フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 出水ツル、5羽目強毒性鳥インフル | トップページ | 出水ツル北帰行始まる 過去最も早く »

2015年1月 9日 (金)

ツル羽数調査中止、出水市 鳥インフル受けて

ツル羽数調査中止、出水市 鳥インフル受けて 西日本新聞(1/6付)

鹿児島県出水市でツル4羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、越冬地に飛来したツルの羽数を調べている県ツル保護会は6 日、今季の調査を中止すると発表した。調査では、地元の2中学校の生徒ら約100人が越冬地に入るため、周辺の養鶏場などにウイルスを拡散させる恐れがあ ることを考慮した。

 羽数調査はシーズン中、計6回実施している。今季は、昨年11月29日にツルの感染が確認されたため、12月の3回目 以降の調査を取りやめて様子をみていた。だが、現在も感染が終息していない状況を踏まえ、今季最後の予定だった10日の調査も中止を決めた。これにより、 今季の記録は昨年11月15日の調査で確認した過去最多の1万4378羽で確定した。

« 出水ツル、5羽目強毒性鳥インフル | トップページ | 出水ツル北帰行始まる 過去最も早く »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

観光客は 100人以上日々 来てるんでしょ…矛盾してないかいこの記事。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出水ツル、5羽目強毒性鳥インフル | トップページ | 出水ツル北帰行始まる 過去最も早く »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ