フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 愛鳥週間 | トップページ | »

2011年5月11日 (水)

Cimg2529

雨が降ったり止んだり。風も強い。

9時50分頃 観察センター前 26.1℃ 南南西 4.6m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 1℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
           西北西 1m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
    東 1m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 15℃
     東 4m/s
     視程 0.9km

Img_1642

農道からかなり近い田んぼに3羽いました。
雨で人や車通りも少なくて安心してるんだろうけど、足が悪いツルはこんなに道路近くに座ってていいんだろうか?

Img_1648

亜成鳥と羽が悪いツルは、あぜに立って強い風に耐えてました。

Img_1664

風が弱くなると、羽づくろいや伸び。
ヒバリが鳴き出すと、辺りを見回して警戒するのは何故?

Img_1622

トラクターのあとをついて回るサギ類。
今年はアマサギが少ない感じがする・・・

Img_1763

蛇淵川にシギチがいろいろ。ダイサギとオグロシギ
オグロシギが大き目のシギチと言っても、サギに比べればこれくらい。

Img_1779

水浴び後のばさばさ

Img_1751

風に耐えてます。

Img_1768

一緒に見るとサイズの違いがわかるね~

Img_1745

ハマシギがぷくぷくしてました。
またどこかへ飛んで行くんだろうな。

« 愛鳥週間 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛鳥週間 | トップページ | »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ