フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« | トップページ | 水田にツルが来た? »

2012年7月 2日 (月)

飛来タンチョウ、名は八郎 知内

飛来タンチョウ、名は八郎 知内 北海道新聞(6/26付)

6/18に北海道知内町の水田で撮影されたタンチョウは、中国などの大陸で生まれ秋田県大潟村で「八郎」と名付けられた個体であることが分かった。

 このタンチョウは18日朝、日本野鳥の会会員で元町職員の竹田徹夫さん(61)が町内の水田で撮影。19、22の両日にも町内の水田で観察された。タン チョウの生態に詳しい専修道短大名誉教授で札幌に住む正富宏之さんに写真を送ったところ、「両翼の羽の特徴からみて『八郎』に間違いない」との回答があっ た。

 正富さんによると「八郎」は4歳の成鳥で、性別は雄。2010年6月に大潟村で確認され、12月まで同村で生活。地元の「秋田タンチョウ友の会」が八郎 潟にちなんで名前を付け、人気を呼んだ。その後は宮城県大崎市や礼文島に移動。今年3月に再び大潟村に戻り、4月に青森県内で確認されたのを最後に消息を 絶っていた。

 「八郎」は酪農学園大が拾った羽を使って行った遺伝子解析で、道内ではなく中国などの大陸産であることが判明している。正富さんは「大陸で育った若い鳥がたまたま日本に渡り、繁殖地も繁殖相手も見つけられず、国内をウロウロしているのでは」と推測する。

« | トップページ | 水田にツルが来た? »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 水田にツルが来た? »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
  • 3/11 ナベ450羽 クロ1羽
  • 3/10 マナ19羽 ナベ1,406羽
  • 3/4 マナ41 ナベ1624 クロ3 カナ4 ナベクロ3
  • 2/28 ナベ128羽
  • 2/27 ナベ21羽
  • 2/24 ナベ19羽
  • 2/23 マナ193羽 ナベ461羽
  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ