フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | タンチョウの転卵 »

2011年5月 8日 (日)

平川動物園の卵

Cimg2463

曇り。

9時10分頃 観察センター前 20.7℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 14℃ 最低気温 1℃
         北 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 6℃
           北 3m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 9℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
     0m/s
     視程 0.3km

Img_1299

荒崎の居のこりナベヅル3羽。
足が悪いのは、また座り込み。
元気がなさそう?見ている間は食べてませんでした。

Img_1292

雨がちょっと上がって羽づくろい中の2羽。

Img_1295

ばさばさっと羽ばたきします。

Img_1311

亜成鳥も羽ばたき。

Img_1397

平川動物園のツルたちを見に行ってきました。
マナヅルが卵1個産んでましたよ。

Cimg2493

タンチョウも卵1個。
転卵中

Cimg2477

アネハヅルも卵1個。
2羽してケージ内うろうろしてたけど、どちらが暖めるのか?駆け引き中?
いつ頃産んだんでしょう?去年は今頃行ったらもうヒナが生まれていたと思うんだけど、今年は遅れたのでしょうか?
ヒナが生まれるのが楽しみです。

Cimg2468

いちゃいちゃしていたハゴロモヅル。
グルーミングしてあげてたんだろうか?ずーっと羽をつついていました。されてる方も気持ちよさそうに目を細めていましたよ。卵はまだ産んでいないようでした。

Img_1338

独り者のソデグロヅルはふて寝?

« | トップページ | タンチョウの転卵 »

平川動物公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | タンチョウの転卵 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ