フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« | トップページ | »

2013年9月25日 (水)

湿地復元10万年の道 中国でも高まる環境意識 黒竜江省・富錦市

湿地復元10万年の道 中国でも高まる環境意識 黒竜江省・富錦市 西日本新聞(9/24付)

大河が運ぶ堆積物でできた三江平原は、昔は「北大荒」と呼ばれる荒野。農業や工業の大増産を目指した毛沢東時代の「大躍進政策」や、都市の青年を地方に送り込む「下放運動」によって1950年代から急速に開拓が進み、一大穀倉地帯へ変貌した。

  その代償で50年代に534万ヘクタールあった湿地面積は、2000年には156万ヘクタールへ7割も失われた。現地の専門家は「湿地の水鳥は生存空間が 狭まり、絶滅の危機にひんした。農薬や化学肥料の大量使用で排水の富栄養化が進み、生態系全体に影響が拡大した」と話す。

 国内外で高まる批判に押され、中国政府も対策に着手。01年に平原の開墾を禁止して湿地復元に乗り出した。作戦は大胆かつシンプル。公園管理所の欒彦東主任は「水門を閉め、水田だった土地を1・5メートルほど水没させた」と説明する。

ドイツからの政府借款を含め、日本円で20億円あまりを投じたという湿地復元。資金の多くは観光開発にも向けられたようだ。園内には2・4キロにわたる木道やつり橋、あずまやが整備され、周辺には飲食店や宿泊施設も完備。電動カートや遊覧船が観光客を運ぶ。

« | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
  • 3/11 ナベ450羽 クロ1羽
  • 3/10 マナ19羽 ナベ1,406羽
  • 3/4 マナ41 ナベ1624 クロ3 カナ4 ナベクロ3
  • 2/28 ナベ128羽
  • 2/27 ナベ21羽
  • 2/24 ナベ19羽
  • 2/23 マナ193羽 ナベ461羽
  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ