フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« お留守番 | トップページ | 第3陣が到着? »

2011年10月16日 (日)

韓国のニュース

[チャンネルA レポート] DMZ 捜した真鶴 dongA.com (10/12付)動画有り

江原道(カンウォンド)、鉄原郡(チョルウォングン)DMZ近隣7日午後に、今年初めてマナヅルが飛来しました。鉄原(チョルウォン)DMZ一帯には、来月2000匹余りのタンチョウが集まって壮観を作り出すと見られます。

紅島評最古参のマナヅル,夫婦の手に負えない冬過ごし
 (10/6付)

紅島に毎年越冬に訪れて今年で19年目のマナヅル夫婦が、今年は子どもを連れてこなかった。漢江河口周辺の広い農耕地はマナヅルの主な渡来地だが、最近農耕地埋め立てなど急激な環境変化している。

京幾道金浦市紅島平野は、1980年代後半影を潜めたマナヅルが1992年12月紅島評で7羽が越冬するのが確認され、その後19年間保護努力を続けた。おかげで最大120羽までに増えたが、無分別な農地埋め立てで今は20数羽が紅島評で越冬する。

マナヅル1千羽あまり、鉄原平野に飛来 江原日報(10/12付)

マナヅルは毎年9月末から10月始めに鉄原平野に初渡来しているが、今年は寒波が来るのが早く、例年よりも10日あまり早い先月中旬から集り始め、あちこちでマナヅル1000羽あまりが採餌している。10月20日頃には、3000羽に上る見込み。

« お留守番 | トップページ | 第3陣が到着? »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お留守番 | トップページ | 第3陣が到着? »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
  • 3/11 ナベ450羽 クロ1羽
  • 3/10 マナ19羽 ナベ1,406羽
  • 3/4 マナ41 ナベ1624 クロ3 カナ4 ナベクロ3
  • 2/28 ナベ128羽
  • 2/27 ナベ21羽
  • 2/24 ナベ19羽
  • 2/23 マナ193羽 ナベ461羽
  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ