フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« コハクチョウ、2羽になったらしい | トップページ | 夕陽と月 »

2009年11月30日 (月)

出水に慣れてきています

Img_5032

一日中曇り。
コハクチョウは、相変わらず2羽とも見つからず。

11時20分頃 東干拓 15.5 ℃ 北西 1.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -18℃
         西 7m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 1℃
    0m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 2℃
     西北西 6m/s
     視程 -km

Img_6576

センター前の混雑。
センター前よりセンター近辺の田んぼのほうが、ツルが多い気がする

Img_6459

かかしなんてこわくないもん
怖がって欲しいです。

Img_6465

警告の途中、羽を少し広げ座り込み。

Img_6467

そのまま立ち上がる。
クチバシの角度がツルにしては珍しいかな?

Img_6491

茂みは、大人気。

Img_6499

水場も大人気。

Img_6564

荒崎にまたネコ出現。
今年はかなりの頻度でネコを見ている。
カモも揃って成り行きを見守る。

Img_6495

餌ちょうだい~の時とは違ったように見えた。
どういう行為なんだろう?

Img_6515

赤い標識の204のナベヅル。
やっと見つけました。1万分の1羽を見つけるのは大変。

« コハクチョウ、2羽になったらしい | トップページ | 夕陽と月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コハクチョウ、2羽になったらしい | トップページ | 夕陽と月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
無料ブログはココログ