フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | »

2011年5月14日 (土)

北帰行?

Cimg2532

晴天。

9時50分頃 観察センター前 21.1℃ 北 2.4m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
         東北東 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 2℃
           北 4m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
    南 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
     南南西 3m/s
     視程 1.5km

Img_2084

10時前に到着して荒崎の田んぼを見て回ったけど、羽の悪い成鳥1羽しか見当たりません。他の2羽は北帰行した?

Img_2024

車やカラスなどの鳴き声に対する反応は、かなり敏感になりました。
辺りを見回してクゥクゥと鳴くけれど、他のツルはいません。
水を飲む。
緊張してるんだろうな・・・

Img_2034

そんなに飛べもしないのに、羽ばたきを始めたので早々に引き上げてきました。
2羽は北帰行していればいいなぁ。
残った1羽は元気で夏を越してくれればと願っています。

Img_2068

荒崎の田んぼにいたセイタカシギ。
ものすごーく近くで見られてラッキー

Img_2090

東干拓の田んぼにバン。

Img_2107

オグロシギ+セイタカシギ

Img_2119

カラスに追われて?固まって行動するハマシギ。

Img_2113

ハシボソガラスかな?
口の中が赤い~
この後、手前のカラスからエサをもらってました。
幼鳥かな?

« | トップページ | »

コメント

母が、朝早く私のところにきて、ツルが2羽が飛んでるって言いに来たんです。ハルメモさんのblogを読んでたので、3羽が居残っているのは、知ってたけど、羽や足が不自由なのを知ってたので、サギと間違えたんじゃない?と言ってたんですが、今日blogを読んでびっくり。母が見たのはツルだったんでしょうか?

ゆうちゃん、こんばんは。
お母様が見たのは、ツルだったかもですね。北帰行する感じだったんでしょうか?それとも場所移動のような感じだったんでしょうか?気になります。

母の話によると、クレインパーク方向に飛んで行ったとのこと、どこに降りたったか見たかった~っと母は言ってましたよ。移動しただけではないでしょうか?北帰行?

あれー!そうだったんですか?
今日も荒崎はツル1羽だったですよ。
ちょっと広範囲に見てみないといけないですね。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ