フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

Img_1020

昨日とうって変わって青空が見える
あったかな一日

今年はこれにてブログ終了
皆さん、良いお年を

10時45分頃 東干拓 15.3℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -22℃
         0m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -14℃
           北北西 9m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 0℃
     西 2m/s
     視程 0.9km

Img_5723

残っているエサを巡って、なわばり争い

Img_5788

親とはぐれて1羽で過ごす幼鳥は目つきがするどい

Img_5791

甘えられるのも、もうあと少し

Img_5749

ん~エサはここか?
ハマシギがわらわらと歩き回っている姿は、見ていて飽きない

Img_5778

エサを逃がしたんじゃないよ
水浴びしてるんだからね

何度か狩りを失敗?したミサゴが着水してそのまま始めた水浴び

Img_5786

見られてる見られてる・・・
カワセミ、うれし~!と思うと殺気(?)が通じてしまうのか、こちらをおそるおそる見てるような気がする

Img_5814

今釜のホシムクドリは、撮る場所が難しい
逆光できらきらの構造色が出てきません
あの蛍光色がないと、普通のムクドリみたいに見えるよ

2012年12月28日 (金)

Img_1019

朝からものすごい雨嵐

12時20分頃 東干拓 15.3℃ 東 1.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -24℃
         西南西 8m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
           北北東 3m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -4℃
     北東 1m/s
     視程 1.5km

Img_5629

朝方はすごい雨だったし、昼からも降ったり止んだりで、ひとけがほとんど無かった様子。道路にはツルたちがたくさん上がっていました。

Img_5635

紫尾もかすんでる

Img_5650

たくさんコブがあるナベヅル
足の付け根にも、それらしきくぼみが

Img_5661

ソデグロヅルが保護区の外に出ていました
やっぱり人がいないのが良いのね

Img_5671

あちこちでマナヅルの群れがエサを食べたり、ケンカしたり

Img_5672

車を止めると驚いた

Img_5693

雨が降りだした

Img_5704

足のオレンジが、雨空に一際目につく

Img_5711

ふぐ?

2012年12月27日 (木)

Img_1018

寒いです。日の出も遅い。

8時50分頃 東干拓 6.0℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -20℃ 最低気温 -25℃
         西南西 9m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -18℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -2℃ 最低気温 -11℃
     西北西 1m/s
     視程 2.0km

Img_5502

車に慣れてきたのか?肝っ玉太いのか?田んぼに降りるのを待っててもなかなか移動してくれない。

Img_5508

日差しがさして、田んぼも緑に。

Img_5526

足にコブがで来たツル
だんだんとコブが大きくなってきてる

Img_5533

ん?

Img_5539

新芽を食べてます

Img_5558

東干拓の網の東側の道路沿いは、立ち入り禁止区域です。
看板も立っていたはずです。
監視小屋からみんな見てますよ?
冬休みに入って人も多くなってきましたが、ルールを守っての観察をお願いします。
保護区内のツルを飛ばさないでください。
そういう人に限って車から出て三脚出して撮影してるんだよね・・・

Img_5517

ツクシガモが飛んでました

Img_5567

福ノ江では、シンクロナイズドスイミング

Img_5486

早朝、観察センターの駐車場付近にいました

2012年12月26日 (水)

Img_1017

寒い寒い。
昼からはだんだんと気温が上がって青空

7時30分頃 東干拓 7.1℃ 北東 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -21℃ 最低気温 -24℃
         西南西 6m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -14℃ 最低気温 -21℃
           北北西 10m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -8℃ 最低気温 -16℃
    北西 3m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -8℃ 最低気温 -14℃
     西北西 3m/s
     視程 2.0km

Img_5321

朝焼け真っ赤

Img_5327

田んぼもきらきら

Img_5366

そっと水飲み

Img_5383

エサを探しあてるとおねだり

Img_5395

カッ

Img_5417

残り少ないエサを巡って、諍いが絶えない

Img_5349

小鳥を狙っていた様子のハヤブサ

Img_5355

旅の途中?クロツラヘラサギが高尾野川に降りていました

Img_5474

タヒバリ、うれしい!
もっともっと見たいです。

2012年12月25日 (火)

韓国のニュース マナヅル編

大邱(テグ)達城(タルソン)湿地'冬珍客'マナヅル帰ってきて 17年ぶりに72羽…渡り鳥ネットワークの餌供給など成果 The Kyunghyang Shinmun(12/10付)

大邱(テグ)達城(タルソン)湿地に、1995年以降17年ぶりに「冬の珍客」マナヅル72羽が飛来した。

大邱(テグ)環境庁によれば今年の冬真鶴が訪問したことは今年4月から地域住民、環境団体、専門家、地方自治体など14人で構成された達成湿地渡り鳥ネットワークを発足して去る1980年代丹頂鶴類最大渡来地である達成湿地の地位を回復しようと努力してきた結果というもの。

餌供給のため、河中島内の約2万5千㎡に渡り鳥の餌である麦を種まきし、種もみ、大麦、とうもろこしなど約2千㎏の餌を供給した。

また、渡り鳥が安全に休息を取ることができる空間用意のために過去の荷島(ハド)復元を通じて人々の接近を基本的に封じ込め、河中島内にヤナギの植栽と湿地造成など渡り鳥が好む環境を備えたのも一役買ったという分析。

大邱(テグ)環境庁関係者は「達成湿地にマナヅルが17年ぶりに訪ねてきたことは非常に鼓舞的なこと」としながら「地域住民、環境団体、専門家、地方自治体など達成湿地渡り鳥ネットワーク参加委員皆が環境改善に努力したので現れた成果で、このような努力を全国的に拡大しなければならない」と明らかにした。

韓国のニュース ナベヅル編

順天湾のナベヅル訪ねてきて 環境日報 (12/18付) 

全南順天湾に、ナベヅル(天然記念物228号)が暖かい冬を過ごすために訪ねてきた。 今年シベリアからやってきたナベヅルは500羽。  2007年以降、毎年百匹増加している。

洛東江さがした冬の珍客ナベヅル ニューシス(12/11付)

ナベヅルが去る10日、渡り鳥の渡来地である慶北(キョンブク)亀尾(クミ)洛東江(ナクトンガン)を訪ねてきた。

亀尾市環境保護課関係者は「湿地環境の変化で無事に到着する所がふさわしくないと見なされた欧米湿地一帯で、最近雪と共に起きた寒波に乗って、一度に多くのタンチョウが訪ねてきた」とし「4大河川事業前には一年も300羽余りが訪ねてきたマナヅルは、湿地環境の変化で40羽余りに激減したが、一度に100羽余りが訪ねてきたことは異例的なこと」と話した。

年評湿地一帯の生態環境が、最近再び生き返っているという意味だ。

市は渡り鳥餌を与える運動と湿地環境造成など、渡り鳥誘引策を持続的に繰り広げる計画だ。

漣川(ヨンチョン)臨津江(イムジンガン)でナベヅル夫婦越冬 中央日報(12/11付)

中部地方ではなかなか見るのが難しいナベヅル(天然記念物第228号)2羽が京畿道(キョンギド)漣川郡(ヨンチョングン)中面民間制限線地域臨津江(イムジンガン)で越冬中。

早瀬周辺臨津江(イムジンガン)には冬季珍客であるタンチョウ(天然記念物第202号)とマナヅル(天然記念物第203号) 200羽余りが越冬している。 これらの群れのそばには黒い羽毛を持つナベヅル夫婦の姿も見えて異色だ。 ナベヅルは去る6日から観察されている。 タンチョウとマナヅルは毎年11月初めから翌年3月中旬まで臨津江(イムジンガン)で越冬する。

順天(スンチョン)の平和な冬、ナベヅルの越冬 MBCニュース(12/15付)

スンチョンの映像

Img_1016

風びゅんびゅん寒いです。

7時30分頃 東干拓 7.2℃ 南 0.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -18℃ 最低気温 -24℃
         南南西 1m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -13℃ 最低気温 -17℃
           北北西 2m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -6℃ 最低気温 -9℃
     西南西 1m/s
     視程 1.2km

Img_5216

朝日も出ず、どんより空の時はツルたちのねぐら立ちも遅め。

Img_5214

早く行かないと、エサをカモに食べられちゃうけど・・・
人が手前にいたので前まで来られず、カラスにエサを食べられる。

Img_5317

荒崎のナベヅルようちえん
7羽が4羽家族のまわりをうろうろ

Img_5228

東干拓のナベヅルようちえんは、クロヅル成鳥に従う?ナベヅル幼鳥5羽。
危険を察知して群れの中に戻るクロヅルを見て、後を付いていきました。

Img_5294

高い所が好き
ここも幼鳥比率高いなあ?

Img_5309

今の季節、親から教わること多いんです
北へ帰れば、親離れしないといけないんだしね

Img_5311

水場はこの頃いつも、大人気。
今朝は、観察センターの前の水路にも降りてましたよ。

Img_5312

風よけに

Img_5237

キンクロハジロ、西干拓に来ていました

2012年12月24日 (月)

Img_1011

早朝ちょっとだけ、小雪。

7時20分頃 東干拓 4.8℃ 北 5.5m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -18℃ 最低気温 -23℃
         南西 6m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -13℃ 最低気温 -20℃
           北 8m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
    北東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
     北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_5120

ぽつぽつと小雪が降ってきました。
あれ?ってツルも見ているみたい。

Img_5130

ここ3日くらい、朝の内は観察センター前にソデグロヅルが来ているらしい。大分強くなったのか?マナヅルに向かって吠える!

Img_5134

私のなわばりよ
振り返って、じろっとにらまれる。

Img_5149

近いところに車を止めても、エサに夢中のナベヅル夫婦

Img_5179

クロヅル成鳥がナベヅル幼鳥に負ける?

Img_5176

羽根をきれいに保つためには

Img_5104

アオジも寒さでぷくぷくに

Img_5162

アトリの大群は本当に蚊柱みたく

Img_5171

東干拓の監視所でいたずらばっかりするジョウビタキ♀
建物の東側に駐車すると、フン落とされちゃいます。要注意

2012年12月23日 (日)

Img_1009

ちょっとは寒さも和らいでいたけれど、夕方からぐぐっと冷え込んできました。

11時00分頃 東干拓 10.9℃ 北西 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -18℃ 最低気温 -23℃
         西南西 7m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -13℃ 最低気温 -17℃
           北 8m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -7℃ 最低気温 -12℃
    北西 4m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -60℃ 最低気温 -8℃
     西 5m/s
     視程 1.5km

Img_5039

親子並んで

Img_5042

幼鳥ガンバレ!
成鳥は余裕~必死さがちがいます。

Img_5048

西干拓大人気

Img_5058

親にひっついてる子供は、守られてゆったりとした雰囲気

Img_5063

幼鳥だけのグループが、果敢にエサがまかれた道路で採餌。
でも、仕切ってるマナヅル成鳥に追いかけられ追い払われ

Img_5067

踊ろうよ~
ノリノリで踊っていたカップル

Img_5050

寒さでぷくぷくになったイソヒヨドリ♂

2012年12月22日 (土)

Img_1008

昨夜の雨が上がって、曇り。
どんよりだけど、寒さはあまり感じない。
そろそろ年末年始のお休み?で、カメラマンも多くなってきました。
あちこちにある群れに突撃して飛ばして回らないようお願いしたいところです。

10時30分頃 東干拓 15.4℃ 北 1.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -15℃ 最低気温 -19℃
         西 9m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -12℃
           北 10m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -7℃
    北西 3m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -4℃
     西 3m/s
     視程 0.6km

Img_5009

ワラがある田んぼが好き
中にいる虫を探して、ワラをつかんで投げてはクチバシ突っ込んでます。

Img_4998

せっかくエサを探しているのだから、撮影目的で群れに侵入しないであげて。農家さんは仕方のないことだけれど。

Img_5013

まだ出水に来たばかりかな?
見た目も本当に幼いマナヅル。

Img_5025

人のいないところはここ

Img_4946

蛇淵川河口で1羽ヘラサギが採餌中
時たま、ぶわ~っと体を膨らませて

Img_4996

カンムリカイツブリの正面
目元のラインが、するどいつり目に見えるね

2012年12月21日 (金)

Img_1007

小雨が降ったり止んだり
寒くはないのだけれど・・・

8時00分頃 東干拓 10.0℃ 東 1.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -18℃
         西南西 9m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
           東南東 1m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    北西 2m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -3℃
     西 2m/s
     視程 1.2km

Img_4783

雨の中、座り込んでいたのは片足が悪そうなマナヅルでした。足が悪いとどうしても座ってしまうことが多いです。
あの細い足1本でずっと立っているんだものね。

Img_4793

人が近づきすぎて危険を感じたら、おしりを向けて知らないふりして遠ざかる。
気のせいか、眉間にしわのような表情。

Img_4805

子供1人でふらふらしてないで、家族の所に戻りなさい

Img_4814

何か飛んでる?

Img_4820

なわばりを宣言して勇ましく、子供はちょっと怖じ気づきながら?付いていきます

Img_4842

家族

Img_4924

はぐれた?子供だけで行動するグループ
往来の激しい道路脇だからか、人間を警戒するのも学習している様子。

Img_4929

雨だよ
もう寝てしまおう

Img_4901

今釜のホシムクドリは、やっぱり他に仲間がいた様子。
見つけられただけで6羽いました。

2012年12月20日 (木)

Img_1006

日の出後、ちょっぴり朝焼けでした。

7時45分頃 東干拓 4.5℃ 東 0.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -21℃
         南南西 2m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -15℃
           北北西 4m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
     西北西 1m/s
     視程 2.0km

Img_4391

人がいない早朝は、ツルたちの世界。

Img_4397

そおっと親のすることを見ています。

Img_4569

きゃあ
ソデグロヅルの羽根の色が目立つのか?エサを食べていると、近くでなわばりを見張ってるマナヅルに追いかけられてしまいます。

Img_4423

川の中州でも、なわばりを持つツルたちがいるみたい。

Img_4359

イソヒヨドリのオスを見つけるとうれしい

Img_4412

ホオアカ、やっと撮らせてもらえました。

Img_4489

ムネアカタヒバリかも?
丹念にお化粧中

Img_4770

今釜でホシムクドリ。
やっぱりこの辺にいる1羽しか見てないです。
どこかに群れがやって来ていないかな?

Img_4510

今日は道路の消毒が行われていました。
いろんな鳥が渡ってきています。
鳥のふんを踏まないように気をつけて、荒崎や東干拓でのタイヤ消毒にもご協力ください。

2012年12月19日 (水)

Img_1005

晴れるって言ってたのに、どんより曇り。
寒いなあ~。いつもの出水の冬になりました。
鹿児島はあたたかいと思っていたら、干拓の寒さにびっくりしますよ。

8時10分頃 東干拓 7.9℃ 北 3.9m/s 1028hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -17℃ 最低気温 -21℃
         0m/s   
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -10℃ 最低気温 -17℃
           北北西 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
    北西 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -10℃
     北北西 2m/s
     視程 1.8km

Img_4049

東干拓にまかれたエサは、どどっと襲来したオナガガモがほとんど食べてしまった。ツルの足下までオナガガモ。ツルたちも避けて道路下へ避難してしまうほど。
9時頃にはもう全部、食べてしまっている。
どうにかならないものか?

ツルたちがエサを探してさまよってるよ・・・

Img_4102

荒崎の保護区内に侵入した車!
どどーっとツルたちが飛んでたので何かと思ったら、これ。

立ち入り禁止の看板を読めないんだなあ。
これからこういうことが多くなるシーズンかと思うと、本当に残念。
毎年毎年、こんなことが多くなるのです。
保護区内に侵入するとは、外から丸見えになってるんですけどね。
非常識な人って、その辺わかってないのかなあ?

Img_4159

怒ってます

Img_4104

あーこんな奥にソデグロが!
荒崎の東側奥の方で採餌してました。
もう最近は、このあたりしかいないのかも?

Img_4096

この田んぼは防鳥糸が張り巡らされてるから、大人のツルはいないんだよ?子供1人でここにきたら危ないよ?
もうなんか、心配です。

Img_4242

カナダヅルにはむかうナベヅル幼鳥
どう見ても形勢不利

Img_4248

カナダヅルの色の濃い個体と薄い個体
こんなに色の差があるなんて。

Img_4320

なわばり争いしてディスプレイしてると、ケンカ相手はそっぽむいてることが多い気がする。目を合わせないのが衝突を避けるこつ?

Img_4085

あ~ヘラサギ見てると平和でなごむよ

2012年12月18日 (火)

Img_1004

冷え冷えしています。
車の窓を開けて走るのは、もう寒すぎです。

10時50分頃 東干拓 10.4℃ 北 3.7m/s 1023hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -16℃ 最低気温 -20℃
         南南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -11℃ 最低気温 -16℃
           北北西 4m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 -5℃ 最低気温 -8℃
    北西 4m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -5℃ 最低気温 -8℃
     北北西 3m/s
     視程 1.8km

Img_3904

蕨島のここだけは熱々だね。
M91マナヅルとそのパートナー。
一緒に仲良く並んでいました。

Img_4003

ケンカが始まるぞ!
場を読んで行動するカナダヅルが、巻き添え食わないぞとばかりに逃げ出しました。

ツルたちは何か危険を察すると、そおおっと気づかれないように逃げちゃいます。
それは人に対しても同じ。
こっそりこちらをうかがいながらさっさっと大きな歩幅で歩いて遠ざかって行きます。

おしりばっかり撮ってしまっているときは、ツルに警戒されている証拠。
群れの中に車を止めて車から外へ出て三脚立てて~なんてしていると、そこらにいたツルたちがとたんに飛んで逃げてしまうか、早足で遠ざかって人の辺りだけツルがいないっていう状況になってることも多いですよ。
小鳥とツルのような大型の鳥との間合いの取り方、距離観は全然違いますね。

Img_4010

幼鳥同士のケンカは、ちょっとだけほほえましい。
左の幼鳥は、もう負けた~って顔してる。

Img_4029

狂い咲き菜の花が咲いてるところ、ありました。
ナベヅル幼鳥にぴったりの花だね。

Img_3918

江内川でヘラサギ2羽が追い込み漁中。
良くぶつからないものだねえ~と思うほど、近くで動きまくり。

Img_3872

今日はカンムリカイツブリ3羽見ました。
カップル2羽幼鳥1羽の家族なのかしら?

Img_3827

この冠羽がカンムリなのね

Img_3886

ズグロカモメが目の前で、びゅんびゅん飛びまわって採餌。
ゆっくりのんびり一所懸命な姿を見ていられてうれしいよ。

Img_3957

田んぼ一枚離れているのに、チョウゲンボウの警戒は素早い。

2012年12月17日 (月)

Img_1003

曇り空だけど、昨日に引き続きちょっぴり暖かい。

10時50分頃 東干拓 16.4℃ 0m/s 1020hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -18℃
         南南西 3m/s
         視程 1.8km

ウラジオストック 最高気温 -8℃ 最低気温 -13℃
           北 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 0.1km未満

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -3℃
     西 3m/s
     視程 0.3km

Img_3546

いつものごとく、マナヅル優勢。
エサ場は、ほとんどマナヅルが牛耳ってます。

Img_3544

二番穂を求め、目隠し網から一枚目の田んぼまで、ツルたちがやってくるようになりました。

Img_3646

西干拓の群れの中に車が突っ込んで来たので、みんなして移動。

Img_3677

クロヅル幼鳥が1羽でひょこひょこ移動中。
目元から黒くなるタイプの個体みたい。
首など、ほんのり墨色です。

Img_3702

ケンカしつつも、ケガしないように。
どちらもやり合っているように見えて、腰は引き気味?

Img_3579

大好きなヘラサギ。
今日も東干拓の監視所前の水路にやって来ました。

Img_3584

魚がいるの、わかってるんだなあ。
しゅっと土手に降りて、その後水路まで降りて採餌してました。
この個体が留まってくれていると、すぐ近くで見られるチャンスがこれからもありそう。

Img_3623

カンムリカイツブリ、いるとは聞いていて探していたけれど、今日ようやく初めて見ることがで来ました。カンムリとピンクのクチバシがカワイイ。
2羽でいたのですが、1羽は幼鳥かも?

Img_3720

鳥の正面顔ってなんでこんなにかわいいんだろう?

2012年12月16日 (日)

Img_1002

今日はお昼過ぎからツル見。
あたたかすぎて、上着がいらないくらいの陽気。

14時00分頃 東干拓 20.5℃ 北東 2.7m/s 1020hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -11℃ 最低気温 -15℃
         0m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -9℃
           北 6m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 0℃
     0m/s
     視程 0.4km

Img_3367

クロヅルVSナベヅル
ナベヅル幼鳥は、ケンカするのやめといた方が・・・

Img_3382

shall we dance?

Img_3410

踊りましょう。
幼鳥も、その気になって。

Img_3433

見てた方がいいや
すぐに踊るのをやめてじっくり見る幼鳥。

Img_3519

あたたかいからか、あちこちで水浴び模様。

Img_3480

アトリの大群が飛び回ってました。

Img_3237

曽木の滝でキクイタダキ見てきました。
ちょーカワイイ!
着ぐるみにしたいかわいさだ。

2012年12月15日 (土)

Img_1001

今朝予定されていた羽数調査は、雨のため中止でした。

10時50分頃 東干拓 18.5℃ 0m/s 1020hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -14℃
         西南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -10℃
           北北西 10m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -1℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 2℃
     西北西 2m/s
     視程 0.7km

Img_2998

ツル達がざわざわしてると思ってたら、猫ちゃん来てました。

Img_3015

今日はなぜか?蜘蛛がとにかく多い!
田んぼも蜘蛛の巣まみれ

Img_3090

ケンカだケンカだ

Img_3096

こっちへ隠れて~って言ってそう

Img_3159

きゃあ

Img_3119

このあたりは私達の縄張りだからね~

Img_3132

それ食べられるの?
親がエサを探してるのを見て、食べられるものを覚えます。

Img_2971

東干拓の監視所にいたら、目の前にヘラサギが!

Img_2980

水路脇の土手で、おやすみ。

2012年12月14日 (金)

Img_1000

雨のせいか、あたたかい一日。

7時40分頃 東干拓 12.2℃ 東 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -13℃
         0m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -6℃
           南南西 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -2℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 0℃
     東北東 3m/s
     視程 0.8km

Img_2619

朝ねぐら立ちと共に、荒崎からソデグロヅルが東干拓にやってきていました。

Img_2651

辺りの様子をうかがいつつ、どこから入り込めばエサがある場所まで行きつけるか?見ています。マナヅルは強いからねえ~

Img_2782

蕨島小学校の裏のひっそりとした田んぼで、デート中のM91。ちょっぴり緊張も解けたのか?この間みたいに、足をぴしっと伸ばしたりはしてませんでした。

Img_2791

ごはんちょうだい

Img_2952

この道路は占拠した!
(この場所、荒崎から離れた郊外なんですよ?)

Img_2806

ちがう奴!ってコハクチョウを追いかける恐れを知らぬナベヅル幼鳥。

Img_2848

飛んで逃げても、また同じ場所に戻ってくるコハクチョウ。
着地寸前は、おしりが重い。

Img_2758

西干拓で追い込み漁?のヘラサギとクロツラヘラサギ。
みんな若いですな。

Img_2775

ホシハジロもいました。

2012年12月13日 (木)

Img_0999

霜がおり、氷が張りました。

8時頃 東干拓 7.5℃ 0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -15℃
         0m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 -2℃ 最低気温 -10℃
           北 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -6℃
    南東 1m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
     北東 3m/s
     視程 0.8km

Img_2194

そおっとそおっと
こわごわ歩いてました。
歩くたびに、さくさくいってましたよ。

Img_2327

M91とお相手は、きょうはぴったり横に。
カップル成立かな?

Img_2336

マナヅルたくさんです。
増えてるね~

Img_2343

朝の放射冷却が終わると、だんだんとあたたかくなってきました。
ぺたんと座るツル多し。
もう1羽も立て膝?ついてます。

Img_2340

お日様の光がまぶしいね。
ナベヅルも座ってるの多かったです。

Img_2345

二番穂探して、群れの大移動。

Img_2351

こんな所にナベヅル幼鳥が2羽。
カワウは、お父さんお母さんじゃないよ?

Img_2440

お昼過ぎには、水浴びです。
なぜか?きょうは、東干拓のねぐらはナベヅル専用で、荒崎のねぐらがマナヅル専用だったようです。

Img_2248

昨日のツクシガモの群れが、あちこちに散らばって過ごしていたみたい。

鹿児島県以外でのツル渡来

冬の使者ヒラリ 宇佐にマナヅル飛来 大分合同新聞社(12/12付)

宇佐市に11日午前8時ごろ、市内の寄藻川近辺を散歩中の住民がマナヅル成鳥1羽が飛来しているのを見つけた。

隠岐で国際交流? 読売新聞(12/13付)

隠岐の島町の田んぼで、カナダヅル1羽の他に12/12にソデグロヅル成鳥1羽が新たに確認された。

不明の放鳥ヅル、山口市で確認
 毎日新聞(12/12付)

周南市教委は11日、同市の八代盆地からいなくなったナベヅル1羽を山口市徳地船路の田んぼで確認したと発表した。

2012年12月12日 (水)

Img_0998

寒々とした曇り空。
これからの出水は、こんな空が多くなる。

10時30分頃 東干拓 8.9℃ 北 2.6m/s 1030hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -11℃
         0m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
           北 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
    南東 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -6℃
     西南西 3m/s
     視程 1.2km

Img_1919

エサの残りもわずか 10:30

Img_1983

ツルの移動も頻繁になって来ました。

Img_2090

ちょっとでもなわばりを広げたくって
ディスプレイして自己主張のいばりんぼさん

Img_2105

それでも言うこと聞かないと、実力行使!
追いかけ回して「向こうに行け!」

Img_2166

何、浮かれてるの?

Img_2160

羽を広げつつ、じーっと侵入者(ネコ)の方を見る

Img_2184

きゃあ
こんなふうに迫ってこられたら、ちょっと怖いです。

Img_1941

コハクチョウが東干拓の監視所前にやって来ていました。

Img_2064

ツクシガモが16羽。蛇淵川河口にいました。
ヘラサギ1羽も一緒です。
今朝はカモ追いはらいがあったらしいけど、効果の程は?

今年の海苔は特に出来が良いらしい。
カモたちよ、食べないで!
私が食べたいです。出水の海苔、おいしいよ。

阿蘇にツル、4年ぶり飛来・・・1羽が居着く

阿蘇にツル、4年ぶり飛来・・・1羽が居着く 読売新聞(12/11付)

熊本県阿蘇市小野田の水田地帯に11月中旬5、6羽が飛来し、うち1羽が居着いたという。

残った1羽は、ナベヅル幼鳥らしいです。
成鳥であったならよかったのに。

2012年12月11日 (火)

Img_0997

寒い日が続いています。

7時30分頃 東干拓 5.4℃ 微風 1028hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -9℃
         南西 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
           北 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -10℃
    南東 1m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -9℃
     北東 3m/s
     視程 1.5km

Img_1781

朝から食欲もりもりです。
強いマナヅルが道路上をほとんど独占。

Img_1814

昨日から、2羽で過ごしていたらしいM91マナヅル(左)。
ぴしっとまっすぐ立って、かっこつけてるみたいです。
こんな時だから?いつもは私が通ると鳴くのに、鳴きませんでした。

Img_1818

目の前をすたすたと歩いて行く彼女?(彼?)。
シュッと立って知らないふりするM91。

Img_1830

そのまま通り過ぎ、ちょっと離れて落ち着きました。
頭を下げて、下を向くM91。
がっかりしたのか?
がんばれ!M91。

Img_1869

こどものけんか

Img_1899

通行禁止区域では、やりたい放題です。

Img_1903

ここは人気がない道路。
ずーっとツルが常駐。

Img_1805

エサがまかれた道路をカモが占拠

Img_1787

久しぶりにハヤブサに出会いました。

2012年12月10日 (月)

珍鳥クロヅルやってきた 八雲

珍鳥クロヅルやってきた 八雲 北海道新聞(12/7付)

ユーラシア大陸に生息するツル科の渡り鳥クロヅルが5日午前11時ごろ、町花浦の海岸にいるのを付近に住む漁業武部克朗さん(67)が見つけた。クロヅルは数時間砂浜にとどまり、えさをついばんでいた。

Img_0996

一日曇り。
寒々した色。

10時30分頃 東干拓 9.4℃ 北 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -11℃
         西 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -5℃ 最低気温 -16℃
           北 13m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 -4℃ 最低気温 -10℃
     北北東 1m/s
     視程 2.0km

Img_1342

朝方エサを目指して移動して来るツルたちは、東干拓にまかれたエサを11時には食べきってしまう。

Img_1350

カナダヅルが、カココカココといいながら降りてきました。

Img_1407

マナヅルたちの小競り合いも、あちこちで起きてます。

Img_1759

寒いねぇ
機嫌良く一日を過ごしたいね

Img_1501

マナヅルの群れと一緒に、ソデグロヅルが久しぶりに荒崎から東干拓にやってきました。

Img_1577

ちょこちょこ辺りを見回しながら、マナヅルとつかず離れずといった距離を保ってエサを食べてました。マナヅルが飛んで移動していくと、辺りの雰囲気を読みながら?取り残されないようにそそっと群れについて飛んでいきます。

Img_1773

ついていくグループがどこに行くのか?とにかく置いて行かれないように飛びます。今日はそうして福ノ江方面へも飛んで行っちゃいました。その後、すぐにまた荒崎に移動したみたいだけどね。ついていく群れによっては、これからあちこち飛んで行くようになるのかもしれません。

Img_1678

今日は、コハクチョウの幼鳥1羽が荒崎に来ていました。
ツルのエサを一緒に食べてましたよ。
こうして並ぶと、ナベヅルとあんまり変わらないどころか、コハクチョウの方がちょっとでかく見える!

Img_1751

エイを丸呑みアオサギ。
えぐえぐとエイを丸めながら、飲み込んでしまいました。
ハシボソガラスさんは、おこぼれ狙ってたんだけど残念。

「マナヅル23羽が飛来」  出水へ行く途中?

「マナヅル23羽が飛来」  出水へ行く途中?錦・相良境の球磨川河川敷 人吉新聞(12/6付)

5日夕方、マナヅル23羽が熊本県錦町西と相良村柳瀬境の球磨川河川敷に飛来しているのが地元住民によって確認された。

 飛来していたのは、木綿葉大橋から約600㍍上流の球磨川右岸(相良村側)の河川敷。
錦町西下須の桑原秀春さん(64)が、辺りが暗くなり始めた午後5時すぎ、堤防沿いの球磨川サイクリングロードを散歩していたところ、対岸に5羽の大きな鳥の姿を確認。さらに空には10数羽が飛んでいたという。

 翌6日朝も同じ場所で固まるようにして23羽が滞在。目の回りの赤い部分からマナヅルと判明。その後、一斉に飛び立ち、「く」の字になって青空を舞っていた。
 同町では、過去にも上流の木上地区の田んぼにツルが何度か飛来。昨年10月にはナベヅル3羽が住民により確認されているが、20羽を超える集団飛来は珍しい。

2012年12月 8日 (土)

第4回羽数調査

Img_0995

今朝は、第4回羽数調査の日でした。
夜明け前はあたたかかったけれど、朝になるにつれてぐんと冷え込みました。

8時30分頃 東干拓 11.7℃ 北北西 4.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -18℃
         南 3m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 -12℃ 最低気温 -17℃
           北北西 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -6℃ 最低気温 -11℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -3℃ 最低気温 -6℃
     北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_0994

本日の羽数調査の結果は、11646羽でした。
内訳は、
マナヅル 1184羽
ナベヅル 10441羽
クロヅル 7羽
カナダヅル 12羽
ソデグロヅル 1羽
ナベクロヅル 1羽

Img_1321

何事もなかったようなツルたち。
今日は、風でなかなか前に進まないツルがいました。
体力つけないと!

Img_1332

カナダヅルもがんばってエサがある場所へ入っていきます。

2012年12月 7日 (金)

Img_0990

寒いです。

7時30分頃 東干拓 6.2℃ 微風

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -14℃ 最低気温 -18℃
         西南西 5m/s
         視程 0.1km

ウラジオストック 最高気温 -9℃ 最低気温 -16℃
           北北西 6m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -10℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 1℃ 最低気温 -5℃
     北東 3m/s
     視程 1.3km

Img_1196

エサ場に集まるツルたち。

Img_1214

よいしょ

Img_1247

ん?ケンカする?
挑発するナベヅル幼鳥。
マナヅルに向かっていこうなんて!

Img_1258

天気が良いと、水浴びしたくなるね。
2羽の世界を作ってます。

もう水浴びには寒いって!

Img_1284

水浴びするのに何羽かがねぐらに入って行くと、それを見たほかのツルたちが次々に後を追ってねぐらに入って行きます。

Img_1303

ぱしゃぱしゃ

Img_1221

ズグロカモメがふわふわ東干拓を通過

迷い鳥?ちょいと羽休め

迷い鳥?ちょいと羽休め 読売新聞(12/6付)

隠岐の島町城北町の田んぼに、カナダヅルが飛来した。

 同町卯敷の環境省自然公園指導員、野津大さん(68)が今月4日に自然観察をしていた際に見つけた。野津さんが近くの住民に尋ねたところ、約1か月前から姿を見せているという。

写真は、カナダヅル成鳥1羽写っています。

2012年12月 6日 (木)

Img_0989

曇り。風が強く、体感温度かなり低いです。
今日はとうとうスノーブーツ履いちゃいました。普段より大分寒さがしのげました。

7時30分頃 東干拓 8.1℃ 北 4.6~7.1m/s 1026hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -17℃
         南 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -9℃ 最低気温 -14℃
           北 9m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 -2℃ 最低気温 -10℃
    北北西 7m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 -1℃ 最低気温 -6℃
     西 5m/s
     視程 2.0km

Img_1106

みんな食欲旺盛

Img_1110

農家さんも、朝から忙しく働いていらっしゃいました。

Img_1100

風に乗ってダンスする

Img_1177

ソデグロヅル、今日は荒崎の休遊地。ネット際から見える所で採餌中。
あんた誰?ってナベヅル幼鳥が興味津々でソデグロ見てる。

エサ場を巡って、ナベヅルとけんかしてたけど1勝1敗。
ソデグロヅル、だんだんと強くなってきてるみたい。

Img_1191

ハヤブサ幼鳥がいました。
隈取りみたいで派手~

2012年12月 5日 (水)

Img_0988

曇りときどき小雨。

10時30分頃 東干拓 9.1℃ 南 0.5m/s 1027hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
         南 2m/s
         視程 0.2km

ウラジオストック 最高気温 -7℃ 最低気温 -14℃
           北 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
    北東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -4℃
     北北東 3m/s
     視程 2.0km

Img_0881

今日はゆっくり食べてるらしい。
いつもに比べて、ちょっと残っている。

Img_0909

センター前の道路?の奥の方にソデグロヅルいました。
雨だと特に、枯れ草や二番穂に隠れてしまう。
いつだって隠れ蓑術のソデグロ幼鳥でした。

Img_0925

胸にトスッとキック
顔がゆがんで、「うっ」と声が聞こえる様な気がした。

Img_0939

勇ましい(ケンカ好き)カナダヅルがはしゃいでいます。
どこかで何かが?

Img_0961

そうかと思ったら、一斉に群れが飛んだ。
カナダヅルも(意外に弱気?)

Img_0968

ねこちゃん、来ていました。

Img_0976

ジャンプ!

Img_1061

ヒシクイとオオヒシクイ、おしりが重たい?

Img_1063

やっぱり重たそう

2012年12月 4日 (火)

Img_0987

曇りで、時々光が差し込む。
風の冷たい寒い日になってきました。

11時40分頃 東干拓 11.4℃ 北 5.8m/s 1024hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -13℃
         北北東 8m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北北西 16m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 -1℃ 最低気温 -8℃
    北西 3m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -4℃
     西北西 5m/s
     視程 2.0km

Img_0739

11時過ぎ、もう東干拓のエサはわずか。
早い!

Img_0832

荒崎の休遊地のツルたち。
休遊地横の道路で止まっては走るを頻繁に繰り返す車に、ツルたちは用心してるようです。動き回るより、静かにじっとしてた方が普段のツル見られます。

Img_0850

お昼過ぎ、東干拓の監視所前でクロヅルが近くに来ていました。
残りのエサ狙い。

Img_0866

監視所前になわばりを持つツルは、ゆっくり座ってのんびりモード

Img_0753

ハマシギがやって来てました。
旅疲れか、お昼寝中。

Img_0773

今日もたくさんかわいい姿を見せてくれたズグロカモメ

Img_0811

降りたって羽づくろいしてたと思ったら

Img_0805

飛び立って

Img_0830

エサ探し

2012年12月 3日 (月)

Img_0986

曇り空。
寒くなりました。

11時50分頃 東干拓 11.0℃ 北東 0.3m/s 1022hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -10℃ 最低気温 -16℃
         北東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 4℃ 最低気温 -2℃
           東南東 4m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -2℃
    南東 2m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 0℃
     東北東 4m/s
     視程 1.0km

Img_0413

二番穂もどんどん食べて、東干拓のツルたちも監視小屋に近づいてきました。

Img_0425

雨だよ

Img_0432

雨が上がれば羽づくろい

Img_0579

雨が上がれば、移動するツルたちも多くなります。

Img_0453

オオジュリン、それとわからずに見てました。
近くで見ると、こんな感じなのかあ。

Img_0471

勇ましすぎるミサゴ
頭のてっぺんの羽根はツノみたい

Img_0483

ズグロカモメも来てました。
精力的に採餌中。

Img_0565

あちこちに出没してるクロツラヘラサギは、今日は江内川でお昼寝中。

Img_0607

じっじっと鳴くウグイス。
春はまだまだ先。


2012年12月 2日 (日)

雨降りです。

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -18℃
         0m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
           東南東 1m/s
           視程 5.0km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -5℃
    0m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_0386

とことこ2羽で歩く
二日か三日かの差なのか?兄弟で色もずいぶん違うね。

Img_0390

ん?
また、雨。

韓国のニュース

ナベヅルは今エネルギー補充中  The Kyunghyang Shinmun (12/04付)

浅水(チョンス)湾の野原にナベヅルが訪ねている。 ナベヅルはシベリアで繁殖した子を連れて、そちらの苛酷な冬を避け、浅水(チョンス)湾と順天(スンチョン)湾などに戻る。 毎年この時期、ナベヅルが多くて2000羽余り浅水(チョンス)湾野原と淡水湖に集まる。

瑞山市(ソサンシ)のキム・シヌァン動物病院院長が闇の中、浅水(チョンス)湾野原でワイルドゥインコリア パク・ウン代表とともに黒丹頂鶴に餌をばらまいている。

毎年瑞山市(ソサンシ)のキム・シヌァン動物病院院長は、色々な団体から黒丹頂鶴の餌を後援受け、寒さも忘れ去って朝夕、野原に餌をばらまいている。
出水に行かなければならないナベヅルが、浅水(チョンス)湾で十分な餌を食べることが出来なかった状態で飛行し中間に疲れきる事故を防ぐためだ。 このようにばら撒く穀物は1年に18トンに達する。

2012年12月 1日 (土)

第3回羽数調査

Img_0981

今朝は、羽数調査でした。
何とか無事に数えることが出来ました。
そろそろ早朝の寒さが厳しいです。

羽数調査の結果は、10704羽でした。

ナベヅル10101羽
マナヅル587羽
クロヅル6羽
カナダヅル8羽
ソデグロヅル1羽
ナベクロヅル1羽

でした。            

9時55分頃 東干拓 13.1℃ 北 2.5m/s 1026hps

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -13℃ 最低気温 -19℃
         西南西 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 -6℃ 最低気温 -15℃
           北北西 7m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -12℃
    北西 3m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -6℃
     北北東 2m/s
     視程 2.0km

Img_0278

方々に散らばって群れになって。
ツルは大きいから目立つ存在になってしまうけど、越冬する鳥たちって群れになりたがってるんじゃないかって思ってしまう。

Img_0282

まだまだ渡来してきたばかりの幼鳥は、茶色みが強いね。産まれて何ヶ月かしか経たないのに、こんな遠くまで来てくれた。強い子だね。

Img_0307

農家さん達も、週末は朝からお仕事のかたが多かった様子。
ツルたちは落ち着かない?

Img_0361

荒崎のねぐらで寝て朝の飛び立ちの後?ソデグロヅル幼鳥は東干拓に来てました。

Img_0374

エサを求めて、ちょっとずつ移動してたみたい。
ちゃんと食べてる?

Img_0980

今朝は羽数調査の後、鹿児島大学獣医学部の方々のフン便調査があったみたい。それで多くのツルたちが、荒崎の外に出ていたみたい。

Img_0984

今日からツル観光バスの運行がはじまりました。
出水駅から荒崎や東干拓まで移動するのにおすすめです。
一日乗降フリー、クレインパークとツル観察センターの入館料込み1000円のプランがおすすめです。
今日から、2月末日までの運行です。

ツル観光バス運行表・料金表  出水市観光協会HP

Img_0322

タヒバリがたくさん見られてうれしい今日この頃。
寒さでぷくぷくになってます。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ