フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« 冬間近 | トップページ | 星空観察会 »

2010年11月18日 (木)

博物館がやってきた

Cimg1756

朝の内快晴。2時頃から雲が広がりだした。
夕焼けは真っ赤。

10時30分頃 観察センター前 15.2℃ 東 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
         南南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
           南 1m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
    南東 1m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 5℃
     北東 2m/s
     視程 0.6km

Img_8018

朝の観察センター前
ちょっと遠いなあ~昼頃には、もう少し前によってきていたのだけど

Img_8023

二番穂食べ放題

Img_8025

お昼前、高尾野川に降りたマナヅル2羽。

Img_8043

しばらくの間ダンスをしたり、中州をうろうろ。

Img_8063

東干拓へ移動してきたマナヅルとクロヅル混合グループ。

Img_8016

朝一番、ヒシクイが東干拓のねぐらにいました。
カモはいなくなっていたから、見えやすかったですよ。

Img_8080

蛇淵川にて、ハマシギがお昼寝中

Cimg1748

本日より21日日曜日まで、出水市武道館にて「博物館がやってきた」が開かれています。今日は初日と言うこともあってか、小学生や中学生が見学に訪れていました。
剥製や標本の展示や実験も行われているようでした。
明日、11/19はクレインパークで星空観察会と出水の自然に関する講演会が行われます。

Cimg1755

ヤマセミのほかに、サシバやハヤブサも展示されてましたよ。実際には、こんなに近くで見ることはないからうれしかったなあ~

« 冬間近 | トップページ | 星空観察会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
無料ブログはココログ