フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

Img_2939

今日も曇り

10時10分頃 荒崎観察センター前 18.5℃ 南西 2.8m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 24℃ 最低気温 0℃
         南 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 6℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
     北北東 1m/s
     視程 17.0km

Img_2159

今日も藪でじっと
私が見てるのに気付いてるから食べてないのか?

Img_2179

ビンズイ?
色うす~い
足ピンク

Img_2187

蛇淵川河口のサギに紛れてクロツラヘラサギ

2014年4月29日 (火)

Img_2938

くもり

10時05分頃 荒崎観察センター前 18.5℃ 南 2.0m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 25℃ 最低気温 5℃
         南 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 3℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 10℃
    東 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 11℃
     北東 2m/s
     視程 10.0km

Img_2137

草陰に潜むナベヅル1羽
だんだん草むらの奥に行きそうで・・・
いっぱい食べていてほしいものです

Img_2145

1ブロック離れた地域にクロツラヘラサギ1羽
これがナベヅルと一緒に寝てくれているクロツラヘラサギかな?

東干拓でツレがシギチ6~7羽の群れを見たそうだけど、見つからず
くうう

2014年4月28日 (月)

Img_2937

雨が降ってます

10時頃 荒崎観察センター前 19.2℃ 南 1.5m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 18℃ 最低気温 4℃
         東北東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 4℃
           1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 8℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 15℃ 最低気温 11℃
     東北東 4m/s
     視程 14.0km

Img_2121

今日も藪に潜んで生きています
あまり藪の深いところまで行かれると、心配なんですが・・・
見つけたときは、遠くからそっと見てあげてください
こちらが見つけるずいぶん前からツルは人間を見つけています
大分警戒心が強いです

2014年4月27日 (日)

Img_2936

曇り

10時30分頃 荒崎観察センター前 20.2℃ 南 2.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
         南南西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 22℃ 最低気温 4℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 16℃ 最低気温 9℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 15℃ 最低気温 11℃
     北東 2m/s
     視程 8.0km

Img_2116

草陰に隠れてるつもりのナベヅル幼鳥1羽

やっぱりナベヅル幼鳥2羽は探してみても見つからない
夕方ねぐら入りを見に行ってみたけれど、この1羽に合流しなかった
幼鳥2羽は、帰ったのではないだろうか?

仲間の代わりといってはなんだけど、このナベヅル幼鳥のそばにヘラサギ1羽が寄り添っていた
田んぼで採餌するかのように、嘴を左右に振りながらナベヅルのまわりをうろうろした後、周辺の警戒をするかのように辺りを2周ほど飛んで、またナベヅルのそばに降りてきた

ナベヅルも羽づくろいしながら辺りをきょろきょろ見回して警戒したあと、そのままヘラサギが背中に首を突っ込んで休憩してる隣で休むらしかった

ただ気になったのは、風上に向かって立つということをしなかったこと
このナベヅルは飛べないかもしれないな

2014年4月26日 (土)

Img_2935

晴れ、見晴らしも良く行人岳も見える

11時15分頃 荒崎観察センター前 21.0℃ 北東 2.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 26℃ 最低気温 2℃
         南南西 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 3℃
           3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 6℃
    南東 2m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 8℃
     東北東 2m/s
     視程 14.0km

Img_2099

荒崎郊外ナベヅル幼鳥1羽
ひっそりと藪の近くで採餌
隠れることが最優先かな?

荒崎郊外のナベヅル幼鳥2羽が見つからない
それまで昼間いた田んぼは、農家さんが牧草狩り中でツルが居られそうもない状態
それより奥地の田んぼも見てみたけれどいない
天気が良く、行人岳も見える位だったからもしかして北帰行したかも?
しばらくは探してみようとは思っています

また、足指がないナベヅル幼鳥も見つからず
こちらはどこか途中に降りてるのでは?と思ってみているのですが、もう3日見えず
どうしてるんだろうか?
探し出せればいいのだけど

2014年4月25日 (金)

Img_2934

晴れ、若干カスミ

10時45分頃 荒崎観察センター前 19.3℃ 北 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 0℃
         西南西 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 21℃ 最低気温 3℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 7℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 22℃ 最低気温 8℃
     北東 3m/s
     視程 12.0km

Img_2089

ナベヅル幼鳥2羽がいた田んぼは農家さんが作業に入っていて居られなくなったのか、さらに奥の田んぼへ移動
人気もなく、車通りもなく、静かな田んぼでずっと熱心に採餌

やはり成鳥2羽は居ない
帰ったんだろうなあ

Img_2079

1羽で隠れる幼鳥1羽
道を外れればいるのが全くわからない
警戒心は本当に強く、見つからない安全な場所を常々探してる様子もあり?、土地勘抜群に有ります
飛べなさそうだから捕獲も考えられそうだけど、あの足の速さはなあ・・・

Img_2071

東干拓にキアシシギ4羽、来てました

農家さんと話していると、今年は田植えが1週間くらい早くなってるみたいなので、もしかしてシギチもそれくらい早めになってるのかなぁ?どうなんでしょう?

2014年4月24日 (木)

Img_2933

晴れ カスミ有り

9時40分頃 荒崎観察センター前 17.1℃ 北東 2.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 23℃ 最低気温 1℃
         南西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 1℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 22℃ 最低気温 7℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 23℃ 最低気温 8℃
     北西 1m/s
     視程 1.5km

今日の報告をする前に、昨日の夕方見たお話しをしなければなりますまい(昔話風)
実は昨夜、5羽のねぐらを確認するために荒崎郊外のナベヅル幼鳥1羽がいる田んぼを見張っていたのでした

19:00 ナベヅル幼鳥1羽が田んぼをうろうろして採餌
田んぼの中にいるサギ類に混じろうと?近くに歩いて移動

19:06 羽づくろいを始める

19:09 上空からナベヅル幼鳥2羽が降りてきて下にいた幼鳥1と合流!
上空そのまま通り過ぎたナベヅル2羽成鳥が川向こうの田んぼに降りていくのが見えた

足の悪い1羽は見えず

幼鳥3羽で田んぼをうろうろして位置決め?の様子
元々この田んぼにいた1羽は、2羽とちょっと離れておちつく
ここがねぐらのようだった

そして今日・・・

Img_2017

昨日の朝5羽で過ごしていた荒崎郊外の田んぼにナベヅル幼鳥2羽だけ
成鳥がいない
田んぼの中をふんふん、エサを探しつつ歩き回る

昨日の夜のねぐら入りで親別れ子別れしたの?
えええーーー

その後、この場所周辺を回って荒崎周辺など探してみるものの、成鳥2羽が居ません
北帰行したのかも?

そして、1羽で過ごすことが多かった足の悪い幼鳥もいつもいた田んぼにもおらず、一昨日の夕方、5羽で飛んで途中で降りた?かした後見つけ出せていません

5羽で飛んでいても遅れて必死に飛んでようやくついていくような感じだったので、この1羽に関しては北帰行は無く、どこかに隠れて過ごしていると思うのだけど・・・

Img_2024

そして、ねぐらにしてる田んぼから離れたところに潜んでいる幼鳥1羽
隠れて過ごしてる様子

この幼鳥に引っ張られて幼鳥2羽が親と帰らなかったのでは・・・

Img_2046

そしてまた夕方18:45 ねぐらの田んぼに行ってみると、ねぐら方面へ歩いて移動する幼鳥!
ばったり鉢合わせしてしまって、車を手前で止めて見守ってるとすごい勢いで走ってる

私はそのままUターンして、田んぼ4枚向こうから観察しているとまた道路を走り出す幼鳥
見ていると帰宅途中の車が道路を走ってくるのから逃げて走ってる

一旦、車がツルを抜き去ると、車が停車
ツルは道路脇の藪に逃げ込んでいた
あまりのことに?運転していた人もびっくりしてしばらくツルを見てたみたい
そして藪の近くの家に車が入って、ツルもようやくまたゆっくり道路を歩き出した
民家のシャッターが開いている車庫をのぞいてみたり・・・
隠れ場所を探してみてるのか?
でもそこははいっちゃだめ!

そうこうしていると、先ほどの車がまた民家から出てきてまた道路を走って逃げる幼鳥
何mか走った後、田んぼの中に逃げ込む

Img_2052

田んぼの中でなにやら羽づくろいなどしていると、19:06ナベヅル幼鳥2羽が上空から降りてきた

Img_2058

ここの1羽も今日はふらふら歩き回ることなく落ち着いて2羽のそばにいて、どうやら3羽近く寄り添ってここで寝るみたいです

あ~この1羽が居なかったら成鳥と北帰行したかもしれないのにね
若い者どうしてやって行きなさい、なのか
なんだか心配な奴がいるからついててやるよ、なのか
ツル同志の助け合い精神みたいなものって、すごい
なんでしょう、このツルって生き物は
他の動物でもこういうことってあるんだろうか?

2014年4月23日 (水)

Img_2914

晴れ、カスミ

9時45分頃 荒崎観察センター前 16.1℃ 北東 2.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 0℃
         南 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 17℃ 最低気温 -1℃
           1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 23℃ 最低気温 6℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 7℃
     西北西 2m/s
     視程 20.0km

Img_1926

荒崎郊外の田んぼに5羽そろって採餌
5羽で行動することに決めた?
足の悪い幼鳥も少し離れてはいるけれど、ひっついて採餌

Img_1974

別の場所に1羽で離れてるナベヅル幼鳥をようやく見つけました
警戒心強すぎて、田んぼ何枚も離れているのにそわそわしてます
ちょっと見てすぐ離脱
人に邪魔されないでゆっくり過ごせればいいね
北帰行出来ると良いなあ

Img_2924

アカハラ、ざっと数えただけで7羽以上居るけれどなかなかそばに寄れないな

Img_1968

飛ぶとダイダイ色がまぶしい

Img_1957

農家さんが田植えで忙しそうなのを横目にくつろいでるタカブシギたち

Img_2014

東干拓にセイタカシギ6羽来てました

2014年4月22日 (火)

Img_2907

くもり

10時20分頃 荒崎観察センター前 18.2℃ 北東 1.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 15℃ 最低気温 -1℃
         西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 0℃
           1m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 21℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 7℃
     西 1m/s
     視程 7.0km

Img_1816

荒崎郊外の田んぼに昨日いた場所とちょっと離れてナベヅル4羽いました
結構な交通量あるけれど、ぜんぜん気にしない~
たくましいなあ
北帰行出来そうに見えるけれど調子が悪いのが居るんだろうか?

荒崎郊外の1羽でいたどこも悪そうにもないナベヅルは、昨日に引き続きまた今日も見つからず
移動したのか?もしかしてこの間死んだツルが居た藪のところでどうかなってるのか?
姿を現して欲しいな

Img_1793

荒崎郊外4羽とは少し距離があるかな?
1羽で雨の中歩きながら採餌
車を止めて、農家さんと話しながらツル見

ナベヅルはこちらを気にしつつ採餌したり羽づくろいしたり
飛べれば捕獲は難しい
まだ田植えまでは少し時間がありそうだけど、この場所一帯は休耕田はないのだそう
農家さんとしては、田植えが始まれば移動して欲しいとのこと
植えたばかりの稲が踏み荒らされたり、活着する前に浮いてしまったりを気にされている様子
まあ、農家さんなら当然気にされることなのだけど、このツルどうするかなあ?
この場所はキツネタヌキ、イタチも居るとのこと
むむむ
何するにしてもタイミング次第ということなのかも

22:00追記

Img_1864

ねぐらを確認するために18:20ごろから観察
食べてはいるものの、ねぐら入りするカラスの鳴き声や車の音、犬の鳴き声に反応して首を上げたりが頻繁

Img_1884

18:40 太陽が山陰に入り始めたころから羽ばたきを頻繁にするようになって 18:47 太陽が完全に沈んだ頃、伸びとフンをした

そして辺りを見回してそわそわとして、18:57 飛んだ!
高度を上げるためか、いた田んぼ上空を2回ほど大きく旋回した後、南の方向へ

ずいぶん高く飛びます
これでは捕獲は無理だね

Img_2913

飛んだ先は、朝ナベヅル4羽が居るところの方向だな~と行ってみると、5羽になってました
4羽とは距離を取ってたたずむ足の悪い幼鳥

日が完全に沈んで、車のヘッドライトが明るく見えだした19:09頃、「クル」「クッ」とやさしい感じの鳴き声が何度もかわされ

Img_1908

19:13 4羽を先頭に足の悪い1羽の幼鳥がついていくような編隊で、5羽そろって川に沿って荒崎方向?へと飛んで行きました

見える範囲では暗いせいもあって降りている様子はなかったのだけれど、ねぐらは過ごしてる場所近辺ではなさそう

もしかしてねぐらは荒崎か東干拓?

残ったツルは、昼は家族など縄張りを持ちつつも、夜はねぐらとして安全な場所を探しだし、ちいさな群れになって過ごしてるのかもしれません
社会性のある動物だなあと感心します

ここ数日見つからないけれど離れて過ごしてるもう1羽の幼鳥も一緒だと良いなあ(この離れて過ごしているもう1羽の幼鳥と4羽家族を同時に見たことがないので数の確認もしておきたいのだけど難しい・・・)

2014年4月21日 (月)

Img_2906

くもり

10時30分頃 荒崎観察センター前 18.7℃ 北東 2.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 -1℃
         南 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 15℃ 最低気温 2℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 5℃
    北西 3m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
     西北西 2m/s
     視程 3.0km

Img_1664

荒崎郊外のナベヅル幼鳥1羽は見つからず

荒崎から離れた場所にいるナベヅル幼鳥は、しきりに右翼のみをばたばたさせてバランスを取ろうとしてしてる
その後、座り込んでじーっと

Img_1771

お昼過ぎに敬愛なるT先生からツルが居るよと電話を頂いた
行ってみると、荒崎から遠く離れたところにナベヅル4羽!
耕耘されているような田んぼで道路を通る車にもほとんど気にせず採餌
一回だけ、赤い車が通ったときに緊張してたのみ

Img_1778

犬の散歩の人が道路を歩いてくると、さすがに4羽そろって飛んで逃げた

居残りヅルは今のところ確認出来ているだけで全部でナベヅル6羽?になりました

Img_1679

アマサギがだんだん増えてきてる

Img_1690

アカハラもあちこちで見かけます

Img_1718

セッカも田んぼ上空を飛んでは鳴いてます

Img_1741

カワラヒワもめいっぱい鳴いてます

Img_1750

古浜に降りていたタカブシギ13羽
ムナグロがいないかなと思ってたけど見つからず

Img_1785

全然撮らせてくれないクロツグミ?
遠い~

2014年4月20日 (日)

Img_2905

雨降り

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 -2℃
         南南西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
           6m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 17℃ 最低気温 9℃
    南東 1m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     東北東 3m/s
     視程 20.0km

Img_1608

荒崎郊外にナベヅル幼鳥1羽
雨降りで視界悪く、ひとけの無いのを良いことに田んぼをうろうろ~
採餌してました

Img_1617

荒崎からずいぶん離れた場所のナベヅル幼鳥は、採餌したり羽づくろいのようなことをしたり

右の足指がないから実際には頭をかくことは出来ないけれど、してるつもり

2014年4月19日 (土)

Img_2895

曇り、カスミ

9時頃 東干拓 17.7℃ 北 3.5m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 16℃ 最低気温 3℃
         0m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 -2℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 7℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 9℃
     東北東 5m/s
     視程 14.0km

Img_1591

いないだろうけど、いつものコースで巡回
すると荒崎郊外にナベヅル幼鳥1羽
しかもこちらが見てるのがわかると、慣れた感じで藪の中にさっさっと入り込んでいく
死んだナベヅルに寄り添ってた内の1羽なのかも?

Img_1602

農家さんから通報があったという、荒崎からずいぶん離れた場所にナベヅル幼鳥1羽座り込み中

近くにいた農家さんとお話しすると、朝は4~5羽いたとのこと
この農家さんが監視員さんに連絡されたらしい
この少なく見ても4羽のうちの1羽がこれで、荒崎近郊にいたのも一緒に居たのか?
足環が居たのか?などなども不明
全部で何羽居たんだろうか?

とりあえず今日私が見つけられたのはナベヅル幼鳥2羽でした

Img_1506

ヒメコウテンシ1羽、西干拓でみっけ
ヒバリの攻撃を何とかかわす

昨日のシギチが見つからなかったな、残念

2014年4月18日 (金)

Img_2886

くもり時々小雨

9時40分頃 東干拓 19.5℃ 南西 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 12℃ 最低気温 -3℃
         北西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 -1℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 5℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
     北東 2m/s
     視程 6.0km

Img_1336

あちこちを探し回りましたが、どこにもナベヅルが居ません!
東干拓上空を飛んでいるシギチ(ムナグロ?)が荒崎近辺に降りていったのが見られたけれど、それも荒崎で見つからないし・・・

ナベヅルたち、この天気で帰ったんだろうか?
アカツクシガモも昨日から見つからないんだよねえ・・・

Img_1417

高尾野川ではクロツラヘラサギとヘラサギが採餌
こっちはまだ居たんだ

2014年4月17日 (木)

Img_2884

くもり
荒崎でも田植え中の農家さんがたくさん働いていらっしゃいます

9時35分頃 東干拓 16.9℃ 北 1.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 9℃ 最低気温 -5℃
         西北西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
           2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 5℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 5℃
     北北東 1m/s
     視程 2.0km

Img_1322

荒崎に2羽しか居ません
昨日いた、右の足指がないナベヅル幼鳥がいないみたい
北帰行出来そうな天気の時だけ荒崎に出てきているのか?
近隣を探して見たものの見当たりません
どこかに潜んでいるんだろうなあ

Img_1330

江内でコムクドリの群れ?10羽前後と遭遇
よく見ようとしたら飛ばれちゃった
色々混じっていそうだったんだけど残念

2014年4月16日 (水)

Img_2880

くもり
東干拓はドンドン田植えがすすんでいます

9時50分頃 東干拓 16.2℃ 北 0.9m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 9℃ 最低気温 -2℃
         東 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 8℃
     南南東 1m/s
     視程 1.5km

Img_1216

荒崎を飛ぶナベヅル・・・
3羽?

Img_1227_2

幼鳥が3羽
右足の足指が無い幼鳥がいます
これがどこかから合流したから3羽か

Img_1262

おきまりのところで採餌
どこかで1羽隠れていたのかもしれません
飛んだりは普通に出来るみたい
北帰行してくれるといいのだけど

Img_1255

ちょこちょこ出てきたヒクイナ

Img_1279

ツリスガラが群れで居ました

Img_1189

相変わらず農家さんを避け西進のアカツクシガモ

2014年4月15日 (火)

Img_2878

晴れ

9時20分頃 東干拓 14.1℃ 北西 2.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 9℃ 最低気温 1℃
         西 10m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 3℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 5℃
    南東 1m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 17℃ 最低気温 6℃
     西 2m/s
     視程 3.0km

Img_1176

荒崎にナベヅル幼鳥2羽しか居ません
足環がついたナベヅル成鳥がいなくなってる
探したのだけど見つからない

幼鳥2羽なんでついていかなかった?
明日ひょっこり3羽で荒崎にいるんでしょうか?

Img_1170

農家さんの居ないところでそわそわして過ごすアカツクシガモ
田植えが済んだ田んぼが増えてきて居場所無くなりそう

2014年4月14日 (月)

Img_2874

晴れ

9時30分頃 東干拓 15.0℃ 北 3.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 21℃ 最低気温 -2℃
         西 8m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 14℃ 最低気温 0℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 6℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 9℃
     北北東 1m/s
     視程 3.5km

Img_1146

3羽仲良く観察センター西の道路上で採餌

Img_2876

荒崎郊外のナベヅルは、今朝死体で発見されました
昨日まで元気そうだったのに・・・
飛べなかったと思うのでケモノにおそわれたのか、冷たい雨に耐えきれなかったのか?
残念です

Img_1159

サギたちに紛れるヘラサギとクロツラヘラサギ

Img_1128

東干拓をうろうろするアカツクシガモ
田植えが始まると、農家さんに嫌がられるよ~

2014年4月13日 (日)

Img_2872

今日は用事があって、早めの鳥見なんだけどあいにくの雨

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 17℃ 最低気温 -5℃
         南 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 7℃
    北西 4m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 21℃ 最低気温 10℃
     0m/s
     視程 5.0km

Img_1100

7:30 荒崎の観察センター西の道路にナベヅル3羽
そろって採餌
朝からやっぱりここなのね

Img_1125

荒崎郊外のナベヅル幼鳥も油断してて採餌
車の影が見えだしたころからこちらをうかがいつつゆっくりゆっくり藪に向かう

Img_1097

車通りが多いところまでアカツクシガモ進出
目立ってるがいいのか?

Img_1115

古浜にクロツラヘラサギ2ヘラサギ1
川の水量が多くて田んぼに避難してきてた

2014年4月12日 (土)

Img_2871

くもり

10時10分頃 東干拓 16.8℃ 北 1.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 11℃ 最低気温 -7℃
         北北西 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 18℃ 最低気温 2℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 18℃ 最低気温 7℃
    北西 2m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 8℃
     西北西 2m/s
     視程 4.0km

Img_1049

荒崎郊外のナベヅル幼鳥
茂みに隠れてるつもり・・・

Img_1071

荒崎観察センター西の道路にナベヅル3羽
まったり落ち着いてます

Img_1062

シギチが来ない~
代わりに、高尾野川にずっと居たんだろうなクロツラヘラサギ2とヘラサギ1

Img_1085

タヒバリもだんだん夏羽

Img_1042

農家さんに追われて、西進しているアカツクシガモ

2014年4月11日 (金)

Img_2867

晴れ
カスミが強い PM2.5のせいみたい

9時30分頃 東干拓 15.6℃ 北 1.4m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 10℃ 最低気温 -7℃
         西 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 1℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 9.0km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 9℃
     東北東 1m/s
     視程 4.0km

Img_1033

荒崎にナベヅル3羽
いつも通りにマイペースに採餌してます

ただ、人に対する警戒心は強まってる
車の中からでも長い間見る場合は、田んぼ2枚分以上は離れないと嫌がっている様子
近距離なのだけど、飛んで移動しています

Img_0947

荒崎から離れたところにナベヅル幼鳥1羽
人が通れば、藪に逃げ込んでいるみたい

Img_2864

これ持ったままさらに泥を持ち帰ろうとするツバメ

2014年4月10日 (木)

Img_2856

晴れ、かすんでます
家の都合で3日ばかり、ツルはご無沙汰してました

11時35分頃 東干拓 17.3℃ 北 1.3m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 8℃ 最低気温 -5℃
         北東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 16℃ 最低気温 0℃
           北 7m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 18℃ 最低気温 4℃
     西北西 2m/s
     視程 5.0km

Img_2857

荒崎に行ってみると、ナベヅル3羽しか居ません
1羽の成鳥と2羽の幼鳥・・・
行けなかった月曜日からの3日間ともしかして今朝?の内に北帰行があったようです

残りそうと思っていた成鳥1に幼鳥2がつられて残ったか?

Img_0894

そしてこれまた残りそうと思っていた荒崎近郊の田んぼにいた幼鳥1が残ってます
他はぐるりと回って見たけど見つからず
今のところ残はナベヅル4羽か?

Img_0902

東干拓は田植えが始まってました

Img_0903

アカツクシも残ってる・・・

2014年4月 6日 (日)

Img_2847

くもり
風も冷たくて強め

9時15分頃 東干拓 11.8℃ 北西 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 7℃ 最低気温 -7℃
         北 3m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 10℃ 最低気温 -6℃
           - 3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 12℃ 最低気温 -2℃
    北西 4m/s
    視程 12.0km

ソウル 最高気温 9℃ 最低気温 0℃
     北北西 4m/s
     視程 20.0km

Img_0800

荒崎の観察センター前西側の道路上にこれだけ
ナベヅル23羽
まだエサが残ってるのでしょう、盛んについばんでます

Img_0859

ツルが居る一本西の道路を消防車が通ると飛ぶ
が、すぐそのまま今居たところに戻ります

大きな赤い車にはやっぱり警戒してるように思う
そして、だんだんと今までの警戒の仕方よりも強く警戒してきています
ツルが居る道路に入る三叉路の所に2台止めるとそわそわして、そのどちらかが動き出すと飛び出すくらいになってます

Img_0823

こっそり隠れる離れたところにいるナベヅル幼鳥1羽
どっか悪いんだろうなあ・・・

Img_0866

アカツクシガモ、探し回って探し回って見られなくて
あと一回見て帰ると見回したとき、遠くに赤い大きな塊がぽつん

いた~

と、その付近に行ってみてもわからず、ぐるぐる回って見つけました
畦がキレイに復旧され高くなって見づらくなってました
というわけで、まだいます

2014年4月 5日 (土)

久賀島でナベヅルひと休み

久賀島でナベヅルひと休み 長崎新聞(4/5付)

五島市久賀島にナベヅル1羽が飛来している。
2日夕に発見。4日も市立久賀小中学校近くの田んぼで、餌をついばむ姿が見られた。

北帰行第27陣

Img_2842

くもり

9時15分頃 東干拓 14.2℃ 南西 2.6m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 4℃ 最低気温 -6℃
         北北東 7m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -5℃
           - 3m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 11℃ 最低気温 -1℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 10℃ 最低気温 -1℃
     南西 3m/s
     視程 12.0km

Img_0696

9:03にナベヅル20羽が北帰行したらしい
私が荒崎に到着したのは、9:20頃

ツルをちょっと観察して数え始めた9:25ごろからセンター西側の道路に居たツルが、ぱらぱらと13羽飛び始め

Img_0701

ぐるっと回って蕨島方向へ飛び、旋回
高く上がろうとしてるけど、時々吹く突風みたいなものに押し戻されたり

Img_0712

ナベヅルが飛び立ったあと、9:28マナヅル成鳥足の悪いのが飛びたった!
幼鳥も連れて帰って~と念じる

Img_0723

マナヅル成鳥が荒崎上空で2~3回クルクルと旋回していると、マナヅル幼鳥も飛び立って後を追い始めた

待ってたのか?どうなのか?
鳴き声は聞こえなかったけれども

そして先に飛んでいたナベヅルの群れを追いつつも追いつかず、離れて蕨島の東側付近で旋回、高度を上げて雲の中に見えなくなった

本日の北帰行 マナヅル2羽 ナベヅル 33羽

Img_0734

残ったナベヅルたち
やっぱり幼鳥が多い

Img_0695

古浜にもナベヅル幼鳥1羽・・・
座り込んで隠れてる

Img_0779

本当に久しぶりに撮らせてもらえたホオアカ

Img_0755

西干拓でコチドリ
シギチ、なかなか来ないなあ

Img_0789

去年一昨年くらいから見る、首を伸ばして飛ぶコサギ
あたたかい、暑い、しめった日に首を伸ばして飛んでる気がする・・・
こういうの見ると、首を曲げて飛ぶのはサギ類って言えなくなってしまう

2014年4月 4日 (金)

Img_2838

風が強くて寒いけど、曇りがだんだん晴れてきた

10時10分頃 東干拓 14.4℃ 北西 3.2~4.9m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -8℃
         北 2m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 8℃ 最低気温 -5℃
           - 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 10℃ 最低気温 0℃
    北東 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 11℃ 最低気温 3℃
     北東 2m/s
     視程 20.0km

Img_0669

観察センター前西側の道路に集まるツルたち
道路下にもぱらぱら

Img_0671

あ~古浜にナベヅル幼鳥1羽来てる・・・

Img_0679

と思ったら、以前から来ていた2羽は2羽で定位置にいる
広い田んぼでふらふら歩いてるのは、2羽の後を追ってついて来ちゃったのか
罪作りな2羽

Img_0659

高尾野川にクロツラヘラサギ2とヘラサギ1?
目とクチバシの間が黒いのでひっついてるんだけど・・・
ヘラサギですよね?
前からこのタイプのがいたので、越冬してた3羽なのかも

Img_0627

今朝もいましたよ、アカツクシガモ

2014年4月 3日 (木)

Img_2835

曇り、昼から雨が降る予報

10時30分頃 東干拓 17.1℃ 北 1.2m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 5℃ 最低気温 -5℃
         北北東 5m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 9℃ 最低気温 -3℃
           - 4m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 13℃ 最低気温 4℃
    北西 3m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 14℃ 最低気温 6℃
     南西 3m/s
     視程 10.0km

Img_2836

荒崎のセンター前西側の道路上にツルが集まってます
今日は、ぱっと回った限りここの他を利用してるツルは居なくて、全員集合だった様子
やっぱり残り100羽前後かな

Img_0622

道路の反対側から見た図
死角が多くて数えづらい・・・

Img_0616

マナヅル幼鳥は、列の最前列で1羽で採餌

Img_0619

足が悪いマナヅル成鳥?は、道路の東側に群れとはちょっと離れてナベヅル幼鳥と一緒に羽づくろい

静かに採餌や羽づくろいをしていて、北帰行は無かった様子

Img_0608

農家さんが多く働いていた東干拓で、アカツクシガモが田んぼの中で採餌
帰らないなあ・・・留鳥化するのか?

2014年4月 2日 (水)

北帰行第26陣

Img_2827

朝の内は少しカスミがかっていたけれど、穏やかな晴れ

10時頃 東干拓 16.9℃ 北東 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -7℃
         東北東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 7℃ 最低気温 -3℃
           - 2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 19℃ 最低気温 4℃
    0m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 19℃ 最低気温 7℃
     西 1m/s
     視程 12.0km

Img_0525

朝一番、古浜をのぞいてみるとナベヅル幼鳥だけ2羽が見えずらいかくされた場所でうろうろ~
朝から群れと離れてこんなところで過ごしていると置いていかれるぞぅ

Img_0549

他のツルは観察センター前西側の道路付近で採餌
マナヅル1羽

Img_0535

もう1羽も
マナヅルの離れたところで過ごしていたのが、今日は荒崎の群れの中で過ごしていました

でも、マナヅル同志一緒にはならない・・・

Img_0553

農家さん達がもう農作業に入られていてあぜの除草作業?などをツルの群れの近くで始められたため、9:43ツルたちが一斉に飛び上がりました

Img_0557

荒崎上空から江内方向に旋回しつつぐるっと飛び、上空高く進み始め

Img_0567

雨掛山電波塔付近でまで雨掛山稜線沿いに飛び、越えていきました
荒崎に戻ってくるツルも多かったです

本日の北帰行 ナベヅル60羽(?)

Img_0583

しかし、マナヅル飛びません・・・

Img_0582

こっちのマナヅルも
これが残りそうで・・・

2014年4月 1日 (火)

Img_2817

くもり

9時30分頃 東干拓 15.1℃ 北 2.7m/s

tenki.jp世界天気より転載

ハバロフスク 最高気温 6℃ 最低気温 -5℃
         東南東 4m/s
         視程 -km

ウラジオストック 最高気温 13℃ 最低気温 -4℃
           - 2m/s
           視程 -km

平壌 最高気温 20℃ 最低気温 4℃
    南東 2m/s
    視程 10.0km

ソウル 最高気温 20℃ 最低気温 5℃
     南西 1m/s
     視程 13.0km

Img_2818

朝のツルたちは、荒崎に200羽近く?と

Img_0394

古浜に28羽
9:30過ぎに次々と降りてきてここで過ごしていたみたい

Img_0409

荒崎のツルたちはゆっくりしつつも工事車両やトラックを見張りつつ羽づくろいなど

Img_0412

10:20 荒崎のツルが首を上げ続けてるなと思っていたら、ばらばらばらと飛び出し始め

Img_0426

V字になって北帰行のカウント場所まで飛んだところでぐるっと荒崎方面へ戻り、そのまま降りずに古浜方面へ飛んで行きました
なかなか帰りません

Img_0443

飛ばなかったツルたち

Img_0446

ツルたちは下水流の方まで飛んでました
じっと隠れてみてるつもりだったのに、選挙の応援演説カー?がなにやら大きな音で放送しながら私の車の後をついてくる・・・・
ツルも警戒してしまいました

町のそばにいたマナヅル成鳥は今日は見つからず

Img_0371

アカツクシガモはいるよ

Img_0498

特産館にツバメたちが巣作り始めました
土食って虫食ってしぶ~い

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ