フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 鹿児島・出水平野のナベヅル、鳥インフル陽性 | トップページ | ツルから高病原性ウイルス 鹿児島、今冬3例目 »

2014年12月19日 (金)

冬本番、マナヅル飛来 玉名市・横島干拓

冬本番、マナヅル飛来 玉名市・横島干拓 クマニチこむ (12/18付)

 玉名市横島町の干拓地で、越冬のため中国北東部などから飛来したマナヅルの数がピークを迎えている。17日は、水田で15羽のツルが落ち穂をついばんだり、羽繕いをしたりする姿が見られた。

 毎年観察している日本野鳥の会県支部の満田實さん(64)=同市=によると、11月上旬に3羽が飛来。15日に新たに8羽が訪れ、幼鳥も含めこれまで計21羽が確認されている。

 同干拓地は、給餌など人的行為をしていない全国的に珍しい越冬地で、昨年は30羽が飛来した。ほかの野鳥の数が少ないため、鳥インフルエンザの感染の可能性は低いといい、現在まで周辺で異常は確認されていない。

 ツルたちは来年2月初旬まで過ごし、韓国などに飛び立つという。満田さんは「マナヅルはとても憶病。離れた車内から観察してほしい」と話している。(馬場正広)

« 鹿児島・出水平野のナベヅル、鳥インフル陽性 | トップページ | ツルから高病原性ウイルス 鹿児島、今冬3例目 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島・出水平野のナベヅル、鳥インフル陽性 | トップページ | ツルから高病原性ウイルス 鹿児島、今冬3例目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ