フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

2月最終日

Cimg3682

10時頃から、青空が北の方から出てきていました。
しかし風が強く、そして前日は雨。
ツルたちは北帰行のそぶりは朝から全然無く、10時頃になっても北帰行のような飛行をするツルもいませんでした。

7時頃 東干拓 9.5℃ 北東 2.4m/s 1017hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
         西 3m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 4℃ 最低気温 -3℃
           南東 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     北北東 1m/s
     視程 1.8km

Cimg3683

朝焼け
東干拓は今日2月末日までが保護区としての期間です。
この目隠し網も、明日から撤去に入ります。

Img_8038

東干拓今シーズン最後のご飯だよ

Img_8043

マナヅル少なくなったね

Img_8067

エウチロードのナベヅル家族は、まだここにいます。1シーズン通して採餌できるなわばりなんだね。

Img_8084

お昼からは太陽が強烈に照りだした。

Img_8085

ねむい~
昨夜は雨が降っただろうから、あんまり眠れなかったかな?

Img_8090

荒崎の保護区内道路も水びたし

Img_8114

日差しを浴びると、もう春の気配

Img_8081

コクマルガラス、パンダもまだいます。

2012年2月28日 (火)

Cimg3678

曇りのち雨。
ちょっと冷たい雨でした。

7時頃 東干拓 10.5℃ 北東 1.5m/s 1021hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -15℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           南 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    東南東 1m/s
    視程 1.4km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_7925

7時前、みんな風をよけているのか堤防際が人気。

Img_7929

マナヅルのM91が、今日は東干拓に来ていました。
両足、けがしちゃってる。
座ることが多いのか、足輪も汚れてる。

Img_7935

エサを目当てにマナヅル家族がやってきて、あわてて逃げ出した。歩くのも羽ばたきながら。カラスにちょっかい出されることが多いから、尾羽もボロボロ(涙)まだ飛べます。たくさん食べて元気になって!

Img_7964

水たまり、今日もまた増えた。

Cimg3681

雨、降ってるねえ

Cimg3679

夕方、M78のマナヅルを見ました。
まだ帰ってなかったのか!

Img_7957

ナベヅル3羽家族にひっついてた幼鳥2羽。
鋭い視線に固まる・・・

2012年2月27日 (月)

北帰行第7陣

Cimg3677

雲がかかる。

7時頃 東干拓 7.2℃ 東 1.1m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -16℃
         南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
           北 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    北北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -6℃
     西 3m/s
     視程 2.0km

Img_7727

朝早くから集まって、7時にはもうエサはわずか。何羽かマナヅルも!食べてました。帰る気なしか?

Img_7731

遅い時間になって、荒崎から飛んでくるナベヅル。
エサ無いのに。
動きすぎると、食べられないよ?

Img_7735

マナヅル優勢

Img_7744

食べないで、堤防際に集まっているマナヅルが70羽ほど。帰る気満々グループと思われます。

Img_7841

9時30分頃から飛び出したのだそう。
荒崎から旋回しつつ飛ぶけれど、風に流されて江内方面へ戻されてしまう。

Img_7807

江内方面からも飛び出すマナヅルたち。
江内から見ると、雨掛山?の電波塔はこんなに大きくみえる。

流されながら、旋回して良い風をつかむと、一気にV字に編隊を組んでまっすぐ山の稜線に沿って飛んで消えていった。

本日の北帰行 マナヅル 232羽 ナベヅル 6羽

Img_7892

だんだんと人に近いところにしかエサが無くなってきたらしい。水路際の畦は良いエサありそう。

Img_7901

昼になると、あたたかい天気で座り込むツル多し。

Img_7888

隈取りみたい

2012年2月26日 (日)

北帰行第6陣

Cimg3676

寒い曇り空。
なのに、荒崎から行人岳は見えていた。
9時17分に、マナヅル12羽が北帰行しました。
本当に早く帰りたかったんだね。
旅の無事を祈ります。

10時頃 東干拓 13.4℃ 北東 2.5m/s 1012hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -15℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -11℃
           北北西 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -4℃
     西 2m/s
     視程 1.0km

Img_7720

居残り

Img_7702

まだまだ寒いよ!

Img_7707

ナベヅルもたくさん食べてます。
水たまりの土が軟らかいのがいいのか?採餌のナベヅルが集まっているところが多いように感じます。まあ、荒崎は至る所に水はたまっているのだけれど。

Img_7711

顔洗い
まぶたは閉じてるねえ

Img_7726

まだ寒いよ。
ナベヅルはまだ帰っていません。

2012年2月25日 (土)

韓国のニュース

莞島(ワンド)湿地で珍しいマナヅル NEWSIs(2/23付)

木浦(モクポ)大図書文化研究員は、全南(チョンナム)、莞島郡(ワンドグン)、蘆花島(ノファド)干潟湿地で法的保護種鳥類を多数発見したと23日明らかにした。マナヅルが、莞島(ワンド)老化湿地で群れを成して飛んでいる。

莞島(ワンド)、蘆花島(ノファド)湿地で法的保護種多数発見
 聯合ニュース(2/23付)

木浦(モクポ)大図書文化研究員(院長カン・ポンニョン)は、無人島で実態調査中に蘆花島(ノファド)干潟湿地でヘラサギ1羽を発見したと23日明らかにした。

またマナヅル11羽、オオハクチョウ71羽を確認。オオハクチョウの中でモンゴルで付着した「F12」という標識を首に付けている個体も発見された。

800羽丹頂鶴憩い場、鉄原(チョルウォン)平野開発は思わず 中央日報(2/24付)

韓国鳥類保護協会鉄原(チョルウォン)支会が、タンチョウ800羽、マナヅル2000羽が越冬する非武装地帯(DMZ)近隣の鉄原(チョルウォン)平野を保護するために「丹頂鶴のための土地一坪寄付運動」を推進している。 ツルの越冬地域を買取り、開発から保護する。

10年余り前から民間人統制線(民間制限線)が北上、鉄原(チョルウォン)平野が民間制限線で少しずつ抜け出しながら鉄原(チョルウォン)支会は悩みができた。 丹頂鶴越冬地域に大規模養鶏場建築が推進されるなど開発の動きが見え始めた。

 このように民間制限線北上などでツルの安息所が消えるという危機感が提起されるとすぐに、鉄原(チョルウォン)支会は寄付方式でツルの越冬地を買取る運動を始めた。 個人や団体などが1口座(5万ウォン)開設運動に参加すれば、民間制限線内側の土地を守ることができると期待している。

 鉄原(チョルウォン)支会が確保しようとする所は、鉄原邑(チョルウォンウプ)桶里(トンニ)や東松邑(トンソンウプ)、カンサルリ一帯で規模は最小限8250㎡。 支会は農地のこれらを買いとろうとするなら3億ウォン程度が必要なものと推定している。 2003年自然生態学教を運営しながら消えていく野生動物のための後援支援金を寄託受けて積み立てしてきた支会は、今年から土地寄付運動を積極的に展開する計画だ。 土地を購入することになれば丹頂鶴名義で登記して、これを賃貸して開発の代わりに現在のように米作りをするようにする計画。

写真にカナダヅルが1羽写ってます。

ぱくっ、おいしー

Cimg3675

早朝、7時。もう明るいです。
今日はかすみと風が強く、北帰行はありませんでした。
11時前にチャレンジしたマナヅル12羽がいたそうですが、残念ながら全てのツルが帰ってきたみたいです。

7時頃 東干拓 11.9℃ 北東 1.0m/s 1012hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -16℃
         北北西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -9℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -4℃
    北西 3m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -1℃
     西北西 3m/s
     視程 0.4km

Img_7673

とっとっとっと、逃げる。

Img_7660

頭がだいぶ、黒々してきた。
もう1羽のクロヅル幼鳥は今、背中が斑になってます。

Img_7668

ぱくっ

Img_7661

ぱくっと

Img_7699

おいしいー

Img_7669

アヒル、みんな見ましたね~。はあーい

アヒルも見られて緊張したのか、びたっと動きが止まってた。
幼稚園生が立ち去った後、見られたねーってそおっと泳ぎ出しました。

2012年2月24日 (金)

Cimg3674

晴れの予報だったのに、かすみが強く曇り空でした。
北帰行はありませんでした。

7時頃 東干拓 11.4℃ 北北東 2.7m/s 1016hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -16℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -12℃
           北 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 0.4km

Img_7639

朝7時。
もうエサを食べ尽くし、ほとんどのツルは移動していった後。
食欲旺盛です。

Img_7646

散らばった後も精力的に採餌。
何か見つけたね!

Img_7655

いつも下水流のひっそりした田んぼで採餌していたP38カップル。今日は、その田んぼの先の開けた人通りの多いゲートボール場近くの田んぼまで来ていました。ここまでなわばりだったのか~。たくさん食べて、食べ尽くして、この田んぼまで出てきたんだね。

2012年2月23日 (木)

Cimg3673

雨のち晴れ。
午前中はまだどんよりしていたけど、昼頃から青空。

7時頃 東干拓 16.8℃ 西 2.1m/s 1007hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -15℃
         東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -3℃ 最低気温 -7℃
           北 10m/s
           視程 0.2km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 0.6km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 0℃
     西北西 5m/s
     視程 0.3km

Img_7522

朝、天気が悪いにもかかわらず、飛んできてエサを食べる集団。

Img_7531

お魚がまかれるのを待ってる。
ぞろぞろとトラックが通る道路を降りていくツルたち。

Img_7534

マナヅルが、観察センター駐車場前の田んぼに集まっていた。明日は帰るかなあ?

Img_7548

神社とツル

Img_7551

水たまり、ナベヅルも好きなのかも?

Img_7559

大人っぽくなってきたね

Img_7561

昼頃から暖かくなって、水浴びをするツル多数。
明日の準備か?

Img_7619

水浴びを終わるとき、水たまりからしゅたっとジャンプするツルも。

Img_7637

ぽかぽかして、良い天気になりました。

2012年2月22日 (水)

雨が降って春が近づく

Cimg3672

今朝は、雨が本降り。
昼頃からだんだんと止みました。

12時頃 東干拓 16.8℃ 東 3.1m/s 1017hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -17℃
         西南西 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -9℃
           南南東 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 3m/s
     視程 0.5km

Img_7438

早朝、ナベヅルがやって来て餌を食べ始める。
7時15分くらい?になって、やっと起き出してきた?マナヅルが割り込み、中央占拠して餌を食べ始める。マナヅル強い!雨でも食べなきゃ。

Img_7472

ぶるぶる
雨が降り続く・・・

Img_7476

江内のナベヅルようちえん、一応保護者がついていたよ。

Img_7481

幼鳥3羽グループ。
この間まで逃げることを知らなかったのに、道を挟んだ田んぼにいるマナヅル家族が機敏に私の車に反応して歩いて逃げると、それを見て車から遠ざかって(マナヅルたちとは逆方向に)歩いて逃げ出した。

よしよし、学習してます。
他のツルを見て、そうしなきゃって気づいたね。
でも、自分たちの方が車との距離は近かったんだから、自分たちでそれが出来なきゃだめだよ~。まだまだだね。

Img_7485

雨の日はつまんないね~

Img_7503

おおあくび

Img_7494

雨が止んだら、羽のお手入れをしなくちゃね

Img_7509

雨が止んでびゅんと風が吹いたら、風に乗って遊び始めました。
そのまま、カップルでダンスをしたり。

Img_7458

雨が降りしきって人も車も少ない時は、ひょっこり鳥が散歩してたりします。空模様を見てるのかもね。

年度内移送、出水市と協議中 周南市ツル保護協が報告

年度内移送、出水市と協議中 周南市ツル保護協が報告 山口新聞(2/22付)
八代移送ナベヅル出水で死ぬ 中国新聞(2/22付)
放鳥の1羽出水で死ぬ足輪ずれ、関節付近けがか 読売新聞(2/22付)

2012年2月21日 (火)

Cimg3668

7時頃 東干拓 8.2℃ 0m/s 1020hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -15℃
         西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
           北北西 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 0.5km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 0.9km

Img_7393

朝、東干拓監視所前。
ツルがやって来て一瞬でエサが無くなる。
マナヅルは遅くにやってきて、えさ場を占拠するけど、だいぶん少なくなったのか、ナベヅルも食べやすそうです。

Img_7415

マナヅル同士のディスプレイも見やすくなったなあ~
もう少ない仲間なんだから、仲良くやればいいのにねえ。

Img_7429

へへっ
よっぽどうれしいんだろうな、ちょっと悪そうにも見える・・・

Img_7435

郊外にいるツルたちも、ほとんどがナベヅルになってる。
マナヅルは荒崎に集まってきてるんだろうか?

Img_7425

コクマルガラスは荒崎で多く見るなあ

ソデグロヅル 希少種、クチバシを完全再生 多摩動物公園

ソデグロヅル 希少種、クチバシを完全再生 多摩動物公園 毎日新聞(2/21付)

詳細
のびるんです、クチバシが!Zoo Express No.559 Tokyo Zoo Net (2011/10/21付)

ギザギザがあるんです、クチバシに Zoo Express No.560 Tokyo Zoo Net (2011/10/28付)

2012年2月20日 (月)

北帰行第5陣

Img_7246

風は冷たいけど、日差しがぽかぽか。
9時40分より、マナヅルたちが北帰行を始めました。

10時15分頃 荒崎羽数カウント場所 8.1℃ 北北東 0.5m/s 1025hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -15℃
         南東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
           南 3m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -6℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
     北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_7286

力強い羽ばたきが聞こえる距離

Img_7287

本当に真上を飛んで行きました。

Img_7300

旋回上昇していきます。

Img_7305

みんな元気で

風が強そうで10時半頃から出発したツルたちは、出水に戻ってくるのが多くなってきていました。

本日の北帰行 マナヅル408羽

Img_7343

まだもう少しマナヅル残ってます。

Img_7375

一度飛んだツルかな?疲れちゃった?

Img_7345

ナベヅルはまだ帰ってません。
たくさんいるよ

Img_7350

ねむねむ・・・

Img_7373

ナベヅルの季節です

2012年2月19日 (日)

まだまだ寒い日

Cimg3656_1

ちょっぴり雪

7時頃 東干拓 3.5℃ 北西 2.3m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -18℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -13℃
           北西 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
    0m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -8℃
     西 2m/s
     視程 2.0km

Img_7168

んぐんぐ
エサを飲み込むのがつらそうな幼鳥。
何度もクチバシを空につきあげるようなしぐさ。
大きなエサを飲み込んでるのかな?

Img_7181

水たまりに集まるナベヅルたち。

Img_7186

水たまりの方が良いエサがあるの?

Img_7189

また雪だねえ

Img_7188

寒い!

Img_7203

しっかり見張り

Img_7222

ここに入ってくるな!
執拗にナベヅル幼鳥を追い回してました。

Img_7231

この幼鳥の顔は傷だらけ
あちこちつつかれてる。
食欲旺盛で勇んでエサを採りに行ったりするのかなあ?

Img_7234

幼鳥の目の色。
オレンジっぽいですねえ

2012年2月18日 (土)

み~んな水玉

Cimg3652

小雪がちらつく一日でした。

7時頃 東干拓 3.5℃ 東 4.4m/s 1023hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -19℃
         東南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -16℃
           北 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
    北 2m/s
    視程 1.4km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -8℃
     北西 1m/s
     視程 2.0km

Cimg3655

霧島の方から太陽が昇ってきた。
不思議な色の日の出。

Img_7080

小雪が舞う

Img_7084

水玉模様のナベヅル

Img_7097

こっそり見てるよ

Img_7110

晴れたと思ったら、また雪が降ってきたね

Img_7123

晴れてても雪は舞い、ツルは飛ぶ

Img_7146

寒そうなカワセミ
何度も魚を捕まえ損ねてました。
今日のような日の飛び込みは見てるだけで寒い!

Img_7091

小鳥たちはみ~んなぷくぷくに膨らんでたよ

2012年2月17日 (金)

Cimg3650

今日は寒かった~

7時頃 東干拓 7.1℃ 北 4.5m/s 1020hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -18℃
         南南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -15℃
           北 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
    北西 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -7℃
     西 4m/s
     視程 2.0km

Img_6996

曇っていて寒くてちょっと暗くて、でもツルたちは元気。
寒いのは私だけのようです。

Img_7002

日が昇ってちょっとの間だけ、太陽が見えた。
そして空が灼ける。

Img_7009

このクロヅル成鳥はナベヅルの群れの中。

Img_7014

このクロヅル幼鳥は、ナベヅルカップルについて回ってるみたい。

Img_7019

ナベヅルも水の中が好きみたいね。
ここも堆肥がまかれた田んぼも、大きな群れが入っています。

Img_7027

10時前、ぴかっとお日様が照った。
ひさびさのお日様の光がまぶしい。

Img_7033

光があるとあたたかいねえ

Img_7045

あまりにまぶしくて
こんなに晴れたら北帰行するかと心配?したけれど、風が強すぎてありませんでした。

Img_7052

この間の暖かさでなのかこれからまた寒くなると言うのに、だんだん菜の花も咲き出してきています。

2012年2月16日 (木)

そわそわ

Cimg3648

くもり。だんだんと暖かくなってるようだけど、寒波が来るという予報ですね。

7時頃 東干拓 9.2℃ 東 1.0m/s 1018hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -19℃
         南 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
           北 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -9℃
    南 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -5℃
     西 3m/s
     視程 2.0km

Cimg3649

大挙して押し寄せてくるものだから、エサも一瞬でなくなる?ここについたばかりのツルたちも、道路に上がれなかった(上がらなかった?)ツルは、ほとんど時間をおかずにまたとびたっていってしまうような・・・

Img_6875

美人さん発見
目がおっきい気がする。気のせいか・・・

Img_6882

ぐぐっとクチバシに力が入ってるんだろうか?
ちょっと先が曲がってる気がする。
何食べてるんだろうねえ?
いつまでも飲み込まずに、クチバシで挟んだままうろうろしてました。うれしいエサだったのかも?

Img_6889

おしり

Img_6895

もさもさ

Img_6898

こんなに羽が飛び出ていたんだっけ?
帰る時期や、来た当初にこういう羽になってる気がする。

Img_6901

矢筈岳と

Img_6916

伸び

Img_6960

お昼から、水たまりで水浴びするナベヅル多数。
そんなに晴れてもいなかったんだけどな。

2012年2月15日 (水)

一雨ごとに

Cimg3646

朝7時、この時間でも大分明るくなってきました。
今日は雨で、荒崎の方の山も雲に隠れてる。

7時頃 東干拓 13.4℃ 北東 3.3m/s 1015hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -17℃
         西南西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -12℃
           北 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -9℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -3℃
     西北西 4m/s
     視程 1.5km

Img_6838

こちらを気にして逃げつつも、エサをぱくっ!
おいしいエサだったかな?

Img_6844

幼鳥よ大志を抱け
あんまり大それたことはしないでね。
とりあえず、雨でつるんつるんのマルチングから滑らないで欲しくって、立ち去るまで見届けましたよ。

Img_6850

飛ぶよ・飛ぶよ

Img_6864

幼鳥だけのグループ
やっぱりぼんやりしてるような気がする。
警戒の仕方が家族とは全然緩い!
スパルタな家族の親に教育されて欲しいよ。

Img_6867

郊外のマナヅル。
そろそろ名残惜しくって、遭遇するとなんとなくぼんやり見守ってしまう。

Img_6868

この場所は今まで親子3羽家族だったけど、成鳥が1羽増えてる。ここ数日、郊外の家族連れでこの成鳥2幼鳥+成鳥1の組み合わせが何組か目につく。
今までは、このプラス成鳥1ってなかったと思うんだよね。
北帰行するのに、お伴して良いですか?連れて帰ってくださいっていう成鳥なのかしらん?

ナベヅル春を待つ

ナベヅル春を待つ 朝日新聞(2/13付)

三重県松坂市でナベヅル成鳥2羽が2月始め確認され、越冬している。

2012年2月14日 (火)

本降り

Cimg3644

雨がザーザー降ったり止んだり。
視界も悪い。

7時頃 東干拓 13.4℃ 0m/s 1017hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -16℃
         西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -5℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 0℃
     北 1m/s
     視程 0.8km

Img_6779

飛び立ち遅いマナヅルたち。

Img_6781

食べる食べる

Img_6785

また水たまりがあちこちに出来ちゃってる。
ナベヅルも、水たまり好きなのかも。
どろんこになりながら採餌してるのも見ます。

Img_6802

足が片方悪いんだろう、よろよろバランスを取りながら首を慎重に下げて、地面をついばもうかとしてる。

Img_6809

ケンカしながら、エサも食べたい

Img_6823

コンクリは滑ります。
道路に上がるのは大変そう。

Img_6835

ぽりぽり

Img_6836

雨の日に座ってるツルを見ると、心配になってしまう。
だいたいは足が悪い個体。

Img_6787

私は、鉄塔に止まってるよりも地面に降りてるときの方がハヤブサを見つけてる気がする。多分、私が変なんだろうな・・・

タンチョウのクチバシに缶 餌食べられず、救出検討 北海道

タンチョウのクチバシに缶 餌食べられず、救出検討 北海道・鶴居村 山陽新聞(2/11付)
ニュース動画 HTB NEWS (2/13付)

2012年2月13日 (月)

ナベヅルイキイキ

Cimg3643

朝からぱらぱら小雨。だんだんとひどくなって、一時は極端に視界が悪くなったときも。

7時頃 東干拓 11.4℃ 東 2.9~4.2m/s 1019hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -12℃ 最低気温 -21℃
         西 8m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
           南東 2m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -1℃
     東北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_6680

まだまだ寝とぼけてる集団

Img_6692

食べるツルたち

Img_6697

また、あちこちに水がたまったね

Img_6715

雨が降って、風上に向かってみんな同じ方向に向く。

Img_6736

ハート

Img_6743

みんな羽づくろい

Img_6752

雨が降ると、田んぼも青々

Img_6763

たくさんたくさんぬれてしまったね
早く乾かさなきゃ

Img_6722

ハヤブサもだんだんと大人になってきた。
縦斑と横斑の境がおもしろーい

2012年2月12日 (日)

北帰行第4陣

Cimg3642

快晴でちょっと風が強め?
晴れてても、荒崎東干拓は風ですごく寒い。

9時頃 東干拓 9.4℃ 東 2.5m/s 1023hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -23℃
         西 8m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
           北北西 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -3℃
     西 1m/s
     視程 1.5km

Img_6556

東干拓の9時、監視所前。
エサもなくなって、マナヅルが落ち着かない。
隠れてカナダヅルがいるね。

Img_6558

誰も威嚇するツルはいないのに、ディスプレイ。
北帰行への意気込み?
それとも、つがい相手に一緒に同じ場所に帰ろうね!という宣言か意思表示?

Img_6562

食べないツルたち。
帰るつもりだね。

Img_6608

9時20分頃、ツルたちがこぞって飛び立ち始めた。
飛び立ち始めのツルたちは、帰る気満々のツルたち。
なんだか勢いも違う気がする。

本日の北帰行は、マナヅル265羽でした。

これで出水に残っているマナヅルは、1000羽くらい?

Img_6611

足の悪いツルも、がんばって群れに加わりながら飛んで行く。うちに帰って写真をみてみたら、コブの出来たツルだった。
コブのある方が重たいだろう。足を片方下げてバランスを取ってた?んだね。

Img_6637

ん?
地上を見下ろす。
何か気になるものでもあったかな?

Img_6644

他のツルが飛んで行ったのに居残ってる荒崎のマナヅルも、なんだか空を気にしてる。これから飛ぼうか考えてるみたい。

Img_6652

他のツルたちよりも1時間遅れて飛びだした。
だいぶ風も強くなって、北帰行はだんだんと難しくなっていたみたいだけど、このツルたちは北帰行できただろうか?

Img_6646

のほほんとしてるナベヅルたち。
目隠し網に映った影は誰の影?

2012年2月11日 (土)

北帰行第3陣

Cimg3627

朝から、雲が少なく風もおだやか。
北帰行の期待充分。

7時頃 東干拓 -℃ 微風 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -21℃
         南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -15℃
           西北西 2m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -7℃
     北北西 2m/s
     視程 2.0km

Img_6267

東干拓の監視所前の道路横。
朝、ねぐらを立ってここに到着するも、エサを食べないでマナヅル同士で集ってる。

Img_6302

ナベヅルは、いつも通り。
休遊地のエサの撒かれた道路では、マナヅルがいないせいかナベヅルが大半を占めて小麦をついばんでいた。やっと食べられるねえ。

Img_6339

8時43分頃から、マナヅルが荒崎の休遊地内から飛び出してきました。
奥の方にたたずんでいるマナヅルも、首をあげて上空を眺めている。みんな、帰る日を待っていたんだね。

Img_6315

どんどん集って、そして上空高いところで旋回するツルたちも。

飛び立ち始めのツルたちは、堂山上空で旋回して山を越えていた。
9時頃、少数のツルたちが蕨島方面から北帰行。
その後は、雨掛山のアンテナ付近を旋回して越えていくツルが多かった。
北帰行の飛び立ちは11時40分くらいまで続いた。

本日の北帰行 マナヅル 1457羽

長島行人岳では、高い高い所を飛んでいたらしいです。
荒崎でも高度高めを飛ぶツルがいたけれど、さらに高く上がったんですね。

Img_6330

マナヅルにつられて、ナベヅルがひっついて北帰行へと飛んだ・・・けれど、我に返って?ナベヅルではないことに気がついて?飛びだしたナベヅルは全て荒崎へと帰ってきた。
あわてんぼうのナベヅルは、何羽も!いたみたい。

Img_6469

いつもよりも前のめりに大きく羽ばたく。
太陽を背に受けて、羽が白くキラキラ。

Img_6501

北帰行には、青空が似合います。

Img_6503

大サービスで、羽数調査場所の真上を通過。
羽をみんな大きく広げて、風を受けて飛ぶ。

Img_6538

郊外のマナヅル家族。
郊外になわばりを持つマナヅル家族は、ほとんどが残ってる状態。
逆に保護区外にあった群れや移動しながら?ときおり利用していたマナヅル家族はいなくなっていて、そのツルたちは北帰行したか荒崎へ集ってるんじゃないかな?
子持ちの家族が多いから、それが影響してるのかな?

2012年2月10日 (金)

北帰行第2陣

Cimg3626

ときおり小雨が降る、ずぅぅとどんよりした曇り空だった。
12時前、太陽にかかっていた雲が薄くなって、明るく照らされた一瞬があった。

7時頃 東干拓 7.9℃ 微風 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -20℃
         西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -13℃
           北北西 2m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -8℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -5℃
     北北東 1m/s
     視程 2.0km

Img_6101

朝、東干拓に集るツルたち。
この中で、いつもがんばるカナダヅル。感心する。
野生は本当に弱肉強食なんだよね。

Img_6103

マナヅルはゆっくり。
東干拓のねぐらの東側にある水たまりに寝ているマナヅルは、そのほとんどがねぐら立ちのときに福ノ江方向へと飛んで行った。

Img_6134

懲りないツルたち。
もう、ほとんど毎日ここに入ってると思う。
いつか捕まえられちゃうよ?

Img_6181

修復したばかりで防鳥糸が張ってある畦に上がって採餌。
見てて、ひやひや。
恐れ知らずの幼鳥が、防鳥糸に絡まる割合が多いと思う。

Img_6138

畑にも家族
防鳥糸にかからないで。
畑に悪さ、しないで。

Img_6176

マナヅルに追い払われながらも、隙を見て・・・

Img_6212

太陽の光を遮っていた雲が薄くなって辺りが明るくなった11時50分頃から、飛び立ってくるマナヅルが出てきた。最初飛び立ったツルたちは、荒崎に戻ってきたりしていたけれどそれを見た他のツルがどんどん続いて飛び立ってきた。

Img_6234

羽数調査場所の上空を高く高く旋回し、70~80羽のツルたちが野口港方向にV字になって進んでいった。その後、ぱらぱらと荒崎に戻ってくるツルも。

本日の北帰行は、マナヅル58羽でした。

Img_6255

カナダヅルはおやすみ

2012年2月 9日 (木)

ちょっとの晴れ間を見つけたら

Cimg3625

青い空が、午前中ちょっと広がってました。

7時頃 東干拓 5.1℃ 東 2.5~5.1m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -20℃
         南 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -15℃
           北北西 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -9℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -8℃
     西北西 2m/s
     視程 2.0km

Img_5876

早朝、荒崎から飛んできて給餌されている道に行かないで、たたずむマナヅル集団。
北帰行組するつもりの集団?

Img_5924

カタツムリかなあ?

Img_5933

10時13分、観察センターの駐車場前の田んぼに落ち着かない様子のマナヅル集団。

Img_5945

そして・・・飛び立った!ぐるぐると旋回しながら高度を上げていきます。ピンと羽をまっすぐにして北帰行の飛び方。

荒崎や江内の上空を、ぐるぐるいつまでも回って、そうしてやっと蕨島の方へ。そうすると、他のツルたちもつられて?飛び出してきていました。

何度も何度も旋回してるうちに、空模様も悪くなって・・・
そのうち、全部のツルが荒崎に戻ってきました。
北帰行は無しでした。

Img_6040

お昼頃、また観察センター駐車場前にツルたちが集っていたみたい。誰かが入って飛ばされちゃったねえ。

Img_6098

お昼から、一部のツルたちは水たまりで水浴びしていたみたい。ジャブジャブ羽を洗った後は、思い切りよく羽ばたき。羽もリフレッシュだね。北帰行に向けて羽もお手入れしておかなきゃ。

Img_5912

きりっ

Img_6004

すごーく近い所に降りてきて、ぷくぷくにふくれる。
タヒバリなのかなあ?尾羽の色が薄いのが気になる・・・

マミジロタヒバリかも?

Img_5898

残ってる実に集るムクドリ。
今年は今の時期でも実が残ってる。

2012年2月 8日 (水)

ちいさな雪

Cimg3607

また、こまかい雪が降りました。

7時頃 東干拓 3.5℃ 北北東 3.3~5.4m/s 1020hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -18℃
         南南西 1m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -16℃
           北北西 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -5℃ 最低気温 -12℃
    0m/s
    視程 1.4km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -11℃
     西北西 5m/s
     視程 2.0km

Img_5705

羽をぶわ~っと膨らませての羽づくろい。
寒そうなんですけど・・・

Img_5808

まだまだ、あまえんぼ

Img_5708

雪を見てるようだけど、実は水を飲んでる途中。

Img_5799

クロヅル幼鳥の、のどもと黒々してきだした。

Img_5771

なかよしじゃないよ。
からかおうと、後をつけてます。
じっとツクシガモ見ながら後をつけてたからわかるんだ。

Img_5847

今日も午後から、東干拓の衛生センター前にマナヅルたちが集ってました。
北帰行いつだろうねえ~?しばらく悪天候らしいけど。

Img_5737

途方に暮れないで。
ここはツルは入っては行けない場所です。
風でいくつかの支柱が倒れた隙に、入り込んじゃった。

Img_5860

入っちゃだめだって。
農家さん、ここは収穫終わったのかなあ?
ブロッコリーの花芽、もこもこしてるんだけど。

Img_5748

コチョウゲンボウ、風でゆらゆらの枝にしがみついてました。

2012年2月 7日 (火)

強風です

Cimg3601

ぱらぱら雨から、曇り。
強風が吹いていました。

7時50分頃 東干拓 12.5℃ 北 4.5~5.0m/s 1009hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -14℃
         北 6m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -13℃
           北 9m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -6℃ 最低気温 -12℃
    北西 4m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -7℃
     西 5m/s
     視程 1.5km

Img_5556

7時50分現在、もう残り少なくなったエサにありつくツルたち。
起きてまだ1時間たつか立たないかなのに・・・

Img_5563

昨日の雨で、そこら中、水のある田んぼに。

Img_5571

雨上がりには、羽づくろい。

Img_5588

とことこ、おさんぽ

Img_5605

防鳥糸、ひっかからないで

Img_5627

こんなヤブがすきらしい
ちょっと高台になってるし

Img_5660

飛翔館の屋根にチョウゲンボウいました。
風が強いから低姿勢

2012年2月 6日 (月)

ゆっくり

Cimg3600

曇りのち雨。
北帰行はありませんでした。
ちょっとお日様が覗いたときは、飛ぶのか?と思ったけれど。

10時50分頃 東干拓 13.2℃ 微風 1017hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -13℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -6℃
           南南東 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     北東 2m/s
     視程 1.5km

Img_5485

どんどんツルの群れが移動していて、今日は東干拓の東端に集ってました。畦が好きだよねえ

Img_5487

ちょっと暖かくなって、草の新芽も出てきてる。

Img_5488

こぼしすぎです

Img_5494

マナヅルたちは、お昼寝モード。
もうしっかり蓄えてるんだろうか?

Img_5497

この家族はまだまだ満足していない。
クチバシどろんこになりながらの採餌。

Img_5513

羽づくろいしてる所って本当にすき

Img_5523

凛と

Img_5537

ゆ~っくり

Img_5552

ゆっ~くり・・・
目線が怖い

2012年2月 5日 (日)

探鳥会

Cimg3599

朝、ちょっと雨。
何時間か止んで、午後からまた雨が降り続く。

11時半頃 東干拓 8.6℃ 北西 3.9m/s 1020hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -17℃
         南西 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -11℃
           南 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -5℃
     北東 2m/s
     視程 1.8km

今日の探鳥会は、クレインパークの野鳥の森や周りの河川。今シーズンは、やっぱり鳥が少ない・・・2時間歩いて、良いウォーキングになったかな?

確認できた鳥 34種
カイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、クサシギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、トモエガモ、コチドリ、モズ、トビ、マナヅル、ナベヅル、キジバト、ヒバリ、ヒヨドリ、シロハラ、アカハラ、カワラヒワ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

Img_5409

探鳥会終わりで東干拓に向かうと、ついたとたんに雨。
ツルもじっとしてる。

Img_5413

西干拓に集るナベヅル。
雨風あるときは人気だなあ~

Img_5434

ブロッコリー畑。
もう、収穫がすんだ畑なんだろうか・・・

Img_5438

だんだん雨が強くなってきた。
羽づくろいに一所懸命

Img_5446

雨よけなのかな?

Img_5461

ぶるぶる

Img_5442

荒崎ねぐらに、ヘラサギさんがまだいました。
最近の定位置だね。

2012年2月 4日 (土)

ゆっくりゆっくり

Cimg3598

昨日よりかは暖かいけれど、寒いものは寒い。

7時頃 東干拓 7.9℃ 北北東 2.5m/s 1025hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -19℃
         南西 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
           北北西 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -3℃
     西北西 1m/s
     視程 1.0km

Img_5349

なわばりを死守

Img_5355

鳴いた後、さらに威嚇を続ける。
頭の赤いところを相手に見せるんだそう。
おこってるぞ~

Img_5359

いやあ・・・怖~い。ぽりぽり

Img_5384

今日は北帰行無く、昼近くになってみんなお昼寝。

Img_5365

今日の荒崎のねぐらに、またヘラサギさん達が寝てました。

2012年2月 3日 (金)

Cimg3595

今年一番の寒さ

7時頃 東干拓 2.3℃ 南西 0.2m/s 1026hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -20℃
         南西 6m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -17℃
           北 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -14℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
     北東 2m/s
     視程 1.5km

Img_4940

ねぐらに氷が張りました。
足指が見えてるね。
足指が水の中にあるツルたちは、寝てから起きるまでまだ移動してないのかな?

Img_5194

大きな氷のアンクレット
寝ていた場所のねぐらの水深

Img_5063

轟音と砂埃

Img_5228

首が太~い

Img_5240

さんざん威嚇した後のディスプレイ

Img_5287

まだ幼い子がいるね
耳羽も、まだ色が薄め

Img_5107

コクマルガラスの淡色型は、早朝観察センターの駐車場に2羽いました。気心の知れない2羽。

Img_5168

オオバンの弁足。
むちむちで、でっかい!

Img_5124

凍った水路で、スケートしてましたよ。

2012年2月 2日 (木)

雪が舞いました

Cimg3592

うっすらと白い山々。
一日、小雪が降ったり止んだり。
ここまで降ったなら積もってくれればいいのに~

7時頃 東干拓 4.6℃ 北 3.7m/s 1024hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -21℃
         南南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -18℃
           北 8m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -8℃ 最低気温 -16℃
    北東 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 -10℃ 最低気温 -14℃
     西 5m/s
     視程 1.5km

Img_4693

遅くにやってきて、食べ尽くして移動していくマナヅル。

Img_4798

あれっ、雪?

Img_4808

さああっと、粉雪が流れていきます。

Img_4835

どこからやってくるんだろう?

Img_4861

どんどん吹雪いてきます。
寒くなるね。

Img_4866

遠くが見えない

Img_4905

その場でじっとするしか

Img_4911

高い農道の下に、風をよけようとツルが集る。

Img_4919

風が強くて、道路にぺたんとチョウゲンボウ

Img_4711

コチョウゲンボウだと思うんだ

2012年2月 1日 (水)

韓国のニュース

ねぐら造成 ナベヅル集る KBS NEWS(1/22付)動画有り

今シーズン順天に、630羽あまりのナベヅルとマナヅル20羽あまりが越冬。
ナベヅルは6年前には70羽あまりだったのが10倍に増え、マナヅルは観測史上最も多い越冬数になっている。

今年、順天はツルのための畑を今までの二倍程度増やした。畑は藁をそのまま敷いてエサを残すようにしました。
また、以前は干潟で寝て朝になって畑に飛んでエサを探していましたが、今シーズンは順天市が農耕地に作られた水の張った田んぼをねぐらとして用意。
さらに、車両や農民の出入りを24時間規制し、道路周辺には幕を設置して車両の明かりも遮断。保護活動が実っての増加となっている。

毒劇物も耐え忍んだ真鶴の母情死んだ子のそば守って kyeongin.com  (1/29付)

社団法人韓国野生鳥類保護協会は、去る26日午後1時30分頃仁川市(インチョンシ)計算区桂山洞(ケサンドン)畑で、毒劇物に中毒したマナヅルなど2羽を救助したと29日明らかにした。

発見当時親マナヅルは、密猟者がばら撒いておいた猛毒性農薬が埋めた餌を食べて中毒して72時間以上がすぎて死を目前に置いても、すでに死んだ子を生かすために悲しく泣いてその場を離れないで守っていたと野鳥会は伝えた。

ユン理事長は"昨年12月に金浦市(キンポシ)、霞城面(ハソンミョン)で鷲7匹が死骸で発見され、一月余りぶりにまた再び密猟者らの無慈悲な欲に死んでいく野生動物が発見されたことは、取り締まりがまともになされないでいるということを傍証することで、当局のより徹底した現場点検と対策作りが必要だ"と話した。

オジロワシなど世界的貴重種「毒劇物に中毒、死亡」 hani.co.kr (2/1付)

漢江(ハンガン)と渡り鳥の渡来地金浦(キンポ)・坡州(パジュ)・仁川(インチョン)地域で、絶滅危惧種の不法はく製を狙った密猟者が増え、最小で300羽あまりの渡り鳥が被害に遭っている。

主要渡り鳥の渡来地の、京畿道(キョンギド)、金浦(キンポ)と坡州(パジュ)、仁川(インチョン)地域だけで、最近一ヶ月の間にオジロワシ 2羽とマナヅル 2羽、鷲(絶滅危機種2級、天然記念物243-1号) 7羽、大きい雁(絶滅危機種2級) 15羽など法廷保護種30匹余りが密猟者らの銃器や毒劇物に犠牲になった。

野生鳥類保護協会は26日、仁川市(イチョン)桂陽区(ケヤング)桂山(ケサンドン)の畑で、毒劇物に中毒した真鶴2羽を発見、死亡した。

二月

Cimg3569

今日から二月です。
曇りのち雨。北帰行はありませんでした。

7時頃 東干拓 7.3℃ 0m/s 1019hpa

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -20℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -12℃ 最低気温 -18℃
           北 11m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -9℃ 最低気温 -14℃
    北西 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 -7℃ 最低気温 -10℃
     北北西 3m/s
     視程 1.5km

Img_4438

東干拓のエサを食べて、荒崎に向かう一軍。
まだまだエサを食べたい。

Cimg3577

荒崎では今日から3月末まで、小麦のエサの他に小魚が撒かれます。これ食べて北帰行の体力をつけてね。

Cimg3590

ぱくぱく
カラスに盗られないように・・・

Img_4418

東干拓は、小麦のみ。です。

Img_4622

いつも見ていた緑リングのマナヅル家族。
3羽家族だったはずなのに、今日は幼鳥がいない。
親離れなのかなあ?はぐれちゃったのかなあ?
気になる・・・

Img_4644

ナベヅルは藪の中がお気に入り
こういう場所は、なかなか無いよねえ~

Img_4677

ここは俺の縄張りだ~と、かけずり回って他のツルを威嚇して追い払う。ナベヅル幼鳥グループが、追いかけ回されてました。

Img_4458

お山の大将

Img_4582

ノスリが何かを捕まえたみたいです。
ノスリの足のふさふさって、外側のみに生えてるのねぇ。意外でした。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ