フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 今年もあと少し | トップページ | »

2011年12月27日 (火)

放鳥ヅル、一時行方不明 岩国の田んぼなどで発見

ナベヅル 放鳥ヅル、一時行方不明 岩国の田んぼなどで発見 周南・八代盆地 山口 毎日新聞(12/27付)

周南市教委は、11月に放鳥したメスのナベヅル1羽が12月24日に八代盆地から姿を消し、26日に12キロ離れた岩国市玖珂町の田んぼなどで発見されたと発表した。

« 今年もあと少し | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
放鳥ヅルP58
元気に居る所を見ました!
心配していた足は、良くなっているようです。
両足で、力強く立っていました。
辺りには、カモ類やサギたちも居て、落ち着いた様子でした。
ひとまず、安心しました!
ここなら、他の越冬の鳥たちも居るので餌には困らないのかも知れません。
出来たら、目の届く、保護区の八代に帰って来て欲しいと切望しています。

gachanさん、こんばんは。
放鳥ヅル、気になりますが情報を聞いてちょっと安心しました。
あとは、人に追いかけ回されないようにしてあげたいですね。
ツル自身が安心して過ごせるのなら、分散の意味でもいいのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もあと少し | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ