フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

羽の悪いツル、保護される

今日17時25分頃、私のだんなが荒崎にいってみると、居残り2羽のうちの羽の悪いツル1羽が溝におりていて飛べずに田んぼにあがれないでいるのを発見したそうです。
クレインパークの館長に連絡して、2人で川の中でツルを保護し保護ケージに収容したそうです。

ダンナは、捕まえるときに威嚇とキック攻撃をされたらしく、ミミズ腫れになったとこぼしてましたよ。

アシコブは、いつの間にかどこかへいったらしいです。1羽でどこへでも飛んでいけるツルだから、これから探すのが難しくなるかも。

046

048

2010年5月14日 (金)

スッキリ!!

昨日の朝スッキリ!!という番組を見ていたら、ツルとコウノトリの見分け方というのをやっていました。

足が赤いのがコウノトリ 黒いのがツルと出て、イラストがコウノトリとタンチョウでした。
(コウノトリ(左)は頭のてっぺんが白いが、足は赤い。ツルは頭が赤いが、足は赤くない。飛び方にも違いがあり、コウノトリはその場で羽ばたいて飛ぶが、ツルは助走が必要。とのこと)

出水に渡来するツルのうち、マナヅルや一昨年渡来したソデグロヅルも足は赤です。
タンチョウと言ってくれれば納得できたのですが、これではツル類はすべて足の色が黒のように聞こえます。

出水のツルをもっともっと知ってほしい!
正しい答えを知ってもらえるような状況にあってほしい!

知って、感動して初めてツルを好きになると思うのです。
そういう繰り返しでツル保護も進んでいくのだろうし、共存共栄もできていくと思うので、自分も含めて情報発信は楽しく慎重に進めて行かなくてはと思いました。

私も、勉強不足のため間違いを書いてしまうこともあります。
実は、先日も電線にぶつかって骨折・死亡というところを感電と書いてしまっているところがあります。(先日、クレインパークより指摘を受けました)
出水に帰って落ち着いてから、更新をしたいと思っています。

2010年5月12日 (水)

飼育中のナベヅル骨折 八代

飼育中のナベヅル骨折 八代 中国新聞 (5/10付)

周南市教委は9日、出水から移送した飼育中の1羽が骨折したと発表した。

骨折の原因は何なのか?2度と起こさないように分析してほしいです。

2010年5月 8日 (土)

きれいな晴れ間

Cimg1088

青空!暑くなってきました。

10時半頃 観察センター前 23.5℃ 北東 1.1m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
         北北東 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
           北 6m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
    南 2m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
     西 4m/s
     視程 -km

Img_1244

今日も、荒崎に居残りナベヅル2羽いました。

Img_1236

ずっとずっと食べています。
体力つけて、夏を迎えて欲しいな。

Img_1253

うろうろ。

お知らせ。
この間ブログをお休みしたばかりですが、実家の父が手術をするため出水を離れるので、ブログをお休みします。出水に帰ってきたら、またブログを再開しますね。それでは。

2010年5月 7日 (金)

それでも飛びます

Cimg1083

朝のうち、小雨。昼過ぎからじわじわと時折晴れ間が覗いたり。

10時半頃 観察センター前 19.6℃ 北北東 3.6m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
         北東 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 5℃
           南南東 3m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
    北西 2m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
     西 3m/s
     視程 -km

Img_1190

今日も荒崎のこの場所に、居のこりナベヅル2羽いました。

Img_1192

一所懸命にエサを食べている様子。

Img_1205

10時35分頃、足コブのツルが田んぼ1枚分飛んで移動。
コブの方の足がだらんとしてます。重そう。
草丈よりもちょっと高いくらいを飛んで行きました。

Img_1208

もう1羽は、そのままの場所で食べ続けてました。

Cimg1084

麦秋

Img_1210

実っています。
晴れると、きらきらしてとてもきれいだと思う。

2010年5月 6日 (木)

降ったり止んだり

Cimg1082

小雨が降ったり止んだりの一日。

10時半頃 観察センター前 22.6℃ 南 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
         北東 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 5℃
           南南東 5m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
    南西 3m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
     西南西 6m/s
     視程 -km

Img_1130

今日も、荒崎に居残りナベヅル2羽。
ここに来てから、ほとんど場所移動していません。
この田んぼが、今年休耕田ならいいのだけれど・・・

Img_1145

アシコブナベヅル。
コブがある方の足運びが重そうです。

Img_1154

羽が悪いナベヅルは、今日も何度も羽ばたき。
このツルは、羽ばたきを目にすることが多い気がする。

Img_1158

荒崎のアマサギがだいぶ増えてました。

Img_1166

蛇淵川河口でキアシシギ。
あいにくの雨でしたが、割と近くで見られました。
おしりを振りながらうろうろ。

Img_1182

同じく蛇淵川で、ヘラサギ。
口を開けながら早足で動き回り、採食していましたよ。

2010年5月 5日 (水)

夏日

Cimg1068

蒸し暑い日。

10時20分頃 観察センター前 23.1℃ 北 2.5m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 0℃
         北北東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           北北東 3m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
    0m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北東 2m/s
     視程 -km

Img_1103

今日も荒崎に、居残りナベヅル2羽。
奥の田んぼでは、田植えが行われています。

Img_1094

気持ちのいい風が吹くと、ばさばさと翼を広げる羽の抜けたナベヅル。

Img_1108

何mかをぴょんと飛びます。
風がいいと飛びたくなる?

Cimg1071

今日は、藺牟田池のベッコウトンボを見に行きました。

Cimg1069

コゲラ?を見つける。初めて見ました。

Cimg1077

水位はまだ十分ではなくて、池の中央に土部分がありました。
ベッコウトンボらしきトンボを見かけたけれど、写真には撮れず。
今年は、去年の渇水の影響か?数が少ないらしいです。

2010年5月 4日 (火)

足コブ

Cimg1067

快晴。夏日です。

11時頃 観察センター前 23.9℃ 北東 2.1m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 3℃
         西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
           0m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 13℃
    南 4m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     南西 10m/s
     視程 -km

Img_1047

今日も、荒崎の田んぼに2羽でいました。

Img_1070

羽の悪いナベヅルは、やっぱりまだそのままの状態みたい。

Img_1053

足コブ、大きくなっています。

Img_1054

赤くなっている。
この部分は、まだ大きくなっていくんだろう。

Img_1056

後ろの部分は、白いまま。

Img_1080

西干拓の田んぼにムナグロの群れ。

2010年5月 3日 (月)

埋もれる

Cimg1066

快晴

10時10分頃 観察センター前 22.2℃ 北東 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 8℃
         南 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 23℃ 最低気温 6℃
           南 6m/s
           視程  -km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
    南南西 2m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 14℃
     南西 6m/s
     視程 -km

Img_1034

なかよく、荒崎の田んぼに2羽いました。
ここに2羽で移ってから、ほとんど動いていない様子。
人通りも車通りも少なく、そして辺りは視界が開けていてそれらが近くに来れば奥の田んぼへ行けば農道もなく楽に避難できる安心できる場所。

Img_1035

農道から近いところにいたので、すぐにチェックされた。
その後、ゆっくりと田んぼの奥の方へ歩いて避難。

Img_1044

足コブは、やっぱりでかくなってる。
赤っぽく見えるところもあるので、まだ膨らんでいるのかもしれない。
レンゲに埋もれて見づらいです。

2010年5月 2日 (日)

帰ってきました

Img_1010

今日、昼過ぎに出水に帰ってきました。
すぐにその足で荒崎に直行。
この前の場所の近くで、ナベヅル2羽を見つけました。
ぎりぎりライブカメラに写るかなあ?というところ。

Img_1014

足コブの方は、草陰に隠れてコブがあまり見えません。
大きくなっているような気がするけど・・・どうなんでしょう?

Img_0991

羽の状態が悪い方は、常に羽づくろい。
気にしている様子です。

傷負ったマナヅル、専門家「見守って」唐津市浜玉町

傷負ったマナヅル、専門家「見守って」唐津市浜玉町 佐賀新聞 (4/30付)

4/25に唐津市浜玉町横田地区に、足に傷を負ったマナヅルが舞い降りているのが発見された。
短時間なら飛ぶこともでき、専門家は「保護しなくても大丈夫だろう。そっと見守って欲しい」と話している。

このツルは足の状態が似ているので、4/9に行方がわからなくなった出水の東の地区にいたマナヅル2羽のうちの1羽だと思います。
R05と一緒だったはずなのだけど、帰れたのでしょうか?
このツルは、意外と人が思っているよりかは飛べるので、人が入り込めばまた移動するのではないかな?

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ