フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 第3回羽数調査 | トップページ | »

2012年12月 2日 (日)

韓国のニュース

ナベヅルは今エネルギー補充中  The Kyunghyang Shinmun (12/04付)

浅水(チョンス)湾の野原にナベヅルが訪ねている。 ナベヅルはシベリアで繁殖した子を連れて、そちらの苛酷な冬を避け、浅水(チョンス)湾と順天(スンチョン)湾などに戻る。 毎年この時期、ナベヅルが多くて2000羽余り浅水(チョンス)湾野原と淡水湖に集まる。

瑞山市(ソサンシ)のキム・シヌァン動物病院院長が闇の中、浅水(チョンス)湾野原でワイルドゥインコリア パク・ウン代表とともに黒丹頂鶴に餌をばらまいている。

毎年瑞山市(ソサンシ)のキム・シヌァン動物病院院長は、色々な団体から黒丹頂鶴の餌を後援受け、寒さも忘れ去って朝夕、野原に餌をばらまいている。
出水に行かなければならないナベヅルが、浅水(チョンス)湾で十分な餌を食べることが出来なかった状態で飛行し中間に疲れきる事故を防ぐためだ。 このようにばら撒く穀物は1年に18トンに達する。

« 第3回羽数調査 | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回羽数調査 | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ