フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

Img_0763

雨が降ったり止んだり。蒸し暑い。

9時45分頃 観察センター前 26.6℃ 南 3.9m/s    

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 18℃
         南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 12℃
           南南東 15m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 20℃
    0m/s
    視程 0.4km

ソウル 最高気温 24℃ 最低気温 21℃
     南南西 4m/s
     視程 0.4km

Img_5618

江内にナベヅル。
いつもよりも江内よりの田んぼ。
いままでいたアジサイがあった付近の田んぼは、全て田植え済み。

Img_5621

移動の時だけ田んぼの中で、ほとんど畦で採餌。

Img_5632

江内の奥の方の田んぼにマナヅル2羽。

Img_5644

トラックが上の農道を通ったものだから、ツルも私もあわてて移動したら、この田んぼの田植えの準備が始まったみたい。

Img_5650

早々に引き上げていたら、ツルもこの田んぼを歩いて移動して畦に上がった後、飛んで移動してきた。

Img_5658

1ブロック荒崎よりの田んぼのあぜ道に着陸。

Img_5665

同じ田んぼに降りた2羽が寄り添いあい、畦に上がって落ち着いた様子。その後、羽づくろいを始めた。

休日に農作業される方も多いから、明日、そしてこれからこの付近がどうなるか?わからないけれど、これからどこに落ち着くようになるのか、目が離せない。
明日、すぐに見つかると良いのだけれど・・・

Img_5614

東干拓で2羽連れだった鳥を見かけた。
ハクセキレイの幼鳥?なんだろう?
眉斑が黄色っぽく見えたのだけど・・・

2012年6月29日 (金)

Img_0762

くもり。湿気を含んだ空気が重い。

9時45分頃 観察センター前 24.8℃ 北北東 0.4m/s 1010hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 31℃ 最低気温 17℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
           南 10m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 21℃
     北東 2m/s
     視程 1.8km

Img_5570

江内の田んぼにナベヅル。
牧草を育ててるのか?水は張っていない所。

Img_5565

一面、草が生い茂っている。
雨上がりだから土も軟らかそう。

Img_5587

マナヅルも、いつもの田んぼに。
もう田植え作業がすぐそこまで。
いつまでここにいられるんだろう?

Img_5594

羽づくろい気持ちよさそう。

Img_5603

成鳥の羽根が、ずいぶん細く見える。

Img_5555

東干拓で。
今日もアジサシが7羽飛び回っていました。

雨上がりだからなのか?荒崎、西干拓東干拓にトンボがやたらと飛んでいます。

2012年6月28日 (木)

Img_0761

午前中、ぱらぱらと雨。

10時10分頃 観察センター前 22.8℃ 北北東 2.7m/s 1008hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 33℃ 最低気温 16℃
         南西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
           南南東 8m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
    東 1m/s
    視程 1.6km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
     北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_5526

江内の牛小屋手前の田んぼに、ナベヅル1羽居ました。
辺りには、ホトトギスの声が響いてました。

Img_5535

あぜをつついて採餌。
この畦は草丈が結構な深さ。下はすぐ水路です。

Img_5551

マナヅルも2羽も、江内の田んぼ。

Img_5537

食べながら伸び?
クロコサギの魚捕りを思い出しましたよ。
どうなんでしょう?

Img_5543

成鳥の方は、まだ羽根がキレイに乾いていないみたい。
ずっと雨だったものね。

2012年6月27日 (水)

Img_0760

雨が激しく降ってます。

11時10分頃 観察センター前 22.8℃ 北東 1.8m/s 1008hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 33℃ 最低気温 18℃
         南西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
           北北西 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
    東 2m/s
    視程 1.6km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     東北東 4m/s
     視程 2.0km

Img_5499

やはり昨日見た田んぼの近くに、マナヅル2羽一緒にいました。

Img_5501

田んぼの中で雨をしのいでいる。
田んぼの両側はちょっとした高台に挟まれた場所なので、所によって雨や風をしのぎやすくなって居るみたい。

Img_5515

昨日までいたアジサイ沿いの田んぼが、今日田植えされていました。牛小屋に近い田んぼへと避難してきていたナベヅル。

田んぼの水位も深くなっていて、田植えされていても気にしないで歩いていました。

Img_5511

雨がひどいと羽根がぺったり。
肌が露出している部分が多いから、すぐに水がしみこんでしまいそう。

その後、畦に上がって地面をついばんでいました。
採餌は、水の中よりもあぜ道が好きみたいね。

2012年6月26日 (火)

マナヅルいました

Img_0759

曇り

10時55分頃 観察センター前 26.1℃ 北東 2.7m/s 1004hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 33℃ 最低気温 19℃
         西北西 4m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
           西 1m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
    東 1m/s
    視程 1.4km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
     東北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_5416

江内の田んぼに、ナベヅル1羽。
防鳥糸、張ってあります。
いつもは畦沿いを歩いて畦の何かを食べてる見たいだけど、すぐそばの道を車が通ったり人が歩いていたりすると、どうしよう~どうしよう~と幅2~3mくらいをぐるぐる歩き回るみたい。普通に過ごしているときよりも、そっちの方が稲を踏みつけることが多いように見える。

マナヅルを探すけれど、見つからず。

Img_5456

東干拓でアジサシ類が、飛び回っていた。
数えてみると37羽?ほど。

Img_5460

ホバリングしながら稲の中をのぞき込んで・・・
虫は居なかったみたいで、すぐふわっと上昇。

Img_5462

15時40分頃、Tさんより電話。
「マナヅル居たよ~」
あわてて、家を出て見に行きました。

Img_5493

江内の奥の方の田んぼに、サギたちと一緒に田んぼで採餌。
ここ最近、農家さんたちがずらっとたくさん入られていたところなので、遠慮&いないだろう?と思って奥まで入っていませんでした。朝方あんなにトラックが多いところですごしていたとは・・・Tさん、ありがとう。

Img_5485

エサもたくさんあるようです。

Img_5495

夕方のナベヅルも、やっぱりこの場所。

2012年6月25日 (月)

Img_0758

雨、ぱらぱらと降ってました。

10時30分頃 観察センター前 23.9℃ 南南西 2.0m/s 1005hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 16℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 11℃
           南 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 29℃ 最低気温 19℃
    東南東 2m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
     東北東 4m/s
     視程 2.0km

Img_5377

江内の田んぼに、ナベヅル1羽いました。
アジサイと。
でも、花より団子!
田植えが少しでも遅くなればいいなあ・・・
この付近で田植えされてない田んぼは、この田んぼともう数枚の田んぼだけです。

Img_5359

東干拓の貯水池にキンクロハジロ1羽。
他にはいないみたいだったけど、1羽で雨宿り?

Img_5368

貯水池近辺では、今日もアジサシ類が飛び回ってました。
数は少なくなってる見たい。
居残りか?新しい鳥か?

Img_5371

カルガモたちも田んぼで雨宿り

Img_5397

アオアオシシギ2羽とセイタカシギ1羽は、ずっと荒崎にいるみたい。

2012年6月24日 (日)

Img_0757

雨が降ったり止んだり。
マナヅル2羽は、見つからず。
本当にどこに行ったんだろう?

11時05分頃 観察センター前 25.7℃ 南西 2.7m/s 1000hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 17℃
         南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 13℃
           南南東 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 20℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 21℃
     北東 2m/s
     視程 1.2km

Img_5310

ナベヅル成鳥1羽は、今日は江内の田んぼの畦にいました。

Img_5317

用水路からの水の引き込み口?を覗いて、まるでアオサギのようにエサを採っているナベヅル。虫が集まっているんだろうなあ。

のんびりのんびり過ごしていました。

Img_5276

東干拓の田んぼに、アジサシ類が今年も群れでやって来ました。やった~

Img_5300

クロハラアジサシが5羽?ハジロクロハラアジサシが15羽?

Img_5305

そして他のよりちょっと大きめに見えた、これもハジロクロハラアジサシかな?

合計21羽。雨が降りだすと水の張ってある田んぼに降りてじ~っとして、雨が止むと稲の間を飛び回って採餌しているみたいでした。

オニアジサシ来ないかなあ?

2012年6月23日 (土)

Img_0756

雨。

6時30分頃 観察センター前 23.8℃ 0m/s 1004hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 31℃ 最低気温 17℃
         東南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 23℃ 最低気温 12℃
           南南東 3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 29℃ 最低気温 20℃
    南南東 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
     西南西 2m/s
     視程 1.8km

Img_5179

江内にナベヅル1羽。採餌中。

Img_5187

草みたいなもの食べてます。
1羽でひょうひょうと。

マナヅルは見つけることが出来ず。
どこに行ったの?
気になるところは探しているのだけれど・・・

Img_5214

後ろ髪引かれて東干拓からかえると、飛翔館前の田んぼにアカガシラサギが1羽!

Img_5228

水の張った田んぼに、うろうろして採餌。
今年も見れた!

2012年6月22日 (金)

Img_0755

晴れ

11時30分頃 観察センター前 24.5℃ 北東 2.4m/s 1006hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
         西南西 6m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 24℃ 最低気温 9℃
           南南西 2m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
    北西 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 20℃
     南西 2m/s
     視程 0.7km

Img_5147

江内の道路沿いに、ナベヅル成鳥。
田んぼの上の草地に上がってじっと羽づくろいなど。

Img_5160

時々、まぶたをつぶって眠そう。

Img_5163

首もとアップ
これって何が原因でしょう?

Img_5172

それからゆっくりと、田んぼに出て採餌。
植えたばかりの稲を踏むな~

マナヅルは、見つけることが出来ませんでした。
昨日いた田んぼは、農家さんたちが大勢入って田植え。
2羽いるから目だつはずなのに、辺りを探すけれど見当たりませんでした。
明日に期待。

東干拓では、アジサシ類が8羽ふわふわと堤防沿いを飛んでいるのが見えた。

2012年6月21日 (木)

Img_0754

またしても大雨降り続いています。

11時頃 観察センター前 22.3℃ 北東 2.7m/s 1004hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 15℃
         南南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 11℃
           西北西 1m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 29℃ 最低気温 19℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 20℃
     南南西 2m/s
     視程 0.7km

Img_5078

江内の一本松に近い田んぼに、マナヅル2羽隠れるようにいました。

Img_5080

雨止まないよ~

Img_5087

時々水を振り払います。

こんな雨の中、荒崎で田植えや耕耘されている農家さんが何人もいらっしゃいました。マナヅルがいる田んぼの近くでも、耕耘中。どんどんツルがいられるスペースが無くなっていきます。

Img_5095

江内の田んぼ、荒崎側から4~5枚目位の道ばたの田んぼにナベヅルがひっそりいました。

Img_5091

頭の汚れ具合が、首の羽根の抜け具合が、石垣に同化してちょっと見、わからないくらい。

Img_5114

ブルぶるっと水を払うと、あまりの羽根の抜け具合が露わに・・・雨覆いまで抜けてる!?首はもう本当に羽根がないんじゃないかと言うくらい全体的に抜けてるように見える。体温下がりすぎないか心配です。

Img_5130

荒崎の田んぼに、セイタカシギ1羽とアオアシシギ2羽がいました。久しぶり~。しばらくゆっくりしていってね。

2012年6月20日 (水)

Img_0753

台風一過で、さわやかな風。
雲は厚いけれど、時々じわーっと太陽が薄雲の向こうで自己主張してる。

10時30分頃 観察センター前 22.7℃ 北東 2.2m/s 1002hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 16℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 13℃
           北 2m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
     東北東 4m/s
     視程 2.0km

Img_5069

マナヅルは、荒崎のお気に入りの田んぼ?水源地から3枚目の田んぼに。

Img_5065

畦沿いで採餌しながら歩いてました。

Img_5076

ナベヅルは、昨日いた田んぼから3枚くらい荒崎側の、昨日農家さんが耕耘していた田んぼにいました。やっぱり畦沿いで採餌。

今日は住民の方からの通報があったそうで、ナベヅルを見にクレインパークの方がいらしていました。が、飛べるツルは保護できないので、様子を見て帰って行かれました。
江内線の道路沿いだから、さすがに手前で採餌していれば目立つんだよねえ~。

居残りヅルは、もう何年も前からいるし(わかっているだけでも、H15~16年度から)。時々越夏のニュースがTVに流れたりもしてるけれど、周辺の住民の方への周知は進んでいないみたい。

この場所は、昨日耕耘されたのでそう遠くない時期に田植えされると思うのだけど、そうすると今年は休耕田が本当にない!(震災の影響なのか?本当にどこの田んぼも田植えされています。青刈りして牧草を作るところもあるようです)ので、どこで過ごすようになるのか?心配です。

観察センターに、ツルが越夏できるようなビオトープみたいな施設があればいいな~。渡り鳥も夏鳥もいて、冬も冬鳥が集まって、ツルももしもの場合には気に入ってくれるような・・・
人にも、鳥にも良くて、環境が年ごとに激しく変わらないような、そんな楽園を夢見てしまう今日この頃です。

2012年6月19日 (火)

少しばかり大胆に

Img_0752

ちょっとだけ、小雨。台風は逸れてくれたみたい。

10時30分頃 観察センター前 24.1℃ 北 2.1m/s 994hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 15℃
         南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 12℃
           南 2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 29℃ 最低気温 18℃
    北 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 20℃
     西北西 2m/s
     視程 1.5km

Img_5038

荒崎の水源地の裏の田んぼに、マナヅル2羽いました。
やはり周りは、農家さんがあちらこちらで作業されてました。

Img_5036

1羽は土手の上で採餌。1羽は田んぼの中から土手のなにかを採餌。

Img_5045

江内の田んぼ、今日は農家さんが耕耘していたみたい。
ツルを見ていた人の話によると、トラクターが入ってもこの田んぼの中をうろうろしていた!そうです。
私が見始めたのは、もうトラクターを道路へと上げ始め作業が終わった頃でした。

Img_5043

トラクターが出て行くと、畦を歩きつつ私の車を気にしてる。

Img_5048

すぐさま立ち去って、遠目から観察。
2枚奥の田んぼでは、まだ農家さんが作業真っ最中。
土手に上がって程よいところまで歩くと、あ~やっと行ったとばかりに羽ばたきを数回と羽づくろい。

この場所は自分の!っていう意識なんでしょうか?
農家さんが作業に入っても、飛んで移動しないのは驚きです。

2012年6月18日 (月)

Img_0751

くもり。雨が降ると思ったけれど、降らず。湿気はすごい。

11時頃 観察センター前 25.4℃ 北東 0.8m/s 1007hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 13℃
         北西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 12℃
           南南東 3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
     北西 2m/s
     視程 1.8km

Img_5003

マナヅルは、荒崎の水源地から3つ目の田んぼ。
畦に乗って、沿って、採餌しながら歩いて行く。

周りは昨日に引き続き、農家さんが多い。
田植え作業が進んでいく。

Img_5030

江内の牛小屋付近にナベヅルがいました。
昨日田植えされた田んぼの畦に上がって、あぜ道をつついて採餌していました。

Img_5016

もしかすると、昨日も牛小屋の敷地付近にいたのかも。
建物、木の影になっているちょっとした広さの敷地は、外からは見えづらいみたいだった。ナベヅルは隠れ場所、よくわかってるよなあ・・・

今年はどこも休耕田がないので、マナヅルは、田んぼの真ん中あたりを稲の背丈が高くなってもうろうろしてるけれど、ナベヅルの居場所は畦や開けた空き地などになってしまう。

ナベヅルの居残りはこれから厳しくなってきそうです。

Img_5031

福ノ江でタマシギ。
やっぱりカップルかな?
足の先のないセイタカシギ幼鳥も1羽いました。
また、鳥が入ってくれないかなあ?

2012年6月17日 (日)

博物館講座

Img_0747

雨上がりの湿気がものすごい一日。

11時頃 観察センター前 24.8℃ 南西 1.4m/s 1006hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 14℃
         南東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
           南 5m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
    南東 1m/s
    視程 0.1km未満

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 19℃
     南 2m/s
     視程 1.2km

Img_4964

江内一本松の端の方の田んぼにマナヅル2羽。
水もちょっとだけ引いて、歩きやすそう。

Img_4975

それでも羽づくろいするときや、休憩?するときは畦の上。
水の中を歩き回って採餌したりして過ごしてました。

ナベヅルは、今日は見つからず。
雨の間を縫って、田んぼでは農家さんたちが田植え最盛期。
江内方面の奥までずっと、多くの方が作業されていました。
これではナベヅルは安心できる場所がないな~というくらいの人口密度。

明日以降は、農家さんたちも平日営業で少なくなると思うので、ナベヅルもいつもの場所に戻ってきてくれたらいいのだけれど・・・

私たちの目に触れそうもない隠れられる居心地の良い場所や、目の届かない遠くへといってしまったなら、しばらく見つけ出せないかもしれません。

足の悪いナベ亜成鳥もここ10日ほど見ていないんだよねえ・・・どこに行ってしまったのか・・・

Img_4990

ちょっと大きめのツバメ。アマツバメ?が荒崎の田んぼを何羽も飛び回っていました。

Img_0749

急いでツルを見つけて?お昼から、クレインパークで野鳥カービングの博物館講座を受けてきました。

ケワタガモを削る私。
不器用な私は、2時間削ってカラーリングまで行き着きません。しかもうっかり刃を自分に向けて削っちゃって爪の間を負傷。お向かいで削っていた小学生のやさしい男の子に、絆創膏をもらいました。あ~あ

家に帰ってからも、こりこり削ってやっとこれくらい。
ある程度やすりがけしたら、カラーリングでごまかしちゃえ!とこりこりこりこり。励んでいます。今、ちょっと両腕が筋肉痛。

2012年6月16日 (土)

大雨

Img_0746

雨が降り続き、東干拓・荒崎・江内の水路は満水状態。所々で、道路にまで水があふれ出していました。荒崎の山から、小規模ながら土砂が道路に流れ出てました。

10時15分頃 観察センター前 24.5℃ 南西 3.2m/s 1004hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 14℃
         0m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
           南南東 7m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 24℃ 最低気温 17℃
    南東 1m/s
    視程 1.1km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
     北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_4839

江内の一本松に近い一番端っこの田んぼ脇に、マナヅル2羽。

Img_4879

ちょこちょこ歩いて水没間際のあぜ道で採餌

Img_4894

水の中を歩いて別の畦へ行こうとしたら、途中でつんのめって?バサッと頭からつっこんでいた亜成鳥。水没!

どうやらかかと部分の所以上の水位は嫌いみたい。
そして、やわらかい土は足を取られて歩くのは大変そう。

Img_4899

ようやく一歩を踏み出すと、水がざっとしたたり落ちてました。
でもお腹はかなり濡れてしまっただろうな。

Img_4902

何度も何度もすごい勢いで羽ばたきを繰り返し、水を飛ばしていました。

Img_4939

ナベヅルは、江内の田んぼに1羽。

Img_4955

畦の何かをつついて食べてるみたい。

Img_4962

濡れてしまって、首の羽根もすかすか。

2012年6月15日 (金)

Img_0745

ひどい雨風です。

10時10分頃 観察センター前 23.7℃ 南 2.1m/s 1008hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 12℃
         西南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
           南南東 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
    東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
     東北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_4743

マナヅルは荒崎。
2枚隣の田んぼで、農家さんがトラクターで作業中。
田植えされた田んぼをうろつくマナヅル2羽。
ごめんなさい・・・
稲を踏みつけて歩いてないといいのだけれど・・・

Img_4744

ナベヅル成鳥は、江内の今までよりも奥の方の田んぼに。
昨日までいた田んぼ付近は、3台のトラクターが作業中。
やはり、人気がないところないところへと移動している。
何度も移動というのは嫌なのだろう。
これ以上奥の方に行かれると探すのも大変になるので、その辺りで落ち着いてくださいなと願わずにはいられない。

Img_4749

ツルにとって農繁期は過ごしづらい時期でもあるね。

Img_4758

福ノ江に、セイタカシギが1羽。

Img_4766

右足先が無い様子。
群れで入っててその後置いてけぼりにされたのかも?

もしかして荒崎・東干拓よりも福ノ江の方に鳥は来てたのかもしれないなあ?去年、この田んぼは水がたまっていて田植えをしていない湿地状態で、セイタカシギがたくさん!シギチも大盛況の田んぼだったから、鳥たちも覚えているのかもしれない。

Img_4800

留鳥のタマシギ♂
私は、地味目なオスが好きです。
地味カワイイ鳥が好き。

Img_4832

タマシギ♀
タマシギは、メスの方が派手。
3羽ばかり飛んでいてもう1羽は別の田んぼに降りてたみたい。
ときおり、メスが羽ばたいてじっと羽を広げたままにしてました。
1~2mさきにオスが降りてたけど、ディスプレイだった?

2012年6月14日 (木)

Img_0744

今日も晴れ。湿気がすごい。

10時20分頃 観察センター前 25.5℃ 北東 2.2m/s 1006hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 11℃
         南南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
           南南西 3m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
    東 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
     東北東 4m/s
     視程 2.0km

Img_4706

荒崎の奥の方の田植えが終わった田んぼの中に、マナヅル2羽がいました。

Img_4708

ナベヅルは江内の田んぼに1羽。

Img_4714

畦沿いに歩いて採餌したり、水たまりの泥の中で採餌したり。
江内もそろそろ田植えの準備や田植えが始まりだしています。
始めに通ったときは見つけきれず辺りを一周して確認できたのだけど、近くにはトラクターが作業をし始めていました。

マナヅルに付いていかないのも、何度も場所がえをしなくてはいけないからではないかなあ?と思うので、しばらくここに落ち着けるといいのだけれど。

Img_4718

江内方面から荒崎の水源地の近く走っていたら、後ろから?マナヅルが飛んできていました。江内近くの田んぼに移動して、荒崎の田んぼにもどってきた?

Img_4726

その後は落ち着いて畦の両脇を歩いて畦の草の中の何か?を採餌。

2012年6月13日 (水)

静かな場所へ

Img_0743

晴れ

10時40分頃 観察センター前 26.8℃ 北東 1.0m/s 1001hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 9℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
           西 1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
    0m/s
    視程 1.6km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
     東北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_4691

荒崎の田んぼに、マナヅル2羽。
農家さんはあちこちで田植えやその準備で働いていらっしゃる。

Img_4697

江内の田んぼにナベヅル成鳥1羽確認。
昨日ナベヅルを見た場所は、農家さんたちが大勢作業していた。

ここはほとんど農家さんがいらっしゃらない。
トラクターなどもいない静かな環境だった。

Img_4695

あぜに立って羽づくろい中。

2012年6月12日 (火)

Img_0742

午前中から昼過ぎまで雨。夕方頃から曇り。

10時50分頃 観察センター前 21.0℃ 北東 2.0m/s 998hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
         東北東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 9℃
           南 2m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
    南南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
     北東 1m/s
     視程 1.7km

Img_4671

荒崎の水源地近く、水のたまったたんぼで畦に沿って食べつつ移動するマナヅル親子。

Img_4683

367号線沿いの田んぼに隠れるようにひっそりと過ごすナベヅル成鳥。

Img_4681

車や人が遠くの農道を通っているだけで警戒中。

2012年6月11日 (月)

Img_0741

ここ最近、夜中2~5時頃にホトトギスとフクロウの声が聞こえている。
荒崎は小雨。

11時30分頃 観察センター前 22.4℃ 北北東 1.0m/s 996hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 20℃ 最低気温 8℃
         北 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 10℃
           南南東 14m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 18℃
    北北西 1m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 19℃
     南西 2m/s
     視程 1.5km

Img_4661

今日も荒崎のあちこちで、少ないものの農家さんが作業されていた。ツルたちは、江内川沿いの田んぼ。近くには、水が張ってあるだけの田んぼも。

Img_4668

水には困らない季節になった。
水飲み直後、クチバシからは水がしたたっている。

Img_4666

マナヅルは、田んぼにいる虫を捕まえているみたい。

2012年6月10日 (日)

Img_0740

晴れ。
荒崎は、本格的に農繁期に入っているのか水路の水草の除去が重機を使って行われていました。またそれと平行して、農家さんたちがグループで畦の草刈りを大規模に行っていました。

今日の夜中の2~3時頃、ホトトギスとフクロウがずっと鳴き続けていた。

11時05分頃 観察センター前 24.2℃ 北東 1.4m/s 994hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 1℃
         北東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 10℃
           南南東 9m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
    北東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 19℃
     西 1m/s
     視程 0.4km

Img_4605

荒崎の北の方にマナヅル2羽が採餌中。

Img_4614

上空をヘリコプターが通った時、上空を見上げるマナヅル。しかも、2羽が代わる代わる。

Img_4645

ナベヅル成鳥は、江内川沿いの田んぼで採餌中。
農家さんたちがたくさんいらしたので、荒崎のマナヅルとは一緒にいられなかったみたい。

Img_4624

トンボ食べてました。

2012年6月 9日 (土)

Img_0739

曇り。湿気たっぷり。

荒崎センター前で、ホトトギスの声がどこからか聞こえた。

10時30分頃 観察センター前 25.1℃ 南西 0.2m/s 996hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
         0m/s
         視程 0.1km未満

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 12℃
           南南東 6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 18℃
    0m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
     北東 1m/s
     視程 0.4km

Img_4602

荒崎の田んぼに3羽一緒。
東干拓にいた足の悪いナベヅル亜成鳥は見つからず。

Img_4583

羽根が悪いマナヅル成鳥。
背の羽根が逆立って見えるのは???

Img_4585

大分頭も白くなってきました。
マナヅル亜成鳥。

Img_4603

羽根が抜けた地肌から何本か羽根が飛びだして見えるのは抜けてる?のか生え始めているのか?わかんない。

Img_4574

鶴見亭の窓枠の上に長ーく巣作りしてたツバメ。

2012年6月 8日 (金)

Img_0738

ちょっと強い雨。夕方前まで。

10時40分頃 観察センター前 21.3℃ 南 0.3m/s 1001hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 11℃
         東南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
           南南東 8m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 19℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 19℃
     西 1m/s
     視程 0.5km

Img_4565

雨の中、荒崎の水源地近くの田んぼに3羽そろって採餌してました。

Img_4566

車止まった・・・逃げろ

Img_4570

ナベヅルは、真っ先に1羽でサクサク歩いて遠ざかってました。
羽根は雨に濡れてぺったり

ナベヅル亜成鳥の足の悪い1羽は、今日も見つからず。

2012年6月 7日 (木)

Img_0737

小雨がぱらぱら。ちょっと寒いかな?

10時45分頃 観察センター前 22.2℃ 微風 1005hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 11℃
         南南東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 9℃
           南 9m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 18℃
     西 3m/s
     視程 0.3km

Img_4563

荒崎の田んぼに、マナヅル2羽とナベヅル成鳥1羽がいました。
マナヅルは、水のたまった田んぼに。ナベヅルは草が生い茂った田んぼに。
やはり、好みの違いなんでしょうか?

Img_4557

羽根がないと、違った生き物に見える・・・

Img_4559

ナベヅルが反応するものだから、マナヅルもいつもにまして警戒していた。

東干拓にいた足骨折のナベヅルは、今日も見つけられず。1羽を探すのは本当に難しい。

2012年6月 6日 (水)

Img_0736

薄曇り
太陽の金星通過見えました。
MBC南日本放送のUSTREAM配信が見やすくて良かったです。

11時20分頃 観察センター前 24.9℃ 北東 1.9m/s 1004hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 25℃ 最低気温 11℃
         北北東 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 10℃
           - 1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 16℃
    北 1m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 17℃
     北西 2m/s
     視程 1.4km

Img_4546

荒崎の水のたまった田んぼに、マナヅル2羽。
畦沿いに歩いてつついてました。
水のある田んぼだからなのか?私が見に行ったときには、ナベヅルは一緒にいないみたいでした。

そして探すけれど、羽根の抜けたナベヅルが見つからず。
東干拓にいたナベヅルも見つけられず。

Iさんに聞くと、朝の内、骨折のナベヅルは東干拓はいつもの田んぼに。羽根の抜けたナベヅルはマナヅルたちの近くの田んぼにいたらしいです。

明日は見つかるといいのだけれど。

昨日の19時頃、用事で荒崎近辺を通ったときは、東干拓の足骨折のナベヅルはいつもの田んぼに1羽で。マナヅルは、ミズのたまった荒崎の田んぼで2羽でいたけれど、羽根の抜けたナベヅルは見つけられませんでした。マナヅル2羽と羽根の抜けたナベヅルは、一緒に寝ているわけではなさそう。

Img_4527

東干拓の水のたまった田んぼで採餌していたクロハラアジサシ?見たときはハジロクロハラアジサシかと思っていたけれど・・・どちらなんでしょう?

2012年6月 5日 (火)

Img_0735

早速、雨です。

11時頃 観察センター前 21.0℃ 北北東 3.5m/s 1006hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 22℃ 最低気温 13℃
         西南西 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
           南南東 10m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 16℃
    南 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 17℃
     西南西 3m/s
     視程 1.8km

Img_4445

東干拓の足骨折ナベヅル。
つついてます

Img_4456

ん?

視線に気づいたか?
でもまたすぐ、食べ始めた。

Img_4457

荒崎の田んぼにマナヅル2羽。

Img_4469

草の穂を一所懸命食べてます。

Img_4489

風がびゅうびゅう吹き出すと、亜成鳥が首を曲げ伸ばししながら歩き出して畦に登り、羽ばたきを何度か。

Img_4501

ナベヅル成鳥がマナヅルの近くにいやしないかと、荒崎をぐるぐるして捜すが見つからず。
すこしずつ範囲を広げて捜索すると、江内一本松に近い方の田んぼにいました。

Img_4505

羽根が抜けた背中は、雨に濡れたときに寒そうだ。

2012年6月 4日 (月)

梅雨入りしました

Img_0734

九州南部、梅雨入りしました。

九州南部梅雨入り 平年より4日遅く 南日本新聞(6/4付)

11時頃 観察センター前 27.5℃ 北東 1.0m/s 1008hpa   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 11℃
         南南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
           南南東 8m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 17℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 18℃
     東 2m/s
     視程 1.5km

Img_4414

東干拓の田んぼに、足の悪いナベヅル1羽。
瞬きしてたり、ちょっとの間まぶたを閉じていたり。

Img_4412

眠たそう~

Img_4432

荒崎に、マナヅル2羽とナベヅル1羽。

休耕田があったらいいなと思ってたのだけど、農家さんに聞くとないとのこと。青刈りする田んぼがあるから、そこにいてくれる分にはかまわないという風には言ってくださった。
そうかあ~
まだまだこれから、田植えシーズン。

Img_4417

まだあちこちに逃げ回らないといけないね

Img_4428

荒崎の水路脇の道で、ヒクイナ。
子どもを隠しているのか?じっとしたり、羽を広げてみたり

2012年6月 3日 (日)

Img_0733

くもり。

10時45分頃 観察センター前 22.8℃ 北東 1.8m/s   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 14℃
         南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 8℃
           南南東 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
    北東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 17℃
     東北東 2m/s
     視程 1.2km

Img_4397

今日は、東干拓の飛翔館前の田んぼに足骨折のナベヅル。周りにはハシボソガラスが一杯。ちょっと嫌な感じ。

Img_4410

荒崎の3羽は今日は一緒に採餌中。

Img_4406

時間が遅めになってからは、一緒に行動なのかしら?

2012年6月 2日 (土)

朝のツル

Img_0732

今日は、早朝のツル見。

7時40分頃 観察センター前 21.7℃ 微風 ときどき小雨

Img_4377

7時30分頃、東干拓の田んぼに足の悪いナベヅルが

Img_4376

背中に首突っ込んで寝てます。
目もつぶってる。

意外に朝が遅い・・・

Img_4382

荒崎の田んぼに、1羽でナベヅル成鳥。
雨に濡れてるからなのか、かなり羽根が抜けてるように見える・・・
これやっぱり広がってるよねえ?

Img_4385

マナヅルは・・・ナベヅルの近くにはいない・・・
江内川近くの田んぼにいました。
ねぐらはこっちの田んぼ?

2012年6月 1日 (金)

Img_0731

霞が強い。
桜島の火山灰?

10時50分頃 観察センター前 23.3℃ 北東 2.7m/s   

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 15℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 24℃ 最低気温 10℃
           南西 1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 13℃
    南東 1m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 16℃
     東南東 2m/s
     視程 0.5km

Img_4294

東干拓にいた足骨折のナベヅル
あぜの土をつついていたみたい

Img_4314

荒崎のマナヅル2羽。
まだ耕されていない田んぼに。

Img_4349

道路を挟んで西側の田んぼにナベヅル成鳥1羽。
何度もばさばさと羽根をはばたかせたり、羽づくろいしたり。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ