フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 希少種マナヅル国東市で飛来確認 | トップページ | »

2013年3月 9日 (土)

引き続き黄砂

Img_1245

昨日に引き続き黄砂
昨日よりかは視界はあるけれど、すっきりしない空

10時頃 荒崎北帰行カウント場所 20.2℃ 南西 0.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 -7℃ 最低気温 -17℃
         西 6m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 -4℃ 最低気温 -13℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 3℃
    南南東 1m/s
    視程 6.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
     東北東 2m/s
     視程 4.0km

Img_5621

黄砂の靄で、日の出もまっかっか

Img_5656

朝7:10過ぎ、東干拓を見ていたらソデグロヅルとマナヅル成鳥1羽がこっそり田んぼの中にいた

Img_5671

毎日今までの習慣通り、東干拓にやって来ていたみたい
なんだかちょっとスリムになった?

Img_5704

荒崎に戻ると、採餌
食べてばっかり~・・・でもないみたい

羽根が下がってるマナヅルがいつも近くにいるのが気になる
このマナヅルも帰ることが出来ればいいけれど

今日は、この黄砂にもかかわらず11:30と12:00の2回北帰行しようと飛んだナベヅルが20~30羽いたらしいが、全て荒崎へ戻ってきたのだそう
私はもう今日は北帰行は全然だめだと思って、他の所を見ていたんだった
危ない・・・

Img_5742

昼近くになると、座るツル続出

Img_5749

群れの中でもこんなに多くの座るツルたち

Img_5771

レンゲも咲き始めました

Img_5725

クロツラヘラサギもパンクな髪型に変身

Img_5625

相変わらず東干拓の水路をうろうろしてたヘラサギ

« 希少種マナヅル国東市で飛来確認 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 希少種マナヅル国東市で飛来確認 | トップページ | »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ