フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

Img_1553

雨の隙間で風速をはかる
強い雨と、ぴたっと止んで曇りの繰り返し

9時50分頃 荒崎観察センター前 27.7℃ 南西 3.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
         北北東 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 11℃
           4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 26℃ 最低気温 18℃
    北西 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 26℃ 最低気温 20℃
     北北東 2m/s
     視程 8.0km

Img_1327

強風を避けるためか、2方向に壁のある堤防の影近くでうろうろする骨が悪いナベヅル
昨日の雷とか、恐かったんじゃないかなあ?

Img_1380

羽が抜けてるナベヅルも、風よけになる建物がある人目に付きにくい稲丈の田んぼに隠れた場所でうろうろ
2方向だけ見える場所があるのだけど、そこに来ると警戒が半端無い

Img_1371

下水流の、いつか何かが入りそうだと思っていた水の張った休耕田?(もしかして水没してるけど田植えしてあるかな?)にセイタカシギが7羽いました

Img_1352

東干拓に、タカブシギ6とトウネン2
蛇淵川にヘラサギ1もサギに紛れていました

2013年8月30日 (金)

Img_1552

雨が降ったり止んだり

10時55分頃 荒崎観察センター前 30.3℃ 南西 4.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 6℃
         北東 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 23℃ 最低気温 11℃
           6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 25℃ 最低気温 20℃
    0m/s
    視程 4.0km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 22℃
     西 3m/s
     視程 8.0km

Img_1281

羽が抜けてるナベヅルを探して探してたどり着いた先は、風がよけられそうな建物の裏にある田んぼ
採餌して頭を下げていたら、全く見えなくなる稲丈
そしてずいぶん食べているのか、なかなか頭を上げません

Img_1309

骨が悪いナベヅルも、風を避けるためか堤防近くの田んぼへと移動してきていました

Img_1317

ハマシギ?
刈り取り後の田んぼでもこの陽気で、2番穂がドンドン伸び始めています
見づらいよ~

Img_1279

ヘラサギが高尾野川で採餌中
そのときは気付いてなかったけれど、セイタカシギが4羽いますね・・・

2013年8月29日 (木)

Img_1551

10時頃 荒崎観察センター前 29.7℃ 南西 2.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
         北東 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 20℃ 最低気温 13℃
           5m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 21℃
    南 3m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 22℃
     南南東 2m/s
     視程 12.0km

Img_1253

骨の悪いナベヅル
ずっとずっと食べ続けている
車が近くを走ってくれば頭を上げるけれど、すぐに採餌に戻る

Img_1264

羽が抜けてるナベヅル
はす向かいの田んぼで農家さんが除草作業
それが気になってか、警戒や羽づくろいで採餌はしていない

ちょっとやせてるかなあ?
神経質すぎて、食べる機会が減ってるのかも?

2013年8月28日 (水)

Img_1546

びかっと晴れてます

12時10分頃 荒崎観察センター前 30.7℃ 北 0.1m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 9℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 13℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 20℃
    南西 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 21℃
     東北東 2m/s
     視程 5.0km

Img_1218

12時過ぎてますが、ずっと必死に食べてます
渡りの衝動が出ているのか?
頭を上げて、ちょっと警戒するもすぐに再び食べ始める
骨の悪いナベヅル

Img_1222

羽が抜けてるナベヅルも、ずっと食べ続けている
警戒心が強いから、見られているとわかると首を上げてずっと警戒
見るのを止めて移動し始めると、また田んぼの中をうろうろしながら採餌

この時期のナベヅルは、渡りに備えて貯食のようなことをするのでは?
カラダ、特に羽の変化がないかと見てるけど、羽ばたきをほとんどしない

Img_1230

カワセミと追いかけっこ

カワセミは水路沿いを飛ぶし
私が走る農道は、水路沿いに伸びている

2013年8月27日 (火)

Img_1545

晴れ
せっかく田んぼにたまった水も、日差しに照らされてじりじりと乾く

10時頃 荒崎観察センター前 27.4℃ 北東 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 10℃
         西南西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 13℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 21℃
    南西 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 28℃ 最低気温 22℃
     南西 1m/s
     視程 13.0km

Img_1179

ばさばさと羽ばたき
骨が悪いナベヅル
右が下がってます

Img_1199

道路を渡りたいのか、歩いて近づいてくる・・・
そのうち農家さんの軽トラが来て、徐々に遠ざかる

Img_1201

羽が抜けてるナベヅル
稲か高い田んぼの畦を右往左往
採餌は、畦から稲の中をつんつん

Img_1155

東干拓にシギチの群れが飛び交ってるけれど、どこに降りたんだ?

高尾野川にセイタカシギが3羽、その他タカブシギやヒバリシギらしき物も見られたけれど、この群れは見つからず・・・
大きさがちょっと大きいのが混じっているので、混群なのはわかるのだけど

2013年8月26日 (月)

Img_1542

豪雨になったり、弱まったり、一瞬止んだり

11時20分頃 荒崎観察センター前 26.1℃ 微風 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
         西南西 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 24℃ 最低気温 17℃
           -m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 21℃
    南西 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 23℃
     北東 2m/s
     視程 22.0km

Img_1041

羽が悪いナベヅル
雨に濡れて、ほんのわずかな雨上がりの時間に羽づくろい
濡れて羽色、わかりません

Img_1057

羽が抜けてるナベヅル
こちらも羽づくろい中
顔を上げたまま一瞬肩を下げて、警戒のためか?水を飛ばすためか?羽を膨らませている

Img_1066

そんなに羽ばたきしないで

Img_1086

この時期の雨は、鳥見に大歓迎!
いろんな鳥が降りてきました
農家さんもさすがのこの雨じゃ働いていらっしゃらないし、
釣りや貝掘りの人も走り回っていない
ヒャッホー

トウネンかな?2羽
私が今まで見逃していただけかもしれないけれど、見つけることが出来ました

Img_0936

セイタカシギも朝9時頃までは蛇淵河口に3羽
お昼近くになるといなくなってた

キアシシギも2羽

Img_1102

キョウジョシギの幼鳥?が2羽
久しぶり~

Img_1072

ヒバリシギらしきものが1羽
近くで見たいよ!

カメラは濡れるし、見るのも大変だけど
雨の日は最高です

2013年8月25日 (日)

Img_1541

雨が降ったり止んだり降ったり止んだり

9時30分頃 荒崎観察センター前 27.1℃ 南西 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 29℃ 最低気温 16℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 21℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 21℃
     北北東 1m/s
     視程 18.0km

Img_0797

今日も周囲が見回せる田んぼにいた羽が抜けているナベヅル
じろり、と警戒

Img_0808

農家さんが畦の草刈りで、警戒そしてちょっと息抜きに羽ばたき?

Img_0825

落ち着こう落ち着こうと羽づくろい?

Img_0853

骨が悪いナベヅルは、稲刈り後の田んぼで飄々と採餌

Img_0841

翼でなく背中の方?から換羽してる?

Img_0860

セイタカシギが4羽新たに入ってきたみたい?

Img_0904

ウズラシギも2羽
稲の間で隠れて採餌したり

Img_0927

タカブシギもどうしてかあちこち離れて1羽ずつ、計3羽見つけました
シギチが稲に隠れて見づらいぞ!

2013年8月24日 (土)

Img_1540

朝方、雨がざざっと
その後は蒸し暑い~

9時55分頃 荒崎観察センター前 28.4℃ 南西 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 13℃
         東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 28℃ 最低気温 17℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 20℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 23℃
     北東 2m/s
     視程 15.0km

Img_0745

今日も離れた田んぼで警戒しながら採餌の、羽が抜けてるナベヅル
いつもの車と違うので、警戒の仕方が緩やか
車、覚えられてるなあ

Img_0760

骨が悪いナベヅルは、いつもの田んぼから道路を渡って稲刈りが済んでいる地域に移動

なかなか探し出せなくて苦労したのだけれど、遠目から見てカラスの群れに溶け込んでいて気付かなかったのが原因だった(笑)
遠近感がずいぶんと狂います

Img_0770

近くだったので羽づくろいを観察していると、ずいぶんと背中の換羽が進んでいました
そのわりには翼部分が変わっていない
特に骨が悪い右側が変わっていない様に見える

2013年8月23日 (金)

Img_1539

6:30 朝起きたときから30度越え
それからも気温上昇
曇ってきて湿度も上がって

10時05分頃 荒崎観察センター前 30.6℃ 南西 3.1~4.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 15℃
         東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 31℃ 最低気温 19℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 22℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 24℃
     0m/s
     視程 5.0km

Img_0707

骨の悪いナベヅル
水の張ってある田んぼの中でずっと採餌
暑そうにクチバシ開けたり

食べる時間が以前よりも長くなってきたような・・・
渡りの習性が今、いつもよりも食べることに集中させている気がする

Img_0732

羽の抜けたナベヅルは、農家さんから逃げるように移動したのか?今までの田んぼからずいぶん離れた田んぼで採餌

周りを囲まれて静かな場所だけれど、遮蔽物がないところから見ると田んぼの草丈が低く遠目からも見える場所

避難場所に使っていた場所いくつかが使えないとここへ来てしまうんだろう
田んぼ1枚の面積も広く、農道からも遠ざかることができる
ツルには良い場所だけど、隠れる場所が無いから観察には不向きで、このナベヅルは見ている間中、じっとずっと警戒しかしない
ちょっとだけ様子を見て、すぐに撤退

Img_0741

稲刈り現場にツバメが乱舞
30羽くらいのツバメが稲刈り中の田んぼそれぞれに飛び交っていた

Img_0715

川の中ののこされ島にソリハシシギが肩を寄せ合う

Img_0684

ヘラサギとクロツラヘラサギ
あーもう、今日も仲良しさ

2013年8月22日 (木)

Img_1538

晴れ
涼しい内にと早めに家を出るのに、暑い

9時35分頃 荒崎観察センター前 34.1℃ 東 0.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 25℃ 最低気温 16℃
         南 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 29℃ 最低気温 18℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     南西 1m/s
     視程 10.0km

Img_0452

二番穂が出てきた田んぼに移動していた羽の悪いナベヅル
落ち穂たくさん?

Img_0481

昨日一昨日と違って、以前の田んぼへと戻ってきた羽の抜けたナベヅル
水がある田んぼで水を飲みつつ採餌

Img_0511

ただ見通しが良すぎて、ツルを見るのに近づくと畦を羽ばたきながら走って逃げる
やっぱり、風切り羽は生えてきていないみたい
雨覆は生えてきれいになってるみたいなのに
これからなのか?亜成鳥時には変わらないのか?

羽軸が残っていると変わりにくいと聞いたこともあるので、そのへんの状態がどうなってるのかの差なのかな?

Img_0647

仲が良すぎるヘラサギとクロツラヘラサギ
クチバシをつかむ勢いで近づくヘラサギ
1時間近く見てると、こういうのが2~3回あったり
去シーズン越冬したクロツラヘラサギ1とヘラサギ1もグルーミングしあってたし、どうなってるんだろうね

Img_0568

今日は、東干拓にセイタカシギ3羽がやって来ていました
サギ類に追われ、ハシボソガラスに飛ぶまで追い払われてました
弱いね

Img_0604

なわばり争いの2羽

Img_0535

稲刈り中の田んぼには、たくさんのツバメがトラクター周りを飛び回ってる

Img_0680

刈ってしまった後の田は全く飛んでいない

Img_0533

ひなたぼっこ中のアオサギ後ろ姿
グレーの羽がショールみたい

2013年8月21日 (水)

Img_1537

晴れ
エンジンを切った車内はサウナのよう

9時30分頃 荒崎観察センター前 29.3℃ 北東 2.0m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 15℃
         南西 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 29℃ 最低気温 17℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 21℃
    北東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 32℃ 最低気温 22℃
     東北東 3m/s
     視程 20.0km

Img_0295

ヘラサギ、クロツラヘラサギと一緒に採餌の骨の悪いナベヅル

Img_0408

ようやく見つけた羽の抜けたナベヅル
昨日は、農家さんの車が入っていて通れなかった田んぼの畦にいました
首を下げると、もうどこからも見えない
見つからないわけだ

Img_0398

見てると、ツルも私をじっと見て監視
敵対してる

ツルにしてみれば、私は天敵
どれだけ私がツルを好きでも

Img_0340

良い鳴き声が聞こえてきたな~と探してみると、
いました!イソヒヨドリ

Img_0421

東干拓も、アオアシシギ2ムナグロ5が飛び回ってました
蛇淵にはキアシシギ2

そして、東干拓の水路に首回りにふさふさのマフラーのような黒い羽がゆれていたカワセミの幼鳥?も飛び回ってました
明日はカワセミ、撮れたらいいなあ~

2013年8月20日 (火)

Img_1536

快晴

10時35分頃 荒崎観察センター前 30.5℃ 北 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 12℃
         北 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 27℃ 最低気温 17℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 21℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 23℃
     北東 2m/s
     視程 20.0km

Img_0247

同じ田んぼで採餌するナベヅルとヘラサギ、クロツラヘラサギ

もう1羽の羽が抜けてるナベヅルが見つけられず。
農家さんが、いつもいた場所の畦の草刈りをしたらしくきれいになっていた
付近一帯を探したけれど、どこにいったのやら

Img_0280

東干拓をオバシギ?みたいな鳥が飛んでいた
着地した田んぼを見つけられなかったから、よくわからないけれども

2013年8月19日 (月)

Img_1530

今日もたくさんの農家さんが東干拓、荒崎と稲刈りやお仕事に励まれていました
晴れ

9時45分頃 荒崎観察センター前 30.3℃ 北東 2.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 11℃
         北東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 30℃ 最低気温 19℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 22℃
    0m/s
    視程 8.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
     西 2m/s
     視程 5.0km

Img_0108

てくてく、ずーっとまっすぐに歩いて田んぼを移動する羽の骨が悪いナベヅル

Img_0112

ヘラサギたちと一瞬合流

Img_0100

ヘラサギ、クロツラヘラサギは縦横無尽に移動しながら採餌

Img_0118

羽が抜けてるナベヅル
農家さんがお隣の田んぼで作業されているため、遠く離れて端っこにたたずむ

Img_0139

いた場所に隣接する農道を農家さんトラックが走行
あわてて飛ぶけど、一番高くてこの高さ

Img_0140

そのまま5mも行かないくらいで着地
作業中の農家さんの所までは行けないだろうし・・・
3方囲まれ、接近され、戸惑ったろうなあ

風切り羽は・・・、変化ないみたいですね

Img_1533

Img_1534

東干拓の監視所付近から見た保護区
大部分の田んぼの稲刈りが済んでいます
早いなあ~

10年越しジュニア誕生なるか ナベヅルお見合い大作戦

10年越しジュニア誕生なるか ナベヅルお見合い大作戦 大阪日日新聞(6/27付)

天王寺動物園で絶滅危惧種「ナベヅル」繁殖を キューズモールが始動 あべの経済新聞(6/19付)

あべのマーケットパーク キューズモール(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)は6月14日、天王寺動物園(天王寺区茶臼山町)で飼育しているツル「ナベヅル」(雌2羽)に繁殖を目的に雄を迎えるプロジェクトを始めた。

 国内で飼育されているナベヅルは、井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)の雄1羽、天王寺動物園の雌2羽、九十九島動植物園(長崎県佐世保市)の雄1羽・雌1羽で、計3カ所で5羽。ワシントン条約で絶滅危惧種として指定されている。

同動物園は現在、母娘2羽のナベヅルを飼育している。過去に8度、繁殖に成功しており、実績は十分。しかし2002年以降は新たな個体の誕生はなく、飼育していた雄の個体が10年に死んだことから、動物園にとっても雄を迎えることは悲願となっている。

 プロジェクトは、井の頭自然文化園の雄を迎え入れて繁殖を目指し、輸送費を寄付するのが目的。同園ではこれまでツルの繁殖の実績があり、動物の個体情報を登録する制度「国際血統登録」でナベヅルを担当している。

天王寺動植物公園事務所の榊原安昭保健副主幹は「繁殖させて個体を増やすことは動物園の使命。野生では極東に局在 しているため、越冬地で病気が発生すれば一気に絶滅する危険があり、繁殖はとても重要。相性もあるが、何とかうまくいってほしい」と願う。まずは娘の個体 とのペア成立を目指すという。

天王寺動物園 鳴き声 vol.37-8 ナベヅル

当園は、世界中で飼育されているナベヅルの登録を行う担当園に指定されています。               そのため、ナベヅルの繁殖には特に力を入れています。多くのヒナを育てるために、今年は他種のツルのペアにもナベヅルの卵を抱いてもらいました。写真は、タンチョウがふ化させ、育てているナベヅルです。

このプロジェクトのナベヅルは、ナベヅルが育てたヒナなのだろうか?
個体数回復のためカナダヅルが育ての親になったアメリカシロヅルは、他のアメリカシロヅルの個体を自分と同種の生き物であると認識できず繁殖は出来なかった。

種の保存を考えて増やすのであれば、自然の繁殖・育雛に沿った計画にして欲しい。

2013年8月18日 (日)

Img_1529

晴れ
暑くて暑くて仕方ありません

11時30分頃 荒崎観察センター前 32.1℃ 北東 2.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 19℃ 最低気温 13℃
         北北東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 31℃ 最低気温 21℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 32℃ 最低気温 24℃
    南西 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 27℃ 最低気温 25℃
     南西 8m/s
     視程 6.0km

Img_0009

羽が抜けてるナベヅル
田んぼ脇に隠れるようにじっと
近くに木陰・水路があるので、それでここにいるのか?

Img_9963

骨が悪いナベヅル
水が入った田んぼで採餌中
ときおり水も飲んでいる様子

Img_9994

サギ類に紛れて、東干拓の田んぼで採餌?
ヘラサギとクロツラヘラサギ
警戒心アリアリで、通り過ぎ様にてってってっ~と田んぼの真ん中へと移動

2013年8月17日 (土)

Img_1528

晴れ
今日も刈り取りがあちこちで行われていました

10時10分頃 荒崎観察センター前 28.5℃ 北東 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 16℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 29℃ 最低気温 22℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 25℃
    南 2m/s
    視程 12.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     南南西 4m/s
     視程 18.0km

Img_9882

採餌途中、ピクルピクルといいながら2~3歩歩いて畦にちょっと上がる

Img_9892

そして羽ばたき
何回か繰り返す
そろそろ渡りの衝動?

Img_9916

もう1羽はいつもの場所で採餌

Img_9928

頭を低く伸ばす動作を2回ほど
その後、直立して警戒
何の仕草?

Img_9935

今日は高尾野川で採餌のヘラサギとクロツラヘラサギ

2013年8月16日 (金)

Img_1524

まだまだ暑いですが、稲刈りがドンドン進んでいます。

昨夜、ツバメのねぐら入りを見に行ったけれど、雨に遭ったからか2カ所見て、20羽ほどしか見られなかった。出水のツバメはもっと遅くの観察が良いんだろうか?

去年の10月中旬、見ているところに群れが突っ込んで来て群れに包まれた感動が忘れられない。
稲刈りが早いから、ツバメの渡りが早まってしまわないだろうか?
今年もあのねぐら入りが見たい

9時50分頃 荒崎観察センター前 28.8℃ 北東 1.6m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 18℃
         南 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 31℃ 最低気温 21℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     西北西 1m/s
     視程 18.0km

Img_9834

骨が悪いナベヅル
田んぼの中を歩き回りながらエサ探し

えー、稲踏んでるのが見られました・・・・
踏んでます、ツルたち
避けてないかな?と好意的に見ていたのだけど、現場見るとやっぱり農家さんたちに申し訳ない

Img_9869

羽抜けナベヅルは、稲刈り後の落ち穂拾い
幼鳥の羽が抜けて新しく成鳥の羽が伸びつつ、まだら

時々クチバシを空けて、暑さを逃がしてます
鳥は汗腺がないので、口を開けて呼気から熱を逃がします

Img_1527

ドンドン収穫され、お米を獲った後の稲藁は畜産関係のトラックに積み込まれてました
牧草の需要も多そう

Img_9826

蛇淵河口にヘラサギ1クロツラヘラサギ1
首フリフリの採餌は、飽きずにずーっと見ていられる

2013年8月15日 (木)

Img_1523

朝方は涼しかったのだけど、すぐに暑くなりました

9時40分頃 荒崎観察センター前 28.2℃ 東 0.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 19℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 33℃ 最低気温 21℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
    南 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_9801

9時半頃に着いたので、まだまだ採餌中

Img_9805

羽が悪い方も採餌中だったけれど、車を止めるとじっとして警戒

Img_9793

今朝は干潮だったので、蛇淵河口でヘラサギクロツラヘラサギ1羽づつが採餌で浜に出ていました
魚はここだよねえ?

2013年8月14日 (水)

Img_1522

朝から暑くて・・・

11時20分頃 荒崎観察センター前 29.3℃ 北 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
         南西 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 32℃ 最低気温 22℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
    南南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
     南西 4m/s
     視程 20.0km

Img_9711

エサはないか?
食欲旺盛な羽が折れてるナベヅル

Img_9727

いまだに警戒心が強い羽が抜けてるナベヅル
クチバシを空けて、息で熱を逃がしている
あついものねえ

Img_9784

東干拓にヘラサギとクロツラヘラサギ1羽づつ、入ってました
どちらも幼鳥?のようで、羽の先が黒かった
しかし、田んぼでクチバシを振っても魚が入ってくるんだろうか?
魚はそうそういなさそうなんだけども

2013年8月13日 (火)

Img_1521

お盆も精力的に農家さんたちが動いていらっしゃいます
晴れ、湿気でかすみがすごい

9時45分頃 荒崎観察センター前 30.1℃ 微風 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 18℃
         東 1m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 32℃ 最低気温 20℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
     南西 3m/s
     視程 20.0km

Img_9665

羽が悪いナベヅルは、いつもと同じような場所でのんびり採餌
田んぼが大きくて、距離が取れるのが良いんだろうな

Img_9692

羽が抜けてるナベヅル
広い田んぼの中で死角になる背丈の高い田んぼに囲まれた場所でじっとしてました
農家さんが畦の草刈りなど、あちこちにいらっしゃったから避難していたみたい

Img_9655

東干拓にセイタカシギ3羽

Img_9672

アオアシシギも1羽
シギチは最近同じような場所に降りてる

荒崎でもピーピーとシギチの声がしたけれど、姿は見えず

2013年8月12日 (月)

Img_1519

晴れ
今日も農家さん、稲刈りに大忙し

10時35分頃 荒崎観察センター前 29.8℃ 北東 0.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 16℃
         北東 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 33℃ 最低気温 23℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 32℃ 最低気温 24℃
    南東 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 31℃ 最低気温 24℃
     南東 5m/s
     視程 14.0km

Img_9633

骨が悪い方
足に、ジャンボタニシの卵をくっつけてます

そして、初列風切りの根本の方?に新しい羽らしきものが見えているような・・・
これから換羽が始まるんだろうか?
ちょっと期待

Img_9643

今日はまた、昨日の場所から大きく移動して別の田んぼ
道路脇に止まる車は、警戒しているみたいで直立不動
大分グレーの羽が増えてきました

2013年8月11日 (日)

Img_1518

お盆前の一仕事なのか、今日も農家さんが精力的にお仕事されてました

10時40分頃 荒崎観察センター前 30.2℃ 北東 1.4m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 17℃
         南 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 33℃ 最低気温 21℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 33℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 1.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     東北東 2m/s
     視程 3.0km

Img_9548

骨が悪い方のナベヅル
田んぼの中を歩いていたけど、車が近づくと畦に避難

Img_9558

羽を膨らませて、ばさばさと
ストレスだったね、ごめんね

Img_9604

羽が抜けてる方のナベヅル
じっと、何かを見つめてる
良いエサはたくさんありそうだね

Img_9605

こちらも、車が気になり出した
じっとみつめられる・・・

2013年8月10日 (土)

Img_1517

ドンドン稲刈り進んでます

9時40分頃 荒崎観察センター前 30.1℃ 北東 0.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 14℃
         北東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 31℃ 最低気温 22℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 32℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 25℃
     南南西 3m/s
     視程 1.8km

Img_9489

採餌中
忙しく歩き回ります

Img_9518

まわりには作業中の農家さんがいっぱい
近くにはたくさんのサギ類
びくびくして辺りを見回す

Img_9465

ん~
見たときはタシギか?と思っていたけど、なんかクチバシ短い気がするチュウジシギ?

Img_9479

コアオアシシギ1とソリハシシギ2だと思う

2013年8月 9日 (金)

Img_1516

稲刈りがあちこちで進んでいます
今年は、去年よりもハイスピード?
稲刈り後にまた、牧草目的の田植えがあるのかも?

9時50分頃 荒崎観察センター前 30.1℃ 東 0.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 16℃
         北東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 34℃ 最低気温 21℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 32℃ 最低気温 24℃
    南 2m/s
    視程 6.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 25℃
     南西 5m/s
     視程 6.0km

Img_9435

稲に埋もれるツル
ここまでの背丈に育った稲の中を自由に歩き回るツルはいなかった気がします
大体の居残りヅルが嫌がっていて、土手を移動して回るツルばかりだったんだけどな
警戒心のなさといい、自由にどこでも歩き回る(農家さんに追い払われても、またその場所に戻ったり)
不思議なツルです

Img_9448

警戒心が強いツル
羽が抜けてるからなのか、2羽になってからこのツルは本当に警戒心が強い
今日は、近くの田んぼでも刈り取りが行われていたり、この田んぼの近くで消毒作業されている農家さんがいたりで、なかなか採餌できないくらい警戒怠りません

あ~昼過ぎまで見ていようかと思っていたのだけれど、断念
農道も農家さんが頻繁に車を走らせていて、ツルが見られる場所に居続けるのが大変
ここは見る場所が難しい・・・

Img_9453

今日は、タカブシギが3、イカルチドリ2
そして11時ぐらいにコチドリ・イカルチドリ7羽の混群が、東干拓に降りてきました
昨日のオオメダイチドリ1は見つからず

ぞくぞくシギチが入れ替わってるみたい

2013年8月 8日 (木)

Img_1515


10時40分頃 荒崎観察センター前 32.1℃ 北 0.2m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 18℃
         北東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 30℃ 最低気温 20℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 33℃ 最低気温 24℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 33℃ 最低気温 25℃
     南 2m/s
     視程 6.0km

Img_9331

稲が伸びて、もう採餌してるとおしりがちょっとしか出ません
首がふくれて、ぶるぶるとそのあと羽をふくらませた

Img_9368

もう1羽は、いつもの田んぼ近く
私のいるところに戻りたかったみたいだけど、邪魔しちゃったね
恨めしそうに見られました

Img_9388

下水流で、ハクセキレイのヒナ?

Img_9423

今日東干拓にいたオオメダイチドリは1羽
そろそろ抜けてるのかな?カニ食べに行ってるのか?

Img_9420

東干拓、西干拓で稲刈りが始まっています

2013年8月 7日 (水)

Img_1513

曇り
蒸し暑い~

9時40分頃 荒崎観察センター前 30.7℃ 南南西 1.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 18℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 31℃ 最低気温 19℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
    南西 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 32℃ 最低気温 24℃
     北東 2m/s
     視程 12.0km

Img_9275

農家さんに追い出されても、田植えして間もない田んぼが好きらしい
また同じ田んぼに舞い戻っている

Img_9292

伸び
換羽はしていないよう
雨に濡れるとわかりづらいんですよね~
今日は濡れてなくて、色の濃淡がわかりやすい

Img_9305

もう1羽は、稲の中に潜って採餌中

Img_9307

時々警戒して、首を上げる

Img_9326

オオメダイチドリ3羽、9時過ぎに見に行ったときはいなかったのに、10:20には東干拓にいました。朝は満潮だったのにどこにいたんだろうか?

2013年8月 6日 (火)

Img_1512

ちょっとだけ昨日よりも涼しい
シギチ、いろいろ入ってる見たいです

9時20分頃 荒崎観察センター前 27.8℃ 北東 0.5m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 28℃ 最低気温 19℃
         南 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 30℃ 最低気温 20℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     南南西 3m/s
     視程 6.0km

Img_9213

採餌中
稲を踏んでいやしないかと、農家さんはらはら
追い出されてました

Img_9265

道路を渡ったか?道路向こうのいつもの田んぼで採餌

Img_9223

ばさばさ

Img_9229

移動して、あぜ道に一瞬座ったみたいだった
私がのぞき込んだら、すっくと立ち上がった
ちょうどそこにくぼみがあるような・・・
換羽が少しずつ進行してるのかも?

Img_9240

暑い~
舌を出して熱気を逃がす

Img_9178

オオメダイチドリ、今日は3羽もいました

Img_9189

上空が気になる

2013年8月 5日 (月)

Img_1511

夜の内雨が降って、涼しいかと思いきや
一気に蒸し暑いです

10時頃 荒崎観察センター前 28.2℃ 南西 1.3m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 29℃ 最低気温 19℃
         南南西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 29℃ 最低気温 20℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 30℃ 最低気温 23℃
    南東 1m/s
    視程 8.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     南南西 3m/s
     視程 4.0km

Img_9017

時々羽づくろいなど

Img_9036

採餌
何か舌の先にのっています

Img_9080

ぶるぶる

Img_9095

羽ばたきも
ん~やっぱり風切り羽は換羽しないのか?

Img_9122

雨で東干拓泊まりのシギチがいたみたい
アオアシシギ6 タカブシギ1 イカルチドリ3 ムナグロ1
ウズラシギらしきもの1 
これは・・・今シーズン2度目のオオメダイチドリ1
遠くでなかなか寄せてくれなかったので明日に期待

2013年8月 4日 (日)

Img_1510

10時30分頃 荒崎観察センター前 26.3℃ 微風 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 33℃ 最低気温 19℃
         東南東 1m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 18℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 24℃
     北北東 1m/s
     視程 12.0km

Img_8989

草丈高い雑草に紛れてるつもり
雨で羽もびしょ濡れです

Img_9002

盛んに羽づくろいしつつ、上空の警戒も怠らない

2013年8月 3日 (土)

Img_1509

晴れ

9時20分頃 荒崎観察センター前 30.1℃ 北東 0.7m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 33℃ 最低気温 19℃
         西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 17℃
           4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 29℃ 最低気温 23℃
    南東 2m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 24℃
     南南西 4m/s
     視程 7.0km

Img_8930

Img_8902

羽が折れてる方
変化ないように見える

Img_8938

Img_8966

羽が抜けている方
近くで見られなかったので今までわからなかったけれど、
雨覆部分の羽が換羽しているみたい
だんだんと幼鳥の羽が生え替わっていっている
欠損している風切りも生えてくれればいいのに

2013年8月 2日 (金)

Img_1508

晴れ

9時20分頃 荒崎観察センター前 30.6℃ 北東 0.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 31℃ 最低気温 20℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 25℃ 最低気温 17℃
           4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 27℃ 最低気温 23℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 29℃ 最低気温 24℃
     東北東 3m/s
     視程 12.0km

Img_8842

目の前でうろうろ採餌するナベヅル
もう胴体の半分が稲に埋まってる

Img_8847

器用に稲をかき分けかき分け、首を突っ込んだまま採餌している模様
稲踏んづけてないよねえ?

頭上げてないと、どこにいるのかわかりません

Img_8856

もう1羽は、車を止めるとこちらを警戒して田んぼから土手に上がる

Img_8875

東干拓でタカブシギ1羽
口開けて、暑そう

その他コチドリイカルチドリも24~羽程
大分シギチが入ってきだしたかな?

2013年8月 1日 (木)

Img_1507

8月になりました
雲が多い

9時40分頃 荒崎観察センター前 29.3℃ 西 1.8m/s 

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 30℃ 最低気温 17℃
         0m/s
         視程 1.5km

ウラジオストック 最高気温 30℃ 最低気温 17℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 31℃ 最低気温 22℃
    0m/s
    視程 12.0km

ソウル 最高気温 30℃ 最低気温 22℃
     南南西 2m/s
     視程 10.0km

Img_8731

車に警戒中

Img_8738

しばらくすると、羽づくろい+伸び

Img_8754

もう1羽の方、爆音機は慣れたみたいで同じ田んぼで飄々と

Img_8765

羽づくろいの後の羽ばたき
風切り羽は生え替わっていない
亜成鳥では生え替わらないのかも?
これでは冬を越えても、春に北帰行出来そうもない

Img_8808

ヒバリの砂浴び

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ