フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | »

2013年10月20日 (日)

韓国のニュース

順天湾で今年の最初のナベヅルを観察 YTN TV (10/18付)

韓国最大のナベヅル越冬地である全南順天湾で、今年初めてナベヅルが観察された。

順天市は、昨日の午後4時ごろ、順天湾で今年初めて天然記念物228号のナベヅル3羽が観察されたと明らかにした。

順天湾は、毎年10月中旬から翌年3月末までにナベヅルなど 多くの渡り鳥が飛来し、越冬してきています。

今回のナベヅル観察は昨年の渡来より一週間ほど前に目撃しました。

順川市は、 「冬の渡り鳥の監視チーム」と協力して、監視結果を基に順天湾の生態系の保護に全力を注ぐ予定です。


大邱達成湿地"渡り鳥迎える必死のあがき The Kyunghyang Shinmun (10/20付)

大邱市は過去の渡り鳥の飛来地であった達成湿地復元に乗り出した。大邱市は今月から達成湿地河中島13万2千㎡内の一部の茂みを除去した後砂浜を作り、大規模な渡り鳥の餌の場所を造成し始めたと20日明らかにした。

渡り鳥の餌の場所敷地のうち30 %は、ナベヅル(天然記念物228号)が好んで食べるチョン麦を大量に播種する計画だ。達成湿地は、 2000年以前までは、ナベヅルの飛来地としての知られていた。今月から来年3月末までに10tほどの渡り鳥の餌を供給し続けて湿地内の環境維持のために立ち入り禁止の案内板を立てて周囲の騒音や光の発生などもブロックする計画である。

このような達成湿地、渡り鳥生息環境改善事業は、昨年4月に大邱市と環境団体、住民で構成される達成湿地、渡り鳥ネットワーク発足が起爆剤となった。

渡り鳥ネットワークは餌の場所造成など生息環境改善事業を展開し、昨年末に天然記念物( 203号)であり、絶滅の危機野生生物2級マナヅル72羽が達成湿地を訪れた。当時、マナヅルの達成湿地訪問は1995年以来、実に17年ぶりだった。

この他にも達成湿地には、白鳥、オジロワシ、カルガモ、ヒドリガモなど、現在56種の鳥が生息している。

ギムブソプ大邱市環境ノクジグク長は" 2000年代に入って周辺公団が入って住民の往来が頻繁になり、渡り鳥の飛来地の機能が萎縮されたが、昨年から、官民が一致協力して、渡り鳥の飛来地の名声回復を広げている"とし、 "達成湿地の地位を回復させて順天湾に次ぐ生態観光名所に造成する "と述べた。

« | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ