フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 飛来タンチョウ、名は八郎 知内 | トップページ | 苗踏み餌取り 農家困惑 佐渡・放鳥トキ »

2012年7月 2日 (月)

水田にツルが来た?

水田にツルが来た? 西日本新聞(6/29付)

うきは市浮羽町浮羽の水田に、親2羽、子5羽のツルの一家が出現、近所の人の目を引いている。実はこのツル、大野城市下大利で左官業を営む三浦辰彦さん(70)が白セメントなどを使って制作した像。

鏝絵の手法で制作し、親は高さ120センチ、子は80センチほど。「郷里で米作りを」と3年前に借りた約20アールの水田に、7羽が集う形で設置した。

一般の方のツルのイメージはこうなんだなあ・・・

« 飛来タンチョウ、名は八郎 知内 | トップページ | 苗踏み餌取り 農家困惑 佐渡・放鳥トキ »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛来タンチョウ、名は八郎 知内 | トップページ | 苗踏み餌取り 農家困惑 佐渡・放鳥トキ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ