フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 韓国のニュース | トップページ | »

2012年5月15日 (火)

韓国のニュース

金浦市、絶滅危惧種マナヅルに生活の場、返す 市民日報(5/15付)

マナヅルは、漢江(ハンガン)河口の金浦市(キンポシ)一円で多くて100余個体が越冬をする。 以前には霞城面(ハソンミョン)フピョンニ地域に1500~2000余個体が棲息したりした。

金浦市は、自然を戻すために去る2008年から真鶴チュィ、棲息地を作っている。

急激な都市化が真鶴を離れるようになった。!
最近真鶴が訪ねてきるチュィ棲息地で、主に利用した地域大部分が開発と無分別な農地のき損などで、訪ねてくるマナヅルの個体数が急減している。

その主な要因は農作物の時代的変化で、以前は単純な稲作だったのが付加価値が高いキノコ栽培と施設栽培のためのビニールハウス設置など多様な作物を栽培するようになり、畑を覆土して畑で利用したり倉庫を建築する場合が多かったためだ。

これに伴い、市は高い開発圧力と農地き損により消えていくマナヅルの個体数を確保するために、自然そのままの農地を保存できるチュィ棲息地を用意しなければならない必要性を認識することになった。

チュィ、棲息地に対する棲息地妥当性調査を実施。 引き続き過去渡来地だった後評リ一帯を段階別に真鶴チュィ棲息地造成方案に対する基本計画と実施計画を樹立し、2010年頃1段階サービス発注を始め、現在は2段階造成事業が完了した状態。

2012年3月13日には、初めてマナヅル真鶴10羽が姿を表わした。
その後、150羽余りが観察されるなど成功したといえる。
マナヅルを保護するためのこの事業は、来る2014年まで4段階にかけて進行される。

« 韓国のニュース | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国のニュース | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ