フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | »

2013年5月24日 (金)

韓国のニュース

金浦で6ヶ月間に真マナヅル987回観察 前年比40%増えて…'紅島(ホンド)評湿地の最多棲息地復元推進 フピョンニはかえって減少

itimes.co.kr
  
2013年05月08日付

金浦市(キンポシ)が国内最初に天然記念物第250号であるマナヅルのチュィ・棲息地復元事業を進行中である中、昨年末から今年4月まで霞城面(ハソンミョン)後評リなど4地域で987回にかけて真鶴が観察されたことが分かった。

昨年10月16日から今年4月15日まで霞城面(ハソンミョン)後評リなどマナヅル渡来地4ヶ所に対するマナヅルの採餌、越冬個体数現況調査結果前年度調査の時より観察マナヅルが41.7%が増えた。

調査地点別には高村(コチョン)邑石訪欧が12回~84回で85.7%、紅島(ホンド)評(沙隅洞(サウドン)・傑浦洞(コルポドン))が178回で624回(71.5%),高村(コチョン)・ピョンニ93回で252回(63.1%)で紅島(ホンド)評地域で観察回数が最も多かったがソ・ソクチ復元事業が推進中の霞城面(ハソンミョン)フピョンニは129回から27回に観察回数がかえって79.1%が減少した。

フピョンニでは去る2月12日まで11羽程度が観察された以後利用が増えなくなっていると調査でわかった。

市はマナヅルがフピョンニ地域を採餌利用しない理由に対して「人による人為的干渉」のためと分析した。

しかし今年調査では昨年調査の時に観察されなかった真鶴誘引のために設置した地引き網の間の近辺で11羽が発見され、地引き網の間がマナヅルの採餌利用に効果があることが明らかになった。

キム・ドンス環境政策係長は"4カ年事業が始まる今年の末この部分を補完して事業を推進することになるだろう"と話した。

« | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ