フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月26日 (木)

ナベヅル北帰行始まる 周南・八代、11羽中まず3羽

ナベヅル北帰行始まる 周南・八代、11羽中まず3羽 山口新聞(3/26付)

本州唯一のナベヅルの越冬地、周南市の八代盆地で過ごしていたツル3羽が25日、田んぼを飛び立ち、姿を消した。シベリアに北帰行したとみられる。今シーズン、同盆地には野生のツル11羽が飛来。8羽は同盆地に残っている。

飛び立ったのは昨年10月に飛来した1羽と、同11月に飛来したつがいの2羽。25日午前10時25分ごろ、一緒の田んぼにいた3羽が、上空で旋回した後、西へ飛び立ったという。

市ツル保護研究員の河村宜樹さん(81)によると、好天に恵まれ、飛び立つ環境が整ったという。河村さんは「今月中に残り8羽も北帰行すると思う。来シーズンも八代に戻ってきてほしい」と話した。
                                                                     

2015年3月13日 (金)

北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか

北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか 西日本新聞(3/12付)

五島市岐宿町松山地区の田んぼで羽を休めていたナベヅル3羽が11日、天候の回復を待って、北帰行を再開した。

 ナベヅルは強風だった10日朝、同地区の中村利夫さん(66)が田んぼで餌をついばんでいる姿を見つけた。市の自然環境啓発施設「鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンター」によると、ナベヅルは鹿児島県出水市で越冬していたとみられる。繁殖地のシベリアなどへ帰る北帰行では通常、五島上空を通ることはほとんどないが、3羽は天候悪化で五島に立ち寄った可能性があるという。

 中村さんは「大きかったし、30年ほど前に5、6羽が降り立ったのを見ていたのでナベヅルだと思った。元気に渡っていってほしいですね」と話していた。

2015年3月 6日 (金)

鹿児島でカモ大量死、農薬原因か 基準の860倍

鹿児島でカモ大量死、農薬原因か 基準の860倍 産経新聞(2/28付)

鹿児島県は27日、同県出水市のツルのねぐらなどでマガモやオナガガモ83羽が死んだり衰弱したりした状態で見つかったと発表した。うち7羽を検査したところ、消化器官に残されたコメから高濃度の農薬が検出された。

 県によると、検出された農薬は稲作には使われない。意図的にねぐら周辺に農薬がまかれた形跡もなかった。濃度は基準値の860倍。県は、カモが何らかの原因で農薬が付着したコメを食べたとみている。

 83羽はいずれも21日朝、干拓地にあるねぐらやその周辺で発見された。出水市は国内最大のツル越冬地で、昨年11月以降、鳥インフルエンザに感染したツルやマガモが確認された。今回死亡したカモも感染の有無を調べるため検査。大量死だったため、国立環境研究所(茨城県つくば市)や鹿児島県環境保護センターで調べていた。 

ナベヅル5羽が長期越冬 四国中央・土居

ナベヅル5羽が長期越冬 四国中央・土居 愛媛新聞(3/5付)

昨年秋に愛媛県四国中央市土居町の田に飛来したナベヅル5羽が、約4カ月もとどまり越冬している。本格的な春の到来を控え「冬の使者」が北へ帰るのも間近だが、近くの住民らは「少しでも長くいてくれれば」と優しく見守っている。

 約15年間観察を続けている地元の野鳥愛好家、伊藤貞夫さん(74)によると、今シーズンは昨年11月8日に飛来が初確認された。3月4日現在で117日目となり、これまでの最長だった107日間(2001年12月1日~02年3月17日)を抜いた。
 今回飛来したのは親子とみられる3羽と、別の2羽の2グループ。伊藤さんは「西条市や西予市などに飛んでいくことがあるが、良いねぐらがないのか夜になると戻ってくる」と話す。

隠岐の田んぼにマナヅル

島根)隠岐の田んぼにマナヅル 朝日新聞(2/26付)

隠岐の島町都万の田んぼに今月中旬、マナヅルがいるのを、同町港町の林博美さん(79)が撮影した。エサを探している様子だったという。

 同町卯敷の自然公園指導員、野津大さん(70)によると、マナヅルは全長約130センチ、頭や首の後ろが白いのが特徴。ロシア南東部や中国東北部で繁殖し、越冬のため日本や朝鮮半島などに渡る。鹿児島県の出水平野が越冬地として有名。

 野津さんは「例年、隠岐にも数羽が来ているが、今季は初めて。そっと見守ってほしい」と話している。(井元茂)

北帰行中のマナヅル、対馬で一服

北帰行中のマナヅル、対馬で一服 読売新聞(2/7付)

シベリア方面などに北帰行しているマナヅルの群れが、対馬市上県町などの田んぼに次々と飛来している。 1982年から観察を続けている近くの元県職員山村辰美さん(70)によると、今季は、鹿児島県・出水平野からの北行帰が始まって以降、飛来が確認されているという。

ソデグロヅル、中島で越冬初確認 希少種、定着に期待

ソデグロヅル、中島で越冬初確認 希少種、定着に期待 北國新聞(2/6付)

北極海沿岸に生息するツルの仲間で、日本に飛来するのはまれな「ソデグロヅル」が、七尾市中島地区で越冬したことが確認された。県希少生物研究会代表の時国公政(こうせい)さん(73)=同市大津町=によると、ソデグロヅルの越冬は県内で初めてという。住民は中島地区が希少なツルの越冬地として定着するよう期待を込めて見守っている。

 いしかわ動物園(能美市)によると、ソデグロヅルは世界に約3千羽しか生息しておらず、赤いくちばしと足のほか、翼の先が黒いのが特徴となる。越冬のため中国に飛来することが多いが、悪天候などで迷った個体がまれに日本にやって来る。

 昨年11月下旬に地域住民が中島地区の田んぼで見つけ、これまで、中島地区で餌を探す姿や周辺の田んぼをねぐらにしていることが確認されてきた。5日は田んぼで餌をついばむ姿が見られた。3月ごろに繁殖地のロシア北東部などに戻るという。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ