フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 祭りの後 | トップページ | 国際ツルシンポジウム関連 »

2014年1月20日 (月)

韓国のニュース

チョウンデイ社会貢献財団、マナヅルにエサを与える 注南(チュナム)貯水池で韓国潮流保護協会と Asia news agency (1/19付)

18日午前10時、昌原市(チャンウォンシ)東邑(トンウプ)に位置した渡り鳥の渡来地注南(チュナム)貯水池で、チョウンデイ社会貢献財団主催、(サ)韓国鳥類保護協会昌原(チャンウォン)支会主管で、天然記念物第203号のマナヅルに餌を与える行事を行った。

行事はチェ・ジェホ チョウンデイ社会貢献財団理事長をはじめとしてチョウンデイ奉仕団と韓国鳥類保護協会会員、一般市民100人余りが参加して餌不足が苦しめられるマナヅルと冬の渡り鳥に稲1200kgをばらまいた。

現在の注南(チュナム)貯水池には昨年10月中旬から訪ねてきたマナヅル190匹余りとオオハクチョウ1300匹余りとヘラサギ22匹など41種余りの1万5000匹余りの冬の渡り鳥が越冬中だ。

チョウンデイ社会貢献財団は2010年度から注南(チュナム)貯水池渡り鳥餌撒き行事を、これまでに今年で5年目10回開催している。

« 祭りの後 | トップページ | 国際ツルシンポジウム関連 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祭りの後 | トップページ | 国際ツルシンポジウム関連 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ