観察センター前 25.3℃ 東 0.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 1℃
         西 3m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
           北 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 11℃
    南東 1m/s
    視程 8km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 12℃
     東北東 1m/s
     視程 11km

Img_5994

今日も4羽です。
西干拓や東干拓も見てみたけれど、足の悪い1羽は見つからず。
北帰行したのかも・・・

Img_5993

ツルを見ていたら、目の前をアマサギがすい~っと飛んでました。
余計な落とし物も!
昔は鳥は飛ぶ前にフンをすると思っていたんだけどなあ・・・

Img_6005

西干拓で、カワラヒワのカップル?
気持ちよさそうに水浴び中でした。

Img_6017

蛇淵川でアオアシシギ。
今日は潮も引いていて貝掘りの方々がいっぱい!
堤防にずらりと車が。

Img_6022

探鳥会に参加されていた方に情報を頂いて、福ノ江でセイタカシギを見ましたよ。

Img_5964

クレインパークが主催する博物館講座の野鳥観察会に参加してきました。
小原山の青年の家周辺に行くのも初めてならば、探鳥会に参加するのも初めて!

M先生の案内のもと、2時間ばかり遊歩道を歩き回って鳥を見たり鳴き声を聞いたり木々や虫などの話をお聞きしました。

どきどきしながら始まってみると、準備不足が露呈。
長袖を着ていったり、図鑑や双眼鏡を持って行ったりは良かったのだけど、飲み水は必要でした!山を歩き回るときは水筒もっていこっと。

Img_5963

林の緑がきれい。

Img_5967

松ぼっくりもごろごろ

歩き回るからと、カメラのレンズは500mmをあきらめ300mmを持って行ったけれど、鳥まで全然遠かったです。山を歩き回るときには写真は期待できないなあ。鳥を見つけても、すぐ動くから写真にもならないし・・・重い荷物に成り下がってしまったですよ。素直に双眼鏡のみにしておけば良かった。

いろんな鳥を見られて、鳥のお話も聞けて大満足の3時間でした。
この辺ではサシバも見られるそうなので、また出かけて行きたいな。

今日の鳥

シジュウカラ・ヤマガラ・メジロ・ウグイス・コゲラ・カワラヒワ・キジバト・アオバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス(巣も発見)・スズメ・ツバメ・ホオジロ・ヒヨドリ・イカル・センダイムシクイ・エナガ・トビ・コサメビダキ?と思われる声

2009年5月 9日 (土)

見つかりません

Img_5853

晴れ!港方向はかすんでます。

9時50時頃 観察センター前 23.8℃ 東 1m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 2℃
         西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           北 5m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
    北東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     西 1m/s
     視程 11km

Img_5826

センター前農道の一本東の農道上に4羽固まっていました。
足の悪い1羽が見つかりません。

荒崎の田んぼをぐるっと回ってみたけど見あたらない。
座りこんだりしたら見つけづらいからなあ~なんて軽く考えて、センター前にいたツルをいつも見ている人たちの元へ行ってみると、やっぱり1羽見つからないんだそう。

Img_5835

9時56分、3羽が飛んで荒崎を周回。

Img_5847

9時58分、センター前農道西側の田んぼに着地。

Img_5849

飛ばなかった1羽は、3羽の方向をじ~っと見る。

Img_5870

1羽がなかなか来ないものだから?3羽の方から途中まで歩いて

Img_5885

2羽は農道から飛んで1羽の元へ。
残りの1羽は歩いてみんなと合流しました。

Img_5892

4羽で羽づくろい。
1羽がいなくなったことで?4羽の距離が前よりもぐっと近くなっているような気がする。

足の悪いツルは、今朝は隠れていただけなんだろうか?それとも昨日盛んに飛んでいたからもしかして北帰行したかな?一応、ちょっと前までいた阿久根の田んぼまで見に行ってみたけれど見あたりませんでした。明日行ってみたら、ひょっこり4羽に混じっていたりして・・・

Img_5910

荒崎橋のところのカワセミは、今日は2羽しか見られませんでした。

親が餌を捕まえてくると、待ちきれない子が後を追いかけ回して魚を食べようとしてます。まってまって!って親は飛んで逃げ回って魚を絞めてます。

Img_5935

ちょうだい!ちょうだい!

結構な力で親から魚を取ろうとするものだから、親がバランス崩し気味。おっとっと

2009年5月 8日 (金)

飛んで飛んで~

Img_5468

晴れているけれど、港方向の視界は悪い。

10時頃 観察センター前 19.1℃ 東 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 2℃
         西 6m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 5℃
           北 5m/s
           視程 50km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
    北東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     西 1m/s
     視程 11km

Img_5470

センター前農道の西側に4羽と、

Img_5476

1羽ちょっと離れていました。
あんまり食べてなくてそわそわ。

Img_5489

10時15分頃、2羽が飛んだ。
幼鳥+足が悪い1羽。

Img_5498

降りるのが大変そう。先に降りたツルも様子を見てるみたい。

Img_5541

10時21分には足が悪い1羽だけで飛んで降りる。

Img_5573

10時29分には足が悪いツルから先頭に次々と4羽が飛び出した。

Img_5577

1羽がどうしよう?って感じで空を眺める。

Img_5580

何回も荒崎を旋回。
足の悪いツルはどんどん後方になっていく。何か他にも障害があるのだろうか?

Img_5654

10時30分に羽が欠けている1羽が残った1羽の近くに降りてきて、10時34分に足の悪い1羽がセンター前農道の東側に降りてきた。残りの2羽はかなり高いところまで飛んでいて、山の中腹あたりまで見ていたのだけど見失ってしまった。そうこうしていると、足が悪いツルが場所移動して2羽の元へ。

Img_5658

10時56分、足の悪いツルが飛び出してちょっと周回して戻ってきた。
荒崎のちょっと奥の方の田んぼに残りのツルがいる?

Img_5673

探してみたら、センター前から西に農道2つむこうの田んぼに2羽が降りていました。
あまりに見えなかったから北帰行したか!?と思っちゃった。

Img_5680

11時過ぎ、落ち着いて2羽は座り込んじゃった。

Img_5750

荒崎橋ちかくの中洲にカワセミが2羽。

Img_5785

魚を捕まえてきたのが飛んでくると、慌ててそっちに移動。
魚を分けてもらってる。2羽は幼鳥?

2009年5月 7日 (木)

やっぱりツルは可愛い

Img_5243

晴れているけど、港方向はかすんでます。

10時頃 観察センター前 18.9℃ 北北東 0.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 3℃
         南南東 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 4℃
           南東 9m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 10℃
    南東 1m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     西北西 2m/s
     視程 18km

Img_5224

今日も5羽
センター前農道の一つ東の農道向こう側の田んぼに5羽。

Img_5225

羽づくろいをしたり食べたり。
一番左のナベヅルは離れた1羽を気にしてる。

Img_5232

右足の先がありません。

Img_5233

その右足を一瞬つけて

Img_5234

羽を広げてすぐ左足をつきます。

Img_5235

おっとっと

Img_5237

一瞬、声が出ているのか?息を吐いているのか?それともついでに移動した先の草を食べているのか?口がちょっと開いてた。

Img_5252

カワセミ2羽。餌をとってプレゼントしていたみたい。

Img_5276

潮が朝から引いていて、チュウシャクシギが高尾野川の下流に何羽か集まっていました。
石の色や土の色にとけ込んでいてなかなか見つけづらい。

Img_5296

麦が実って。

Img_5340

バンのケンカを、東干拓のカキツバタと睡蓮の池で目撃。
足で蹴ったり絞めたり?

Img_5445

水上を走って!逃げます。

2009年5月 6日 (水)

阿蘇

Img_5059

Img_5075

Img_5144

2009年5月 5日 (火)

ちょっとおやすみ

Img_4971

お休みは快晴!

8時頃 観察センター前 18.7℃ 北東 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 0℃
         北北西 2m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
           北北西 9m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 11℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
     西北西 2m/s
     視程 0.6km

Img_4964

Img_4965

Img_4966

Img_4967

センター前農道東側の田んぼにみんなそろっていました。

阿蘇まで田植えに行ってきます。
5/5.6はハルメモお休みします。

               halmo

2009年5月 4日 (月)

みどりの日

Img_4961

昨夜から降り続いた雨は、朝の内小雨がぱらぱら降ったり止んだり。

11時頃 観察センター前 18.9℃ 北東 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温  -1℃
         西 7m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
           東南東 5m/s
           視程 20km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
    0m/s
    視程 9km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
     南西 2m/s
     視程 5km

Img_4953

いつものセンター前農道の東側に5羽。

Img_4954

足が悪い1羽はグループからちょっと離れて。

Img_4955

4羽は固まって餌を食べたり、羽づくろいしたり。

Img_4962

田植えをされる農家の方が多いかなと思っていたけれど、それほどでもなく静かな荒崎でした。軽トラが止まっても、そんなに気にしていないで食べ続けるツルたち。

2009年5月 3日 (日)

1羽は低く

Img_4939

だんだん雲も多くなってきた。今夜は天気が崩れる予報。

9時半頃 観察センター前 20.9℃ 微風 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 5℃
         南 5m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 4℃
           南東 8m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
    南東 1m/s
    視程 6km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
     北西 1m/s
     視程 4km

Img_4900

センター前農道の東側に3羽と

Img_4902

北に向かって歩いていた成鳥1羽と

Img_4903

幼鳥1羽。ちょっともじもじしてます。

Img_4908

9時38分、幼鳥1羽が飛び出すとつぎつぎに後に続いて飛び出した。

Img_4912

5羽とも飛んでます!

Img_4914

高く舞い上がった4羽。幼鳥・成鳥・成鳥・幼鳥(羽欠損)

Img_4916

西干拓の方に向かっている?

Img_4927

後の1羽を探していたら、センター前農道の西側を低く飛んでいるところだった。
それにしても低い。

Img_4932

そうして、9時42分センター前に他のツルとは離れて降りてしまった。

Img_4934

西干拓の方に行ったと思いながら辺りを見回すと、1羽とちょっと離れて3羽が固まって降りていた。その後は熱心に羽づくろい。
ゆっくりと落ち着いてしまった。

Img_4937

足の悪い1羽は他のツルとは違い、いつもと同じセンター前農道の東側の場所へ降りて食べたり座りこんだり。

5羽とも飛んだので嬉しかったのだけど、1羽がほとんど飛べていない。羽の調子が悪いんだろうか?

Img_4947

今年もかかしがユニーク。

2009年5月 2日 (土)

五月晴れ

Img_4808

晴れ渡ってます。5月に入っちゃいましたね~。

9時半頃 観察センター前 21℃ 北東 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
         西南西 12m/s
         視程 4km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南東 11m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 15℃ 最低気温 8℃
    南西 2m/s
    視程 11km

ソウル 最高気温 16℃ 最低気温 8℃
     南西 2m/s
     視程 12km

Img_4796

センター前農道の東側に5羽、そろっていましたよ。

Img_4814

9時52分、幼鳥1羽が飛び立つ。

Img_4822

ぐるっと辺りを一周して同じ場所に降りた。
着地後、すぐに保護ゲージに入っているツルが鳴き出した。見えてるのかなあ?

Img_4838

のんびり5羽。

Img_4851

農家のおばちゃんなら近くに寄れる。

Img_4801

朝、荒崎橋付近でオグロシギ。昨日よりも羽数が少ない感じだったけど、引き潮でどこかにお出かけしていたのかしら?

敬愛なるT先生によると、オグロシギがこんなにたくさん出水に来るのは珍しいのだそう。見ることができて嬉しいな。他にも、バンやカワセミ2羽も。

Img_4881

相変わらず?東干拓の下水処理場横の池にセイタカシギが2羽。
長~い足をひょんひょん動かして歩いていましたよ。

Img_4898

東干拓の池のカキツバタ、睡蓮もそろそろ見頃。
睡蓮がころんと咲いた。

Img_4889

カキツバタは盛りかな?

ナベヅルの羽調査、放鳥時期手がかりに…山口の越冬地

ナベヅルの羽調査、放鳥時期手がかりに…山口の越冬地 読売新聞(3/7付)

出水の残りヅルの羽が気になって、換羽のことを調べていたら出てきました。
クロヅルは3~4年程度で換羽するらしいのですが、ナベヅルに関してはわかっていないのだそうです。

アネハヅル、カンムリヅルをのぞくツル類の体羽は毎年、風切羽と尾羽は2、3年に1回、いちどきに抜け換わる。このため、風切羽と尾羽を換羽中のツルは、数週間飛べない。
出典:Yahoo!百科事典(項目執筆者名/小学館『日本大百科全書』

また環境や個体差、栄養状態で変動することがあるらしいとの記述も見つけました。
阿寒国際ツルセンター

2009年5月 1日 (金)

帰るつもりないのかなあ?

Img_4731

晴れ!時間と共にだんだんと霞が取れてきていました。

9時半頃 観察センター前 18.7℃ 北東 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 4℃
         北西 1m/s
         視程 10km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 4℃
           南東 3m/s
           視程 10km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 9℃
    0m/s
    視程 10km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
     東北東 2m/s
     視程 15km

Img_4724

同じ一枚の田んぼに5羽ちょっとずつ離れていました。
ちょっとおしりの方の羽が乱れてる幼鳥。

Img_4726

座りこんでる成鳥。

Img_4727

成鳥と幼鳥。仲良いな。

Img_4730

4羽と離れたところのはじっこに1羽座り込み。
たぶん足が悪い阿久根から来た1羽。

Img_4754

9時32分、ツルがいる田んぼの近くに車が入って3羽が飛ぶ。

Img_4750

一部、羽が無い幼鳥。新しい羽が生えてくるといいな・・・

Img_4751

見た目悪いところなさそうな幼鳥。
帰りそびれてるのだろうか?

Img_4753

きれいに飛んでます、成鳥1羽。

Img_4757

9時33分、3羽ほぼ同時に着地。

Img_4781

その後はのんびりしてましたよ。

Img_4719

朝、蛇淵川の河口でオグロシギを2羽見かけた。

Img_4783

敬愛なるT先生にオグロシギのことをお伝えしたら、高尾野川にもたくさんいるとのこと。昼近くに見に行ってみると、お昼寝タイムでした。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ