フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 韓国のニュース | トップページ | »

2013年4月 2日 (火)

不明の放鳥ヅル、宮崎で確認

不明の放鳥ヅル、宮崎で確認 中国新聞(4/2付)

山口周南市教委は、同市八代で放鳥し、行方不明になっていたナベヅル1羽が約200キロ南西の宮崎県東臼杵郡で1月下旬に同郡の田んぼに飛来したと発表した。

山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)などから情報提供があり、市教委はツルの右脚に付けた標識番号の写真から確認した。

 このツルは昨年11月12日に放鳥された翌日から八代に戻らず、市教委が同12月13日に山口市徳地地区で確認したのを最後に行方が分からなくなっていた。

            

« 韓国のニュース | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも情報ありがとございました(._.)

22日に北帰行したと思われる、左の羽が痛んでいる?マナヅルが生月島に降りているそうです

今日、そちらに行った鳥友が知らせてくれました。
地元の方のお話では10日程になるとのことらしいので、途中雨にあって降りたのではないかと。
水溜りのある休耕田で元気に採餌しているということでした。
無事に帰ってくれたらと思います。

anegoさん、ありがとうございます
多分居残りだろうと思い、今年一番気にしていたマナヅル成鳥です(涙)
やっぱり途中で降りていたんですね。
休耕田があってよかった。
少しずつでも前進して帰ってくれたらと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国のニュース | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ