フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« マナヅル 対馬に次々 長崎 | トップページ | 北帰行第7陣 »

2013年2月17日 (日)

タンチョウの事故、後立たず 北海道

タンチョウの事故、後立たず・・・JRが防止策を検討 読売新聞(2/16付)

北海道東部の湿原に生息するタンチョウと列車の衝突事故が後を絶たないことから、JR北海道と環境省は列車からタンチョウの嫌がる音を出すなど、事故防止策の検討に乗り出した。

 JRによると、タンチョウが列車にはねられる事故は今年度4件となった。環境省によると、事故は2011年度までの過去10年間で30件発生している。

タンチョウは高い所を好むため、線路が盛り土で小高くなった場所などでよく事故に遭っているという。JR北海道では事故対策として音の発信のほか、生息地付近での減速運転も検討している。

« マナヅル 対馬に次々 長崎 | トップページ | 北帰行第7陣 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マナヅル 対馬に次々 長崎 | トップページ | 北帰行第7陣 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ