フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

3月31日

Img_1359

くもり

7時20分頃 荒崎観察センター前 14.1℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
         西南西 6m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -5℃
           南 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 -1℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
     西 1m/s
     視程 6.0km

Img_7898

荒崎のエサを撒かれた道路に、今出水にいるであろうツルたち集合
総勢31羽
ま、まだこんなにいたんだ!

Img_7914

小麦をついばんでます
はやくおおきくおなり~

Img_7918

すわりこむ成鳥
まわりにサポーター?
座るナベヅル成鳥が、群れの中に3羽いるみたい
足が悪かったり、いろいろです

Img_7926

工事、ぎりぎりまでされていた様子
もう農家さんたちも作業されています

2013年3月30日 (土)

北帰行第26陣

Img_1358

晴れ、かすみ
朝着いて、羽数調査場所に行ってみると、早朝8:05にクロヅル2羽とナベヅル17羽が北帰行したのだそう
まだ少し工事が残っていたみたいで、人も重機も入ってました

 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
         南 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           北西 3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 -2℃
    南東 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 0℃
     北 1m/s
     視程 20.0km

Img_7704

今日も朝から東干拓を通ると、ナベヅル幼鳥が1羽でうろうろ
大丈夫か!
群れと一緒にいてください

Img_7712

荒崎で座り込んでるナベヅル成鳥
この時期はどうしても万全の体調でないツルが目についてしまう

Img_7717

羽、少ない

Img_7721

9:29 ナベヅル7羽が旋回し始め、雨掛山を越えて北帰行
苦労していたみたいで、9:45頃やっと見えなくなりました

本日の北帰行 ナベヅル24羽 クロヅル2羽

Img_7726

残っちゃってるナベヅル

Img_7747

やっぱり幼鳥が多い
この他にも青木に家族が残っているらしい
まだ正常な成鳥がいそうで、ほっ

2013年3月29日 (金)

北帰行第25陣 ツルを追わないで

Img_1347

曇り空でカスミも強い
普通だったら北帰行もない天気

7時45分頃 荒崎観察センター前 14.1℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
         南西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
           西北西 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
    北西 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北北西 3m/s
     視程 20.0km

Img_1351

早朝から目隠し網の撤去が行われました
月末は土日のため、今日で全ての目隠し網、監視所は撤去されています

Img_1348

朝の内ツルたちは、残っているエサを求め、道路の上に集まっていました

Img_7535

東干拓で採餌するツルたちも
近寄れば飛んでしまうので、遠目から
テンテン(ごま粒?)の日々が始まります

Img_7544

あ!
観光客が荒崎の保護区内に、立ち入り禁止看板をものともせずナベヅルの群れに突っ込んで歩いて行きます

9:51 不本意ながら北帰行飛び立ちました
戻ろうにも人がいて戻れず・・・

Img_7552

右往左往して荒崎上空を旋回し、もう降りられないと思ったのかそのままナベヅル249羽カナダヅル1羽が堂山上空から姿を消しました

Img_7592

荒崎の人気無いところに降りたナベヅルたち
その後、今度はタクシーが侵入
観光客らしき人を降ろして、見物・・・

10:50過ぎ、東干拓から飛んできたツルたちがそのまま北帰行へ
11:12頃、また23羽が飛び立ち、野口港コースで北帰行

その後、11:32戻ってきたツルたちが荒崎へと降りてきました
クロヅルも飛んだものの、出水に戻ってきています。

本日の北帰行 ナベヅル303羽 カナダヅル1羽

Img_7599

何故か東干拓にいたナベヅル家族にくっついてるクロヅル幼鳥

Img_7610

残っているのは、ほそっこい幼鳥が多い
そして残っているツルの幼鳥率は本当に高い!
丈夫な成鳥がいる内に帰らないと・・・
後をついて帰ることができないよ
早くどんどん食べて体を作らないと

Img_7525

高尾野川のカワウ
このカワウたちだと思うんだけど、川から荒崎を9:50くらいに通って野口港方面へどどどっとみごとなV字を作って北上してきた
この移動に触発されて、飛んで旋回していたナベヅルたちが北帰行したんでは?というほどタイミングが一緒だった

31日までは保護区指定の期間です
ツルと適当な距離を保って、追わずに観察してください
ツルの居場所が無くなってしまいます
天候が悪くても無理矢理北帰行しなければならなくなります
荒崎に来られる方は、よろしくお願いします

2013年3月28日 (木)

北帰行第24陣

Img_1343

今朝は朝からぽかぽかと暖かい
霞が早朝から濃く、なかなか視界が開けない状態が続いた

9時30分頃 荒崎観察センター前 16.8℃ 北 2.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -4℃
         西北西 5m/s
         視程 0.6km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
           西北西 6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
    北西 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 2℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_1345

月末が土日のせいなのか、荒崎の目隠し網の撤去が朝から始まっていました
工事も行われており、いよいよツルたちの居場所が休遊地内にほとんど無い状態
明日には全て取り払われてしまう予定らしい

ツルを見る方は、くれぐれも追いかけないでほしい
最近、春休みの親子・孫連れの方が多くいらっしゃっている様子
ほとんどの方は、センターの広場から見られたりしているけれど、たまに車で群れに突入、飛んだ先へまた突入と、ツルを追うのを見ることがあります
ツルも、追えば逃げますから・・・
ツルの居場所をとってしまわないように観察してください

Img_7459

もう空を飛んでるツルはいるけれど、なかなか踏ん切り着かないツルたち
幼鳥多いなあ~

Img_7466

今朝は、9:16からの飛びたち
高く上がり、おのおの旋回

Img_7473

雨掛山のアンテナ上空を越えていったり、堂山の上空を山越えしていったり
10:15頃には飛び立つツルもいなくなり、今日はもう終わったかと思っていたのだけれど・・・

Img_7495

11:35頃、一度北帰行をし戻ってきて東干拓に移動していたツルたちが貝掘りの人の車に追われたらしく、また北帰行を始めた

Img_7497

無理矢理飛んだからなのか、善上ヶ丘付近まで飛び何割かのツルは、12:28また荒崎へと戻ってきてしまった

本日の北帰行 ナベヅル 1088羽

Img_7501

あちこちの脅威に警戒+道路に撒かれたエサを食べたいナベヅルたち
どうかな?どうかな?ときょろきょろした後、勇気ある(無謀?)なナベヅルが道路に上がると、次々に道路に上がって採餌を始めました

Img_1346

東干拓に降りたツルたち
どうやら、古浜や下水流にも散らばっていたのか、このグループに上空から降りてくるツルがぱらぱら

私が数えられたのは、ナベヅル200羽くらいとクロヅル2羽だけど、他にもいるのかも?

2013年3月27日 (水)

Img_1335

雨雨

9時20分頃 観察センター 14.1℃ 東 0.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 4℃ 最低気温 -7℃
         東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
           南東 12m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 -2℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北北東 2m/s
     視程 15.0km

Img_7415

東干拓に朝から集まって採餌中の群れ

Img_7440

観察センター横の農道

Img_7435

観察センター横の田んぼ

Img_7427

その中に、赤の377の足環ナベ
まだいたんだね

Img_1336

休遊地の道路上に撒かれた小麦に集まる

Img_7437

雨はときに強く

Img_7443

所々、工事をしているところもあるけれど
雨で休止中の重機も

Img_7451

下水流の田んぼに出かけていた成鳥1幼鳥1

今日見かけたツルたちは、これで全て

2013年3月26日 (火)

山口県周南市関連

八代のナベヅルは、全て北帰行しました 周南市

3月26日9時32分にナベヅル3羽が北帰行しました。
これで、八代のナベヅルは0羽になっています。

周南・八代 新たに幼鳥ヅル移送 新年度、出水市から1羽 山口新聞(3/26付)

ツル飛来増へ今春は1羽移送 中国新聞(3/26付)

周南市八代に飛来するナベヅルが増えるのを目指し、鹿児島県出水市で保護されたツルを移送する事業で、周南市ツル保護協議会は25日、今春は幼鳥1羽を移す計画を示した。

出水市で防鳥ネットにからまり保護された幼鳥1羽が移送対象に挙がっており、「来年度の早い段階に移送したい」との意向を示した。

前回の保護協議会で委員から提案された、羽を損傷して飛べなくなったツルを囲いに放し、上空を飛ぶツルが八代に降り立つように誘引する「生きたデコイ」案については、下部組織の専門委員会で経費や害獣対策などを検討した結果、「難しい」と判断されたことが報告された。

北帰行第23陣

Img_1332

曇り空です
花冷え、寒いです
何が何でも今日行くぞってことなのか、北帰行は9:04の飛び出し始めでした

10時00分頃 荒崎北帰行カウント場所 15.4℃ 北 1.8~2.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
         南南西 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -7℃
           南 1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 -3℃
    南東 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北西 1m/s
     視程 20.0km

Img_7264

もう北帰行は始まっている時間
9:25 東干拓のツルたちも首を上げてそわそわしてる

Img_7275

9:40 たくさんのツルたちが上がってました
江内方面へ上がって旋回中

Img_7279

センター近くのグループ
道路上で何か食べたり、うろうろ
落ち着かないね

Img_7283

休遊地では、溝さらいの作業中
ツルたちは、センター前道路ともう一本西の道路の間の田んぼに集合

Img_7312

車に驚いたのか、休遊地の外の田にいたツルたちが一斉に飛び上がる
そのままついでに北帰行に飛んで行くツルも

Img_7314

荒崎展望公園のさくら咲いてます

11時過ぎまで断続的にツルが飛び上がり、ほとんどが雨掛山の稜線沿いを飛び進んで堂山付近やアンテナ付近で山を越え北帰行していきました

本日の北帰行 ナベヅル 1583羽

Img_1334

荒崎の休遊地の、道路に撒かれたエサに集まるツル

Img_7349

休遊地の外に集まってるナベヅルの群れ
もう土手の工事が済んでるんだから、壊さないでよ

残りは1000羽くらいでしょうか?
カナダヅルも1羽確認出来ています

Img_7409

東干拓にセイタカシギが2羽やって来ていました
やっと、シギチが渡ってきてるのかな~
冬の間、アオアシシギもあまり見かけなかったので本当にうれしい

2013年3月25日 (月)

北帰行第22陣

Img_1328

曇りだし、今朝方は雨もちょっと降ってたし・・・
と思っていたら、北帰行しました
9:56センター前に着いたら、飛び出し第1陣のグループが飛んでました

11時20分頃 荒崎北帰行カウント場所 15.9℃ 2.5~3.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
         北北東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -5℃
    北西 3m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     西北西 3m/s
     視程 18.0km

Img_1331

休遊地の南側の田んぼにも、ツルたちが集まってもう北帰行の準備

Img_7095

休遊地の西側の田んぼもスタンバイ中

Img_7102

何度も何度も旋回し、荒崎で上空高く上がって雨掛け山の山越えルートです
黒い雲が堂山付近から荒崎へと進んできていましたが、その雲を避けるようにツルたちがルートをその時々で変え、北帰行していきました

Img_7126

11時頃には、入道雲が現れました
11:08頃にだんだんと飛び出すツルたちがいなくなり、11:15最終グループが北帰行して、今日の北帰行は終わりました

本日の北帰行 ナベヅル1161羽 クロヅル1羽

Img_7156

休遊地は、復旧工事が進みツルの居場所が無くなっちゃって、休遊地の周辺でツルたちが過ごしてました

ハナダイコン?に隠れてるつもりで座ってるナベヅル

Img_7163

農家さんが農道を走ってくると、みんなで飛び出してちょっとだけ離れたところへ避難

Img_7194

夕方5時近くになって工事が終わっても、なかなか休遊地に戻りません

Img_7216

夕日が沈みかける頃、ねぐらに入る前にしっかり食べてます
カナダヅルもいるね

Img_7222

日が沈んで、ようやく辺りが暗くなり出した18:30頃、本格的にねぐら入りし始めました

珠洲に9年ぶりマナヅル飛来

珠洲に9年ぶりマナヅル飛来 北國新聞(3/21付)

マナヅル1羽が20日 、珠洲市三崎町の田んぼに飛来した。
日本鳥類保護連盟石川県支部によると、珠洲への飛来は9年ぶり。

ナベヅル6羽が再び北帰行 周南

ナベヅル6羽が再び北帰行 中国新聞(3/25)

周南市八代に飛来したナベヅル9羽のうち6羽が24日、再び北帰行した。
出水市から移送し、放された保護ヅル1羽も含まれている。

2013年3月24日 (日)

Img_1323

くもり空
今日でツル観察センターの今季の営業は終了しました

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
         東 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
           北北西 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
    北西 4m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 1℃
     西北西 4m/s
     視程 20.0km

Img_1325

外を探していたときはなかなか見つからなかったけど、センターに上がったらカナダヅルが1羽見えた

Img_7018

今日は保護区の外の田んぼに出かけて採餌するツルも

Img_7030

そんなに威嚇しなくても・・・

Img_7025

今日も日曜なのに、工事は続いてました

Img_7045

ん?羽を下げて辺りを見回して

Img_7048

体を低くして走り、飛び出します

Img_7053

外の田んぼに出かけます

Img_7082

溝を越えるときは注意しなきゃ

Img_7092

寒かったりあたたかくなったり
レンゲもあちこちで咲いています
桜ももう満開

2013年3月23日 (土)

Img_1319

くもり
昨日は午後雨降りで、今日はこのくもり
通常なら北帰行は無いだろうな~とは思いつつ、
工事の進行次第では、ツル的にもう何でもありのこの季節
でも空の具合が悪いのか、北帰行ありませんでした

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 21.7℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
         西南西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 3℃ 最低気温 -11℃
           北西 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_7002

そろそろ工事車両にも慣れてきたのか?
道路上の小麦を採餌するツルが多い

Img_6988

観察センターも今季は、明日までの営業
人も少なくなり、ナベヅルもやりたい放題

Img_6991

車が来た~
あわてて大またの早い走りで逃げていきます

北帰行ナベヅル平戸で一服

北帰行ナベヅル平戸で一服 長崎新聞(3/23付)

鹿児島県の出水平野から繁殖地のシベリアなどに北帰行するナベヅル約200羽が22日昼ごろ、平戸市田平町の田原上空を旋回しながら10~15羽ずつ飛来し、里田原遺跡近くの農地に降り立った。

2013年3月22日 (金)

ナベヅル9羽が北帰行 八代

ナベヅル9羽が北帰行 八代 中国新聞(3/22付)

周南市八代で22日9:45頃、渡来していた野生ヅル8羽と鹿児島県出水市から移送して放鳥した保護ヅル1羽が北帰行した。

市野鶴監視所西約1キロの水田を保護ヅルを含む6羽が飛び立った。追うようにして、家族とみられるつがいの成鳥と幼鳥の3羽が監視所前の餌場から羽ばたき、八代盆地の上空を旋回。9羽は途中で合流し、シベリアへ向かったとみられる。

3/23追記

周南市HPより

北帰行したと思われていたナベヅル9羽が、3月23日に戻ってきました。

羽数(構成)
8羽(成鳥6羽/幼鳥2羽)
放鳥 標識番号P60

平成25年3月23日、11時頃放鳥ツルおよび野鶴5羽、また11時30分までに野鶴3羽の計9羽のナベヅルを八代地区で確認しました。

前日(3月22日)に北帰行したと思われていたナベヅルが何らかの理由により引き返したものと思われます。

北帰行第21陣

Img_1318

午後から雨が降る予報
朝の内は晴れていたけれど、昼近くになるにつれてどんどん辺りは暗くなっていく

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 17.3℃ 南西 1.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -12℃
         東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -6℃
           南 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -4℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     南南西 2m/s
     視程 17.0km

Img_1313

朝の内、青空広がってツルたちも採餌

Img_6876

マナヅル成鳥もずーっと採餌

Img_6877

ちょっと離れてマナヅル幼鳥も採餌中

Img_6913

今日は午後から天気も崩れるし、先が見えないんだったらよっぽど工事車両が迫ってこないと飛ばないかも?なんて言ってたんだけど・・・

言ってるそばから、9:33ナベヅルが飛び出して蕨島上空で旋回し始めました
迷っているのか、たくさん飛び出しては来るもののなかなか進まず
蕨島上空を高高度で旋回、その後野口港方面やそのまま蕨島を直進して行くルート(水俣方面か?)

Img_6923

10時頃、荒崎から飛び出してくるマナヅル成鳥1羽(去年の居残り?)が見えた
1羽で蕨島上空のナベヅルの旋回に付いていこうと必死で飛ぶけれど、なかなか高度が上がらず

それでも必死に近くにいる群れに入ろうとがんばっていました

Img_6939

10:18頃、マナヅル成鳥なのか幼鳥なのかは未確認のマナヅルが10時頃飛んでいた場所より手前側で確認

どちらのマナだったんだろうか?わからず、荒崎に戻って確認してみると、マナヅルが確認出来ない
2羽とも北帰行したのではと思われます

Img_6935

空はどんどん暗くなっていき、10:52北帰行に出て行くツルはいなくなりました

本日の北帰行 マナヅル2羽 ナベヅル1808羽

Img_6954

クロヅル幼鳥はまだ荒崎に残っています
カナダヅルもクロヅルも数羽確認

Img_6967

どうやら飛べないらしいナベヅルが、下名の水路に降りていた
左肩が下がってますね

捕獲作戦が決行され、ナベヅルは必死で水路の中を「歩いて歩いて」逃げ、3号線をくぐり
建設中の高速道路の橋桁の水路に潜りこんで渡り、田んぼに出てまた水路に降り、1km以上歩いた水路の中で、無事ツル保護会の方に保護されました

ナベヅルは、歩いてたって本当に足が速い

2013年3月21日 (木)

Img_1312

昨日の雨から一転、青空が広がりました

9時40頃 荒崎北帰行カウント場所 13.1℃ 北東 2.7~4.9m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
         西南西 9m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -13℃
           北西 6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -9℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -4℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_6685

9時すぎ、もう東干拓で採餌してる家族がたくさんそろっている

Img_6687

あら、K80家族はまだ北帰行していなかったんだね

Img_6696

昨日の雨で、田んぼは水たまりがあちこち

Img_6708

あたたかくなって、レンゲもどんどん咲いている

Img_6723

お散歩の人もいて、外に出ていたツルもあわてて休遊地の中へ逃げ込む
その他はほとんど飛ぶツルがいない
本日の北帰行は無し
良いお天気だったのだけど、昨日の雨がひどかったからなあ~

Img_6731

マナヅル2羽、互いにちょっと離れて採餌中

Img_6734

お天気良いから、座るツルも続出
地面はあったかそう

Img_6753

ゆっくり採餌

Img_6777

食べると眠くなるね
もうきっとカウントダウンは始まっているだろう北帰行に備えて、ちょっとの休息

2013年3月20日 (水)

Img_1305

午前中まで大雨
お昼から雨は止んだけれどずっとどんより

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
         南南西 10m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
           北 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -4℃
    北 4m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 3℃
     西北西 4m/s
     視程 15.0km

Img_6638

マナヅル成鳥は、センター前農道の西側道路にいつもいるみたい

幼鳥は、センター前道路上のエサを当てにしている
群れの中に紛れてずっと下を向いて食べてるから探しづらい

Img_6649

勇ましいナベ幼鳥

Img_6651

雨が止んだよ
ばさばさ

Img_6659

雨上がりは羽を整えなきゃね

Img_6674

雨上がり、はしゃいでダンス
ラブラブですね~

Img_1310

センター前の田んぼにクロツラヘラサギ
ナベヅル幼鳥に、あっちいけ~って威嚇されて追いかけっこしていたらしい

2013年3月19日 (火)

Img_1297

快晴だけれど、ちょっと霞が強い
紫尾山はかすんで見えません

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 17.8℃ 北 2.0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -3℃ 最低気温 -10℃
         西北西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -8℃
           北北西 6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
     西南西 2m/s
     視程 2.0km

Img_6605

観察センター西側の道路にマナヅル成鳥が採餌中

Img_6607

マナヅル成鳥から2枚ほど北の群れの中にマナヅル幼鳥
今日は相談なし?離れて行動してました

Img_6614

10:18頃ナベヅルが飛び出したと思ったらすぐ引き返し
それを見てか、ナベヅルたちが10:23頃から80羽ほど飛び出していきましたが、天草方向を見て?すぐ引き返して荒崎へ戻ってきてしまいました
北帰行は、なしでした

Img_6620

あったかくなったよ

Img_6634

いちめんのれんげ

Img_6636

ナベヅルかわいい~

Img_1302

羽づくろいしてあげる

Img_1300

昨日の雨で、たくさんの水たまりができています
水を飲んだり

Img_1298

何かエサを探してみたり

2013年3月18日 (月)

Img_1295

午前中、ひどい雨
午後からは雨は収まって明るくなってきた

11時20分頃 東干拓 18.1℃ 西北西 5.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -7℃
         北北西 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -2℃
           北東 2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 1℃
    南東 1m/s
    視程 4.0km

ソウル 最高気温 12℃ 最低気温 5℃
     西北西 5m/s
     視程 6.0km

Img_6474

嵐のような強い雨がだんだんと収まってきた

Img_6465

まだ保護期間なのに、農家さんが作業されているようだ
トラクターが入っている

Img_6492

マナヅル成鳥1羽発見
雨が降っていたせいもあって、羽を広げたら形が悪いのが見えた
骨折して自然治癒して良い形で固まらなかったのか?
どうなんでしょう?北帰行できるかなあ?

Img_6526

風にあおられるからなのか、こんな格好で採餌

Img_6527

もう1羽のマナヅルの幼鳥は、センター前の道路をうろうろ

Img_6499

小雨だった雨も、一瞬止んだ
ふわふわと羽を広げてジャンプする

Img_6575

外の田んぼにも水たまりが増えている

Img_6572

もうすぐ春ですよ

Img_6467

ずぶぬれのハヤブサ
風にもっていかれないように姿勢も低い

2013年3月17日 (日)

Img_1287

どんより曇り

9時15分頃 荒崎北帰行カウント場所 14.2℃ 北北西 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -13℃
         南南東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 6℃ 最低気温 -5℃
           南南東 10m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 1℃
    0m/s
    視程 6.0km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
     北東 3m/s
     視程 7.0km

Img_1290

撒かれた小麦を食べる道路上のツルと、食べ終えて?田んぼにおり空の様子をうかがってるツル

Img_6449

日曜日は復旧工事はないと思っていました
3月末までの天気予報に不安要素が多いのか、日曜の今日も溝掃除などの方が保護区内に入っていました

雨が降って水がたまれば、畦の工事も重機が田んぼに入れなくて難しくなるし・・・
4月1日に農家さんに返還するには、時間と雨との勝負だったりもします

Img_6463

保護区外の田んぼも、耕耘があちこちで行われています
立ち入りを遠慮していただいていた道路ですが、この道路からしか降りられない田んぼの耕耘をするためには、一時的に道路に入らなければなりません

今まではこの道路を走る車は監視員さんの車両しか無かったので、ちょっとびっくりのナベヅルたち

Img_6442

えー、見つけちゃいました・・・
他にはこういう羽根の下がり方をするマナヅルはいなかったと思うので、多分、去年の居残りマナヅルだと思います

今年も残るんだろうか?1羽でぽつん

Img_1289

とことこ歩いてマナ成鳥が、センター前の道路まで移動
そして近くに、マナヅル幼鳥の姿
私が見つけられたものは、マナヅルはこの2羽のみ

マナ成鳥が昨シーズンの居残りならこの幼鳥はもうまったくの他人なんだけど、(同種のおとなに頼るかのように)ちょっとだけマナ成鳥に近寄ってじっとたたずんでいました

この成鳥が帰ることが出来れば良いけれど帰らなかった場合、この成鳥について幼鳥が行動し始めると、幼鳥も戻らないということにもなりかねない・・・あ~

2013年3月16日 (土)

北帰行第20陣

Img_1286

山の向こうはカスミがあって薄らいだり濃くなったり

9時10分頃 荒崎北帰行カウント場所 13.6℃ 北 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
         西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
           北北西 10m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
    南南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 1℃
     北東 2m/s
     視程 18.0km

Img_6344

9時頃、霞がある荒崎
エサを食べてるナベヅルも多い

Img_6345

休遊地の奥の方で、車が動いている
今日は土曜日だけど、工事は行われている

Img_6349

9:42 西干拓に行くんだろうか?というコースを飛んで行ったナベヅル3羽家族がそのまま蕨島方面へと飛び出して、北帰行が始まった

その後、5羽のグループが後を追い、続々と後から後から北帰行をするツルたちが飛び始めた

Img_6355

雨掛山沿いに進み、鉄塔付近から北帰行していくツルも

Img_6361

北帰行カウント場所上空を通って行くツルも時々

Img_6367

いつまでもいつまでも、ツルは発っていきます

Img_6396

10時半頃からはまた蕨島経由で北帰行が多かったです

V字がきれい
12時頃までずっとずっと北帰行は続きました
荒崎に戻ってくるツルも多く、発つツル戻るツルが交差することも多かったです

本日の北帰行 ナベヅル1964羽 クロヅル1羽

Img_6417

羽色が茶色いカナダヅルがまだ残っている

Img_6426

お昼からぽかぽか陽気
のんびり過ごす家族も、まだ行かなかったんだね

ツルの北帰行がピーク 長島・行人岳

ツルの北帰行がピーク 長島・行人岳 南日本新聞(3/15付)

2013年3月15日 (金)

北帰行第19陣 さよならソデグロ

Img_1282

曇りのち晴れ

9時30分頃 荒崎北帰行カウント場所 12.6℃ 北東 0.9m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -2℃ 最低気温 -11℃
         南 2m/s
         視程 0.9m

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -5℃
           南 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 9℃ 最低気温 -5℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 7℃ 最低気温 0℃
     北北西 1m/s
     視程 20.0km

Img_6196

7時頃、朝焼け
小麦のエサを撒くトラックが入り始め、ツルたちも避難する準備

Img_6184

その頃、マナヅルのグループとソデグロヅルが、ねぐらの奥で集まっていました

Img_6250

ざざざと、付近のツルたちが飛び上がってきたとき、マナヅル13羽ナベヅル28羽と共にソデグロヅルも飛び上がりました

Img_6254

荒崎休遊地内を飛び回るナベヅルがいる中、このグループは堂山上空を旋回していきます
遠目でもソデグロヅルの白いのは目立ちますね~
ほとんど風もなく、スムーズにあっという間に旋回していき、7:16には堂山を超えて山の向こう側へと北帰行していきました

この北帰行を見てなのか、7:15頃ナベヅルがつられて飛び出し後を追って北帰行していきました

Img_1273

今日は8時頃から、荒崎休遊地を農家さんたちに現状復帰して返還するための工事が始まりました
ユンボが入ってきて警戒するナベヅルたち

潮の関係もあって、今日は田んぼ内を広く張り巡らされた水路の清掃をしたそうで、工事始めにしては手前の方まで作業が入ったようです。

明日は土日で工事がお休み?だと思うけど、北帰行はどうなるのか

Img_6291

休遊地内に人が入り右往左往したツルたちが、上昇気流が発生するいつもの9時10分頃からものすごい数飛び出し始めました

Img_6302

江内上空辺りで旋回上昇するツルたちも多く見られました
この辺りで旋回したツルたちは、雨掛山のアンテナ越えで北帰行していったみたいです

Img_6307

9:50頃、荒崎から飛び出したツルたちは、まっすぐに野口港方面へと出たツルが多かったように見えました
10:30頃から風が強くなって、北帰行に出発するツルはいなくなりました

本日の北帰行 マナヅル15羽 ナベヅル2672羽 ソデグロヅル1羽

Img_6331

昨日まで3羽家族がいた荘の田んぼに、今日は幼鳥1羽
置いて行かれた・・・?
そんなに熱心に食べるわけでなく、ぼんやりと周りを見たりも
親別れ直後の幼鳥なのかな

2013年3月14日 (木)

韓国のニュース

'冬珍客'黒丹頂鶴、再び故郷シベリア向かって大移動 MBC NEWS(3/6付)

順天湾のナベヅルは北帰行を始め、今現在残り360羽まで個体数が減少した状況です。

Img_1259

晴れたり曇ったり
風は強風で寒い

9時20分頃 荒崎北帰行カウント場所 10.1℃ 北北東 5.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -5℃ 最低気温 -15℃
         西南西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -10℃
           北北西 8m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 5℃ 最低気温 -7℃
    北西 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     北東 3m/s
     視程 20.0km

Img_6112

朝8時頃、センター前の道路ねぐら近くでソデグロヅルが採餌中

Img_6136

突風が吹くと、ぴょんぴょんジャンプしてダンスしたくなっちゃう

Img_6150

もうこんなに大きくなって・・・とか思ってるのかな?
そろそろ子離れ・親離れの時期

Img_6162

水路がなわばりの境界線

Img_6183

あんまり強いものだから、オオハクチョウのそばにナベヅルは寄ってきません

Img_6166

ハジロカイツブリ、ちょっとだけ近くで見ることが出来ました
2~3年前初めて見たとき、どこの羽根が白いんだ?と思いましたが、羽根の内側とおなかが白いそうです
由来は、羽根の内側が白いから・・・らしい
あのときは名前にだまされたなあ~

2013年3月13日 (水)

Img_6014

雨風ざざーっと降ったり、時たま晴れたり
あたたかくなりました

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -12℃
         西 7m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -7℃
           北北西 11m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 6℃ 最低気温 -2℃
    北 4m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 4℃
     北西 5m/s
     視程 18.0km

Img_6075

雨が降ってあたたかくなって
レンゲが咲き始めました

Img_6015

荒崎の休遊地の西側の田んぼに、ナベヅルの群れの中にマナヅル幼鳥が1羽こっそり溝に降りて水を飲んでます
この溝はマナヅルはほとんど降りたことがないと思うんだけどな

Img_6062

ナベヅルが飛んで移動したら、一緒に飛んで移動した
このマナヅル幼鳥は自分をナベヅルだと思ってるんだろうか?

Img_5995

うれしそうにクチバシでつかんでうろうろ
地面に落としてはつかんで~
これは何なんでしょう?

Img_6031

風が強くて、ナベヅルはみんな風上に頭を向けてるけれど、オオハクチョウはびくともしない感じ

Img_6041

天気が悪くて人気がないと、ブロッコリー畑に侵入
もう収穫終えてそうだからそんなに迷惑駈けてないとは思うけど・・・

Img_6093

ハヤブサと一緒

Img_6099

雨が上がったよ!

Img_6104

学校帰り
人がいなくなってのびのびと荒崎いっぱい広がっていたツルたちがびっくり

2013年3月12日 (火)

北帰行18陣

Img_1254

雲多め
行人岳方向は、だんだんと青空になったりも

9時40分頃 荒崎北帰行カウント場所 14.9℃ 北 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -13℃
         西南西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -4℃
           南東 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -1℃
    南南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 2℃
     北東 3m/s
     視程 13.0km

Img_5893

荒崎に到着すると、もう北帰行始まってました
開始が9:24ですって!
だんだん北帰行開始時間早まってます
まあ、日の出も早くなってるからなあ~

蕨島方面から野口港方面へ移動しつつ北帰行していきました

Img_5898

ちょっと攪乱された?
群れに突っ込んでいったので、嫌だなあ~って見てました
ツルのルートは、飛ぶものにとっても気流がいいんでしょう

Img_5912

クロヅルも飛びましたよ
その場ではわからなかったけれど
クロ×ナベ家族だったみたい

Img_5915

山の稜線を進みつつ野口港方面へ

Img_5924

ナベヅルの中にマナヅル幼鳥1羽・・・
着いていくグループ、間違えてはいませんか?

10:10ぐらいから出発したツルは全て荒崎戻りでした
このグループも行ってはみたものの戻って来ちゃった

Img_5929

10:30過ぎ、マナヅルグループ7羽だったか?も北帰行チャレンジ
でもソデグロヅルがいません!
そのうちこのグループも荒崎に戻ってきたけれど、ソデグロヅルはついて行かなくて良かったのかな?

本日の北帰行 ナベヅル406羽 クロヅル1羽

Img_5951

土手もなくなる勢いでつついています

Img_5970

ナベヅルは茂った藪が好きだよね~

Img_5982

特産館いずみにツバメが巣作り始めてます

2013年3月11日 (月)

北帰行第17陣

Img_1252

晴れのちくもり

 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -16℃
         西南西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 -1℃ 最低気温 -15℃
           北 5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 8℃ 最低気温 -7℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 -3℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_5796

9:53ころからナベヅルが北帰行始め
10:30頃に雨掛山のアンテナ付近から越えていきました

Img_5824

次の群れも、同じルート
旋回して、ここから越えていったツルたちだけが北帰行出来ました

Img_5816

10:20過ぎにソデグロヅルとマナヅルの群れは荒崎上空で上がり、ずーっと風に右往左往あおられながら江内方面まで行って高い所まで上昇してたのだけど、風をつかめなかったみたい

北帰行計数場所近くもちょっとだけ近づいてたけれど・・・

Img_5845

10:47頃、荒崎へと戻ってきてしまいました

本日の北帰行 ナベヅル42羽

Img_5858

出水に残っているナベヅルは、お昼からはのんびり

Img_5867

土手沿いに何か良いものあるのかも?

Img_5871

地面があたたかい~かな?

Img_5887

たくさんたくさん食べよう

2013年3月10日 (日)

Img_1251

くもり
ぱらっと、ちょっとだけ雨がお昼頃降った

11時頃 荒崎北帰行カウント場所 21.4℃ 西 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -15℃
         北西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
           北北西 10m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
    北西 9m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 4℃ 最低気温 -1℃
     西北西 4m/s
     視程 20.0km

Img_5777

水がたまってるところに集まってるナベヅルたち

Img_5779

群れで降りてるところに車が入った
土日、農家さんがそろそろ作業始めたみたい
もう春も近い

Img_5783

じきにあたたかくなるよ

2013年3月 9日 (土)

引き続き黄砂

Img_1245

昨日に引き続き黄砂
昨日よりかは視界はあるけれど、すっきりしない空

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 20.2℃ 南西 0.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -17℃
         西 6m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 3℃
    南南東 1m/s
    視程 6.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
     東北東 2m/s
     視程 4.0km

Img_5621

黄砂の靄で、日の出もまっかっか

Img_5656

朝7:10過ぎ、東干拓を見ていたらソデグロヅルとマナヅル成鳥1羽がこっそり田んぼの中にいた

Img_5671

毎日今までの習慣通り、東干拓にやって来ていたみたい
なんだかちょっとスリムになった?

Img_5704

荒崎に戻ると、採餌
食べてばっかり~・・・でもないみたい

羽根が下がってるマナヅルがいつも近くにいるのが気になる
このマナヅルも帰ることが出来ればいいけれど

今日は、この黄砂にもかかわらず11:30と12:00の2回北帰行しようと飛んだナベヅルが20~30羽いたらしいが、全て荒崎へ戻ってきたのだそう
私はもう今日は北帰行は全然だめだと思って、他の所を見ていたんだった
危ない・・・

Img_5742

昼近くになると、座るツル続出

Img_5749

群れの中でもこんなに多くの座るツルたち

Img_5771

レンゲも咲き始めました

Img_5725

クロツラヘラサギもパンクな髪型に変身

Img_5625

相変わらず東干拓の水路をうろうろしてたヘラサギ

2013年3月 8日 (金)

希少種マナヅル国東市で飛来確認

希少種マナヅル国東市で飛来確認 大分合同新聞(3/7付)

国東市国見町の岐部地区で5日夕方から6日朝にかけ、希少種の「マナヅル」1羽が飛来しているのが確認された。

5日夕、同地区の神社そばにいるのを住民が発見。一度は飛び立ったが、6日朝に再び近くの田にいるのが見つかった。

黄砂

Img_1241

荒崎から雨掛山もかすんでる
矢筈は全く見えず
黄砂だね・・・目がしばしば鼻はむずむず

10時05分頃 荒崎北帰行カウント場所 21.6℃ 南西 2.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -9℃ 最低気温 -15℃
         西 7m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -8℃
           北北西 4m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 13℃ 最低気温 1℃
    南 1m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 3℃
     東北東 3m/s
     視程 0.2km

Img_5539

ナベヅルはあちこちに群れになって採餌
土の中になにか出てきているのかも?

Img_5568

オオハクチョウは午前中からはやばやと寝に入ってます

Img_5544

ソデグロヅルも食べてます

Img_5585

ソデグロヅルが農道を歩くと、近くにいたナベヅルがそそくさと逃げていく~
ソデグロヅルがいじわるしたからだよ!

Img_5590

どうやら、ソデグロヅルはマナヅル3羽(内幼鳥1)と一緒に行動しているみたい
マナ成鳥の1羽は、去年の居残り?羽根が落ちてる・・・
このマナヅルは北帰行出来るのか?
ソデグロは、これに付いて出水残り・・・とかにはならないで欲しい

Img_5607

散歩の人が来たからか?一斉に飛んじゃった
ソデグロヅルもマナヅルについて移動
オオハクチョウは、首は上げたものの移動せず(大物?)

Img_5617

移動した先の荒崎の休遊地東側に、マナヅル3羽と共に採餌中のソデグロヅル

14:00頃には、マナヅル11羽の集団の中にソデグロヅルが混じっていたそうです
北帰行期待できるかなあ?

2013年3月 7日 (木)

北帰行第16陣

Img_1240

少し青空に見えるけど、野口港方面から蕨島にかけて靄が濃い

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 16.8℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
         南 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -3℃
           南東 9m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 2℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 7℃
     南南西 5m/s
     視程 1.5km

Img_5465

オオハクチョウ、飄々と歩き回ってる
ナベヅルの中にいると、頭がぴょこんってみえるんだね

Img_5467

今日のソデグロヅル、周りにマナヅルの姿が見えないみたい・・・
北帰行しないかなあ?

Img_5488

10:25頃、ナベヅル5羽が旋回を始め、それにつられてナベヅルがどどっと飛び出してきた。

野口港方面に行こうとしているけれど、風が悪いのか蕨島方面で旋回上昇

Img_5512

カナダヅルも飛びだしだけど・・・
なかなかかすみが取れず、いったものの蕨島上空から帰ってくるツルが多い
そのうちに風が強くなり出して、11時頃には北帰行もほとんど終わり

本日の北帰行 ナベヅル80羽

Img_5526

荒崎にいる分には、天気も良いんだけどね

Img_5529

お昼寝に最適な・・・
そして座ったまま道路をついばむ幼鳥
ゆっくりしすぎています

Img_5533

一所懸命食べてるナベヅルも多い

Img_5535

ソデグロヅルは1羽でふわふわ行動中

2013年3月 6日 (水)

北帰行第15陣

Img_1239

今日も無風状態
すこーし野口港方面にかすみがあるかな? 

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 15.9℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 1℃ 最低気温 -10℃
         西 6m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
           北北西 7m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 -2℃
    南東 1m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 13℃ 最低気温 1℃
     東北東 2m/s
     視程 1.0km

Img_5274

ねぐらで優雅に泳ぐオオハクチョウ
帰る気なさそう

9:50頃、写真には写せなかったけど、観察センター前の道奥の方で、ソデグロヅルがマナヅルと一緒に空を見上げてました!

Img_5285

9:50頃、ナベヅル2羽が飛び出してきたな~と思っていたらすぐに荒崎へ引き返してきた

その後、それにつられたのか10時頃ナベヅル20数羽が飛び出してきて蕨島海上を飛んでいきました

Img_5290

10:04頃の群れ
一番後について行ってるのはカナダヅルみたい
その後、この群れは帰ってきたのかどうか、確認できず

Img_5301

マナヅルと一緒に、ソデグロヅルも10:07頃飛び出し
やっと帰るなあ~と思っていたんだけど・・・

Img_5329

10:20頃だったか、何度も旋回してたんだけど荒崎へ戻ってきてしまった

Img_5361

10:55頃、またマナヅルたちと一緒に飛んではみるものの、羽数調査場所をうろうろ

Img_5370

下の人間を見ながら、時たま鳴いたりもしながらの飛行・・・
そんなに気にしないで良いから

Img_5397

蕨島方面までいってみるものの、たくさん飛び立った全てのツルは荒崎へと帰ってきてしまった

結局北帰行出来たのは、9:55頃飛び立っていったナベヅル23羽のみでした

本日の北帰行 ナベヅル23羽

Img_5461

帰ってきて、またエサがある場所をうろうろのソデグロヅル

2013年3月 5日 (火)

北帰行第14陣

Img_1238

早朝、ものすごいカスミ
北帰行もないかも?というくらい、先が見えない
10時頃からだんだんと青空が見えてきた

9時50分頃 荒崎北帰行カウント場所 13.9℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -1℃ 最低気温 -12℃
         西南西 3m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
           北西 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 8℃ 最低気温 0℃
     東北東 1m/s
     視程 0.6km

Img_5205

朝から、食欲もりもりのソデグロヅル
午前中ずっと食べてばかりです

Img_5189

マナヅルが1羽で過ごしてる
去年の居残りかなあ?
いつも一緒にいたもう1羽はどうしたのだろうか?

Img_5210

オオハクチョウ、じっと首を上げてる・・・
と思ったら、ねぐらに入って水を飲み始めました

Img_5219

9時45分、マナヅルが3羽飛び出した!と思ったら、西干拓に移動・・・
10時になってだんだんと青空が出てきたら、10:15分ナベヅルが40あまり飛び出してきました

初めのうちは、風がないからか野口港方面へ低く
そのうち、羽数調査場所上空で高く高く上がり旋回してるツルたち、先を見ているのかなかなか先に進まない・・・

Img_5225

旋回しつつ高く上がって、Vになったらもう行けるね

Img_5235

マナヅルは混じって飛んで行くけれど、なかなか踏ん切りがつかないのか行ったり来たり

Img_5248

ナベヅルが飛び出したと思うと、すぐさま後からどっとたくさんのナベヅルが飛び出していく
そして、行くもの、戻ってくるもの、あちこちの空は入り乱れるツルたち
とてもカウントしづらい北帰行模様だったようです

Img_5251

荒崎ねぐらの横付近で見ていたらカナダヅル1羽も飛んだようだったけれど、確認されなかったようだった
移動だったのか、行ってしまったのか?

本日の北帰行 マナヅル8羽 ナベヅル163羽

最近まで東干拓にいた、ヒシクイ、オオヒシクイ、マガンがいなくなったみたい

Img_5266

ソデグロヅル、オオハクチョウ、まだ飛んでません・・・

2013年3月 4日 (月)

北帰行第13陣

Img_5010

朝方、がちがちに霜が降りていた
東干拓にやって来て様子を見、すぐさま荒崎に戻っていくナベヅルたち

7時頃 東干拓 7.4℃ 0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -15℃
         南南東 1m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
           北北西 3m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
    0m/s
    視程 0.8km

ソウル 最高気温 6℃ 最低気温 -1℃
     北東 2m/s
     視程 1.2km

Img_5032

朝、6:55荒崎から東干拓にやって来たマナヅルの群れとオオハクチョウ
早起きです
エサ撒きのトラックも来ないうちにねぐら立ち

Img_5042

下にはすでに到着していたマナヅルたちと、ソデグロヅルの姿

Img_5052

次々降りてきたマナヅル24羽とソデグロヅル、オオハクチョウが一所で集合していたけれど、7時過ぎにマナヅル3羽とソデグロヅルが荒崎へと移動

残ったマナヅルたちは、その後集まってなにか相談?

Img_5071

もう何日もエサを撒かれていない道路をつんつんするナベ幼鳥・・・

Img_5078

荒崎のエサ撒きの時間
もう最近は、飛ばないで歩いて避難するツルたちも多くなった

Img_5079

マナヅル2羽が目隠し網から見える所に
羽根の下がり方から去年の居残り?
2羽で行動しているみたい

Img_5100

吐息が見えるくらい寒い朝でした

Img_5131

9:25 北帰行は荒崎上空高く高く上がっての北帰行
雨掛山のアンテナよりさらにさらに上まで上がり、山を越えていきました

カナダヅルも2羽飛んで行ったけれど1羽荒崎へ戻り!
カップルかと思ったけれど違ったのか?
ソデグロヅル、オオハクチョウは今日も全く飛びませんでした

本日の北帰行 マナヅル16羽 ナベヅル56羽 カナダヅル1羽

Img_5181

夕方、高尾野川中州に降りたナベヅル家族

2013年3月 3日 (日)

北帰行第12陣

Img_1220

さむざむとした日
天気予報は晴れだったのにと話し合う
10時過ぎてくると、北西の方角に少しずつ青空が出てきだしたが、暗く寒い

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 10.8℃ 北東 2.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -8℃ 最低気温 -16℃
         東 2m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 0℃ 最低気温 -11℃
           北北西 5m/s
           視程 2.0km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -7℃
    0m/s
    視程 0.9km

ソウル 最高気温 2℃ 最低気温 -4℃
     西南西 2m/s
     視程 2.0km

Img_4936

寒いし、暗いし、こんなんで北帰行するんだろうか?
一応?荒崎で首を上げて空を見ているマナヅルは少しばかりいるが、道路上で食べてるマナヅルも多い
9時半頃、東干拓の2家族7羽ほどだったかは、首を上げて北帰行しそうな雰囲気

Img_4942

ソデグロヅルも食べてます
一応近くにマナヅル1羽がいるみたい
食べてるけど・・・
ソデグロヅルのこの食べっぷりは飛びそうにもない

Img_4946

東干拓で群れになって田んぼをついばんでいたナベヅルが、一斉に飛んだみたい
農家さんが入られたか?
荒崎のエサについてないツルたちもたくさんいるんですよ

Img_4955

10:20 空も暗い冷たい空気の中、ナベヅルが7羽飛んで旋回し出しました
どうするんだろう?北帰行?と思ってみていたら、そのまま港方向にまっすぐ飛んで行きました

Img_4964

それをみたマナヅルたちが40ほど?ばらばらばらと荒崎から飛び立ってきました

Img_4983

マナヅル2羽についてナベヅル1羽が飛んで行きます
あわてて間違った?

Img_4986

やっぱり間違ったみたい
1羽で荒崎に戻ってきました
あわてんぼうさん

本日の北帰行 マナヅル103羽 ナベヅル39羽 

Img_4990

目隠し網が撤去され、ツルの姿も多くが荒崎に移った東干拓
それでも道路際の監視所があった場所近くで、2家族がなわばり争い
もっと広く使えばいいじゃない?と思うけど、そうはいかない様子

2013年3月 2日 (土)

Img_1211

曇り、風が強い

10時30分頃 荒崎北帰行カウント場所 9.6℃ 北西 3.7~4.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -6℃ 最低気温 -14℃
         北北東 11m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -8℃
           北北西 12m/s
           視程 1.0km

平壌 最高気温 0℃ 最低気温 -9℃
    北西 2m/s
    視程 1.2km

ソウル 最高気温 0℃ 最低気温 -6℃
     西北西 2m/s
     視程 2.0km

Img_1213

11時頃の観察センター前
小麦も食べて、外へと出て行ってるツルが多い

Img_1212

それでも、マナヅルとソデグロヅル

Img_1217

カナダヅル、クロヅルはほとんど荒崎にいるみたい

Img_4853

エサを求めてなのか、なわばりなのか、ナベヅルは保護区の外もあちこち移動しながら採餌

Img_4868

一時期いなくなっていた西干拓にも群れが降ります

Img_4872

東干拓の元保護区の場所で、消毒が行われてました

Img_1218

東干拓のねぐらだった場所
もう1週間ほどツルは使っていない
雨が降ったにしては、水ももうひいてきてる
シーズン中、ここにツルがぎっしり入ってたんだね

Img_4875

東干拓の堤防際に、マナヅルが何羽か
きっと東干拓をなわばりにしていたグループなんだろうな

Img_4910

ナベヅルも、いまだに東干拓の監視所前に集まってたりする
居心地が良かった場所は離れがたいんだろうか?

2013年3月 1日 (金)

3月1日

Img_1209

昨日までで、今季の東干拓の保護区期間が終了しました。
今日からは人間の土地
農家さんたちが入ってこられます
エサも当然、東干拓はもう撒かれません
ツルたちは、今朝どうしたかな?
エサがないことを不思議に思ったかも

9時55分頃 東干拓 17.8℃ 南 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -4℃ 最低気温 -11℃
         北北東 5m/s
         視程 1.0km

ウラジオストック 最高気温 1℃ 最低気温 -3℃
           北 4m/s
           視程 0.4km

平壌 最高気温 2℃ 最低気温 -4℃
    北西 5m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 5℃ 最低気温 -1℃
     西 5m/s
     視程 0.7km

Img_1210

雨風吹きすさぶ中、目隠し網の撤去作業が進んでます
これから1ヶ月ばかりかけて、ツルが壊した畦の復旧作業などが行われ、農家さんに田んぼを返還します

Img_4739

今日は、雨がずっと降っています

Img_4741

ソデグロヅルは今朝どうしただろう?
やっぱり東干拓に移動してみたかしら?

いつものごとく、ずーっと食べっぱなしだったけれど

Img_4748

雨、降り続きます

Img_4760

ちょっとだけ、雨が止んだのを見ると飛んでみたくなる

Img_4765

ハクチョウも、ばたばたと羽根を広げる

Img_4772

そして威嚇
本当に強いよオオハクチョウ
死角なし

ナベヅルがじっと動向をうかがってるよ

Img_4781

マナヅルもエサがありそうな所、他のマナヅルが食べてるところにどんどん降りてきて、しまいにはなわばり争い
そばにいるのに反応せず、ただただ食べ続けるソデグロヅル
たくましくなったよね

Img_4833

保護区に撒かれるエサについてるツルたちもいるけれど、荒崎東干拓の保護区ではない田んぼや休遊地のそこここにも、多くのナベヅルがゆっくりとエサを探して過ごしています

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ