フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

大晦日

Cimg0004

朝の内、かすみ

7時頃 東干拓 5.8℃ 0m/s 1026hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -19℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
    南西 1m/s
    視程 0.6km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -5℃
     西 1m/s
     視程 0.4km

Img_0373

大晦日、大盤振る舞い

Img_0439

クロツラヘラサギたちもねぐらにいましたよ。

Img_0379

たくさん来てくれてる。
いつまでも、出水に来てその愛らしい姿を見せてね。

Img_0446

こっそり、田んぼの片隅にたたずむツルたちが好きです。

Img_0447

マナヅルカップル
性差なのか、こんなに体の大きさ違います。

Img_0462

羽ばたき、力強いね

Img_0482

お昼頃まで餌があった東干拓に、いっつも遠くにいるのを確認してた赤の452の足環のマナヅルが来てました。餌の力は絶大!

Img_0365

朝、寒くて寒くて、水場は靄が立ちこめていました。

Img_0363

霜が降りてたよ

ヒマラヤ越えるツル飛来 三沢 青森

ヒマラヤ越えるツル飛来 三沢 青森 朝日新聞(12/30付)

11/20から12月中旬まで、青森県三沢市の仏沼にアネハヅル成鳥1羽が飛来していた。

2011年12月30日 (金)

みそか

Cimg3432

朝の内、かすみ

7時頃 東干拓 7.3℃ 0m/s 1022hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -16℃
         南東 1m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -16℃
           北 10m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 -km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -4℃
     西北西 1m/s
     視程 0.4km

Img_0156

朝のねぐら立ち

Img_0160

そして、道路に撒かれた餌に一直線

Img_0170

すぐに田んぼに出て、餌を探すツルたちもいるよ。

Img_0190

鳴き声も白くなる

Img_0203

こどもたちだけでどこにいくの?

Img_0293

マナヅルの渦巻

Img_0253

今日は木に止まってたよ、ハイタカ

Img_0275

カワラヒワ飛んだ

Img_0341

モズもぷくぷく

2011年12月29日 (木)

久々

Cimg3431

快晴!いつもより少し暖かくて、鶴見もらくらく

9時頃 東干拓 7.2℃ 0m/s 1026hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -18℃
         西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -15℃
           北 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -8℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -3℃
     北西 3m/s
     視程 0.3km

Img_0071

朝9時には、撒かれた餌はもうそろそろ終わり。
早い!

Img_0083

足環探しに荒崎へ。
センター前の農道に、マナヅル赤449 ナベヅル赤303アンテナ付き マナヅル赤453 それと、センター農道横の田んぼにマナヅル赤452発見。今まで発見していたマナヅルのM78とかもいました。

鶴見食堂の屋上から写真を撮ると、私の500mmは農道と農道の間の田んぼはもう、数字がつぶれて読めない(涙)デジスコに進出するしかないのか?デジスコなのか・・・?むむむ

機材を運ぶのもちょっとぎりぎり。
デジスコだと、三脚一個でいいのもいいなあ・・・
あ~あ~

Img_0095

盛んに混んでる道路の真ん中で、縄張り争いをしています。
危ないよ!

Img_0101

こっちがゆっくりでいいや

Img_0125

ずらり

Img_0131

どうかどうか、空豆には手を出さないように!
防鳥糸にかからないように!

Img_0144

綺麗なツバサ

Img_0147

威嚇されておどろいた!

Img_0124

西干拓でハヤブサが何かを狙ってました。
どのくらい遠くにいる獲物を見つけたんだろうか?

2011年12月28日 (水)

Cimg3430

曇り。

7時頃 東干拓 7.3℃ 0m/s 1030hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -19℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
           南南西 1m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     北東 3m/s
     視程 1.0km

Img_9891

朝一の集団

Img_9914

西干拓にいるM91が、今日はたった1羽。
そして、ナベヅル3羽家族にひっついてました。
パートナーはどうした?

私の車と、別の角度からのバードウォッチャーの方々に挟まれて緊張気味。また、渡ってきてすぐの頃のように、こちらにむかって警戒の声をあげていました。

何があったんだろうか?
パートナー解消(失恋)?それともただただ、来るのが1羽おくれてるだけなんだろうか?

Img_0001

マナヅル幼鳥の頭の羽は、クチバシの先の方から変わってきてる?
白いダイヤマークみたい。

Img_0025

のぞいてごらん

Img_0028

Img_9950

ナベヅル幼鳥ようちえん
相変わらずの警戒心の薄さ!

Img_0064

今日は、赤60の足環ヅルを近くで見ることができました!
やったー証拠写真が撮れた!
今までは、遠く遠くにみるばかりだった。

赤シリーズ(中国で取り付けた足環)の最近渡来してきたらしい奴らは、まだまだ撮れてない・・R05マナヅルもきているらしいんだけど確認できない・・・
あぁー!
帰る頃までには探し出せて写真も撮れるんだろうか?かなり弱気。

Img_9958

川のたもと。
農道際にツルの影

Img_0045

群れからちょっと離れた田んぼの畦の上に、コクマルガラスの淡色型がいました。
きゅっと車を止めたら、飛んじゃった。カラスはやっぱり用心深い。

2011年12月27日 (火)

放鳥ヅル、一時行方不明 岩国の田んぼなどで発見

ナベヅル 放鳥ヅル、一時行方不明 岩国の田んぼなどで発見 周南・八代盆地 山口 毎日新聞(12/27付)

周南市教委は、11月に放鳥したメスのナベヅル1羽が12月24日に八代盆地から姿を消し、26日に12キロ離れた岩国市玖珂町の田んぼなどで発見されたと発表した。

今年もあと少し

Cimg3426

青空が広がりました。でも寒い~

7時頃 東干拓 4.9℃ 東 0.9m/s 1030hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -18℃
         南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -9℃ 最低気温 -16℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
     西北西 3m/s
     視程 2.0km

Img_9724

朝、すぐにえさ場へ直行するツルたち。
かなり近い場所に着地して、道路に上がるツルが増えてきた。
早い者勝ち。

Img_9733

川辺の小さな田んぼにマナヅル家族が降りていた。
この田んぼの上は車通りの少ない道路。
こんな所に!っていう場所。
人が注目しない場所をよく知ってる。

Img_9746

ここがかゆいの?

Img_9765

ZZZ・・・・

Img_9773

水おいしい?

Img_9782

車が来た!
どうやってやり過ごそうか?

Img_9809

たくさん餌があった場所でも、人の往来が激しくなると群れが無くなった。人が少なくなると、また再び集ってきた。

Img_9827

また、高尾野川の中州(だったところ)に降りてたナベヅル。だんだんと満潮になってきてる!

Img_9802

カワセミちゃん、青い背中が目立ってたよ。

2011年12月26日 (月)

暖まりたい

Cimg3425

こんな寒い日は、おこたで暖まりたい。
でも、ツルは見たい。
暖かい足湯につかりながらツルを見ることができたらいいのにー
かじかむ手・冷たくなった足の指先を感じると切実にそう思う。さむいよー !

出水は鹿児島だからと思って来られると、とても寒い思いをします。
暖かい格好でいらしてくださいね。

7時頃 東干拓 6.8℃ 北北東 3.8m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -15℃
         西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -17℃
           北 11m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -5℃ 最低気温 -10℃
     北北西 2m/s
     視程 2.0km

Img_9581

水は冷たくないのかなあ?
お寝坊さん達。
布団から出られないのと同じ理由?とは思えないんだが。

Img_9572

朝一で、ねぐらから一直線に餌に群がる。
でも直接、道路に降り立ったりはしないんですよ。
手前で降りて、それから歩いて道路まで上がってきます。
用心深い奴。

Img_9621

ダウンにクチバシ突っ込む

Img_9676

風に負けない

Img_9707

とことこ、後からついていく

Img_9650

お腹がぷっくぷくのおもちみたいなイソシギちゃん

Img_9633

ぽあん

Img_9675

きりっ

同じチョウゲンボウでも、1羽1羽ちゃんと違うんですねえ。
正面と見返りの違いだけじゃないと思うな。

Img_9613

ツクシガモ、東干拓のねぐらに来てました。

2011年12月25日 (日)

Merry Christmas!

Cimg3424

本格的に寒いです。

11時頃 東干拓 8.6℃ 北 3.1m/s 1021hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -13℃
         西南西 3m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -12℃ 最低気温 -20℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
    北西 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -8℃
     西 8m/s
     視程 2.0km

Img_9522

東干拓のエサの撒かれている道路。
11時には、もう何もない状態。
ここにびっしりツルが~というのを見たい方は、8時半頃までには来ないとツルはいないかも?

Img_9524

今日は風が冷たくて強い日だったから、ツルたちは風よけができるところに多くいたみたい。ビニールハウスも風よけに利用されてるらしい。

Img_9525

高台から覗いていたら、気づかれたか?
飛んじゃいました。
高台からだと、向こうからは丸見え。
かなり敏感。

それとも、誰かが別の所からプレッシャーかけてたのかな?

Img_9532

道路の上は人気ですね。

Img_9533

だんだん大人になってくね

Img_9551

着地。
誰に向かって、何を鳴いてるのか

Img_9554

人がいないときは、道路の畦が採餌場

Img_9558

こっちはなあに?

Img_9566

側溝が水飲み場に
人から見えない場所の側溝や水路は、水浴びにも利用されてる。

2011年12月24日 (土)

イブですね

Cimg3423

ツルたちは、いつも通りです。
昼頃までは青空が広がってたんですが、だんだんと雲が

11時頃 東干拓 8.7℃ 北北東 2.7m/s 1016hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -17℃
         西南西 25m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -13℃ 最低気温 -17℃
           北 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -9℃
    北 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -5℃
     北北西 5m/s
     視程 0.8km

Img_9465

この場所は、私たち家族の縄張りよ

Img_9475

道ばたの草の新芽?も大事な食料。

Img_9495

何だろう?って、じっと見つめられていた。

Img_9502

太陽が当たって、ぽかぽか陽気。

Img_9504

地面も暖かい。
今日は座ってるツルが多かった。

Img_9505

近くで鳴き合いが始まったね。

Img_9510

興奮してたけど、ちょっとだけ頭冷やそっか?
途中で羽づくろい。

Img_9520

足環を探してうろうろ。
食堂の2階は、外から休遊地を見れるスポット。
赤いのいた!と思ったら、見たことのある足環303アンテナ付きナベヅルが道の真ん中で仁王立ち。
久しぶり、元気だったね。
他の赤い足環ツルはどこにいるの?教えてよ~

Img_9482

荒崎に入って行こうとしたら、キジがお出迎え。
きれいだよねえ~
こんな色の組み合わせで保護色なんだから、びっくりする。

2011年12月23日 (金)

冬の野鳥展

Cimg3416

今日は気持ちいい、青い空がありました。

10時半頃 東干拓 14.7℃ 北 2.8m/s 1022hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -17℃
         0m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -16℃
           北 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
    0m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -10℃
     西北西 3m/s
     視程 2.0km

Img_9397

道路はあったかいねえ

Img_9414

好きだよ、なのか?
一生懸命踊ってみせるけど
でも相手は、全く動じない。

Img_9424

本当のところ、どうなの?

Img_9372

久しぶりにマガンが東干拓にいるのが確認できました。
ナベヅルのすぐ近くに!

Img_9394

伸びの途中に、ちょっかい出す奴。
マガンは足下で知らん顔

マガンが足下をちょろちょろ歩き回っていたら、ナベヅルにつつかれてました。痛かっただろうなあ~

Img_9432

えさ場でのケンカは壮絶。
クチバシ、ぱくり!

Img_9443

なにかくっついてますよ

Cimg3417

クレインパークで、本日から「冬の野鳥展」が始まりました。
たくさんの標本が展示してあります。
鳥って、ほとんどが目の前で見ることができないから、こういう風に近くでたくさん見られるとうれしくなっちゃう。

Cimg3420

ゲームもありました。

釣り堀から鳥のカードを釣って、その鳥カードを展示してある標本を見ながら水辺の鳥と山野の鳥に分けて、リストを作っていきます。それぞれ10個集めて、玄関受付で答え合わせをしてもらい正解すると、そのリストの鳥シールがもらえますよ。

今日は水辺の鳥シールをもらいました。
また今度、山野の鳥を集めに行きます!

2011年12月22日 (木)

日々、成長してます

Cimg3415

天気が悪いと、7時はもうこんなに暗い。

7時頃 東干拓 10.5℃ 北 4.5m/s 1020hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -17℃
         北北東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -12℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -3℃ 最低気温 -9℃
    北西 6m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -6℃
     西北西 6m/s
     視程 1.2km

Img_9198

マナヅルの幼鳥が、だんだん白くなってきてます。

Img_9204

ナベヅル家族4羽

Img_9263

西干拓に、幼鳥グループができていました。
こっそり、クロヅル幼鳥も入ってるね。

Img_9277

某場所のナベヅルグループ。
近くにいたマナヅル家族が警戒して飛ぶと、あれ?あれ?って感じで辺りを見回して、幼鳥グループ全員でマナヅルについて飛んで移動していきました。
子どもは学習が早いね。

Img_9292

親が縄張り争いの威嚇の真っ最中。
幼鳥も羽を広げて座る行動してました。
親の背中を見て育つんだなあ~

Img_9212

蕨島のM91
2羽でうまくやっているようです。

Img_9312

郊外に縄張りを持つM8。
今年は去年の縄張りにマナヅル3羽家族がいたので、足環のツルと生き別れたか何かして片割れが別のマナヅルと一緒になったんじゃないかと思っていましたが、今日、縄張りから少し離れた田んぼに来ていたM8家族を発見。
縄張りの田んぼを他のツルに取られることってあるのかもなあ~

Img_9237

ハマシギ、みんなこっちむいてどんどん近づいてくる。

Img_9245

空豆かな?いつできるの?

2011年12月21日 (水)

凍えちゃいそうだよ

Cimg3388

寒いです。
窓開けて車走らせる季節じゃないよなあ。
そうしてるけどさ、

7時頃 東干拓 9.5℃ 微風 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -18℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -9℃
           東南東 2m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     南東 2m/s
     視程 1.0km

Img_9063

休遊地とは違う場所にたむろする。
好きな場所は、みんな集っちゃうんだね。

Img_9067

みはり番だよ

Img_9069

センターの駐車場裏。
観察センターは、風よけにされてるんだろうか?

Img_9080

はいっちゃだめー

Img_9137

マナヅル家族についてく。
ナベ幼鳥が、マナヅル家族の周りをうろうろ。
ときどき追いかけられてるけど、一緒にいてエサをついばんでます。なかなかにたくましい。

Img_9152

高尾野川の中州で、マナヅルが縄張り争い。
中州の土の中は、たくさんのエサがありそう。
一緒に仲良くお腹いっぱい食べられそうなんだけど、縄張り争いしちゃうんだね。

Img_9090

寒さなんて吹っ飛びそう!

Img_9097

・・・

Img_9112

チョウゲンボウ、きれいね。

2011年12月20日 (火)

今日も元気でした

Cimg3387

寒い寒い

7時頃 東干拓 6.7℃ 東 1.8m/s 1026hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -19℃
         南西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -12℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
     北北西 3m/s
     視程 2.0km

Img_8958

朝焼け

Img_8945

そろそろ飛んで移動する?
アイコンタクトしてるのか、辺りをきょろきょろ見回してる。

Img_8964

集る

Img_8987

畑と畑の間
あんまり近づかないでよ

Img_9022

慎重に下って

じっとしてくれて良いのに、少しばかり近づきすぎたみたい。車の存在を気にしながら、少しずつ歩いて遠ざかろうとする。それも、急にではなく、徐々に遠ざかる。

飛べば、銃を持っているような者に対して撃ってくださいっていってるようなものだからなのか?そういう距離感で対応されているように思える。

Img_9025

ある場所の幼鳥グループ。
毎日、少しずつ少しずつ増えてる。

ナベヅル幼稚園ってかんじで、見ているとなんかうれしいんだよねえ。
行動の仕方が、まだまだ成鳥とは違う。
警戒の仕方とかも1羽1羽違ってて、成鳥だったら1羽が警戒すると、他のツルも危ない危ないって感じで警戒が広まっていく感じがあるのだけど、そういうのがまだ無い。そのうち徐々に学習していかなかきゃね。

Img_9041

こんなに広い干拓地なのに1カ所にたくさんのツルが集っているのは、ナベヅルが群れる動物なんじゃないかなあ?と思ってしまう。本当のところどうなんでしょ?

Img_9048

状況的に、飛ばさずには移動できなかった。
飛ばすつもりはなかったのだけど・・・

撮っては見たものの、あまりこういうシーンの写真は好きではないなあ。のんびりしてるツルが好きだ。
飛んでいる間中、「どうかどうか、防鳥糸にかからないで・・・」と祈らずにはいられなかった。

2011年12月19日 (月)

愛が足りないのは、私でした

Cimg3383

7時頃は、こんな。

7時頃 東干拓 8.6℃ 北東 2.7m/s 1025hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -19℃
         南 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -5℃
     西 2m/s
     視程 2.0km

Img_8684

朝のねぐら。
お寝坊さん達なのか?
それとも飛び立った後に戻ってきたツルたちなのか?

Img_8692

日が差して、きらきらきれいね。

Img_8724

こっそり群れてます。

Img_8759

農家さんの近くで

Img_8800

冬の思い出

ナベヅルが川に入ってるのって珍しい。
マナヅルがいると、近くに降りやすいんだろうか?

Img_8835

おぼれてるわけじゃないよ

Img_8894

おいしい~
食べてるときって、うれしそうに見える。

Img_8717

コチョウゲンボウだった。
すぐ横にハクセキレイが止まってたんだけど、獲物としては大きすぎるんだろうか?

Img_8929

青い鳥にげた

2011年12月18日 (日)

愛だよ、愛

Cimg3379

くもり。さむいです。

Img_8615

そこここに、ツルの群れができていました。
他のツルが食べてるのを見たら、食べ物あるかな?って集ってくるのでしょうか?

Img_8646

高尾野川にマナヅルが降りていました。
他にも、もう1カップル。

Img_8662

産まれてから1年満たない幼鳥は、成鳥と比べると華奢。筋肉の付き方が違うねえ。

Img_8668

あっ、食べ物ある?

Img_8634

コクマルガラス、今年多い気がします。
パンダも多いよねえ。

2011年12月17日 (土)

第5回羽数調査

Cimg3378

第5回羽数調査、割とうまくいったのではないでしょうか?
冷え込みましたが、何とかツルも順調に飛んでくれて成功しましたよ。

数えられた数は、合計 11907羽でした。
ナベヅル 9842羽
マナヅル 2053羽
クロヅル 6羽
カナダヅル 3羽
ナベクロヅル 3羽

Img_8455

観察センターの駐車場前にも、ツルたちが集っています。
ここが縄張りのマナヅルカップル。

車に乗ってじっとしてると、ツルたちも人間をあまり気にせず普段の生活を見せてくれます。

Img_8467

通行止めの道には、たくさんのツルが安心して過ごしています。ここはもう、ツルたちの場所になってしまっています。

通行止めを振り切って車で通られる方もいるみたいだけど、毎日ツルのフンもたくさん落ちている場所なので、車両や歩行での通行を自粛してくださることをお願いいたします。

できるだけ外の道路で歩いてツルを見るのではなく、車の中からの観察の方が靴裏も汚れず、人の姿をツルに見せて見るよりツルの近くに近づけます。

Img_8481

このさむいのに、水浴び!

Img_8493

水浴びを終えて羽づくろいを始める前の羽ばたき。
あまりに近すぎて、びっくりする幼鳥たち!
水浴び途中なのにねえ

Img_8578

水場は人気スポット

Img_8561

郊外に縄張りを持つM30が渡来してきていると聞いたので、見に行きました。毎年毎年、出水に渡来してくると同じ田んぼに縄張りを構えるツルたちがいます。今年も来たねってうれしくなります。

Img_8549

今年のM30は、幼鳥を2羽連れた4羽家族。
繁殖も子育ても順調にいったんだねえ。

ただ、今年のM30はものすご~く警戒心が強いみたい。
かなり離れた場所からの観察なのに、こちらをちらちらとすぐに警戒しつつ飛びそうな雰囲気。家族にも警戒するよう鳴いて、離れていくように促していました。
出水に来るまでに人間から怖いことされたんだろうか?

Img_8586

凛とした立ち姿のナベヅルを見かけると、嬉しくなります。
私はナベヅルが好き!

2011年12月16日 (金)

さむくなりました。

Cimg3377

7時。まだまだこんなに暗いです。

7時頃 東干拓 7.7℃ 北 4.8m/s 1022hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -21℃
         西南西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -15℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -5℃ 最低気温 -10℃
    北西 5m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -5℃ 最低気温 -7℃
     北西 4m/s
     視程 2.0km

Img_8372

お寝坊なツルたち。

Img_8396

羽がもこもこ
どうやってそうなるんだろうねえ?

Img_8413

ぴょこっと

Img_8416

そこから出なくていいかい?

Img_8417

群れになってすごす

Img_8427

成長してます
子どもの成長は早いねえ。

Img_8435

何食べてるの?って、のぞき込んでる。
幼鳥が親が食べているのを見て、それを食べたそうにして顔を近づけたりしてるけど、親はぱくぱく自分で食べてます。

Img_8446

近くだったから、飛ぶぞ~飛ぶぞ~って前傾姿勢。
でも近くにいた他のマナヅルたちは飛んでも、カナダヅルは飛ばずゆっくりゆっくり歩いて遠ざかっていきました。他のツルに比べて度胸が据わってるというか、肝が太いというか。場の状況を読むのがうまいです。

Img_8409

道ばたに、気づけばハヤブサ。
何を狙ってたんでしょう?

2011年12月15日 (木)

しんしん冷えてます

Cimg3364

一日曇り。さむ~いです

7時頃 東干拓 12.9℃ 0m/s 1021hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -19℃
         西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -11℃
           北 9m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -8℃
    北西 5m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -4℃
     西 5m/s
     視程 1.5km

Img_8329

朝の飛び立ち
今日も朝日が赤く染まりました。

Cimg3376

幼鳥グループが、マナヅル親子とナベヅル親子のいる田んぼに集ってました。なかなかに知恵が働くみたい。こういうツルたちと一緒にいると結果的に守ってもらえるし、もしかしたら教えてもらえることもあるのかなあ?

Img_8346

クロヅル幼鳥がいましたよ。
だんだんと首筋のクロが出てきてる。

Img_8350

西干拓にカナダヅルがいました。
群れで移動したのかも。ナベヅルと一緒なのか、マナヅルと一緒なのかはわからなかった。

Img_8371

ちょっと模様が薄いナベヅル幼鳥。
おしりの方がすごく淡い色だねえ。

2011年12月14日 (水)

平穏な一日

Img_8171

朝の飛び立ち
太陽が出てから飛んで行く、のんびり屋のマナヅル。

朝くらいうちから飛びだすのは、だいたいナベヅル。
羽数調査の時、暗い中飛んで行くナベヅルを見つけるのにとても苦労します。

Img_8197

影のツルがラブラブ

Img_8204

ここから先はツルの世界

Img_8208

今年の紅葉はどうだったんだろう?

Img_8211

ナベヅルは群れになりやすいのかも?

Img_8236

堤防がお気に入りの方々
何を食べているのかは、謎。

Img_8296

今年は本当に二番穂を食べ尽くすスピードが速い。
監視所のすぐ横なんて、今までは2月3月にならないとやって来なかったのに・・・

Img_8300

保護区の外の田んぼ。
こんなに安心しきって寝ちゃっていいの?

Img_8310

ナベヅルの方が反応が早い。
なんでしょうねえ?
み~んな安心しきってるみたい。

Img_8227

カメラで追っていたら、こちらに向かって飛んできた。
好奇心旺盛?

2011年12月13日 (火)

Img_8049

一日中、さむかった日。

Img_8045

ツルたちは元気です

Img_8069

何となくクラプトンが聞きたくなる

Img_8078

見晴らしは、いいかい?

Img_8057

水面に映る影が魅力的に思える

Img_8061

なんだかね、ツルを見てると泣きたくなっちゃうのは何故なんだろう?

Img_8088

タゲリがふわふわと

Img_8104

チョウゲンボウのブルー

はぐれちゃった?佐世保・指方の田んぼにナベヅルの幼鳥

はぐれちゃった?佐世保・指方の田んぼにナベヅルの幼鳥 長崎新聞(12/10付)

12/7 佐世保市指方の田んぼに、ナベヅル幼鳥1羽がいるのが確認された。

本日もツル見

Img_7928

朝の東干拓。
たくさんのツルたちが集った。

Img_7938

太陽が完全に上がってから、空が焼けていく。

Img_7941

ツルも赤く染まる

Img_7964

ぽつんと一羽でいる幼鳥を見ると、心配になる。
鳴いて、親を呼んでいるようだけど・・・

Img_7985

幼鳥グループ。
率先して辺りをうかがうツルに、他のツルもしたがっているみたい。

Img_7992

ハイタカ?かな。
西干拓でよく見かけるような気がします。

Img_8029

ちらほら、ホオアカ。
まだまだ小鳥は少なめ。

Img_8010

じみといわれようが、すきだ。
オカヨシガモ

カモ類って、首の模様がステキなのが多い気がする。もしかして、水面に映った姿も影響して進化してきたのかなあ?

Img_8039

チョウゲンボウ・・・でいいんだよね?コチョウゲンじゃあないよね?

2011年12月12日 (月)

この1週間

なんとか、今日カメラバッグを持ってツル見しましたよ。
お待たせいたしました。
この1週間の記録。

Cimg3319

12/8 軽めのコンデジ1つでツル見。
変な構成のグループ。
成鳥1羽に幼鳥4羽。

ツル幼稚園?

Cimg3339

12/9
荒崎でキジに出会う

Cimg3361

12/10
第4回羽数調査でした。
何とか順調に数えることができました。

合計11165羽
ナベヅル 10034羽
マナヅル 1119羽
クロヅル 6羽
カナダヅル 3羽
ナベクロヅル 3羽

Img_7894

12/11
日曜日、ちょっと曇り空。
ほんのちょっとだけツル見。

風にあおられて、着地も慎重。
でももしかして、そのとき出水に着いたばかりのツルもいたかも?

Img_7904

横取り

Img_7919

緊急警戒
群れの近くで止まるときは気を遣う。
でも失敗しちゃって警戒されちゃった。

2011年12月 7日 (水)

すみません

このブログを見てくださっている皆様へ。

昨日の夕方、階段から落ちてひねって、右足首打撲全治3週間
腫れている上にテーピングでぐるぐるまきにされて、足首がすごい太さです。
車の運転はかろうじてできるのですが、足を引きずっていて物を持って歩くのがとてもつらい状態です。
重たいカメラバッグを持って外出することもできなくなってしまいました。

しばらくの間、ブログをお休みさせていただきます。
すみません(涙)

ツル見は続けておりますので、荒崎・東干拓などで見かけましたら笑ってやってくださいまし。



2011年12月 6日 (火)

団体行動

Cimg3314

ちょっぴり暖かい。

7時頃 東干拓 13.1℃ 0m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -15℃
         南西 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -10℃
           北 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     東北東 1m/s
     視程 1.8km

Img_7632

朝のねぐら
まだまだ眠そうだね。

Img_7644

林の向こうに群れが

Img_7655

エサを求めて集団移動

Img_7688

蜘蛛の糸が二番穂をつなぐ

Img_7692

異変に気づくと、一斉に飛び立つ。
良くぶつからないものだと思う。
助走なしに飛び出すから、相当な体力を使うはず。

何をおいても、命の危険を感じると飛んで逃げる。

Img_7873

風がよけられて、周辺の見通しが効いて、まだエサが残っているところ。

Img_7668

モズ。狩りが終わって、これからごはん。

Img_7822

高尾野川に、ヘラサギとクロツラヘラサギが1羽ずついました。この組み合わせ、すごく多い気がするんだけど何かしら相性が良いんだろうか?

Img_7867

西干拓のちっちゃい水路に、スズガモが1羽。
近くによっても飛ばない。

2011年12月 5日 (月)

阿蘇をツルの越冬地に

阿蘇をツルの越冬地に 朝日新聞(12/5付)

朝晩の寒さは厳しくなってきました

Cimg3309

一日曇り。昼頃から、ちょっと暑くなりました。

7時頃 東干拓 12.5℃ 0m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -13℃
         西南西 2m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -10℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    北西 2m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -2℃
     北西 2m/s
     視程 2.0km

Img_7495

まだ農家の人も動いていない7時

Img_7501

だんだんと空が染まっていく

Img_7509

しんしんと冷えてくる
手がかじかんで、今シーズン初ホッカイロ

Img_7516

人がいないと・・・

Img_7528

道路がツルだらけ

Img_7540

道路が歩きやすいのかなあ?

Img_7558

郊外のあちこちに、大きな群れが出没。

Img_7592

ひとりぼっちのナベヅル幼鳥を、あちこちで見かけるようになった。

Img_7571

意外に足が長いのね

2011年12月 4日 (日)

韓国のニュース

足折れたナベヅル生かせ 応急手術 KBS(11/24付)動画有り

済州市下道里の湿地で数日前、車にぶつかったと推測される足が折れたナベヅルの幼鳥が発見された。ナベヅルを生かすための手術が4時間かけて行われた。手術経過が良く、3~4ヶ月後には自然の中に返せると見られます。

年評湿地のマナヅル「美しい飛行」 毎日新聞 (11/25付)

11/24、洛東江に今年初めてのマナヅル4羽の飛来が確認された。今年に入ってナベヅルは400羽あまりが飛来したが、マナヅルは初めて。4大河川工事の余波のためなのか、ますます個体数が減っている。

順天にナベヅル 保護努力結実
 KBS (11/26付)

順天に最近ナベヅルの群れが壮観を演出している。嬉しいのは、毎年個体数が増えている。10年あまり前には80羽ほどに過ぎなかったナベヅルが、去年は500羽ほどに増え、今年は600羽を越えると予想している。
 
4大河川工事のせいでナベヅル移動経路変更
 The Kyunghyang Shinmun (11/27付)

洛東江湿地の代わりに順天に定着。

4大河川事業で湿地が消え、ナベヅルの移動経路が変わったことが明らかになった。
順天では11/27、ナベヅルが450羽ほど確認された。昨年同期の310羽に比べ、44%増えた。

順天市は、順天の干潟やエサ等環境が変化したためでもあるが、出水に向かったナベヅルが移動経路を変更したと分析。シベリアの地で種に昼間移動するナベヅルは、昨年まで東海岸沿いを慶北、亀尾市洛東江年評湿地と経由したが、今年は西海岸沿いを経由して順天まで飛来したようだと説明した。

年評湿地には4大河川工事以前の2008年3153羽が飛来したが、工事が始まった翌年2009年2374羽に減ったのに続き、昨年2010年には1187羽しか飛来しなかった。

Cimg3306

今日も寒いね。

10時20分頃 東干拓 18.3℃ 北東 1.4m/s 1021hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -13℃
         北北西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -8℃
           北 5m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -2℃
    北西 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 1℃
     北西 2m/s
     視程 1.0km

Img_7396

兄弟で?一緒に水飲み

Img_7438

激しいつばぜり合い

Img_7457

家族

Img_7459

伸び

Img_7465

羽をしまったところ。

Img_7469

翼の下はこんな

Img_7470

これも伸びなのかな?

Img_7473

クチバシつきだしてるね

15季連続 万羽ヅル達成/出水平野

15季連続 万羽ヅル達成/出水平野 南日本新聞(12/3付)

2011年12月 3日 (土)

第3回羽数調査

Cimg3274

ぎりぎりのお天気の中、第3回羽数調査が行われました。
1,2回とも計測不能や中止だっただけに、成功の喜びもひとしお。

合計11,036羽の万羽ヅル達成でした。

ナベヅル 10,024羽
マナヅル  1.005羽
クロヅル      5羽
カナダヅル     2羽

のカウントでした。

Cimg3272

今日は、鹿大によるフン便調査もおこなわれました。

Img_7206

人が休遊地に入ったからなのか、西干拓は逃げて移動したツルで一杯。

Img_7250

藁のなかからエサをさがしてます。

Img_7183

今日も下水流の林のようなところにたたずむ、ナベヅル幼鳥。
繁殖地はこんな所なんでしょうか?

Img_7245

1羽で過ごすナベヅル幼鳥。
ちょっとさみしげ。

Img_7261

機嫌良さそうに、道路をお散歩中

Img_7268

今日は暖かかったね。
東干拓の監視所前の水たまりで、水浴び!

Img_7285

ざぶん

Img_7296

ぷは~

マスコミの方に考えていただきたいこと

ツルを見ていたら、テレビの方々が撮影されているところを見ました。許可を取られたのでしょうか?立ち入り禁止区画に入っての撮影でした。

しばらくするとスタッフの1人が、ナップサックを砂利道に直置きにされました。そこは毎日ツルたちがいた場所で、フン便もたくさん落ちているところです。

去年の鳥インフルエンザ感染の経験から、市は地元の方や観光客の皆さんにお願いしてセンター前の道路を通行禁止にして、観察センターからのみの観察にしていただいています。

何の危機意識もないまま、ツルに対しての勉強もしないまま、マスコミの名前を利用して安易な行動をしないでください。

その後、ナップサックは消毒されたのでしょうか?三脚の足は?その歩き回った靴の消毒はされたのでしょうか?

レンタカーでしょう、あちこちその足で車内を歩き、その後観察センター近辺を歩き、出水市のホテルや飲食店を歩き、そして東京まで?帰られる。

もし、ということを考えて行動して欲しいのです。


毎シーズン、いろいろなところから取材にいらっしゃって、そして映像や写真を撮って帰られます。地元の報道関係者の方には、毎シーズン来てくださるカメラマンや記者のかたもいます。

私は、何の知識も興味も無しにちょっときて、ぱっと撮って帰られるカメラマンのかたの映像や写真に、あんまり感動しないみたいです。それは、ツルに愛情を感じられないなあと思うから。

何かを伝えるというお仕事をされているならば、もっと知ってください。もっとツルを愛してください。そして、このツルたちと一緒にこの地で生活している人たちのことも考えてください。


おきまりのこれでしょ?
ってツルの映像を見せられたって、ちっとも良いと思えないよ!

ちなみに去年鳥フルが出たときに、NHKが禁止区域に入ってたたかれてましたね。入った方達はいつも取材に来られていた方じゃ無かったけど、地元の感情は大きく逆なでされました。

こんなことは、以前京都で鳥フルがでたときにもあったらしく、去年の環境省の鳥フルマニュアルには、こんな一文があります。

“報道関係者による感染の拡大が疑われる事例も生じたことから、取材者に対しては取材上の注意事項の徹底をお願いする。”

何度も同じ間違いを犯して、地元の安全を脅かさないでください。

2011年12月 2日 (金)

12月ですねえ

Cimg3265

曇り

7時頃 東干拓 14.3℃ 東北東 4.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -17℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
           北 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -1℃
    南東 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 2℃
     東北東 4m/s
     視程 2.0km

Img_7108

下水流のうっそうと茂った木々の間に1羽で潜んでたナベ幼鳥。気づかずに近づきすぎたら、3号線に近い方へ飛んで移動しちゃった。

いないと思ってたから、びっくりしちゃったじゃないか~

Img_7126

また、この場所を縄張りにするツルが来たね。

Img_7135

飛んで逃げようか?どうしようか?
首を前に突き出して前傾姿勢になったら、飛ぶ前の姿勢。

Img_7145

クロヅル幼鳥は、やっぱりちょっと大きいね。
少しづつ、クチバシの前の黒さが濃くなってきた。

Img_7169

こっち向いて警戒。
みんなに一斉に見られると、緊張する~

Img_7172

まだエサが残っている西干拓。

Img_7147

ハマシギがそろってお昼寝でした。

2011年12月 1日 (木)

足環

Cimg3262

雨のち、くもり。
風も、徐々に強くなった。

7時頃 東干拓 16.7℃ 東 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -19℃
         西 8m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -16℃
           北 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
    北西 1m/s
    視程 1.4km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 2℃
     東北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_6991

朝、横殴りの雨が降った。
じっと体をちっちゃくして、体の向きを風上にして雨をやり過ごす。

Img_7010

おっと、風にあおられた?

Img_7024

西干拓にツルがいっぱい

Img_7031

良い風が吹いてるね。
翼を広げて、どの風に乗ろうか?

Img_7058

P53 西干拓に昨シーズン周南で放鳥されたナベヅルがいましたよ。Sさんに居場所を教えていただきました。ありがとうございます。

もう何日も前から確認されていたみたい。
やっと見れた~

Img_6721

ついでに?11/28に見た303の足環ナベヅル。
中国からやって来ました。
背中には、サテライトアンテナついてます。

どんな経路でここまでたどり着いたのか?
北帰行はどんな帰路を使うのか?
いろんなことがわかってくると思います。

Img_7065

クロヅル2羽、みっけ

Img_7087

見つかった!

Img_7090

風上に目隠し網。
風よけに利用されてる。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ