フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

Cimg2605

5月終わり。
寒いような蒸し暑いような。

そして、初めて双眼鏡を忘れた!
家で9時過ぎにやっと鳴き始めたシジュウカラを見て、そのまま机において来てしまった・・・双眼鏡がないとテンションものすごい下がるモンですね。

10時15分頃 観察センター前 22.8℃ 北東 0.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 10℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 5℃
           南南西 10m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 13℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 16℃
     東北東 3m/s
     視程 1.8km

Img_2571

荒崎東干拓の鳥は、サギ類・ツバメとヒバリが鳴いてるくらいしか見えない。
東干拓では、ジャガイモの収穫が始まっていた。

Img_2564

東干拓の貯水池で睡蓮が咲き始め。

野鳥の鳥インフル沈静化 6月1日から警戒レベルを通常に

野鳥の鳥インフル沈静化 6月1日から警戒レベルを通常に 産経ニュース(5/31付)

環境省は31日、今シーズンの野鳥の高病原性鳥インフルエンザの発生が沈静化したとして、6月1日に3段階で表される警戒レベルを警戒時の「2」から通常時の「1」に引き下げると発表した。

2011年5月30日 (月)

Cimg2604

台風一過

10時45分頃 観察センター前 21.3℃ 北東 2.3m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 9℃
         南 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 6℃
           南南西 5m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
     北東 2m/s
     視程 1.8km

Img_2531

朝起きてから夕方までずっと、シジュウカラ4~5羽?が家の周りで飛び交っていて、鳴いてました。

Img_2532

あちこちを見ながら?首をかしげつつ鳴きつづてた。

Img_2538

東干拓で、ミサゴとハシブトガラス
ミサゴがカラスに警戒気味。

Img_2551

正面顔はおかしい。

2011年5月29日 (日)

Cimg2602

台風も去って?うっすら青空が透けて見える。
風はまだひどいし、雨も時々ばらばらと降る。

サギ類が、風が収まったのを見計らって飛んで移動しているのが見えた。

10時45分頃 観察センター前 20.6℃ 北北東 6.5m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 11℃
         東南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 7℃
           南 9m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 14℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 16℃
     北東 2m/s
     視程 1.8km

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組 テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送

朝の6時からのをビデオで撮って見ました。
(実は起きたら6時半!)

すごく良かったです。
鹿児島の放送が一番早かったみたい。
鳥フル関連として、すごくおすすめなので見てください。

ハクチョウの鳥フル症状の動画も出てきます。
獣医の方が飛来地に常在して野鳥の状況を見ることは、周りの関係者も心強いだろうなととてもうらやましく見ました。

抜粋。全国の朝日系TV局にて放送しています。
九州朝日放送 次の週(日)26:25~26:55
熊本朝日放送 (火)26:15~26:45
長崎文化放送 (月)25:55~26:25

山口朝日放送 (月)25:38~26:08

テレビ朝日 (月)26:40-27:10

25時とか26時表示に注意して是非見てみてください。

また、CSの朝日ニュースターでもこの番組自体の放送(水曜日の23:15~)はされているようですが、一部と言うことらしいです。タイトルを見ていると、2週遅れくらいなのかな?

2011年5月28日 (土)

Cimg2601

台風の影響か、午前中すごい雨。
蛇淵川河口で潮干狩りする人1名・・・
田んぼを耕している後を追いかけるサギ類しか見かけない。

10時15分頃 観察センター前 19.7℃ 北北東 4.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 13℃
         北北西 2m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
           南南東 4m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 16℃
     北東 2m/s
     視程 0.9km

TV情報

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間

2011年5月27日 (金)

Cimg2600

曇り時々雨。台風2号どうなるんでしょう?

10時40分頃 観察センター前 23.2℃ 南西 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 11℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
           南南東 5m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 13℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
     北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_2451

西干拓でホオジロ。
カワラヒワも一緒にいました。

Img_2500

東干拓の貯水池にカイツブリ2羽。
カップルみたいです。
鳴きあってました。

Img_2516

水浴び。
小さいからか、こんな姿勢でするんですね~。

TV情報

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間

2011年5月26日 (木)

Cimg2599

夕べはボウボウ音を立てるすごい風が一晩中続いた。
雨が降ったり止んだり。

10時半頃 観察センター前 20.6℃ 北東 0.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 12℃
         東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
           南東 7m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 15℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 17℃
     東 2m/s
     視程 1.8km

Img_2403

朝、東干拓を通っていたらアオサギと一緒にヘラサギがいました。車を止めて窓を開けたら、蛇淵川方面へと飛んで行ってしまった。
若い個体みたいですね。

Img_2414

今日も続々と、荒崎の田んぼにサギ類が集っていた。
風で羽が乱れてるよ~

Img_2421

そろそろ巣作りしてるだろうと、蕨島の北の方に行ってみたらたくさんのサギたち。

Img_2419

雨も降っていて、じっとしてるのが多い。

Img_2425

これは巣なのかな?
今度は晴れてる日に行ってみます。

Img_2437

帰り際に思いついて東干拓の堤防沿いの田んぼを見て回ったら、オグロシギが1羽だけいました。左足がちょっと悪い歩き方。

Img_2440

大きなタニシのような物を、大口開けて無理矢理飲み込んでいた。くちばしの根元の所まで来たところで、入らない様子でそのままじっとしていたのだけど、ようやく飲み込んだところ。喉の所がぽっこりと大きくなってました。

TV情報

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間

2011年5月25日 (水)

Cimg2598

雨が続きます。

10時半頃 観察センター前 20.6℃ 北北東 2.2m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 9℃
         南南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 24℃ 最低気温 10℃
           北 3m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 14℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 16℃
     北東 2m/s
     視程 1.1km

Img_2386

背中に雨粒。

Img_2390

荒崎橋付近で、キアシシギが2羽採餌中。

Img_2396

ちーちーちーとかわいらしい声につられて見てみたら・・・

Img_2401

この子がいました。
その後データをT先生に見ていただいたら、シジュウカラのヒナということだった。

車でかなりの距離まで近づいたとき、気がついたのだった。
望遠レンズのピントがぎりぎり合う距離で、ヒナもびっくりしてるのかびくとも動かず「ちーちーちー」と鳴き続けていたので、この姿勢・角度の写真しか取れずじまいです。
ぎっくり腰か?っていう姿勢だったので気になったけど、3分ほどたってからいきなり飛んでいきました。巣立ちの季節なのかな?

TV情報

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間


2011年5月24日 (火)

Cimg2597

肌寒い。小雨ぱらつく。

10時頃 観察センター前 20.6℃ 北北東 2.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 25℃ 最低気温 8℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 6℃
           南南東 6m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
    0m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
     北北東 1m/s
     視程 2.0km

Img_2338

蛇淵川でキアシシギが何羽か。
今日は鳥がいる~とうれしくなる。望遠レンズは濡れるけど。

Img_2346

遠くの波打ち際にはセイタカシギ1羽。

Img_2364

高尾野川にキアシシギが集ってました。
雨でひとやすみなのかな。

Img_2367

荒崎に、最近やっとアマサギがそれなりの数入ってくるようになりました。寒いせいか、農家の方の植え付けも遅れている様子。

Img_2372

濡れちゃって羽がぺったりアマサギ。

Img_2383

蛇淵川の沖をすぅーーーーーっと飛んでました。
クロハラアジサシかなあ?1羽でした。

TV情報

北海道テレビ制作の、北海道の今冬の鳥インフルエンザのドキュメンタリー番組

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間

2011年5月23日 (月)

梅雨入り

Cimg2596

朝から雨。
今日、九州南部の梅雨入りが発表されました。
平年よりも8日早く、昨年よりも20日早いらしい。
雨が続くと、鳥見するのも写真とるのもちょっとおっくうになるね。

10時50分頃 観察センター前 20.8℃ 北東 2.5m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 4℃
         東北東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 6℃
           南南東 8m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 11℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
     北東 1m/s
     視程 2.0km

昨日書いた、北海道テレビ制作の鳥フルの番組は、鹿児島ではKKB鹿児島放送が放送するらしいです。

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」
KKB鹿児島放送
5/29 AM 6:00~6:30 放送

ちなみに、東京ではテレ朝で 5/31 AM 2:40~
全国の朝日系列で見られるようです。

系列局での放送時間

しかしこの深夜番組の25時とか26時とか27時とか!
表記にむかむかする物がありますね。
昔は、よくこの時間のテレビ番組の予約録画を間違えた記憶がありますよ。

2011年5月22日 (日)

Img_2330

朝、激しい雨。
10時過ぎくらいからだんだんと回復。

雨の中、鳥は見られず。

9時50分頃 観察センター前 22.7℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 2℃
         北西 2m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
           北 3m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 8℃
    0m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 11℃
     東北東 2m/s
     視程 1.5km

テレメンタリー2011「タマゴが消える日 この冬日本を渡った脅威」 HTB北海道テレビ
6/5 深夜1:30~放送

これ見たい!
北海道の鳥フルのドキュメンタリー番組らしいです。

出水は報道があまりにも過熱しすぎて報道関係を閉め出したので、こういうのはできないだろうな。しかし、あおり文句でナベヅルが出てしまうのは仕方のないことなのか?ナベヅルが運んできて全国に広がったわけではないと思ってるんですけど。

2011年5月21日 (土)

何にもない日

Cimg2595

曇り時々雨。

9時50分頃 観察センター前 26.8℃ 南西 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 2℃
         北東 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
           西 2m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 12℃
    北西 1m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 15℃
     西北西 2m/s
     視程 0.3km

何にもない。
田んぼの作業をされている農家の方が少し。
トラクターについてくサギ類、カラス類。
のどかで、あまり鳥も見かけず。

2011年5月20日 (金)

サギ類

Cimg2594

曇り。湿気が多い風。

10時20分頃 観察センター前 26.4℃ 南 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 5℃
         西 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 6℃
           北 6m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 14℃
    西南西 2m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 16℃
     南南西 8m/s
     視程 1.2km

Img_2315

ツルがいないシーズン、始まりました。
が、野鳥も少な~い!

アオサギが何故か片足で立ってた。

Img_2322

江内川の河口では、アオサギの群れの中に座り込んでる1羽。どこかおかしいんだろうか?見てる間動きませんでした。周りにいるアオサギも、じっと座っているアオサギを見ているみたいだった。

Img_2324

アマサギ。
目元と足がちょっとだけ赤っぽかったですよ。

オグロシギが群れで入っていたらしいけど、見つけきれず。

鳥インフルでツル移送見送り

鳥インフルでツル移送見送り 中国新聞(5/20付)
ナベヅル移送、春は見送り 鹿児島・出水のインフル影響 朝日新聞(5/19付)

山口県周南市のナベヅルの飛来数を増やそうと出水の保護ツルを移送する事業が、鳥インフルエンザの影響で準備が遅れ今春は見送られた。

2011年5月19日 (木)

居残りヅル捕獲

Cimg2577

快晴

9時半頃 観察センター前 22.2℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 9℃
         東南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 6℃
           南 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 14℃
    南 3m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 17℃
     南 2m/s
     視程 1.5km

Img_2306

朝一番、いつもの田んぼにいる羽が折れてる成鳥。
こちらを見てなにかしら感じているんだろうか?
首かしげてます。

何となく心が通じる気がして、平常心平常心と思いながらシャッターを切る。

Cimg2578

センター駐車場で県ツル保護会の方たちと捕獲の準備をしてツルの所に戻ってみると、東側の道を越えて今までいたことのない田んぼへと移動していました。
珍しい。
何かしら感じるところがあったんだろうか?

Cimg2579

3方を網で囲んで(もう一つの辺は水路)じりじりと追い詰めようとすると、こんな勇ましい格好で辺りを警戒。

Cimg2580

網の方にじりじりと追い詰めます。

Cimg2581

ツルは全然飛ぼうともせず、早足で歩くばかり。
(早足がすごかったですが!)
ランチャーネット発射。
うまくツルにかかって、身動きができなくなったみたい。

Cimg2582

それでも人が寄ると、精一杯の威嚇。
この後捕獲されました。

Cimg2587

頭の裸出部を撮らせてね。
何故か頭に枯れ葉?が・・・
タンチョウの裸出部に似てるかなあ?

Cimg2593

この後すぐに保護センターに運ばれ、保護ケージに収容されました。元気に歩き回っていましたよ。これで荒崎のツルは0羽になりました。

鹿児島県・出水市共に鳥フル対策本部も昨日解散し、今現在把握されている出水の居残りツルも0羽になりました。
これで去年の年末から続いたツルの鳥インフルも収束したといえるのでは無いかと思います。

Img_2310

蛇淵川の中州には、サギ類がたくさん。
その中に1羽だけクロツラヘラサギがいました。
見つけづらいって。

鳥インフル対策本部解散 県と出水市

鳥インフル対策本部解散 県と出水市 読売新聞(5/19付)

鹿児島県と出水市は18日、昨年12月から設置していた高病原性鳥インフルエンザ対策本部を解散した。

今月9~12日の清浄検査でも異常がなかったため、3ヶ月間の監視を終了しツルの北帰行が終わったことを踏まえ対策本部を解散し、出水市も県に合わせて解散した。

2011年5月18日 (水)

麦秋

Cimg2571

快晴。初夏らしい陽気。

10時50分頃 観察センター前 21.6℃ 北東 1.8m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 2℃
         東北東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 6℃
           南南東 10m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 10℃
    南 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 13℃
     北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_2261

荒崎の田んぼに居残りナベヅル1羽。

Img_2265

歩いていたのがふと立ち止まり、ばさばさと羽ばたき。

Img_2266

そのまま羽ばたきながら、3歩走るように・・・
歩いただけでした。
飛びたいけど飛べない?

Img_2278

同じ田んぼに、カラスが10羽ほどいたのも気になる。

Img_2296

蛇淵川河口に、アカアシシギ?
最近、識別の自信がまーったく無くなってます。
季節の変わり目とかもう頭がぐらぐらですよ。

Img_2240

キジが蛇淵川の堤防際にいました。
威嚇されてるのか?

Img_2251

飛ぶのを見たくてじっと待ってたら、ふっと堤防に沈んで
飛んで行きました(涙)

Cimg2576

東干拓は麦秋
晴れていると本当に黄金色にきらきらしてキレイ。

2011年5月17日 (火)

Cimg2570

曇り

10時15分頃 観察センター前 21.2℃ 西 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 1℃
         南 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 6℃
           南東 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 10℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
     0m/s
     視程 2.0km

Img_2221

辺りは農家の方が作業されていて、耕耘機の音とヒバリの声。

Img_2228

音、聞いてます。

Img_2225

落ち着くと食べ始めました。

Img_2219

耕耘機の後を付いてあるくサギ類たち。
アマサギもこうやってあちこちにいましたよ。
増えてます。

2011年5月16日 (月)

Cimg2569

曇り。

10時35分頃 観察センター前 19.7℃ 北北東 0.5m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 3℃
         南 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           南西 2m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
     南南西 4m/s
     視程 0.6km

Img_2159

荒崎の田んぼに居残りのナベヅル1羽。

Img_2169

今日は、この田んぼの道向こうで農家の方が堆肥の散布作業中。がたがたと音がする度にそちらを凝視してました。

Img_2175

東干拓の貯水池で、すいすいとバンが遊泳中。

Img_2177

蛇淵川河口は、ずいぶんとシギチの数が減ってました。
アオアシシギやキアシシギがエサを採ってるのを横取りしようと、コサギが追いかけてました。自分でエサ取りなさいよ~

Img_2210

だんだんと潮が満ちてきて、アオアシシギが寄ってきました。こちらが気になるみたいで、おしりをフリフリして警戒してました。近くにあった石の上に止まりたかったみたい。

2011年5月15日 (日)

Cimg2537

晴れ。

7時頃 観察センター前 17.3℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
         北北東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
           南 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 9℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
     南南西 3m/s
     視程 2.0km

Img_2136

今日も荒崎に1羽のみ。
やっぱり、昨日の朝に他のツルは北帰行したんだろう。

Img_2138

車が見えたので、羽を広げて歩いて田んぼの少し奥の方に避難。
羽がおかしいのがはっきりわかる。
骨折した後、変にくっついてしまったんだろう。

Img_2142

羽をしまうと、こんな感じに垂れ下がって見える。

Img_2153

あぜに立って羽づくろい。
カラスよけスズメよけが良い目隠しに。

Cimg2561

藺牟田池で行われた日本野鳥の会の探鳥会(今回は自然観察会も兼ねていたみたい)に参加してきましたよ。ベッコウトンボ!遠かったけど見ることができました。今年は去年の渇水の影響で数は少ないそう。私の個人的な目的のコゲラも見ることができて楽しんできました。

探鳥会自体は、参加費は一家族100円で野鳥の会会員ではなくても参加できるようです。
南日本新聞の水曜日のイベント欄に予定が掲載されているようです。
鳥に詳しい方が多い中での鳥見は、なかなかにおもしろかったですよ~興味のある方は参加されてみては?

2011年5月14日 (土)

北帰行?

Cimg2532

晴天。

9時50分頃 観察センター前 21.1℃ 北 2.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
         東北東 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           北 4m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
    南 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
     南南西 3m/s
     視程 1.5km

Img_2084

10時前に到着して荒崎の田んぼを見て回ったけど、羽の悪い成鳥1羽しか見当たりません。他の2羽は北帰行した?

Img_2024

車やカラスなどの鳴き声に対する反応は、かなり敏感になりました。
辺りを見回してクゥクゥと鳴くけれど、他のツルはいません。
水を飲む。
緊張してるんだろうな・・・

Img_2034

そんなに飛べもしないのに、羽ばたきを始めたので早々に引き上げてきました。
2羽は北帰行していればいいなぁ。
残った1羽は元気で夏を越してくれればと願っています。

Img_2068

荒崎の田んぼにいたセイタカシギ。
ものすごーく近くで見られてラッキー

Img_2090

東干拓の田んぼにバン。

Img_2107

オグロシギ+セイタカシギ

Img_2119

カラスに追われて?固まって行動するハマシギ。

Img_2113

ハシボソガラスかな?
口の中が赤い~
この後、手前のカラスからエサをもらってました。
幼鳥かな?

2011年5月13日 (金)

Cimg2531

天気ちょっと回復。

10時頃 観察センター前 20.7℃ 北北西 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
         南南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 2℃
           南 2m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
     南西 2m/s
     視程 1.2km

Img_1838

荒崎の居残り3羽のうちの足が悪い成鳥。
他の2羽とは田んぼ2枚離れて、農道に囲まれた田んぼにいました。
カラスと一緒?

Img_1872

悪い方の足で頸をかく。
初めて見ました。
頭はかけるのかな?

Img_1884

足に体重をかけないように、羽ばたいて短い距離の場所移動。

Img_1839

他の2羽も離れつつもずっと食べてる。

Img_1844

ヒバリやカラスが鳴けば、頭を上げて周囲を警戒。そして足が悪い成鳥の方を見る。

Img_1975

ツルを見ていたら、T先生から電話。
蛇淵川にアカエリヒレアシシギが来てるとのこと。
シギチたくさん来てました!

Img_1957

アカエリヒレアシシギは泳いでました。
本当に首周辺が赤いですね~
そのうちに他のシギチに紛れて見失ってしまう・・・
たくさんいると、見るのが難しいですね。

Img_2019

他には、セイタカシギがいたり

Img_1979

オグロシギがいたり、トウネンやアオアシシギはうろうろしてるし。
見てると時間があっという間に過ぎてしまいます。

2011年5月12日 (木)

Cimg2530

雨霞で雨掛山が全く見えない。

10時40分頃 観察センター前 20.3℃ 南 2.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 3℃
         東南東 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 4℃
           南南東 8m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
    東 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 12℃
     北東 1m/s
     視程 2.0km

Img_1797

今日も、3羽一緒。

Img_1805

羽づくろいしてあげてる。
よい子だね。
足の悪い成鳥は、頭かきができないから

Img_1809

見守ってるつもり

Img_1812

頭をあげて警戒。

Img_1825

今日も荒崎にウズラシギとタカブシギがいました。
タカブシギは数が少なくなってた。

2011年5月11日 (水)

Cimg2529

雨が降ったり止んだり。風も強い。

9時50分頃 観察センター前 26.1℃ 南南西 4.6m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 1℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
           西北西 1m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
    東 1m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 15℃
     東 4m/s
     視程 0.9km

Img_1642

農道からかなり近い田んぼに3羽いました。
雨で人や車通りも少なくて安心してるんだろうけど、足が悪いツルはこんなに道路近くに座ってていいんだろうか?

Img_1648

亜成鳥と羽が悪いツルは、あぜに立って強い風に耐えてました。

Img_1664

風が弱くなると、羽づくろいや伸び。
ヒバリが鳴き出すと、辺りを見回して警戒するのは何故?

Img_1622

トラクターのあとをついて回るサギ類。
今年はアマサギが少ない感じがする・・・

Img_1763

蛇淵川にシギチがいろいろ。ダイサギとオグロシギ
オグロシギが大き目のシギチと言っても、サギに比べればこれくらい。

Img_1779

水浴び後のばさばさ

Img_1751

風に耐えてます。

Img_1768

一緒に見るとサイズの違いがわかるね~

Img_1745

ハマシギがぷくぷくしてました。
またどこかへ飛んで行くんだろうな。

2011年5月10日 (火)

愛鳥週間

Cimg2526

愛鳥週間(5/10~16)始まりました。
曇りのち雨ですが。

荒崎にタカブシギとコアオアシシギ?とウズラシギ?がいました。

10時頃 観察センター前 25.8℃ 南南西 3.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 1℃
         北北東 6m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 8℃
           北北西 2m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 14℃
    北 2m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 15℃
     東 3m/s
     視程 0.3km

Img_1461

荒崎の田んぼ、農道からすご~く近い場所に居残り3羽いました。

Img_1465

羽が悪い成鳥

Img_1491

足が悪い成鳥

Img_1498

亜成鳥

Img_1512

あんまり近すぎなのでちょっと離れてみていると、10時08分亜成鳥が周辺をぐるりと飛んで同じ田んぼに着地。そしてまたすぐ11分頃亜成鳥が田んぼ半分くらい飛んで移動。その後は、落ち着いて採餌していたのだけど・・・

Img_1517

10時18分、今度は足が悪い成鳥が田んぼ5枚分くらい?飛んで移動。

Img_1522

残された2羽は、「クッ」「ク」と何か話しているように鳴いて

Img_1529

その後亜成鳥が、足の悪い成鳥のいる田んぼへ飛んで移動していった。

Img_1539

その後すぐ、羽が悪い成鳥が何度もジャンプのように飛んで着地を繰り返して2羽の元に移動していった。写真のジャンプの高さがMAXの高さ。ほとんど飛べてませんでした。

2011年5月 9日 (月)

北帰行の予行練習?

Cimg2525

むしむし暑いです。

10時40分頃 観察センター前 28.2℃ 南南西 1.9m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
         東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 5℃
           南南東 9m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 13℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 15℃
     北東 3m/s
     視程 1.0km

Img_1418

朝、Iさんから電話。
足の悪いのと亜成鳥の2羽が9時39分、北帰行のように野口港方面へと飛び、2分後に荒崎に戻ってきたとの情報。

GW明けの北帰行。
天気が良くなれば2羽は帰りそうですね。

Img_1432

11時前の3羽。
亜成鳥と羽が悪いナベヅルは、ずっと食べてました。

Img_1436

座ったままの足が悪い成鳥は、ときどき暑そうにクチバシを開けて息をしてるみたい。

Img_1455

帰るためにたくさん食べなきゃね。

Cimg2485

昨日平川動物園で撮ってきた裸出部シリーズ。
タンチョウ

Cimg2516

カナダヅル

Img_1365

マナヅル

Img_1392

ソデグロヅル

Img_1414

クロヅル

ナベヅルは飼育されていないのでナシ。

2011年5月 8日 (日)

礼文島にタンチョウ飛来 

礼文島にタンチョウ飛来 生育域拡大 秋田で越冬の成鳥か 北海道新聞(5/8付)

マナヅルの転卵

タンチョウの転卵

平川動物園の卵

Cimg2463

曇り。

9時10分頃 観察センター前 20.7℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 1℃
         北 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 6℃
           北 3m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 9℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
     0m/s
     視程 0.3km

Img_1299

荒崎の居のこりナベヅル3羽。
足が悪いのは、また座り込み。
元気がなさそう?見ている間は食べてませんでした。

Img_1292

雨がちょっと上がって羽づくろい中の2羽。

Img_1295

ばさばさっと羽ばたきします。

Img_1311

亜成鳥も羽ばたき。

Img_1397

平川動物園のツルたちを見に行ってきました。
マナヅルが卵1個産んでましたよ。

Cimg2493

タンチョウも卵1個。
転卵中

Cimg2477

アネハヅルも卵1個。
2羽してケージ内うろうろしてたけど、どちらが暖めるのか?駆け引き中?
いつ頃産んだんでしょう?去年は今頃行ったらもうヒナが生まれていたと思うんだけど、今年は遅れたのでしょうか?
ヒナが生まれるのが楽しみです。

Cimg2468

いちゃいちゃしていたハゴロモヅル。
グルーミングしてあげてたんだろうか?ずーっと羽をつついていました。されてる方も気持ちよさそうに目を細めていましたよ。卵はまだ産んでいないようでした。

Img_1338

独り者のソデグロヅルはふて寝?

2011年5月 7日 (土)

Cimg2462

どよんと曇り

10時40分頃 観察センター前 25.5℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 5℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 2℃
           南南東 9m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
    南西 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 13℃
     西北西 4m/s
     視程 0.3km

Img_1207

昨日と同じ田んぼに3羽。
足が悪いのと、他2羽はちょっと離れて行動。

Img_1211

2羽は、ずーっと食べてます。

Img_1208

足が悪いのは、辺りを飛び回っているツバメなんかが気になる様子。

Img_1224

荒崎の田んぼに10羽ちょっと?のタカブシギ。
昨日もいたグループ?

Img_1221

1羽だけコアオアシシギ?が混じってました。
何食べてるんでしょう?

Img_1284

タカブシギカップル?をじっと見つめる・・・

2011年5月 6日 (金)

Cimg2461

曇りときどき雨。

10時40分頃 観察センター前 20.7℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 3℃
         南南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 2℃
           南 12m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 15℃ 最低気温 9℃
    南東 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 12℃
     東 7m/s
     視程 1.5km

Img_1192

荒崎のいつもいた田んぼよりも北に3枚移動した所に、居残り組ナベヅル3羽がいました。田んぼのエサを食べ尽くしたのか?人が入ったのか?

Img_1188

足が悪い成鳥はずっと座って頭を羽に突っ込んだまま。調子悪いのかな?

Img_1189

亜成鳥と羽が悪い成鳥は、ずっと食べてます。

Img_1197

首がかゆいの。
頭をかくときは、3本ある内の真ん中の指を使ってかいてるみたい。

Img_1179

荒崎でタカブシギ7~8羽?いました。他にもいたかも?
エサを食べてるとき、まぶたを閉じてますね~。

Img_1202

タカブシギガいた田んぼに、こっそりタシギ?も隠れてました。

2011年5月 5日 (木)

Cimg2460

ぱらぱら小雨。

10時40分頃 観察センター前 18.5℃ 北北東 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 1℃
         西南西 8m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
           南 5m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 9℃
    南東 4m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
     東北東 5m/s
     視程 2.0km

Img_1078

ナベヅル3羽、また荒崎の田んぼに固まってます。農家の方の車も止まっていたりするので、くっついてるのかなあ?

Img_1113

足の悪い成鳥が座ってました。
草丈が高くなってきていて、ぐっと首を伸ばした状態で頭がこのくらいしか出てません。座り込んで寝てたり、首を縮めたりしていると見えなくなってしまうかも?

Img_1145

草の茎の横からちぎってたべる。

Img_1087

舌を上手に使って草をつかむ。

Img_1156

東干拓にチュウシャクシギが1羽いました。
お食事中。

Img_1163

土手を歩いて移動

Img_1171

ホ ピピピピピピピと鳴きながら飛びます。

2011年5月 3日 (火)

Cimg2459

くもり。
里帰りの前に荒崎に寄ってみました。

7時半頃 観察センター前 18.3℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 0℃
         北北東 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 12℃ 最低気温 5℃
           南 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
     南西 1m/s
     視程 1.0km

Img_1055

いつもの荒崎の田んぼにナベヅル3羽。
ちょっと緊張気味。
7時半でも同じこの田んぼなんですね。
どこで寝ているんだろう?

Img_1033

荒崎でムナグロ。他にもたくさんの渡り鳥が来てるかも?

Img_1070

東干拓に前日からいたシギチ混群は、そのまま同じ場所にいました。

2011年5月 2日 (月)

Cimg2458

晴れているけどすごい靄です。視界は悪い。

10時50分頃 観察センター前 18.6℃ 北東 1.1m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 0℃
         北北東 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 3℃
           北 3m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
    東 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
     東 3m/s
     視程 0.5km

Img_0824

荒崎のいつもの道路際の方の田んぼに3羽。
食べて回ってるのは、亜成鳥。
2羽は座り込んでます。わかりますか?

Img_0825

首だけぴょこん

Img_0826

こっちにも

Img_0833

手前の道をいくと、やれやれといった感じで2羽とも立ち上がっちゃった。

Img_0848

そしてすぐ食べ始めました。

Img_1026

東干拓にたくさんのシギチがいましたよ~。
T先生によると、2~3日前から来ていたらしい。

オグロシギ。足が悪いのが1羽混じってました。
足が悪いのは警戒心が強いみたいで、1羽だけちょこちょこ飛んでました。

Img_1014

コアオアシシギとタカブシギ。
他の鳥が食べてるものが気になるんですかね?
じっと食べてるのを見てるようにみえましたが・・・

Img_0944

ヒバリシギかな?
食べる瞬間って、まぶた閉じてる時が多い気がする。

Img_1004

キリアイ、家で写真を見て確認できました(涙)
現場で確認したかった・・・もうちょっと見たかったよ~

2011年5月 1日 (日)

Cimg2457

朝の内、ちょっと雨。

10時25分頃 観察センター前 20.1℃ 西 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 -2℃
         北北東 6m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 11℃ 最低気温 3℃
           北 3m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
    西 3m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 12℃
     南西 5m/s
     視程 0.2km

Img_0788

今日も荒崎にナベヅル3羽。
足の悪いのは、2羽とは田んぼ2枚離れて座り込み中。

Img_0803

その後、起き上がって羽ばたきをして羽づくろい。

Img_0789

羽の悪いのと亜成鳥が一緒にいて、採餌中。

Img_0794

車がこちらに向かって走ってきた時、200M程離れたところ位から頭をそちらに向けて警戒する亜成鳥。赤い車だったからなのか?反応が早い。

Img_0760

朝通りかかったとき、蛇淵川は鳥を見るのにはちょうどの潮加減。
キアシシギがこちらに向かってどんどん歩いてやって来ていた。

Img_0775

トウネンやハマシギも一緒。
その他、遠くの波打ち際にキョウジョシギが2羽いるのが見えていたけど寄ってこなかった。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ