フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« まだまだ夏じゃないけれど | トップページ | »

2012年5月23日 (水)

韓国のニュース

金浦市、「マナヅル棲息地復元」 渡り鳥楽園を夢見た国内最初の鳥類保護用棲息地造成 kyeonggi.com (5/23付)

金浦市が、マナヅルの棲息地を復元するために推進中の真鶴チュィ・棲息地造成事業を着手して1年余ぶりに、マナヅルの年間観察個体数が150匹余りという成果を産んだ。

1970年代真鶴渡来地で名声が高かった金浦市(キンポシ)、霞城面(ハソンミョン)フピョンニ一帯に推進されている真鶴チュィ・棲息地造成事業は、国内では初めて試みられる鳥類保護用棲息地造成事業。

市から2段階事業を依頼受けて去る5ヶ月余りの間造成事業を推進した韓国環境生態研究所は、フピョンニ一帯で餌を与え、密猟監視などマナヅルチュィ棲息地造成作業を始め、管内真鶴モニタリングおよび書式阻害要因と真鶴到来現況調査などを実施した。

研究所側によるマナヅルモニタリングにより、「真鶴の越冬地選択に寝床(湿地)が相当な影響を及ぼす」として「高陽市(コヤンシ)、チャンハンIC寝床とフピョンニは13kmも離れているので、フピョンニ近隣シャムリエ寝床を作ること」を提案した。

住民たちの積極的な協力で、2段階事業中である去る3月13日初めてマナヅル10羽余りが姿を表わした。以後、個体数は毎日増えて、3月16日には最大38個体が観察され、4月1日まで122羽が観察された。

市は、今年3億5千万ウォンの予算を投じて成功的に終わらせるという方針だ。 3段階事業で、このような顕著な成果によって徒費支援も受けることができ、一層さらに易しく事業が推進されると期待している。

« まだまだ夏じゃないけれど | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ夏じゃないけれど | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ